Jリーグ

西川潤 セレッソ内定FWの評価は?? ポジションやプレースタイルはPICKUP!!

 

バルサが認めたセレッソ内定FWのポジションやプレースタイルは??

 

西川潤

 

桐光学園のエース、そして早くも高校生ながら、

 

セレッソ大阪に入団が内定している期待のストライカーで、

 

次世代のスター候補。

 

久保建英選手に負けない逸材だ。

 

今回はバルサが獲得へ興味を示す、西川潤選手の評価、

 

ポジションやプレースタイルをPICKUP!!

 

西川潤選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/nfzTNKR6JQVV4iVu5

名前 西川 潤 (にしかわ じゅん) Jun Nishikawa

出身 神奈川県

生年月日 2002年2月21日(17歳)

身長 180cm

体重 66kg

ポジション FW・MF(フォワード・ミッドフィルダー)

西川潤 セレッソ内定FWの評価は?? ポジションやプレースタイルはPICKUP!!

 

バルサが獲得を目指す日本期待の新星。

 

https://images.app.goo.gl/fCQGFzBRNJETeBGB7

 

日本サッカー界の期待の若手の一人、

 

西川潤

 

現在、神奈川県の名門、桐光学園のエースとして、

 

バルサも注目する逸材であり、

 

高校サッカー界のスター選手。

 

そして高校生ながらJリーグ、セレッソ大阪の強化指定選手として、

 

現在、高校生ながら、大器の片鱗ぶりを見せている。

 

https://images.app.goo.gl/D3cs5Wnq8e2awLnt7

 

西川潤選手は次世代の日本サッカー界を背負う逸材の一人。

 

その才能は日本サッカー界の話題を独占している久保建英選手に負けないほど、

 

素晴らしい才能を持った選手は久保選手だけではない。

 

そんな今後の活躍が期待される西川潤選手がどんな選手なのか

スポンサーリンク
 

セレッソへの入団が内定している西川潤選手の評価、ポジションやプレースタイルをPICKUP!!

 

https://images.app.goo.gl/U7KUgfWurJHD85QV7

 


西川潤選手のポジションは
FW

 

持ち味のスピードを生かし、縦へ自ら仕掛け得点を奪うゴールへの嗅覚を兼ね備え、

 

サイドハーフ、インサイドハーフ、そしてセカンドトップ、センターFWと攻撃のポジションで持ち味を発揮するプレースタイルで攻撃に特化した選手。

 

 

特に西川選手の持ち味であるスピードとドリブルは最大の魅力。

 

特にドリブルで突破力は世代最高。

 

https://images.app.goo.gl/ngoyLpqj28NaZHAf7

 

昨年の高校総体では得意のドリブルで四人抜き、ゴールを量産。

 

ハットトリックを達成するなど、

 

高校生レベルでは別格のパフォーマンスを見せている。

 

世代屈指のアタッカーはゴールへの嗅覚も見事。

 

特に左足でのシュートは強力。

 

得意のドリブルで巧みに攻め込み、ゴールを奪う優れた攻撃センスを持っており、

 

https://images.app.goo.gl/mCLmHNvxJpej7rtk6

両足で巧みなゴールパターンを持つなど、ゴールへの引き出しの多さも特徴だ。

 

現在はスピードを生かし、ドリブルで持ち込みシュートを狙うスタイルで、

 

足元、ボールテクニックも優れており、自らの動きだけではなく、

 

持ち味のスピードで相手ディフェンスを裏抜けもうまく、

 

連動性ある攻撃の中で、ダイレクトプレーやポストプレーをこなすことができ、

 

ストライカーとしての器用さもあり、ゴールを奪うだけではなく、攻撃の幅を持つ、万能性も高い。

 

西川潤選手はこれからが本格的な成長が期待されるだけに、

 

どんな選手に成長するのか楽しみではあるが、

 

まだまだ選手として完成しているわけではないため、ボールを持っていない時の動きに課題もある。

 

まだ若いだけにフィジカル面でも課題の一つであり、

 

フィジカル面もさらなる成長することだろう。

 

経験やトレーニングを積むことで改善されるだけに、そしてレベルの上がる環境でプレーするか機会が増えれば、より一層成長スピードが増すだけに楽しみだ。

スポンサーリンク
 

西川潤選手は、現在まだ高校生だが、その才能は高校生レベルを超えており、

 

卓越したテクニック、スピードは別格。

 

https://images.app.goo.gl/Q7Ap2gd8L2YnD6nu5

 

高校生一人では止めることができないほど同世代を圧倒するほど。

 

早くも注目を集めているだけに、

 

今後の日本を代表するストライカーになる逸材だ。

 

そんな西川選手は高校入学と同時に桐光学園の10番を背負うなど、

 

早くから別格の存在感を示しており、持ち味のスピードを生かしたプレースタイルで

 

日本サッカー界の期待の星の一人として、輝きを放っている。

 

