大田泰示 覚醒へ!! 昨シーズン、なぜ覚醒したのか?? ジャイアンツに復帰!?




ついに覚醒。

北海道へ移籍し、才能を開花。

ジャイアンツの将来の4番バッターとして期待され、

男はもがき苦しんでいた。

しかし北海道の地で花開く。

大田泰示。

移籍した北海道日本ハムファイターズで花開く。

覚醒。

さらなる飛躍が期待されている。

今シーズンが本当に覚醒するかもしれない。

今回は北海道日本ハムファイターズで覚醒した大田泰示選手をPICK UP

大田泰示選手にWiki的プロフィール

https://goo.gl/images/tVa7ri

名前 大田泰示 (おおた たいし) taishi ohta

出身地 広島県福山市

生年月日 1990年6月9日 (28歳)

身長 188cm

体重 95kg

ポジション 外野手、一塁手、三塁手

大田泰示選手の経歴・プロフィール

https://images.app.goo.gl/LYcHkVRhoh1BiEE26

大田泰示は高校時代から高校級スラッガーとして注目され、

高校通算61本塁打を放つなど甲子園には出場していないものの、

その才能は球界の注目の的に。

https://images.app.goo.gl/tzsAttaP4jmBFU8C9

そして、高校先輩である当時のジャイアンツ監督であった原辰徳氏に導かれるようジャイアンツ1位指名を受け、読売ジャイアンツに入団。

ジャイアンツの将来を担う長距離砲として期待されていたが、結果を残すことはできず。

そして2016年オフに北海道日本ハムファイターズにトレード移籍。

移籍1年目、怪我で出遅れるも自己最多の15本塁打を放ち、昨シーズンは開幕から好調。

https://images.app.goo.gl/e51aoSkLD55Ln8K57

自己最多を上回るペースでホームランを量産。しかし、シーズン途中により怪我で離脱。

しかしその眠っていた才能を開花。

今シーズン、さらなる飛躍がされる。

大田泰示選手はなぜ、覚醒できたのか!?

