スーパースター

松坂大輔 伝説の高校時代と全盛期の凄さ!! 引退が迫る!?

 

彼にも引退が迫っている。

 

しかし、マジで全盛期はすごかったな。

 

高校時代から甲子園のスターとして、鳴り物入りでプロの世界へ舞台へ。

 

そして日本プロ野球の顔として活躍した平成の代表する投手。

 

松坂大輔。

 

そう、平成の怪物。

 

そんな彼はもう40歳手前。

 

早いですね。

 

ずっとプロ入りから活躍を見てきたものてして、時が経つのは早い。

 

今の若い子たちはどれだけすごかったのか知らない人も今は多いのかな。

 

高校時代、全盛期は実力も人気も、今のプロ野球で全盛期の選手たちとは、

 

比べ物のならないくらい抜群の人気と存在感。

 

平成のスーパースターの一人。

 

今回は平成の怪物、平成を代表する大投手、松坂大輔投手をPICKUP

 

松坂大輔投手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/QEuGHNthKMNdNrkP7

名前 松坂大輔 (まつざか だいすけ) Daisuke Matsuzaka

出身地 東京都江頭区

生年月日 1980年9月13日(38歳)

身長 180cm

体重 93kg

ポジション 投手

松坂大輔 伝説の高校時代と全盛期の凄さ!! 引退が迫る!?

 

平成の怪物。

 

松坂投手の経歴について知っている人多いですから、改めて書く必要ありませんが^^笑。

 

高校は神奈川県の名門、横浜高校出身。

 

https://images.app.goo.gl/Sw2yZ27rPAHfp95T6

数々のスター選手を輩出してきた高校野球の名門。もちろんもともと名門ですが、特に松坂大輔選手の活躍で横浜高校のネームバリューは上がったと思う。

それだけ輝いていた高校時代。

スポンサーリンク
 

当時から超高校級、高校ナンバーワン投手として名を馳せ、

 

https://images.app.goo.gl/uiVuReHFF4Uf2JDQ8

高校3年生の時に春夏連覇を達成。

 

https://images.app.goo.gl/sEGGMsEfYqB6URPKA

彼こそ高校野球界のスーパースター。そして鳴り物入りでプロの世界へ。

 

ドラフトで複数球団が競合の末、西武ライオンズへドラフト1位で入団。

 

松坂投手はプロ1年目から新人王、3年連続最多勝を獲得。

 

https://images.app.goo.gl/uJRE1QtrDHAFiMUZ7

その後は日本の屈指のスターターとして、いや日本のプロ野球の顔として君臨。

スポンサーリンク
 

オリンピック代表やWBC2006年大会でもエースとして活躍。

 

https://images.app.goo.gl/BZbZTwT1prdyAmJXA

日本プロ野球で圧倒的な人気と実力を兼ね備え、舞台をアメリカへ。

 

2007年にメジャーリーグ、ボストンレッドソックスへ移籍。

 

https://images.app.goo.gl/HZyJwuHdx3KYTUMH6

メジャー1年目から15勝、2年目には18勝を挙げるなど、野球の最高峰の舞台でワールドチャンピオンも経験。

https://images.app.goo.gl/8g87i6nnB9L11BjH8

数々の偉業を成し遂げてきた平成を象徴する大投手。

 

平成の時代に彼を見て過ごしたものには憧れの選手。スーパースター。

 

https://images.app.goo.gl/aCD8iausDzdMbec8

平成のエースナンバー18の象徴。

 

2014年オフに日本プロ野球に復帰。ソフトバンクホークスを経て、

 

https://images.app.goo.gl/RY8ypDEaaSnR8bsz7

昨年から中日ドラゴンズへ。

 

https://images.app.goo.gl/PJM2oDekHeH1BCye8

ここ数年は度重なる怪我で低迷し、登板することはできなかったが見事カムバック。

スポンサーリンク
 

2019年シーズンでは昨年つけていた99番から、

 

慣れ親しんだ背番号18番に。

 

今年はさらなる復活を期待したシーズンではあったが・・・・

 

 

松坂大輔投手 現在は!? 怪我で引退が近い!?

