サッカー

中山雄太はどんな選手?? ポジションやプレースタイルをPICKUP!!

 

日本代表の攻守の要になれる存在。

 

中山雄太

 

東京五輪世代の次世代の日本代表候補。

 

さらなる飛躍が期待される若武者だ。

 

今回は日本代表として活躍が期待される、中山雄太選手のプレースタイルをPICKUP!!

 

 

中山雄太選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/hiMrzXnbGPC4YDQf8

名前 中山雄太 (なかやま ゆうた)

出身地 茨城県龍ヶ崎市

生年月日 1997年2月16日(23歳)

身長181cm

体重 76kg

ポジション DF・MF

中山雄太はどんな選手?? ポジションやプレースタイルをPICKUP!!

 

https://images.app.goo.gl/g8S9sH2kdKMrcQBe8

 

現在、オランダリーグにPECズヴォレに所属する期待の若武者。

 

東京五輪世代の日本代表候補として、

 

そして次世代のA代表候補。

 

中山雄太

 

今回6月のA代表、そして現在、開催されているコパアメリカの代表メンバーにも選出され、注目の若手成長株。

 

中山雄太選手はレイソルの下部組織出身。

 

2015年にレイソルのトップチームに昇格し、

 

プロ2年目に早くもレギュラーのポジションを獲得。

 

https://images.app.goo.gl/tJSJ63MMop77uJhT9

Jリーグで活躍した若手選手に贈られるベストヤングプレーヤー賞を受賞。

 

その年の開催されたU-20日本代表のメンバーでも、

 

レギュラーのポジションを獲得し、全試合に出場。

 

その後のヨーロッパに成長の場を求め、

 

オランダリーグで闘っている今後、期待の日本代表候補。

 

中山選手は若いながら、落ち着いたプレーには定評がある。

 

今回は中山雄太選手のプレースタイルをPICKUPして行きましょう。

 

 

https://images.app.goo.gl/u5DSM6zwRHtfoSPMA

 

中山雄太選手は本職はボランチだが、

 

センターバックなどディフェンスラインもこなすことができる選手。

 

プロ2年目にレイソルの下部組織から昇格後、センターバックに転向。

 

複数のポジションをこなせる、多様性のある選手だ。

スポンサーリンク
 

中山選手は若いながら、冷静な判断からの試合を組み立てる能力が持ち味。

 

ポジションの人つであるセンターバックの位置から、

 

制度の高いボールを供給することができ、

 

センターバックとして攻撃の起点を作ることができる攻撃型のセンターバック。

 

センターバックは当然守備面が求められるが、 

 

中山選手の特徴は攻撃面。

 

https://images.app.goo.gl/5pFawJLkLtrtjJKc9

センターバックをこなすことができる守備力に、攻撃力を活かしたスタイル。

 

中山選手は後方のポジションから攻撃にスイッチャーとしての役割ができ、

 

特に現代サッカーではセンターバックからボールをつなぐ、攻撃のスイッチを入れることができる選手はチームを構成するには欠かせない。

 

中山選手は現代サッカーに対応した、モダンなセンターバック。

 

https://images.app.goo.gl/HLejm44mR4dtiyHd9

センターバックの位置から状況次第ではドリブルで前線へ運べるなど、ディフェンスラインからのフィード力、そして中盤から攻撃のスイッチを入れることができる選手。

 

しかし、中山選手は本来はボランチ。

 

レイソル下部組織時代からのボランチを努め、

 

中学時代にボランチの資質を認められていたほど。

 

中山選手自身も自分自身は中盤の選手という認識を持っていることもあり、

 

中盤で勝負したい意識を持っているだけに、

 

ボランチに対してこだわりを持っている。

 

本来のボランチの位置から的確なパスでゲームメイクで攻撃を演出できる選手だ。

 

https://images.app.goo.gl/GVa2fzMuU3jivfQA6

そして、中山選手は攻撃だけの貢献度だけではない。

スポンサーリンク
 

守備面での試合状況を読む対応力の高さはなかなかなもの。

 

https://images.app.goo.gl/yUB7pGieHdHbYhso8

 

その対応力の高さはアンダー世代の日本代表で持ち味を発揮。

 

攻守にわたり存在感を発揮しており、アンダー世代の日本代表では欠かせない選手だ。

 

中山選手は何か秀でた選手ではないが、相手選手の状況からたくさんの選択肢を取りながら、

 

試合構成力のある選手。

 

守備面での落ち着き、正確なパス、的確な判断、ビルドアップ、

 

アンダー世代ではキャンプテンを務めるなど、キャンプテンシーも兼ね備えており、

 

https://images.app.goo.gl/oUy1kjQfebkNszkR8

あらゆるポジションをこなすだけのバラエティーさを兼ね備え、中盤、そしてディフェンスの最終ラインもこなすだけの攻守の総合力の高い選手。

 

現在はオランダで奮闘中の中山選手。

 

