西岡剛 NPB復帰できなければ引退?? 現在は??




引退が迫っている。

NPB復帰は果たせるのだろうか。

西岡剛

2000年代を代表するスピードスターは

現在NPB復帰を目指して奮闘している。

数々の栄光を手にして来た男はこのまま終わってしまうのか。

今回は現在、独立リーグでプレーしている西岡剛選手をPICKUP

西岡剛選手のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/evx4w21yWDKW9j2t9

名前 西岡剛(にしおか つよし)

出身地 大阪府大東市

生年月日 1984年7月27日(34歳)

身長 182cm

体重 81kg

ポジション ショート・サード

西岡剛選手 現在は??NPB復帰できなければ引退!? 

NPB復帰か!? それとも引退か!?

現在、独立リーグに所属する西岡剛選手。

https://images.app.goo.gl/oWXMPbyLPBgWiVf6A

球界のスター選手として2000代を代表する選手の一人。

これまで千葉ロッテや阪神タイガースでプレーしてきた、スピードスターは厳しい現実、引退一歩手前で戦っている。

https://images.app.goo.gl/5wBYPEissbtQotLr8

ここ数年は怪我もあり、思うようなパフォーマンスができずに。引退も決断した時期もあるほど。それだけ試練の多い現役生活。

スポンサーリンク

一時期は球界の屈指の選手として活躍していたスター選手。

https://images.app.goo.gl/DSLeLjEjALcSx1FM6

全盛期は圧倒的にスピードを誇る球界屈指の韋駄天として大活躍していた。

西岡剛選手の野球人生を振り返ってみましょう。

西岡剛選手は大阪府出身。

中学時代から野球の実力を持った選手。

中学卒業後の進路には当初PL学園への進学を希望していたが、セレクションに落選。
しかしPL学園の関係者に、来たいならきてもいいよと言われ、高い評価を得られずに悔しい思いを経験。