 

昨年シーズン、中日ドラゴンズで6勝をあげ、復活。

 

久々、マウンドに帰ってきた松坂大輔投手。

 

https://images.app.goo.gl/6x63tQCiGm4Hp4u97

メジャー時代から度重なる怪我で思うような投球ができず、かつての輝きを失っていた。

 

そんな彼が心機一転活躍の場を求めて、2014年オフに日本プロ野球に復帰。

 

https://images.app.goo.gl/igseAbrapXpZZ7Q38

ソフトバンクホークスと3年契約を結ぶも、怪我の影響もあり、3年間で一軍でまともに登板したのは2016年の1試合のみ。結局、ホークスも退団。

 

そして昨年、中日ドラゴンズへ入団テストを経て、入団。

 

6勝をあげる活躍をみせ、見事復活。

 

https://images.app.goo.gl/VgQRLn95q25vACCy9

松坂大輔の復活ぶりにプロ野球ファンは湧いた。

 

オールスターでも投手部門2位に15万票差をつけてぶっちぎりの1位を獲得するなど、

 

https://images.app.goo.gl/H63eDgwM67FE3zuG9

やはり松坂人気はまだまだ健在で別格の存在。

 

スポンサーリンク
 

2019年シーズンも活躍が期待されていたが、キャンプから右肩の不調により。戦線離脱。

 

https://images.app.goo.gl/zkJMjzm4bRaDaTnr9

現在はノースロー調整。復帰の目処が立っていない状況。

 

https://images.app.goo.gl/u9uxmZ6zNth9GsWH7

昨年の活躍は奇跡的だったのか。昨年もやはり悪い中、投げていたのかもしれない。

 

そんな彼は38歳。晩年を迎え、昨年ドラゴンズでカムバックを見せたが、

 

今シーズンは厳しい状況。 

 

正直、引退のふた文字は迫っているだろう。

 

しかし、彼の功績は色褪せることはない。

 

未だ松坂大輔人気はプロ野球のトップクラス。

 

https://images.app.goo.gl/EoMdW3D8tUVFNsG56

それだけ素晴らしい実績を積み重ねてきた平成最高のスター選手の一人。

 

先日、平成の象徴であったイチロー選手の引退。

 

スーパースターの現役を退くことに誰しもが寂しさを覚え、特に松坂投手もその一人のはず。

 

https://images.app.goo.gl/25vrXDR4PhCy8ksF9

 

きっと松坂投手もイチロー選手と何度も勝負し、それに同じ日の丸を背負い戦ってきた戦友。思うところはあったはずだ。

 

https://images.app.goo.gl/n29jHYQa7SaVf6zQ8

 

イチロー選手がプロの世界から一線を引いたことに松坂投手も影響はあると思う。

 

松坂投手の今後に影響を与える出来事だったように感じるが・・・

スポンサーリンク
 

それに松坂世代として長年プロの世界で活躍し、我々野球ファンを楽しませてくれた。

 

https://images.app.goo.gl/f7b4G7m9toptoncr9

最高の功労者であるのは間違いない。

 

そんな平成の怪物も引退が近づいている。

 

月日が経つのは早い。衝撃的なデビューはついこの前のようだった。

 

怪我で輝きを失った怪物。もう一度あの時のような豪快なピッチング見せてくれとは言わない。

 

でも松坂投手が納得いく投球をもう一度見たい。

 

https://images.app.goo.gl/mPDGGrybLDZZQRV47

復活。それが野球ファンの思う気持ち。長年彼を見てきたものは想いだ。

 

またマウンドに帰ってくる姿を楽しみにしている。

 

平成を代表する松坂大輔投手がいかにすごかったかを語ろうじゃありませんか。

 

1 2 3

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です