小園海斗 キャンプ一軍スタート!!開幕一軍!?高校No. 1ショートの特徴は?? 守備が魅力!?




まもなくプロ野球の春季キャンプが始まりますね〜

いやー、もーそんな時期ですか??この前シーズン終わった感じだけど、

月日が経つのは早く感じちゃいます。

昨年は甲子園も盛り上がって、いい選手がたくさんプロ入り。

根尾選手や藤原選手、そして吉田輝星選手ですかね、やっぱり。

いやいや、それだけじゃない?? 根尾選手たちに負けない素材がいるって??

あ、小園選手のことですか。もちろん、知ってますよ。

これから紹介するんですよ笑。

小園海斗。

昨年甲子園を沸かせた高校野球のスター選手の一人。

高校No. 1ショートと言われ、根尾選手よりもショートしての評価は高いのかな??

今回は高校ナンバーワンショートとして、広島東洋カープに入団した小園海斗選手をPICKUP

小園海斗選手のWiki的プロフィール

https://goo.gl/images/ZyrcyZ

名前 小園海斗 (こぞの かいと) Kaito Kozono

出身地 兵庫県宝塚市

生年月日 2000年 6月7日 (18歳)

身長 178cm

体重 83kg

ポジション ショート

小園海斗選手ってどんな選手??

高校ナンバー1ショート

https://goo.gl/images/JokrDM

小園選手は昨年のドラフト会議で4球団競合の末、広島カープドラフト1位で入団。

高校ナンバー1ショートとして注目された期待の新人。

出身は兵庫の名門、報徳学園。

小園選手では1年からベンチ入り。一年の夏からレギュラーに定着し、2年生になった春の選抜大会に出場。

2年生の夏の大会には出場できなかったものの、

3年の夏の甲子園では1試合3本の2塁打を記録し、持ち味の積極的なプレーで高校野球ファンを沸かせた。

https://goo.gl/images/RqTZtU

高校通算38本塁打と俊足を活かした走塁は魅力。

そして小園選手の代名詞といえる、俊足と肩の強さで守備も注目。

U-18の侍ジャパンにも選出され、

根尾選手、藤原選手、と並び称されるミレニアム世代として

注目の走攻守揃った期待の新人。

小園海斗選手のプレースタイル

身体能力を活かしたプレースタイル

高校時代は走攻守3拍子揃った選手として注目された小園選手。

まずはバッティング。

構えはコンパクトだか、体全体を使ったスイング、大きなフォロースルーが特徴。

https://goo.gl/images/GCjhg1

積極果敢にスイングを仕掛ける攻撃的なバッター。

またコースに逆らわず広角に打ち分けることができるバットコントロールを誇り、そのバット使いは柔らかさも兼ね備えている。

https://goo.gl/images/wcAJQp

昨年の夏の甲子園大会で魅せた、1試合3本の2塁打を放った時のレフトへ打ち返す
スプレーヒッティングは持ち味である俊足を活かす
最高の武器と言えるだろう。

広角に打ち明けることができ、反対方向への打撃、レフトへ打つ技術はなかなかのも。

多少バットの出方、軌道が気にはなるが、打球も強く、コースに逆らわずしぶといバッティングができる。

https://goo.gl/images/PZMMnm

高校通算38本塁打を放っているが、彼のプレースタイルからプロ入り後はホームランはあまり期待できるものではないが、パンチ力のある選手になる。

プロ入り後は持ち味の充足を生かしたスタイルで勝負していくだろう。

そして小園選手の最大の魅力は守備。

https://goo.gl/images/uw86EF

小園選手の守備の特徴としては深い守備位置を取り、打球に対して積極果敢に前に出る攻撃的な守備を誇るショートストップ。

深い守備位置をとっているだけに、小園選手は持ち味のスピード、肩に絶対的な自信があると言うことだろう。

https://goo.gl/images/JCwFKM

しかしその守備位置では賛否が分かれておりあえて深い守備位置を取り、打球に対してわざわざチャージする必要ないと言う意見もある。

深く守って毎回チャージしているだけに、プロのレベル、プロの打球に対して、高校時代の時のようなプレーができるかは疑問だが。

身体能力を活かした守備。打球を取ってから投げるまでの荒削りさがあるだけに多少強引に投げてしまうのも特徴だろう。

当然チャージしてしまうとイレギュラーバウンドへの対応が悪くなるため、エラーが多いのはそのため。

アンダー18の侍ジャパンに選ばれ祭はも、突っ込んでのエラーをしてしまっていた。

攻撃的な守備なだけに多少リスクはあるのかもしれない。当然アウトを取りに行くと言う選択には変わりないのが。

https://goo.gl/images/41aMYz

確実性が求められる守備なだけに、小園選手の守備は派手な守備といったところか。

身体能力を活かした守備はアメリカメジャーリーグに多いタイプ。

https://goo.gl/images/DHwtgK

セオリー重視の日本プロ野球なだけに、彼の守備スタイルに擬似的な反応が多い。

メジャーでは日本とは違い細かいステップで綺麗に取るという考えはない。

メジャーではいかにアウトにするのが重視されるため、補給し素早く一塁に送球するアクロバットでエキサイティングなプレーが多い。

メジャーのショートは身体能力がなければ務まらない。

そういう点から見れば、小園選手の守備スタイルは身体能力があって初めてできること。

一方、俊足と肩の強さがあるだけに外野を守らせても面白い存在になるかもしれない。

体のバネを生かした身体能力が高いの選手なだけに、

個人的には俊足巧打の西武ライオンズ、メジャーリーグでも活躍した、平成を代表するショートストップ、昨年引退した松井稼頭央氏のようなプレーヤになってほしい。

小園選手は身体能力を活かした打撃も走塁も守備も積極的。

攻撃的な選手と言えるだろう。

バッティングも守備も粗さが目立つが、高い潜在能力を買われてのプロ入り。

それだけ伸び代が期待できるといことか。

小園海斗選手は一軍定着はいつ??開幕一軍の可能性は??

https://goo.gl/images/3JmuTD

高校NO.1ショートとして広島に入団した小園選手だが、この話は時期早々ではあるが、

一軍定着はいつ頃になるだろうか。注目はまもなく始まる春季キャンプの振り分けだろう。

小園選手は春季キャンプでは一軍スタートが内定している。

高卒新人がキャンプ一軍スタートは珍しく、今年に中日に入団したミレニアム世代の中心人物、根尾選手もキャンプ一軍スタートが内定していたが、先日の右ふくらはぎの軽度の肉離れでスタートが二軍キャンプに変更されている。

特に広島カープでの高卒新人のキャンプ一軍スタートは異例とのこと。

キャンプが一軍だから、そのまま一軍で使うかは別問題。首脳陣が小園選手の実力を確認したいということだろう。

この点に関しては根尾選手も同じ流れであった。

まずじっくりプロの身体を作ること。現実的には2軍からスタートに暫定路線だろう。

しかし、小園選手は一年目の目標を開幕一軍と語っている。

高い目標だがその志は素晴らしいが、身体能力が高いだけではプロの世界は甘くない。

だが己の明確なビジョンに向かって突き進んでほしい。

己を信じて挑戦し、焦らずじっくり成長してもらいたい。

小園海斗選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

大事な原石なだけに、広島かープは大事に育てていくだろう。

育成がうまい広島だけに、小園選手の特徴を活かしたプレーヤーへ育ててくれるだろう。

そして根尾選手や藤原選手に負けない存在として成長するのも期待している。

誰が先に一軍へ定着するのか楽しみである。

日本最高のショートを目指して

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする