野球

奥川恭伸(星稜)は世代屈指!! 2019年ドラフト大注目の存在!!

 

星稜高校が誇る世代屈指の右腕は2019年ドラフト最大の目玉!!

 

奥川恭伸

 

昨年、高校二年生ながらU-18の侍ジャパンに選ばれほど、

 

もちろん昨年の夏の甲子園大会でも存在感を発揮。

 

松坂大輔投手や田中将大投手、そして吉田輝星投手に匹敵するくらいの逸材。

 

今年はさらなる成長し、

 

3月に開催される春の選抜にも出場し、

 

2019年夏の甲子園の主役。

 

今回は今年のドラフトの目玉、星稜高校の奥川恭伸選手をPICKUP!!

 

奥川恭伸選手のWiki的プロフィール

https://goo.gl/images/PZ4UPw

名前 奥川 恭伸 (おくかわ やすのぶ)

出身地 石川県

生年月日 2001年 4月16日 (17歳)

身長 183cm

体重 82kg

ポジション ピッチャー

奥川恭伸(星稜)は世代屈指!! 2019年ドラフト大注目の存在!!

 

今年のドラフトの目玉

 

https://goo.gl/images/aTTffU

 

うのきブルーサンダー(かほく市立宇ノ気小学校)→かほく市立宇ノ気中学校→星稜高校

 

奥川選手は小学校から野球を始め、中学は地元中学の軟式野球部に所属。

 

現在星稜高校でのチームメイトの山瀬慎之助選手とは小学校からのチームメイト。

スポンサーリンク
 

星稜高校でもバッテリーを組むなど星稜高校初の甲子園優勝に向けて1つになっている。

 

現在プレーしている石川県の名門、星稜高校では1年の春の北信越大会でベンチ入りを果たし、

 

二年生になった春の選抜大会で甲子園初出場。

 

チームをベスト8に導き、その年の夏の甲子園大会にも二期連続出場を果たし、

 

開幕戦で最速158キロを計測するなど一躍注目の存在へ。

 

そして昨年開催されたアジア選手権で2年生ながら侍ジャパンのU-18代表入りし,

 

https://goo.gl/images/1hYhtd

日本の銀メダルに貢献。

 

今年はドラフトの目玉選手の一人として注目の逸材。

 

 

 

奥川恭伸選手の特徴

 

投手としてオールラウンド

 

https://goo.gl/images/AfRL9T

 

奥川選手は身長183cmの長身から繰り出す、最速150キロを誇る右の本格派。

 

変化球も多彩。

 

スライダーが2種類、早いスライダーと縦のスライダーを投げ分け、スピードのあるフォークも投げるができる。

 

投手として引き出しが多く、変化球全てにおいて質が高い。

 

奥川選手は投球する上での1試合でスクマネージメントがしっかりしており、状況に応じて力をせーぶしながら投げ、状況によってギアを上げることのできるクレバーさを誇る。

スポンサーリンク
 

力感のないフォームから繰り出されるボールはコースに自在投げ分けることのできるコントロールも魅力。

 

奥川選手は身長183cmと長身で手足も長く、コンパクトな投球フォーム。

 

2年生のまではまだ上半身の力が強く、状態だけで投げている感じであったが、

 

まだ下半身との連動性は低いように感じるが、しかし投球フォームはこれからよくなるはず。


下半身との連動性が高くなれば、もっといいボールが投げれるようになるだけのポテンシャルを秘めている。

 

高校生ながら落ち着いた等級ができ投手として総合力が高く、投球にメリハリがある。

 

投手として球威も十分あり、まだまだ伸び代があり、コントロールは高校生トップクラス。

 https://goo.gl/images/fiVUxg

 

ピッチャーで完成度が高く、評価として松坂大輔や田中将大クラスの逸材。

 

奥川選手には巨人のエースの菅野選手のような投手になるような選手になるようなポテンシャルを感じされる今後が期待のプロ注目の逸材。

 

菅野投手は現在日本最高の投手の一人。

 

https://goo.gl/images/qqbafd

野投手はピッチャーとして総合力の高く、引き出しが多い上質な投手。

 

奥川選手は高校生ながら総合力がある。菅野投手のような存在へ成長してほしい。

 

 

これから楽しみな投手である。

 

奥川選手は能力ももちろんだが、現在身長が183cmと長身である。肉体的な成長も期待できるだけに、大型本格派投手になり、プロの世界へ羽ばたいてもらいたい。

 

もちろん今年の注目株である。

 

奥川恭伸選手は今年のドラフトの目玉

 

奥川選手は今年のドラフトの目玉選手の一人としてプロ野球のスカウトにも注目される金の卵である。

 

https://goo.gl/images/PHtHrz

 

プロの球団によっては徹底マークされいるほどの逸材。

 

奥川選手は最速158キロを誇る右の本格派投手。

 

https://goo.gl/images/jh8cA8

 

今年の秋のドラフトまでまだまだ成長するだけのポテンシャルを秘めているだけに、どこまで成長するかが楽しみ。

 

奥川選手はスカウトの評価も高く、選手としての評価は最高ランクの特A評価を受けており、期待の高さが伺える。

スポンサーリンク

秋までの成長次第では、ドラフトでの競合するのは必須状態が予想される選手といっ順当に伸びてほしいもの。

素材としては松坂大輔投手や田中将大投手などの甲子園を沸かせたスターに,匹敵する素材だけに、

 

本当に楽しみな逸材である。

 

奥川恭伸選手の名前の呼び方は!?

 

奥川選手は名前の呼び方に注目が集まっていますね。

 

下の名前が何と呼ぶか世間の皆様は調べたりしているようですw

 

呼び方はやすのぶ。

 

奥川選手の下の名前は携帯やパソコンで検索しても出ない組み合わせかも。

 

検索して人も苦労しているみたいですね。

 

奥川 恭伸選手はかわいい??

 

奥川選手は世間ではかわいいという評価が出ていますね。なぜでしょうか?

 

https://goo.gl/images/ZrgpXn

奥川選手は笑顔がかわいいと評判で、昨年の甲子園大会もそうですが、今年は3年として迎える春のセンバツ大会、夏の甲子園に出場し、活躍すれば一気に人気者になるかもしれませんね。

 

 

今年のドラフトの目玉選手ですから、地元石川県では人気が出ていることでしょう。

 

これからさらに知名度が上がることでしょうし、

 

松坂大輔投手や昨年の吉田輝星投手のような全国的に人気が出るかもしれませんね。

 

スポンサーリンク
 

奥川恭伸選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今年のドラフトの目玉でもある奥川選手。

 

秋までどこまで自身のスケールを大きくできるか。

 

小学校からのチームメートである山瀬選手も今年のドラフト候補に上がっているだけに、

 

盟友ともお互いに切磋琢磨し、成長できる環境。

 

そして名門を優勝に導く活躍を期待しています。

 

まずは今年3月に開催される春の選抜大会で、奥川選手がどこまで成長しているのかが楽しみである。

 

奥川選手の活躍を期待していきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です