そんな西岡選手は打倒PLを目標に、オファーをくれていた大阪桐蔭高校に進学。

https://images.app.goo.gl/jyB7bumaiRQoCY4h6

現在は高校野球の屈指の強豪校ではあるが、当時はまだ強い部類ではあったが、現在のような存在ではなかったが当時からプロ野球選手を輩出していた名門。

そんな西岡選手は大阪桐蔭高校時代は高校生屈指の強打者として活躍。

https://images.app.goo.gl/J2iwBttj7KwrWZ4ZA

高校3年生の時には甲子園にも出場。

高校通算本塁打42本放つほどの強打者であり、大阪桐蔭の4番バッターとして類い稀なる才能を発揮。

https://images.app.goo.gl/hqeHPEj94HErDgP48

西岡選手は高校時代は夜間の素振りを欠かさず、ストイックに野球に向かい合っていた。

どうしても現在の姿をイメージしてしまうが、高校時代からすば抜けた野球センスを持った選手であった。

スポンサーリンク

そんな西岡選手には走攻守三拍子揃った選手として、プロ注目の存在へ。

https://images.app.goo.gl/xe3DkCqUChzxRBS28

2002年のドラフト会議で千葉ロッテマリーンズから1巡目使命を受け、入団。

千葉ロッテ入団後は徐々に頭角を表し、プロ2年目にスイッチヒッターに転向。

https://images.app.goo.gl/4oqPPk98PhKMHZhVA

小学時代は右打ちであった西岡選手は中学共に左打ちに転向。そしてプロになりスイッチヒッターに転向がターニングポイントに。

プロ三年目2005年に頭角を現し、飛躍を遂げる。

https://images.app.goo.gl/Myd8j33PYxX9PYju5

シーズン41盗塁を盗塁王を獲得。ベストナインやゴールデンがクラブ賞を獲得し、持ち味のスピードを生かしてプレーでショートのレギュラーを獲得。

翌年2006年に開催された第一回WBCにも選出され、日本代表を主力として大活躍し、日本の初優勝に貢献。

https://images.app.goo.gl/33WZ85VmAkm7iAPn6

球界の屈指のスピードで一気に球界を代表選手へ。

プロ3年からの数年間の活躍は華のあるプレーで、本当に乗りに乗っていた。

https://images.app.goo.gl/UgbzzoCaPnLxsPUg9

沸きながら物怖じしない、勢いのあるプレーで一気に球界を代表するスター選手へ。

スポンサーリンク

2000年代後半は本当に球界を代表する選手へと成長。

https://images.app.goo.gl/1RaPdLmj2u9iWPFfA

若い時の西岡選手はひたむきに野球に取り組んでいた。

試合終わって当時コーチであった高橋慶彦氏と、毎日ティーバッティングを行い、

右打席で1000球、左打席でも1000球打ち込んでいた。その練習は深夜になることもしばしばあったほど。

それだけ当時に西岡選手はストイックに野球と向き合っていたからこそ、

https://images.app.goo.gl/dj5DbJrvYTRjzQeF6

千葉ロッテ時代は球界屈指の選手へと成長できたのだろう。

その後も千葉ロッテの顔として活躍。

https://images.app.goo.gl/eiRb5qAVTb2Pu11G8

2010年には打率.346、シーズン206安打を放ち、首位打者、最多安打を獲得

自己最高の成績をあげ、足だけではなく、打撃でも球界屈指に躍り出ていた。

2010年の活躍は本当に素晴らしいものであった。

https://images.app.goo.gl/ygVNvNoxauUR33Fn7

もともとスピードを生かしたプレーであったが、打撃はそこまで高い数字を残せていなかった西岡選手。

2010年になり、打撃フォームを改良したことが転機。

https://images.app.goo.gl/i5T6iJtEQZDSToqe8

いきなり確変した印象であった。年齢的にも脂が乗っ全盛期。2010年の活躍で成績的には球界最高の選手の人に成長していた。
しかし、正直なところ2010年のような成績を残していたのはそれまでなく、一年だけ確変する選手は多くいる。
2010年以降も2010年のような活躍ができれば本物と思っていたが・・・・