身長180センチの長身と持ち味のスピード、ドリブルで一級品で、

 

昨年の高校二年生の高校総体での活躍ぶり、

 

そしてU-16日本代表で出場したAFC U-16チャンピオンシップでは日本のアジア制覇に貢献し、

 

決勝戦で試合を決める決勝ゴールを決め、大会MVPを獲得するなど、

 

https://images.app.goo.gl/Q7Ap2gd8L2YnD6nu5

その活躍ぶりにはスター性を感じせざる追えない。

 

そして昨年度の高校サッカー選手権大会でも2年生ながら早くも大会の目玉選手となるなど、

 

その存在は着々と注目度をあげている。

 

2019年に入り西川選手はJリーグのセレッソ大阪の強化指定選手となり、

 

早くもJ1のピッチに立ち、試合ではアシストを決めるなど、

 

Jの舞台でも大器の片鱗ぶりを見せており、セレッソでの活躍にも期待大。

 

そして、西川選手の才能に世界からも評価され、注目度が上がっている。

 

https://images.app.goo.gl/757iVUs75YHAgh5W6

 

セレッソ内定の西川潤選手の活躍は海外メディアからも存在を取り上げられるなど、

 

イタリア紙からは日本のロッペンと称されるほどの高評価を獲得しており、

 

スペイン一部、世界最高のクラブの一つでもあるバルセロナから獲得への興味を現在持たれている状況だ。

 

バルセロナからはまだ正式オファーではないものの、

 

日本人を獲得し、アジアでのマーケット拡大も含めた獲得ではないかという意見もあるが、

 

バルサは数ヶ月前から西川選手をリストアップするなど、才能を高く評価している。

 

西川選手はまだ17歳のため、国際間の移籍年齢に達していないため、

 

現時点での動きはないであろうが、

 

来年の2月に18歳になるとともにバルセロナ側は正式なオファーをする見られ、

 

現在、2020年からセレッソ大阪でプレーが内定しているため、バルサへの移籍が実現するか定かではないが

 

今後の動向には注目が集まる状況だ。

 

昨年にもドイツ、ブンデスリーガのレーバークーゼンへの練習に参加した経緯もあり、

 

西川選手自身、早期の海外挑戦を考えているはず。

 

西川選手は若き日本の素晴らしい才能を持った選手であり、

 

その才能ぶりには疑いの余地はないほどの選手。

 

https://images.app.goo.gl/kEpZHMiY736xCkWx5

早くも海外からも注目されるのは、才能を認められているからこそ。

スポンサーリンク
 

期待のFWだけに、日本を代表する存在へ。

 

いや世界でも活躍できる選手と成長してほしいところだが、

 

やはり決定力、ゴールを決めてナンボ。

 

これからプロの世界へ羽ばたく西川選手が、プロの世界で輝くために、

 

ゴールを奪うFWになってもらいたい。

 

現在はU-20の日本代表に飛び級で選出されているが、

 

https://images.app.goo.gl/ZFJFFfDBJc4fuNhq8

さらに上のカテゴリーでも違いを生み出す選手になるために、やはりゴールを奪う決定力を持った選手へ。

 

ゴールを奪う場面で、ゴールまでの的確な判断をし、自ら力を発揮できるように、

 

動き出しやゴールへ結びつく判断力があってこそ。

 

それが世界で活躍するために必要不可欠。

 

世界でも別格な存在になるために決定力を磨いてほしい。

 

クリスティアーノ・ロナウドのような、

 

どんな状況でも得点を奪う、強いメンタリティーを誇る、

 

https://images.app.goo.gl/v19omebGxqk5XSxs8

圧倒的なストライカーのように、

 

さらにベンゼマ選手のようなに、

 

味方の得点を生み出す動き、ビルドアップや攻撃の連動性の中でポジションをかけ、

 

あらゆる状況下で能力を発揮するような、

 

https://images.app.goo.gl/w2FRNCMjr3dyXCdR6

万能型のストライカーになるのか、

 

または西川選手の持ち味のスピードとドリブルを最大限生かしたアタッカーを目指すのか、

 

今後、どんな選手に成長するのか楽しみだ。

 

やはりスピードとドリブルで生かした選手を目指すのであれば、

 

ロッベンのような選手になってほしい。

 

ロッベンは先日、現役引退を表明したが、

 

驚異のスピードからカットインし、ゴール奪う世界最高峰のアタッカー。

 

ロッベン選手のプレーはワンパターンであるが、

 

ロッベンの驚異的なスピード、ドリブルからシュートは

 

https://images.app.goo.gl/2S4KGbe3mRGMyVD5A

攻撃パターンはわかっているが止められないすごさがあり、いわゆる選手の個人技を最大限生かすようなプレーヤー。

 

