中田翔 ここまでの成績は?? 通算本塁打,通算成績をPICKUP!!




ここまでの通算成績は??

日本を屈指のクラッチヒッター。

中田翔

高校時代怪物スラッガーとして騒がれた逸材は、

順調に日本球界の顔に成長した。

今回は中田翔選手のこれまでの通算成績をPICKUP !!

中田翔選手のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/Rh6i4qxggwy2CPtJ9

名前 中田翔(なかたしょう)

出身地 広島県広島市中区

生年月日 1989年4月22日(30歳)

身長 183cm

体重 107キロ

ポジション ファースト・レフト

中田翔 ここまでの成績は?? 通算本塁打,通算成績をPICKUP!!

https://images.app.goo.gl/KgMvN4yZGTKXn2FR7

日本を代表スラッガー。

北海道日本ハムファイターズの中田翔。

豪快に振り抜かれるスイングからホームランを放つ、今や日本球界の顔にまで成長を遂げたと言っても過言ではない。

持ち味の長打力、そして勝負強さはピカイチ。

そんな今年でプロ11年目に入った現役生活で現在30歳。

https://images.app.goo.gl/MxrdsoS12qjCP6Sf9

今後のさらなる飛躍を期待されるが、

中田翔選手のここまでの通算本塁打・通算成績を振り返っていきましょう。

そんな中田翔選手は、

https://images.app.goo.gl/uPuFyJyDE3mUFLLo9

大阪桐蔭高校時代から超高校級スラッガーとして、甲子園を沸かせた高校球界のスタートとして大活躍。

聖地、甲子園では通算5本のホームランを放つなど、その存在は全国的にも注目された逸材であった。

そんな中田翔選手は、プロ注目の選手として、鳴り物入りでプロの世界へ。

2007年のドラフト会議で、北海道日本ハムファイターズに入団。

その豪快なスイングから、特大のホームランを期待される逸材で、久々に登場した右の和製大砲として、1年目からの活躍が期待されるほど、

練習試合からホームランを放つなど、

https://images.app.goo.gl/chxKHJxPkCHQJD8D6

10代とは思えない存在感は、あの清原和博を思わせるほどの存在感であったが・・・・

しかしながら、そんな中田選手にもプロの壁というのはアツいもので、

プロ3年目まで一軍の舞台でホームランを打つことができなかった・・・・・。

スポンサーリンク

プロ一年は一軍すら昇格できずに。

https://images.app.goo.gl/914Uq3Sn91LB22mD9

二軍ではホームラン30本放つなど、連発したものの、プロ2年目も一軍での試合出場は22試合に止まるなど、なかなか期待された逸材が芽を出すのに、苦しい日々を送る日々。