スポンサーリンク

その年のオフにメジャーリーグ挑戦を表明。ミネソタツインズに移籍。

Embed from Getty Images

オープン戦は打率.345をマーク。素晴らしい成績を残し、期待が高まっていたが・・

迎えたメジャー開幕。

https://images.app.goo.gl/tJGtabxcwaHRtCKMA

しかし開幕してすぐに二塁の守備の際に相手奏者と交錯し、骨折。

長期離脱を余儀なくされ、その後復帰するも思うような活躍ができず。

https://images.app.goo.gl/jXtp8hMeK9guQLb27

3年契約中の2年目に自ら契約を解除。日本復帰を選択してしまった。

西岡選手自身も途中で契約を解除したことに後悔があるみたいだ。どんな状況下でも最後まで全うするべきであったとのちのインタビューで語っているだけに、

西岡選手にとってもメジャーリーグ挑戦は悔しいものであった。

今思えば、2010年の活躍が西岡選手に過信を与えてしまったのかもしれないが、

やはり開幕してからの怪我は痛すぎた。

https://images.app.goo.gl/8fkS5GbBKStegbHi6

確固たる打撃技術を身につけていない状態で海を渡ったことが、その後の西岡選手の打撃を狂わせてた。それだけ2010年の打撃成績が素晴らしいものであった。

そして開幕してすぐの大怪我により、西尾選手の野球人生に狂いが生じた。

あの怪我はなければ、オープン戦でも結果を残していただけに、シーズンでも活躍できたかもしれない。

その後阪神タイガースへ移籍をするも、

https://images.app.goo.gl/dmMaFKHBurC8WcTD6

華のある選手なだけにタイガースでも存在感を発揮したが、福留選手と激しく衝突し重傷をおい、長期離脱するなど、毎年のように怪我に泣かれ、離脱を繰り返し、苦しい日々。

スポンサーリンク

そして悔しいことに昨年のオフ、阪神タイガースを退団。

https://images.app.goo.gl/QckXmwsX85a8BvWv7

阪神タイガース移籍6年はほとんど怪我により、離脱を繰り返し、復帰するも以前のような打撃もできずに。

そして今年2019年にはBCリーグ栃木ゴールデンブレーブスに入団。

https://images.app.goo.gl/BthzbjFeKZiTYFkL8

今年は独立リーグでプレーし、NPB復帰を目指している。

西岡選手はプロ入り当初はスピードスターとして塁上を変え回った韋駄天。

現在の姿は完全になりを潜めてしまった。怪我もあり、選手として何の特徴もない選手に。

西岡選手はもともとバットコントロールなど、打撃がずば抜けていた選手ではない。

https://images.app.goo.gl/hRWbAUQJNKb75XNTA

もともとスピードを生かしたプレーが持ち味。

西岡選手はプライベートの印象が良くないと評判であったが、確かな野球センスを持ち、野球ではクレバーばプレーができる選手。

西岡選手は技術よりも判断力や頭を使ったクレバーさを持った選手という印象であった。

https://images.app.goo.gl/hRWbAUQJNKb75XNTA

高校時代は通算42本塁打を放った強打者であったが、プロ入り後はスピードを生かしたプレーでレギュレーを獲得している。
西岡選手は自分自身の持ち味をしっかり理解していたからこそ、早い段階で活躍できた。もちろん、それ相当の練習をおこなってきた結果でもあるはずだが。

若い時は盗塁王を獲得するなど、俊足のイメージではあるが、

ずば抜けた脚力を持った選手ではない。しかし、投手のモーションを盗むなど、洞察力の鋭さで生き残ってきた選手だ。

西岡選手は良い意味でも悪い意味でもずる賢い選手。

もったいないのは近年の怪我、プライベートの面での評判の悪さなどのより、マイナスなイメージが先行してしまったのが非常に残念だ。

個人的に良い選手だと思っている。

https://images.app.goo.gl/8aMFpUdpFKgPfdmt6

西岡選手のようなずる賢いプレーができる選手は時として頼りになるのだ。

しかしマイナスイメージが、阪神退団時の際のNPBからのオファーがない結果を生んでしまったのではないか。
もちろん、怪我もあり、30代半ばを迎え、怪我の多い選手を獲るにはリスクもあり獲得を見合わせてた球団もある。

スポンサーリンク

まだまだ35歳という年齢での独立リーグでのプレーは本人は悔しいものがあるはずだ。

実績や実了からすれば、独立リーグでプレーする選手ではないが、ここ近年の不本意な成績などにより、本人も悔しいはずだ。

しかし、いろいろあったと思うが、

https://images.app.goo.gl/WfQQhBXeJDXavqyS8

西岡選手は独立リーグで奮闘しているもともと野球に関しては真摯に向き合う姿勢を持っていた選手。

選手生活でたくさん怪我を繰り返しきた苦労人でもある。その中、頑張っている。

現在の姿はどんな過去があれど、応援に値する。

NPBで数々の栄光を手にしてきた野球エリート。

https://images.app.goo.gl/4qkjZXFcryRdiYwF6

素晴らしい実了と実績を上げてきた名選手だ。

怪我もあり、通算成績は物足りないのが寂しいところ。

メジャーに挑戦しなかったり、怪我をしなければ、もっと素晴らしい成績を積み上げていたことだろう。

現役通算成績は、

1125試合 打率.288 1191安打 61本塁打 383打点 196盗塁 出塁率357

本当に怪我に泣かされたプロ野球人生だ、怪我は本当には悔やまれる、

怪我がなければ、年齢的にもまだまだバリバリでできたはずだ。

西岡選手はNPB復帰を目指しているが、現実的には厳しいのが現状だ。

スポンサーリンク

本人もわかっているかもしれない。引退のふた文字との戦い。

https://images.app.goo.gl/s5g9QSyMQBWhbbQd6

自身の野球人生が終わりが近づいていることもわかっている中で、西岡戦選手が納得がいくまで野球と向き合って欲しい。

そんな姿を応援する。

https://images.app.goo.gl/K9j1qcAHwmfmqmFw7

まだ現役。素晴らしい経験を持った選手であったのは間違いない。

引退が迫っているが、

頑張れ!!西岡選手。

西岡剛選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

球界を駆け抜けたスピードスター、西岡剛。

引退という厳しい現実との戦いではあるが、

諦めず野球を続けている姿は賞賛すべき。

最後まで納得いくまでプレーをし続けて欲しい。

本当に応援している。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする