Jリーグ

仲川輝人のプレースタイルは?? 武器はスピードとドリブル

 

ハマのスピードスターのプレースタイルは??

 

仲川輝人

 

2019年Jリーグ得点王争いを繰り広げるなど、

 

大ブレイクを果たしたスピードとドリブルが武器。

 

一躍、輝きを放ち、マリノスの顔へ。

 

そして、日本代表入りにも期待が高まる期待のアタッカー。

 

今回は横浜Fマリノスのスピードスター、仲川輝人選手をPICKUP!!

 

仲川輝人選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/T1HfPdXitevVpbbP6

名前 仲川輝人(なかがわ てるひと)

出身地 神奈川県川崎市

生年月日 1992年7月27日(27歳)

身長 161cm

体重 57kg

ポジション MF・FW

仲川輝人のプレースタイルは?? 武器はスピードとドリブル

 

https://images.app.goo.gl/2ZkDZA6YUs94XVtZA

 

ハマのスピードスターは覚醒の時

 

仲川輝人

 

2019年シーズン、

 

抜群のスピードと突破力でJの舞台で躍動。

 

横浜マリノス快進撃の立役者といっても過言ではない。

 

一躍、Jリーグ屈指のアタッカーへと成長した男の覚醒ぶりは本物か。

 

現在の活躍ぶりで日本代表入りも時間の問題か。

 

2019年ブレイクしたハマのスピードスターはどんな選手なのだろうか。

 

今回は横浜Fマリノスの快速アタッカー、仲川輝人選手をPICKUPしていきましょう。

スポンサーリンク
 

 

仲川輝人選手ってどんな選手??

 

https://images.app.goo.gl/YHGfbBXSh2acP5gHA

 

仲川選手は神奈川県川崎市出身。

 

地元川崎フロンターレ下部組織から、専修大学へ進学。

 

専修大学在学中に持ち味のスピードを生かし、

 

関東大学一部リーグで得点王に輝くなど、

 

大学4連覇の立役者、専修大学のエースとして大活躍。

 

ユニバーシアード日本代表にも選出、

 

大学サッカー界屈指の存在として評価され、

 

現在所属の横浜Fマリノスへ入団。

 

その後、町田セビリア、アビスパ福岡を経て、

 

昨年2018年にマリノスへ復帰し、リーグ9得点をマーク。

 

そして2019年はJでマリノスの優勝争いの立役者として、シーズン15得点10アシストと見事な活躍ぶり。

 

スピードを活かしたプレースタイルで、2019年最も大ブレイクした男。

 

Jで舞台でノリに乗っている日本人選手と言えるだろう。

スポンサーリンク
 

 

プレースタイル・特徴

 

https://images.app.goo.gl/Zdu3w5teQ7gHPWMZ6

 

仲川選手は主にサイドハーフ、マリノスで右サイドでプレー。

 

身長161センチと小柄な体格ではあるが、

 

スピードとドリブルを持ち味とするプレースタイル。

 

持ち味であるスピードは日本人でもトップクラス。

 

一瞬でトップスピードに乗る加速力は驚異的で、

 

抜群のスピードでハマの新幹線と称されるほど。

 

ドリブルも得意であり、スピードと細かいタッチで、重心の低いドリブルは速さと強さを兼ね備えている。

 

アジリティーが際立つドリブルは華麗なステップワークで相手を翻弄。

 

そのスピードで縦へ突破力も素晴らしいものがある。

スポンサーリンク
 

 

高い決定力も

 

https://images.app.goo.gl/YoQJLPH7jDmjuCS88

 

スピードとドリブルで仕掛けるプレースタイルながら高いシュート力も兼ね備え、

 

ポジションであるサイドからドリブルで仕掛け、利き足は右足であるが、

 

左足でも力強いシュートを打つことができる高いシュート力を誇るゴールシューターでもある。

 

2019年はPKなしで15得点をマークするなど、決定力に磨きがかかっている。

 

