野球

村上宗隆 新人王確定か!? 偉大な名スラッガー超え!?

 

新人王確定か!?

 

そしてホームランや成績で偉大な名スラッガー超えなるか!?

 

村上宗隆

 

プロ2年目の期待のスラッガーは、

 

ホームランを量産し、今シーズン覚醒。

 

若干19歳の若武者は、素晴らしい成績を残している。

 

一躍、新時代のホームラン王に名乗りを上げた。

 

今シーズンは新人王は確定か、そしてホームラン王を目指して。

 

今回はヤクルトスワローズの村上宗孝選手をPICKUP!!

村上宗隆選手のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/Qwwi13SehbQfumDAA

名前 村上宗隆 (むらかみ むねたか) Munetaka Murakami

出身地 熊本県熊本市東区

生年月日 2000年2月2日 (19歳)

身長 188cm

体重 97kg

ポジション 三塁手

所属 ヤクルト・スワローズ

村上宗隆 新人王確定か!? 偉大な名スラッガー超え!?

 

新人王、そしてホームラン王へ。

 

https://images.app.goo.gl/eZu3BcqT7ZedJ1s38

 

令和時代の突入共にもに、

 

新時代のホームラン王の出現だ。

 

村上宗隆

 

恵まれた体格から豪華な一打を放つアーティスト

 

若干19歳の青年は今シーズンプロ2年目ながら、

 

開幕から一軍の座を掴み、ホームランを量産。

 

昨シーズン終盤、初打席初ホームランを放ち、

 

今後の活躍が期待されていた逸材は今シーズンは一軍の舞台で躍動している。

 

現在の活躍ぶりで新人王は当確か。

 

誰もこんな展開を予想しただろうか。

スポンサーリンク
 

 

本当に予想外。

 

https://images.app.goo.gl/eZu3BcqT7ZedJ1s3

 

現在、開幕からホームラン連発。

 

現在、村上選手は8月下旬の時点で、

 

135試合に出場し、打率は.229ながら、ここまでホームランは34本。

 

10代でのホームラン31本は清原和博が1986年、プロ1年目に記録した31本を超える大記録。

 

33年ぶりの10代での30本超えるという大記録を打ち立て、10代でのホームラン数を更新中だ。

 

村上宗隆選手は現在シーズン終盤に差し掛かったが30本超えという凄まじい記録。

 

まだプロ2年目。このままのペースでいけば、40本の王台も夢ではない。

 

40本の王台まで到達するのは至難の技ではあるが、どこまで記録を伸ばすか注目。

 

そして打点も92を記録するなど、100打点を狙える位置。

 

今年村上選手には新人王への期待は高まっているが、

 

プロ2年目、新人の選手の雰囲気はない。

 

強打者とオーラを醸し出している。

 

https://images.app.goo.gl/uj8526QCCKsaEzwr9

現在の92打点はプロ2年での記録、1953年に西鉄ライオンズの中西太選手が記録した86打点を超え、打点の記録も更新。

 

プロ2年目大きく飛躍し、新人王獲得が期待される村上宗隆選手。

 

村上宗隆選手と同じようにプロ2年目で躍動した偉大な選手たちがいるが、

 

ここで今シーズンの村上選手と偉大なスラッガー3人の2年目の成績、その後の成績を比較してみよう。

スポンサーリンク
 

 

まずは松井秀喜

 

https://images.app.goo.gl/t2NMA3jk2AMyqav29

 

同じ背番号55を背負う先駆者。

 

松井秀喜氏は村上選手と同じく、プロ2年目で開幕一軍を獲得。

 

130全試合出場、打率.294 20本塁打 66打点。

 

その後プロ4年目で38本塁打、5年目は37本放ち、プロ6年目でホームラン王と打点の二冠を獲得し、その後はプロ10年目でシーズン50本塁打を放ち、
その後メジャーへ。日米通算507本塁打を誇る平成最強の強打者。

 

松井秀喜のプロ2年目での成績は申し分ないが、村上選手も素晴らしい限り。

 

今シーズンの村上選手の成績は打率は松井氏の劣るものの、ホームランは30本の大台に乗せるなど、偉大な存在を超えるホームラン放ち続けている。

 

そして清原和博氏。

 

https://images.app.goo.gl/ZQjhVJoPe3XgR2Cy6

 