今年の一月にオランダリーグPECズヴォレに移籍し、ベンチ入りは果たすものの、

 

移籍当初は出場機会に恵まれず。

 

https://images.app.goo.gl/zfMn5EPo5EohSB489

悔しい日々を送っていたがリーグ終盤には出場機会を獲得するまでに、徐々にヨーロッパの舞台に適応しつつある。

 

中山選手本人は移籍当初はやはり言葉の壁もあり、なかなか適応に苦しんだが、

 

その時間が自分を見つめ直す機会につながったと語っている。

 

移籍したオランダリーグのPECズヴォレではプレーすること自体には難しさは感じておらず、

 

オランダの舞台でもやれる自信を感じているとのことだ。

 

https://images.app.goo.gl/mPmP454E7xi3d9gu9

あとは結果を出すだけか。本職のボランチで飛躍を目指し、飛躍を期待だ。

 

中山選手自身も飛び抜けた能力はない分、全部こなすことができる、万能性を伸ばし、飛躍を目指している。

 

中山選手は選手としての総合力の高さをこれからオランダの地でしっかり磨きをかけて、飛躍につなげてもらいたいところだ。

 

オランダリーグはアグレッシブなスタイルで若手選手が経験を積むには最高の環境。

 

https://images.app.goo.gl/LDb1z6Xxn17VFJgH6

 

同じ日本人で日本代表の主力まで成長した堂安律選手も、

 

所属のフローニンゲンで結果を残し、ビッククラブから高い関心を示されている。

 

オランダで結果を残し、4代リーグのビッククラブへ移籍するには活躍次第では若くして一気に飛躍できる環境だ。

 

しかし中山選手はまだ所属のズヴッレではまだポジションを確保できていないのが現状。

 

やはりこれからさらなるステップを目指すのであれば、

 

https://images.app.goo.gl/12MKi8MN8H1mL1rV6

オランダでの活躍は必須。

 

中山選手も堂安選手のように来シーズンはレギュラーを奪取し、

 

東京五輪のメンバーに選出され、 さらなるステップを目指してほしいところだ。

スポンサーリンク
 

そしてこれから期待が高まるのはA代表への本格参戦だ。

 

中山選手は現在はまだ東京五輪、アンダー世代の日本代表が中心。

 

しかしながら6月の親善試合では日本代表へ選出され、以前からA代表への選出候補になっていただけに、これからA代表のメンバーに食い込んでくるのは楽しみな存在。

 

中山選手とは同年代で似たスタイルの選手、冨安、畠中、板倉といった、

 

この世代にはいい選手たちが揃っているだけに、

 

https://images.app.goo.gl/w8RzLpAxvsBefSwY8

今後の日本代表を構成する上で、鍵になる存在なれるだけに中山雄太選手もさらなる飛躍を期待しよう。

 

今回、若手主体のメンバーで臨んでいるコパアメリカで奮闘している。

 

 初先発したコパアメリカでの第一試合のチリ戦では、

 

本職のボランチで先発出場を果たすも、前回優勝国のチリの中盤に苦しめられ、ミスを連発。

 

https://images.app.goo.gl/7h1UKYQLBtKv16Xq9

早い段階でイエローカードを持ってしまい、その後にプレーに影響を与えてしまったかもしれないが、惨敗だっただけに悔しい結果となった。

 

しかし日本代表は即席チーム感が否めなく、各選手が守備面での連動性、カバーリング、ポジショニングも悪く、

 

ボランチがサイドにつられてしまい、中盤がスカスカになるなど、苦しい展開であったが、

 

 中山選手は積極的に判断を下し、動きを変えていた姿も見られた・・

 

確かにミスは多かったが、守備への切り替えは一番早かったと言えるだろうが、

 

それは状況を理解し、察知しているからこそであったが・・・・

 

判断がワンテンポ遅いため、同じボランチの柴崎選手がカバーに追われていた。ボランチとしての役割を果たすことができていなかった。

 

今回のコパアメリカでの戦いは普段戦っているレベルの高い相手なだけに、

 

強豪国から個人、組織のレベルの高さを痛感したはず。

 

中山選手本人も評価する材料がないと語っているほどの悔しい内容であったが、

 

今回のコパアメリカでの経験を成長の糧にして欲しいところだ。

 

これから飛躍し、常時フル代表へ選出される存在へと成長することに期待だ。

 

まだまだこれからの選手。

 

https://images.app.goo.gl/JW3Qvya2T9QaFJd29

 

日本代表には久保建英選手のような若手がどんどん出てきているだけに、

 

中山選手にも今後の成長に期待したい。

 

スポンサーリンク
 

中山雄太選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

次世代の日本代表の主力候補、中山雄太選手。

 

現在、コパアメリカで強豪国に揉まれている。

 

厳しい戦いが続くだけに、今回の機会を成長の糧にしてほしい。

 

素晴らしい才能を持った選手。

 

日本代表の攻守の要、バランサーになれる存在なだけに、

 

これからの成長を期待しよう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です