両足で力強いシュートを放つことができるのは強み。

 

テクニックに秀でた選手ではないが、プレーに勢いがあり、2019年の得点王候補になるほど、仲川選手のプレーはアグレッシブ。

 

ボールを持てば、高い攻撃力で試合を作り出すことができる存在へと成長した。

 

現在の活躍で、今年のJリーグ最優秀選手賞受賞も期待できるほどの活躍。

 

抜群のスピードとドリブルで相手ディフェンダーをかき乱すマリノスの快進撃の立役者、期待のアタッカー。

スポンサーリンク
 

 

遅咲きのアタッカー

 

https://images.app.goo.gl/7m6GxDJULLyH8ARCA

 

2019年得点王へ名乗りを上げたハマのスピードスター。

 

一躍、日本人屈指のアタッカーとして開花した男は、

 

現在の才能を開花させるまで順風満帆ではなかった。

 

仲川輝人選手はフロンターレ下部組織でプレーしていたが、トップ昇格を果たせず。

 

しかしその後、進学した専修大学では快速アタッカーとして大活躍。

 

大学ナンバーワン選手として、プロからも注目選手であったが、

 

プロ入り前の2014年には右膝前十字靭帯や半月板損傷などを右膝に重傷、負うなど、選手生命に影響を及ぼすような怪我をしてしまい、苦しい日々を経験。

 

プロ入り後も、右膝の状態が思わしくなく、右膝を手術。

 

怪我からの復活するも、持ち味にスポードも発揮できず、そしてJリーグのレベルに適応できず、出場機会を求めて、町田、福岡ででプレーしていた。

スポンサーリンク
 

 

マリノス復帰後、開花した才能。

 

https://images.app.goo.gl/AF9bedTKQnwMEY348

 

そして昨年復帰したマリノスではアタッキング・フットボール、堅守速攻ベースの戦術の中、最高のパフォーマンスで持ち味のスピードを活かし、アタッカーとして覚醒。

 

昨年の2018年は9得点、そして2019年シーズンはここまで15得点をマーク、

 

決定力も向上し、アタッカーとして飛躍をとげ、

 

遅咲きであるが日本人トップクラスのアタッカーには成長したといってもいい。

 

小柄ながらプレーはダイナミックでアグレッシブでボールを持てば、ワクワクする選手に見事成長した。

 

このまま、A代表入りへ名乗りも時間の問題だろう。

スポンサーリンク
 

 

日本代表入りは??

 

https://images.app.goo.gl/cjFpxoAbwyqh2yDc9

 

今、ノリに乗っているJ期待のアタッカー、仲川輝人選手は、

 

一気に日本代表招集への期待が高まっている。

 

年齢的には若くないが、日本代表でも是非見てみたい存在だ。

 

仲川選手自身も、代表入りも目指している。

 

日本代表に2列目は激戦区で、スピードが武器である、似たタイプの伊東純也選手がいるだけに、十分通用する要素を持っていると言えるだろう。

 

12月には東アジア選手権が開催され、日本代表は国内組編成となるとみられているだけに、

 

是非とも日本代表にも選出され、結果を残すことができれば、

 

仲川選手のスピードを生かしたプレースタイルであれば、日本代表ではオプションとして面白い存在として、戦力になるはず。

 

今シーズンの活躍で一躍、日本代表へ。

 

マリノスを牽引するアタッカー。

 

日本代表でも存在感を発揮するのか楽しみだ。

 

ハマのスピードスターは日本代表でもスピードで勝負を挑む。

 

 

スポンサーリンク

仲川輝人選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

2019年、Jリーグで持ち味のスピードで、

 

見事な活躍ぶりを見せる仲川輝人選手。

 

15年ぶりの優勝が目前のマリノスの攻撃のキーマン。

 

そして、日本代表入りへ、

 

Jリーグ屈指の選手になった仲川選手の今後に注目していきましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です