西川潤選手は自らを最大限生かした選手になるために、個人技に特化したロッベンのような

 

https://images.app.goo.gl/TyzUF3z4wity1oQ29

ワンパターンでも違いを作れる存在になるアタッカーに成長してほしい。

スポンサーリンク
 

西川選手は卓越したテクニックだけではなく、

 

若いながら自分自身としっかり向き合うことができる、己に対する客観力もあり、冷静さも兼ね備えている。

 

https://images.app.goo.gl/TyzUF3z4wity1oQ29

 

自分自身の課題と向き合い、自分自身が成長できる環境を自ら決めるだけの意思を持った選手である。

 

西川選手はもともとマリノスジュニアユースに所属しており、

 

マリノスユースでもエースとして活躍していたのにもかかわらず、

 

当初はマリノスユースに昇格する予定を変更し、

 

西川選手は兄が在籍していた桐光学園への進学している。

 

自らの意志でクラブチームではなく、高校サッカー界へ。

 

西川選手は中学時代からの課題であったフィジカル面、そして精神面。

 

そんな西川選手の兄はもともと体格的にも華奢であったが桐光学園へ進学し、フィジカル面での成長をみせ、桐光学園で活躍し、現在も大学で活躍しており、

 

兄が肉体的な強さを手に入れ、そしてプレー面での精神面の成長を見せていたこともあり、

 

西川選手はが課題だったフィジカル、そして精神面、戦う姿勢が成長できる点が桐光学園にあると思い、

 

中学時代から自らの課題を明確にし、向き合い己の成長できる環境を考えること自体すごいことだが・・・。

 

西川選手はテクニックだけではなく、冷静さや判断力、高校生ながら高いサッカーIQを誇る選手。だからこそ、自らの決断で進学した。

 

そして、高校サッカーで注目され、

 

現在は17歳ながら、飛び級でU-20の日本代表にも選出され、

 

現在では世界からの評価を獲得し、

 

https://images.app.goo.gl/rJEQatBzrJ8qjSvn7

バルサのようなクラブからも注目される存在になっている。

 

現在はセレッソ大阪の強化指定選手になり、

 

早くもJの舞台でプレーし、大気の片鱗ぶりを見せている。

 

西川選手は早くも17歳でJリーグデビューを果たし、

 

今後のセレッソでの活躍が楽しみだ。

 

https://images.app.goo.gl/DZZrEPc77F3J3u3R7

 

それは現在日本代表で活躍している南野拓実選手、そして日本代表の顔でもある香川真司選手よりも、早いデビュー。

 

二人はのちにJリーグで活躍し、ヨーロッパに渡り、

 

日本を代表する選手へと成長しているだけに、

 

西川選手にもそんな偉大な先輩の後を追う活躍していく期待感があるだけに、

 

早い段階での海外移籍を実現してもらいたい。

 

そんな西川選手にはバルサから獲得に興味を持たれるだけに、

 

先ほども前述したが、西川選手が18歳になれば、正式な獲得に乗り出す意向。

 

現在セレッソ大阪内定という状態なだけに、今後の状況が変われば、

 

セレッソではなく、バルセロナへの入団へ変更する可能性もある。

 

バルセロナに移籍する場合、まずはバルサBでの育成プランとされているが、

 

今後の去就にも注目が集まる。

 

そして、当然そんな素晴らしい才能を持った西川選手であるが、

 

当然将来の日本代表の格になれる素材。

 

https://images.app.goo.gl/DZZrEPc77F3J3u3R7

現在は飛び級でのU-20日本代表にも選出されるほどの逸材なだけに、今後の活躍次第では、早期のA代表デビューの可能性もあるだろう。

スポンサーリンク
 

先日、A代表デビューを果たした久保建英選手と同じ18歳。

 

同じ年である久保選手はレアルマドリードへ移籍を果たし、

 

世界的にも注目される存在にまで成長しているだけに、

 

西川選手も久保選手に負けてられないだろう。

 

西川選手もJリーグ、セレッソ大阪で結果を残し、世界へ羽ばたき、

 

西川選手自身も世界的になれる存在なだけに、

 

今後、どのような成長曲線を描いていくのか楽しみだ。

 

2022年のカタール大会の日本代表の主力になれる逸材。

 

https://images.app.goo.gl/6PV3vBMdXxoxjyYj9

同級生、久保建英選手ともに、日本代表を背負い、引っ張っていくような選手へと成長してほしい。

 

それだけのポテンシャルはあり、

 

海外メディアからも注目され、その存在を高く評価されているだけに、

 

日本最高の選手になってほしい。

 

久保建英選手に負けるな。

 

しかしながら、日本サッカー界は明るい。

 

スポンサーリンク
 

西川潤選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

次世代の日本サッカー界のスター候補、西川潤。

 

高校生ながらバルサからの注目されるなど、

 

その才能には評価が高いだけに、

 

早い段階での海外挑戦するかもしれない。

 

今後の動向も注目だが、

 

まずは桐光学園、そして内定しているセレッソでの活躍に、

 

期待していきましょう。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です