プロ2年目の成績の比較ではあるが、やはり清原氏は一年目を紹介せざるおえないほど輝いていた。

 

清原氏はまずプロ一年目18歳のシーズンで打率.304 3178打点をマークし、新人王。

 

これはプロ一年目の新人として異例、この記録はきっと破られることのない偉大すぎる記録。まさに清原氏は別次元の存在であった。

そんな清原氏はプロ2年目は、130試合 打率.259 29本 83打点。とプロ一年目よりは成績を落としたが、見事なものだ。ライオンズ、そしてジャイアンツで活躍。通算525本塁打を誇る強打者。

スポンサーリンク
 

そして中西太、

 

https://images.app.goo.gl/kkEY7QeEQBhtLiKe8

 

村上選手と打点で86に並んだ中西選手だが、中西選手はあまり現在の若い人には馴染みはないが、

 

怪童と称されてた昭和を代表する名スラッガー。

 

中西氏は18歳で入団した西鉄ライオンズでプロ1年目に12本塁打を放ち、新人王。

 

そしてプロ2年目、120試合に出場し、打率.314 36本塁打 86打点、そして36盗塁をマークするなど、なんと2年目にしてトリプルスリーを達成。

なんて凄まじい成績だ。

がっしりとした体格から凄まじいい特大ホームランを放ち、プロ2年目から4年連続本塁打王を獲得するなど、まさに怪童。

 

中西氏、清原氏や松井氏はさすがに別格であり、

 

実力を比較するのは難しいところではあるが、

 

しかしながら、村上宗隆選手が現在残している成績は偉大なスラッガー3人にも負けない堂々たるもの。

 

https://images.app.goo.gl/3AvivE2qxe2u6b7G7

とてつもない存在の登場だ。新時代のホームラン王となれるか。

 

現在のペースでは打点で並んだ中西太氏が持つ36本塁打も更新も夢ではない。

 

本当に驚くべき成績を残して大活躍している。

スポンサーリンク
 

正直なところ、途中で失速するのではないかと、いってもシーズン20本くらいかと予想していたが、まさかのまさか。

 

村上宗隆選手、そんなこと言ってすいませんwって言いたくなるほど、

 

誰がここまでの活躍を予想したか。

 

今シーズンの活躍ぶりならば、新人王は間違いない。

 

村上宗隆選手はプロ2年目であるが、昨シーズン一軍の出場がわずかなだけに、新人王の資格を有するだけに確定だろう。

 

いや、新人王どころかホームラン王と打点の二冠も目指せるほど。

 

村上選手は現在のホームラン34本はリーグ4位。

 

打点もリーグ2位と打撃二部門で好成績をマーク。

 

現在のペースでコンスタントに成績を残すことができれば、新人王以上にホームラン、打点の二冠を獲得することに期待が高まる。

 

新時代とともに登場した新たなるホームラン王。

 

村上宗隆選手はプロ一年目、二軍スタートとなったダイヤの原石は練習に練習を重ね、

 

https://images.app.goo.gl/Lr3kVHScC7mLTH2S8

どんな時もバットを振り続けた練習の虫。

 

そんな日々と鍛錬が元々の才能、持ち味のパワーを最大限発揮。

 

いち早く、才能を輝かせた。

 

楽しみな存在の登場。

 

これからどんな選手に成長していくのか楽しみだ。

 

今シーズンだけではなく、時代を彩ったスラッガー、中西氏、清原氏、そして松井秀喜氏のように、

 

偉大なスラッガーとなれるか。

スポンサーリンク
 

新人王、そしてホームラン打点の二冠獲得へ。

 

https://images.app.goo.gl/hNaQPzvbEbug8cHSA

 

令和時代の期待のスラッガーは、

 

時代の象徴となり、

 

時代を背負うスラッガーへ。

 

スポンサーリンク

村上宗孝選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

ヤクルト期待のスラッガー、村上宗孝選手。

 

今シーズン、プロ2年目、素晴らしいほどの活躍ぶり。

 

ここまでの成績は偉大なスラッガーたちが、

 

残してきた2年目での成績に並び、超えるほどの活躍。

 

どこまで成績を伸ばしてくれるのか期待が高まる。

 

そして新人王を獲得し、偉大な選手へと駆け上がってほしい。

 

今後の活躍に注目だ。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です