背番号55の重み

https://goo.gl/images/wNSkXB

名門ジャイアンツの将来の4番として期待されていた大田選手。

しかし、彼はもがき苦しんでいた。

偉大な先輩、レジェンドの松井秀喜氏の存在。

https://goo.gl/images/j6G4YC

松井秀喜氏の後継者として与えられた背番号55番のプレッシャー。

背番号55番は日本を代表するパワーヒッタとして活躍したレジェンド松井秀喜氏がジャイアンツ時代も背負った偉大な番号。

今や背番号55番はホームランバッターの代名詞。

その現代の長距離砲のイメージを松井秀喜氏が作り上げたといってもいい。

大田選手はその偉大な背番号与えられ、当時では注目された。

https://images.app.goo.gl/C7cFrgaWVQvtyPXA9

長距離砲のとして期待の高さを表しており、ジャイアンツも将来の4番として大いに期待していたことだろう。

しかしこの偉大な背番号が彼を苦しめることになる。

https://images.app.goo.gl/jqVBxB5ypLPEoZnYA

大田泰示はプロ入り後一年、二軍でホームラン量産する活躍を見せ、着実にプロとして力をつけていたが、一軍でプレーする機会を得てはいたが結果を残せない日々。

一軍投手のレベルの高さに苦しみ、伸び悩む。毎年、毎年期待されていたが彼はプレッシャーを背負いすぎた。

世間は松井秀喜の後継者として大田選手を見る。当然、彼同様の成績を期待する。

それは大きなプレッシャーとして大田選手にのしかかっていた。毎年才能の開花の予感はあったものの、突き抜けることがてぎずに。

とうとう彼への期待は薄れはずめ、背番号55を剥奪されてしまう。

バッターとして、野球選手として55番は憧れの番号。プロになり、55背番号が与えられた選手はどの球団でも〇〇のゴジラで表現され、

その番号をつけた選手は松井秀喜氏を超える活躍をした選手はいない。その番号はプレッシャーとしてのしかかる。

大田選手はそれ以上のプレッシャーと戦っていた。

https://images.app.goo.gl/YvvGDdEg9grvgGrA6

ましては大田選手はジャイアンツ。偉大なレジェンドがプレーした球団での55番はさらなるプレッシャーとして彼を苦しめたことだろう。

意識しないようにしたと思うが、それはなかなか難しいものだったのだろう。

あまりにも松井秀喜氏が偉大すぎたのかもしれない。

気づけば8年が経っていた。このままでは戦力外が頭をよぎる。

しかし大田選手に転機が訪れる。

北海道日本ハムファイターズへのトレード。

これが大田選手の野球選手としてターニングポイントとなることに。

彼の持ち味である長打力も魅せ始め、レギュラーに定着。

https://goo.gl/images/NozFte

日ハム移籍後は、それまでのプレッシャーから解き放たれたかのように。

去年は途中怪我で離脱したが、才能の開花をさせるような予感される活躍を見せている。

名門球団のプレッシャー

大田選手はジャイアンツ時代で活躍できなかったのは名門球団のプレッシャー、そして大田選手自身のメンタル弱さ、繊細さが名門球団には合わなかったかもしれない。

https://goo.gl/images/nzaU5w

大田選手はジャイアンツ時代、二軍でしっかり結果を残していた。しかし一軍に上がれば高校の偉大な先輩でもある原辰徳氏が監督。

一軍に昇格してきたフォームを認めず、フォーム修正をされ、素直に聞く大田選手がいたそうだ。

二軍で結果を残したフォームではなくなった大田選手は目先の結果で落とされてしまう。当時の自分に自信がなかったのかもしれない。

確かに大田選手はジャイアンツ時代、打撃フォームがコロコロ変わっていた。

同世代には現在、日本屈指の強打者へ成長した坂本勇人選手がいる。

ポテンシャルは坂本選手より大田選手の方が潜在能力が高いと評価されていた。

しかし坂本選手とは何が違ったのだろうか。

https://images.app.goo.gl/NQcQq6hqjoQrQphk6

大田選手の繊細で真面目な性格。指導を受ければ全て聞いて答えてしまう。

しかし坂本選手は監督からの意見も聞き流せれるハートの強さがあったそうだ。

自分の才能を信じきれない弱さもあったかもしれない。それに名門ジャイアンツで結果を残さなければという気持ちで空回り。

移籍したファイターズでは解き放たれたかようにのびのびプレーしている。

環境でここまで変わるわけだ。

https://goo.gl/images/MGopWa

大田選手に限ったことではないが、大田選手のような環境に合わず才能を開花することができず、引退していく選手の方が多いのではないか。

大田選手にように移籍して開花したように日本にプロ野球はもっとトレードを積極的に行うべきだろう。

埋もれていた才能が花開くことがもっと増えるはず。

https://images.app.goo.gl/NJRwr2EaF7KVjpRJ8

メジャリーグではトレードは積極的に行われる。

まだ活躍していない選手だけではなく、大物選手同士のトレードも頻繁に行われるほど。

リーグ自体の活性化に繋がりエキサイティングさを生み、ファンも注目度も増すはずだ。

日本プロ野球は保守的。

プロスポーツ、エンターテイメントな世界なだけに常に変化を求めること、変わり続けること。新陳代謝が必要だろう。

今回の大田選手のトレードでの才能の開花は各球団にいい影響を与えるきっかけになればいい。

大田泰示選手は将来、ジャイアンツに復帰!?

今シーズンさらなる飛躍が期待される大田選手。

https://images.app.goo.gl/t2sssed3Hyj4KEHe7

今後活躍し続ければ選手としての評価も上がるだろう。

大田選手がFA権が取得すればどのような決断をするのかも楽しみでもある。

選手として成長することができれば、活躍できなかったジャイアンツへのリベンジ、再挑戦したいという気持ちもわくかもしれない。

トレードされ、出戻りしたケースもある。

大田選手は広島県出身。

地元カープ、そして高校時代を過ごした神奈川県に本拠地を置くベイスターズや在京球団への移籍もありえるだろう。

個人的にはジャイアンツへ出戻りはして欲しくないが、

ジャイアンツを見返すようなすスケールの大きい打者へ成長してもらいたい。

大田泰示選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

彼は今シーズン覚醒する。

https://goo.gl/images/ZfQzYf

ホームラン30本へ。

大田選手は今シーズンはさらなる飛躍、

ジャイアンツを見返す活躍を期待しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする