中島翔哉 ポジション・プレースタイルは!? 日本屈指のアタッカーの評価は??




日本代表の真のエースへ。

積極的なプレースタイルで、

持ち味のドリブルで数多くのチャンスを演出。

中島翔哉

次世代のエース候補でもある日本期待のアタッカー。

今回はサッカー日本代表、中島翔哉選手をPICKUP

中島翔哉選手のWIki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/ighcVVQ9qSAcE3aJ9

名前 中島翔哉 (なかじま しょうや) Syoya Nakajima

出身 東京都八王子市

生年月日1994年8月23日(24歳)

身長 164cm

体重 64kg

ポジション MF・FW (ミッドフィルダー・フォワード)

中島翔哉選手のプレースタイル

日本代表のエース候補

Embed from Getty Images

中島選手は新生日本代表の主力として主のポジションは左サイド。

左サイドからドリブルで積極的に仕掛けるプレーが持ち味。

得意であるドリブルでアグレッシブに攻め、ール前へ切り込み自らゴールを奪う個人技を誇る。

日本屈指のアタッカー。

Embed from Getty Images

ボール持ち、積極的に仕掛けるドリブルでの縦への推進力が秀でた選手。

ボールを持った中島選手はなかなかボールを奪われない高いキープ力、

ゴールへ向かう積極的な動き出しや定位置の左サイトからのカットインから独自の間合いをもつ攻撃力に特化した選手だ。

攻撃へのアクセントとなる最上級のテクニックが際立つ、

https://images.app.goo.gl/qFKGAQ9YxBiLhZfj8

シュートをミドルを打つこともできれば、周りの選手を使うこともできる器用さもある。

スポンサーリンク

一瞬で攻撃のギアを入れることができ、試合の中で攻撃の起点となり、

違いを作れる選手。

https://images.app.goo.gl/xSTJeciQzNLUV74X9

自分自身で得点を奪い、そして味方選手を使い、チャンスメークもできる。

中島選手は主に左サイトでプレーするが、

攻撃でのアクセントを加えることができることができる点を考慮すれば、

トップ下のポジションでも持ち味を発揮するはず。

実際、プレー中はサイドから中央に切り込む場面を見ることから、もう少し中央気味のポジションでも難なくこなすことができるだろう。

現在、中島選手は日本人選手としてノリに乗っている一人。

ヨーロッパ、ポルトガルに渡り、持ち味の積極性が磨きがかかった。

日本時代は持ち味を出せず、J3まで落ちたこともある中島選手。

今は、しっかり自分の間合いで勝負できる型を持った選手として日本代表にも欠かせない存在に成長している。

プレースタイルはアタッカーでもあり、ウインガーでもある。そしてチャンスメーカーでもあるように、

様々な攻撃スタイルを誇る引き出しも多い。

https://images.app.goo.gl/yFKABsUT8wFwSx4F7

攻撃に特化したプレーヤーだ。

身長164センチとスポーツ選手としては小柄であるため、

中島選手のプレースタイルはその小柄さを活かしたプレーと言える。

https://images.app.goo.gl/b8pdXbSwCiSa4nNSA

世界最高の選手の一人であるアルゼンティン代表のメッシも低身長で知られ、ドリブルや俊敏性を活かしたプレーを見せている。

中島選手の持ち味も俊敏性、アジリティーを生かしたプレーで、

Embed from Getty Images

ボールを持てば違いを見せることができる高い個人技を誇る、日本代表するアタッカーの一人だ

昨年ワールドカップ前に日本代表会召集され惜しくも本大会には選出されなかったが、

森保新体制後は日本代表の主力として期待される日本注目の選手。

中島翔哉選手 その評価は??