しかし、二軍での練習の成果は突如やってくる。

https://images.app.goo.gl/7CwtnBxG8Kj5Kasf8

プロ3年目、開幕一軍を果たすものの怪我もあり、二軍での生活が続いたが、シーズン半ばに入り、再び一軍昇格。

ようやくプロ初ホームランを放つなど、

2010年は65試合 打率.233 9本塁打 22打点という成績を残し、

https://images.app.goo.gl/25BzRQv7YQULw67H9

ようやく期待された大器が芽を覚ますのかという活躍を見せた。

そこから中田翔選手が徐々に持ち味のパワーを発揮できるように、

翌年2011年は、143試合に出場し、打率が.237であったものの、ホームランが18本と前年よりほぼ倍増、

そして今では代名詞にもなった勝負強さで91打点をあげるなど、

様々な打撃フォームを試行錯誤しながら、さらなる飛躍を目指し、

https://images.app.goo.gl/BVdaKdrxJ2i1dtuV7

事なでの成長を見せるほど。

翌年2012年は全試合出場し、ホームラン24本、2013年は28本をマーク。

https://images.app.goo.gl/WaCRYbJNqXdfzXEfA

高校時代に騒がれたほどの逸材はその長打力を持ったパワーを見せるようになり、

2014年にはホームラン27本、そして初の100打点を突破し打点王を獲得し、初の打撃タイトを獲得。

翌年の2015年には初のシーズン30本塁打を突破、

2014年から3年連続100打点、、3年間で二回も打点王を獲得。

https://images.app.goo.gl/eYb5sCVP7vMLGewu7

しっかり経験値を上げ、見事球界を代表する選手の仲間入りを果たすようになる。

スポンサーリンク

そんな球界を代表する選手へと駆け上がってきた中田選手は2013年から日本代表にも選出されるほどの存在へ。

https://images.app.goo.gl/MQVdxMKY8AuHkimK8

2015年のシーズンオフに開催されたプレミア12では、日本の主軸として奮起。

8試合で打率.429 3本塁打 15打点をあげ、

2016年には25本、110打点、2017年には16本に落ち込むも、2018年には25本塁打を残し、

2012年から5年連続20本塁打を達成するなど、球界の顔にまで成長を遂げている。

中田選手は今年でプロ10年目。

https://images.app.goo.gl/VCcUaq3YyB2gmKvr9

2018年の現役生活での通算成績は2019年5月の時点で、

1231試合 打率.253 1158安打 213本塁打 打点782 出塁率.322 長打率.441

ベストナイン4回、そして打点王2回、、ゴールデングラブ賞を3回

通算本塁打も200本を超え、着実にプロでの通算成績を積み重ねている。今や、日本を代表する選手へと成長をと遂げたと言ってもいい。

中田選手は高校時代は超高校級スラッガーとして世間を騒がせてのプロ入り。

そんな逸材と騒がれた中田選手でもプロ入りの3年間はプロの壁にぶち当たり、一軍の期待されたホームランすら打てない日々を経験している。

当時の中田選手は焦りがあり、自暴自棄になることもしばしば。

https://images.app.goo.gl/T2kGbrxdWRxoDSBe7

練習しても全く打てない日々を経験。しかし、諦めず野球と真摯に向き合った結果。

少しばかり、時間はかかったが着実に才能を開花させたと言ってもいい。

確かに大阪桐蔭時代の猛打を知っているものは現在のプロでの成績は物足りないと感じてしまうこともあるが、

https://images.app.goo.gl/phMPfnjhkMzMRxGL9

いくら高校でたくさんホームランを打とうとも、プロで活躍できないケースは多いなか、中田選手はプロの壁に当たり、己の立ち位置を見つめ直し、理解したことにより、

ガムシャラに野球と向き合った期間があるからこそ、球界を代表する選手へと駆け上がることができたのだろう。

中田選手の持ち味である長打力、ホームランは現在通算で213本塁打。

https://images.app.goo.gl/G81Bpd5hNMpmjPQx9

プロ10年間で30本塁打は一回と中田選手のポテンシャルを考慮すれば、もっと打てる力は十分に持ち合わせているはず。

現在30歳の中田選手はまだまだこれから成長を期待できる年齢だ。

怪我もなく順調にいけばであるが、あと10年現役をできる。

スポンサーリンク

通算本塁打400本、そして通算500本塁打の王台を目指して欲しいところだ。

近年では通算500本塁打の王台へ到達するのは至難の技。

https://images.app.goo.gl/8WgPwVyMGxJuwUsx8

さらに現在では日本屈指の選手がメジャーリーグへの挑戦がする流れもあり、現在では日本単独での500本塁打は難しさを増している。
そして、500本は日本プロ野球では7
人しか達成していない偉大な記録。

現在、現役で500本塁打に最も可能性があるのは、

中田選手の高校の先輩でもある、西武ライオンズの中村剛也選手が通算393本塁打。

https://images.app.goo.gl/XMzKUPe95FHvmUZs6

中村選手は現在35歳という年齢を考慮するならば、500本塁打の壁は厚い。

中田選手は現在202本だが、まだまだ選手として伸び代を感じさせる意味で、

ぜひ500本塁打の王台へ

現実的には500本は前人未到の記録ではあるが、中田選手には通算400本塁打は、やはり達成してほしところである。

https://images.app.goo.gl/UTzWEa9daykeA4n79

やはりパワーは申し分ないのだ。それを見せつける確実性を身につけさえすれば、さらなる大化けの予感だ。

元々のポテンシャルなら、まだまだこんなもんじゃないはず。

さらなる飛躍を!!

中田さん、これからや!!

通算400号本塁打、そして前人未到の500号本塁打の王台へ。

さらなる通算本塁打、通算成績を積み重ねることを期待している。

中田翔選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

今や、日本を代表するクラッチヒッター、中田選手。

まだまだこれから本当の力をみせてくれるはずだ。

ホームラン王、そして通算400本、500本の王台へ。

さらなる飛躍を期待している。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする