サッカー

中田英寿の凄さとは!? ペルージャ,ローマ時代は伝説!! プレースタイルは!?

 

平成の日本サッカー界を象徴する存在、

 

彼の凄さは世界の壁をぶち破り、現日本サッカー界の道を切り開いた。

 

ピッチ上で解き放つ圧倒的オーラ、抜群の存在感は王様

 

カリスマ

 

日本人がヨーロッパで活躍する先駆者として活躍。

 

その存在は今でもサッカー界に大きな影響及ぼすといってもいい。

 

まさに日本サッカー界のパイオニア

 

中田英寿

 

名実ともに日本サッカー界を引っ張ってきた最高のレジェンド

 

いまだに彼の功績を超えるものはいない

 

今回は日本サッカー界のカリスマ、中田英寿氏の伝説をPICKUP!!

 

中田英寿氏のWiki的プロフィール

Embed from Getty Images

 

名前 中田英寿 (なかた ひでとし) Hidetoshi Nakata

出身地 山梨県甲府市

生年月日 1977年1月22日(42歳)

身長 175cm

体重 72kg

ポジション MF(ミッドフィルダー)

中田英寿の凄さとは!? ペルージャ,ローマ時代は伝説!! プレースタイルは!?

 

日本サッカー界のカリスマ

 

Embed from Getty Images

 

中田英寿氏は長きに渡り、日本サッカー界のパイオニアとして活躍してきたレジェンド。

 

彼が魅せるプレー、サッカーセンスはズバ抜けており、

 

各世代の日本代表にも選出されるなど、10代から突出した存在で才能を遺憾無く発揮。

 

 

高校時代は山梨県のサッカーの名門、山梨県立韮崎高校。

 

韮崎高校は山梨県内屈指の進学校。中田氏は勉学もトップクラス。まさに文武両道。

 

高校時代の中田選手にはプロのスカウトが11クラブ以上のJリーグのスカウトが訪れるほどの逸材であった。

 

中田氏は鳴り物入りでベルマーレ平塚(現湘南ベルマーレ)に入団。

 

Embed from Getty Images

 

中田氏は21歳でイタリアセリエAに挑戦したが、10代から海外でプレーを望んでおり、イタリア挑戦の際に、ベルマーレ側が快く送り出してくれたと語っており、自身のビジョンと一致していたのではないだろうか。

ベルマーレ入団の際にプランの中に海外への移籍容認が含まれていたと見られている。若くして明確なステップを考えてるだけに本当にクレバーなプレーヤーだった。

スポンサーリンク
 

ベルマーレ入団当時から期待通りの活躍を魅せ、すぐさまベルマーレの主力選手として活躍。

 

19歳でU-23の日本代表としてでアトランタオリンピックに出場、

 

そして20歳で日本代表に初選出。

 

https://goo.gl/images/mG2cMb

 

若くして日本代表の主力として抜群の存在感を発揮。

 

https://goo.gl/images/Ppkybb

 

念願であったサッカー日本代表のワールドカップ初出場に導く大活躍をみせ、長きに渡り日本代表の司令塔として君臨する。

 

そして初出場となった1998年に開催されたフランスワールドカップに出場。

 

Embed from Getty Images

 

日本代表はグループリーグ3戦全敗したもの、中田氏は日本代表の中で孤軍奮闘。

 

華麗なプレーで海外のスカウトの注目を浴びる存在へ。

 

目標であった海外移籍を実現する。

 

21歳の時にイタリア、セリエAのペルージャに移籍を果たす。

 

ここからが世界のナカタが始まる。

 

伝説の衝撃デビュー ペルージャ移籍。

 

まさに衝撃。

 

Embed from Getty Images

 

念願だった海外移籍を実現した中田英寿氏は、移籍当初は無名のアジア人。

 

当然、評価低いものであったが、すぐさま結果で示し、

 

イタリア、いやヨーロッパのサッカーファンを黙らせる最高のデビューを果たす。

 

衝撃デビュー。

 

Embed from Getty Images

 

セリエA開幕戦相手は、ヨーロッパの中でもビッククラブとして認識されているユベントスからデビュー戦でいきなり2得点をあげる衝撃デビュー。

 

https://goo.gl/images/DNrD7G

 

当時のセリエAは世界最高のリーグ。

 

ユベントスは当時のスーパースターである世界最高の選手フランス代表のジダン、イタリア代表デル・ピエロ、オランダ怪物ダービッツなど、現在のレアル・マドリードのようなチーム。

そんな世界最高のチーム相手に2ゴールを上げるなど、東洋から来たアジア人に一気に注目が集まるほど衝撃的なものだった。

スポンサーリンク
 

中田氏の活躍に日本サッカーファンが虜になった。

 

https://goo.gl/images/tp74ku

セリエA挑戦、1年目に10得点をあげるなど、セリエA外国人最優秀選手賞受賞。

 

Embed from Getty Images

 

日本人最高の選手となった。

 

名門ローマへ 伝説的プレー

 

世界のNAKATAへ。

 

現在でも日本人としてもっとも有名なサッカー選手として認識されているサッカー界のスター選手で、ヨーロッパだけではなく世界中のサッカーファンからの知名度は抜群。

 

ペルージャでの活躍が認められ、2年目の冬移籍マーケットで、

 

イタリアの名門、ASローマに移籍。

 

https://goo.gl/images/tN1i5t

名実ともに世界でも最高のサッカー選手の一人となった。

 

ローマも当時各国のスーパースターが在籍するビッククラブ。当時セリエAはリーグ自体が全盛期で、人気も実力ともヨーロッパNo. 1リーグ。

 

移籍したローマも現代でのレアルマドリードのようなチーム。

 

ローマには当時イタリア代表10番を背負うトッティ、アルゼンチン代表バティストゥータ、ブラジル代表のカフーなど各国スター選手がひしめくビッククラブ。

 

同じポジションにはローマの王子、トッティがいた為にボランチで出場や途中出場と出場場面は限られていたが、その中でも抜群の存在感を発揮していた。

 

ローマ時代の中田英寿氏には未だ語り継がれる伝説的プレーがある。

 

https://goo.gl/images/HBTwva

2000年〜01年シーズンのシーズン優勝をかけたユベントスとの大一番。当時ローマはリーグ首位。2位のユベントスでのアウェイでの首位天王山で、ローマは2点ビハインドの中、トッティに代わり、

途中出場した中田選手が豪快なミドルシュートを決め、そして試合終了間際にミドルシュートを放ち、こぼれ球を味方が押し込み、劇的同点ゴール。

2点ビハインドからの2ゴールを演出し、ローマの優勝の立役者に。

スポンサーリンク
 

この試合を引き分けで乗り越えたローマはシーズンで優勝することができ、同時ユベントスに在籍していた世界最高の選手のジダン氏は、

 

ローマが優勝できたのは中田のおかけだ。ローマは中田に感謝すべきだと最高の賛辞を送っている。

 

中田英寿氏の魅せたプレーはまさに伝説。

 

https://goo.gl/images/KPWyxx

歴史に残るビックプレーは長い年月が過ぎた今尚、語り継がれている。

 

スクデットを獲得できたのはナカタのおかげ、と未だにローマでは語り継がれる存在となっている。

 

当時のセリエAは世界最高リーグ。中田英寿氏はアジア人の枠を越えた存在

 

Embed from Getty Images

 

世界最高の選手の一人として、アジア史上最高の選手。

 

その後はパルマ、ボローニャ、フィオレンティーナとクラブを渡り歩き、その後イングランド、プレミアリーグに挑戦。ボルトンでプレー。

 

そして2006年のドイツワールドカップを最後に29歳の若さで引退を表明した。

 

日本代表でも圧倒的存在を放ち、ピッチ上の王様として君臨。ワールドカップを3大会出場するなど当時の日本代表の顔として、カリママ的存在。

 

現在では日本代表のカリスマ的存在は本田圭佑であるが、その先駆けは中田英寿氏である。
なお本田圭佑選手は中田英寿氏に憧れをいただいており、カリスマ感は中田氏の影響を受けている。

 

今尚、中田氏を超えるレベルの存在は現れていない。

 

もちろん本田圭佑選手や香川真司選手といった現在の日本最高の選手たちもいるし、彼らも素晴らしい実績を誇るが、

実力とサッカー界での知名度、影響力を考えれば中田英寿氏がやはり頭一つ抜けた存在である。

 

そして中田氏が日本人選手の海外移籍の壁をぶち破った存在といってもいい。

 

日本サッカー界のレジェンドであり、パイオニアである。

 

https://goo.gl/images/LWwJUV

 

彼が放つ独特のオーラはまさにカリスマ的存在。

 

中田英寿氏が残した功績は計り知れない。

 

日本の歴史に残る最高の選手。

 

誰もが言う。もう少し現役生活が長ければと。

 

それだけ偉大な存在。

 

スポンサーリンク
 

中田英寿氏のプレースタイル・凄さ

 

日本史上の最高のゲームメイカー

 

Embed from Getty Images

 

中田氏のポジションは MF(ミッドフィルダー)、主にセントラルMFで、いわゆるトップ下の位置でプレーし、最高のプレーを魅せる。

 

現代はフィジカル重視の展開が早いカウンターサッカーがトレンドで司令塔、いわゆるゲームメイカーを置かないスタイルが支流。

中田氏の現役時代のサッカースタイルは司令塔やなどの全盛期の時代であり、その中でも世界屈指のゲームメイク力を誇っていた。

スポンサーリンク
 

高級ワインのような上質で品のあるプレーでサッカーファンを虜にしていた。

 

Embed from Getty Images

 

創造性溢れるプレー、一瞬のひらめきは天下一品。

 

中田氏の代名詞であるキラーパスは世界トップレベル。

 

試合の流れを変えてしまう変幻自在のパスで試合をコントロールし、高い状況把握能力を誇り、一瞬で見極める判断力が群を抜いていた。

 

そして強靭なフィジカルも兼ね備えていた。

 

https://goo.gl/images/fhUnMQ

屈強な外国人にも当たり負けしない身体の強さで当時ヨーロッパの地でも思う存分に実力を発揮していた唯一の日本人といってもいい。

 

フィジカルモンスターであり、

 

Embed from Getty Images

 

試合を支配する圧倒的なゲームメイク力を誇った日本史上最高の司令塔。

 

当時からの存在として突出しており、その切れ味は日本代表のチームメイトでもついていけないほどの切れ味をみせ、

 

日本トップレベルの選手が集まる日本代表でも圧倒的な存在でカリスマ的存在。

 

Embed from Getty Images

 

今の日本代表の選手たちは中田英寿さんや中村俊輔保護世代に憧れた世代が多いのではないだろうか。

当時の日本代表には、個性豊かな選手が大勢いたためにほんとに魅力あるチームだった。

ワールドカップでは負けましたが、今の日本のよりもワクワクされてくれる個性的で最高のチームでしたね。最近の選手はうまくまとまっている印象ですよね。

スポンサーリンク
 

本当にファンを魅了する華のある最高のサッカー選手であった。

 

中田英寿氏に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

日本史上最高の選手であった中田英寿氏。

 

現在の日本サッカー界の礎を作ったパイオニア。

 

Embed from Getty Images

 

彼がイタリアで魅せた華麗なプレーを見ることができたのは

 

我々にとって最高の宝。

 

平成という時代の育ったものとして、平成を象徴する最高の選手でした。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です