今や、日本代表でも欠かせない存在となりつつある中島翔哉選手。

https://images.app.goo.gl/SD3LipjoWNxRaBgS9

昨年の2018年ワールドカップには大会前に招集され、

勢いと高い個人技を魅せつけたが、

惜しくも大会メンバーには選ばれず、悔しい思いをした。

その後は、

森保新体制には日本代表の格として、抜群の存在感を発揮している。

https://images.app.goo.gl/n3SBsXYmoFHRc2HPA

今年、香川真司選手が代表復帰するまでは背番号10番を背負うなど、次世代の日本代表のエースの座として活躍が期待されている。

しかし、今年初めに開催されたアジアカップでは大会直前に怪我により、日本代表を離脱。

それまで日本代表で確固たる存在感を示していた中島選手を欠いた日本代表は、攻撃力が低下、

苦戦を強い羅れなが、決勝には進出したものの、それまで攻撃の格であった中島翔哉選手の不在は痛いものであった。

スポンサーリンク

それだけ、個人技に秀でた選手だけに、日本代表での存在感は大きくなっている。

問題なのは中島翔哉選手の出来により、試合内容に影響してしまう日本代表の現状がある。

森保体制の不安要素は、チームの決まりごと、戦術面で劣る日本代表。

個に秀でた選手に他の選手がマッチするのかという選手依存型のチームになっていることが問題だ。

攻撃では中島翔哉頼り。

https://images.app.goo.gl/zcQ3uggaN1re7yWx9

中島選手しかり、大迫選手しかり、チームの戦術に個が合わせるのではなく、優れた選手にチームが合わせる状態は、

今後の日本代表にとって不安要素だが、

中島選手自身も懸念材料はある。

中島選手は抜群の攻撃力を誇るが、守備面ではあまり期待できる存在ではなく、

攻撃からボールを奪われた際のカウンターを食らう場面が多く、攻守の切り替えの際に問題があり、守備でのポジショニングでも。

課題もあるが、

中島選手の現在の日本代表での立ち位置、

攻撃での存在感は抜群、今や本当に欠かせない存在で日本代表内でも高い評価。

これから絶対的な存在になることができるか。

https://images.app.goo.gl/g2fuJmmbkabs8cbw7

そんな日本代表にエース候補でもある中島選手は、ヨーロッパでも活躍が認められ、

ヨーロッパ有力クラブからの注目された逸材でもある。

今年1月まで所属していたポルトガルリーグ・ポルティモネンセでの活躍ぶりで一躍ブレイク。

https://images.app.goo.gl/LJonC9GQjLWoq9Nu8

ヨーロッパのビッククラブ、マンチェスターシティーやスペインのセヴィージャなどからも注目さレルまでに成長した。

特に1月にカタールリーグのアル・ドゥハイルへ移籍したが、

リーグ・アンのパリ・サンジェルマンへの移籍話も。

現在所属するアル・ドゥハイルのオーナーがパリ・サンジェルマンへの共同オーナーであることから、

来季にカタール経由でパリへ移籍するのではないかという噂も流れていたが、

https://images.app.goo.gl/3Fu7Qg5NJewojTsDA

このニュースは現実的にはない。希望的なニュースだろう。

現在所属するアル・ドゥハイルはカタールリーグの競合ではあるが、

選手全盛期になぜカタールでプレーするのかという疑問的な声が上がっていたが、

しかし、それは選手として高い評価を受けているからこそ。

スポンサーリンク

ヨーロッパのビッククラブから興味を持たれている時点で評価があるということだ。

2022年のカタール大会でのエース候補の中島翔哉。

次回のカタール大会を意識してのカタール移籍でもあったかもしれないが、

ワールドカップ本大会への選出はまだまだこれから。

そして、6月には日本代表は南米選手権へ出場する。

南米選手権にはクラブへの招集権がない大会だが、日本代表メンバーに選出される高い。

南米選手権で大暴れし、日本代表で絶対的な存在へ。そしてクラブでも大暴れ。

このまま、ビッククラブへ移籍実現するかは、

https://images.app.goo.gl/itq3wsEPuV69x2Gp9

これからのパフォーマンスにより、評価が決まる。

今まで以上のパフォーマンスに期待だ。

中島翔哉選手の関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

サッカー日本代表のエース候補、中島翔哉。

左サイドからの攻撃でファンを沸かせるプレースタイルで、

さらなる飛躍を。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする