乾貴士 日本代表復帰!! エイバルも!? 香川真司とスペインでチームメイトに!?




日本がワールドカップで飛躍できたのは間違いなく彼の存在があったから。

ワールドカップでの活躍は本当に圧巻だった。でもW杯前は日本代表に選ばれないかもって状況だったし、

もし選ばれなかったら、日本はベスト16まで行けたかな?

なんかぞっとする。それくらいのパフォーマンスだったよ。

乾貴士。

ワールドカップでの活躍で、今シーズン乾選手がプレーするスペインリーグでのさらなる活躍が期待されたが、現実は違った。

所属するレアル・ベティスではなかなか出場機会に恵まれていない。

昨シーズンのまで所属していたエイバルでの活躍は素晴らしいプレーの連続。

そのプレーは光り輝く電光石火のドリブルで相手陣内を切り裂くプレーにスペインファンも魅了していたが、厳しい日々が続いている。

活躍していたエイバルからの移籍は本当に必要だったのだろうか。

彼自身、今何を思うだろうか。

今回はW杯で日本の躍進に大きく貢献した現在スペインのベティス所属の乾貴士選手をPICKUP。

乾貴士選手のWiki的プロフィール

Embed from Getty Images

名前 乾貴士 (いぬい たかし) Takashi Inui

出身地 滋賀県近江八幡市

生年月日 1988年6月2日 (30歳)

身長 169cm

体重 63kg

ポジション MFミッドフィルダー

乾貴士選手のプレースタイル

初めて日本人がスペインリーグで通用することを証明してくれた

Embed from Getty Images

スペインリーグは日本人選手が活躍するのが難しいとされ、これまで数々の日本のトップの選手が挑戦して来たが活躍したとは言えない。あの中村俊輔選手ですら、スペインでは全くっていってもいいほど活躍ができなかった。

そんな中、乾選手はドイツからスペインへ移籍して来てから活躍を続けている。日本人としてスペインリーグ最多出場、最多得点を更新し続けている

彼の活躍は日本人がスペインの地でも活躍できることを示してくれた開拓者だろう。

日本屈指のドリブラーとして、スペインのレアル・ベティスに所属する乾貴士選手。

乾選手は滋賀県の野州高校出身。高校時代から逸材として注目され、野州高校のコンセプトであるセクシーフットボールの申し子として2年生の時に全国サッカー選手権で優勝に貢献し、プロの正解へ。

横浜・F・マリノス、セレッソ大阪、その後ドイツでプレーし、現在はスペインで活躍の場を求めている。

日本が世界に誇る緩急自在のドリブラー

Embed from Getty Images

乾選手のプレーの特徴はその緩急自在のドリブルでしょ。ドリブルでの推進力で相手陣内へ切り込み、乾選手独特の細かいステップであるドリブルは彼の大きな武器だ。そのドリブルは彼最大のストロングポイントだ。

主に左サイドでプレーをし、得意のドリブルでチームに幅を与えてくれる。ロシアワールドカップで大きく貢献した乾選手は衝撃的なプレーで2ゴールを挙げるなど大活躍。

彼のプレーには世界が驚いた。何と言ってもベルギー戦でのミドルシュートには日本中が絶叫した。ミドルレンジからの地を這うようなシュートは、世界最高のGKのクルトアでさえも止めることができなかった。圧巻というしかできないでろう。

その得意とするドリブルは1対1の時にさらに強さを発揮する。そして乾選手はチャンスメイクもできる。そのドリブルで味方選手の良いポジショニングも作り出すことができる面も持ち合わせている。

彼の魅力はボールを持っていない時、マークされていない時の動きも定評がある。

そのポジショニングの良さは攻撃でも守備でもチームに貢献できる。その持ち前のドリブルだけではなく運動量もあり献身さも兼ね備えている守備への意識も評価に値する。

それはやはり長年海外でプレーを続けていることから身につけたものだろう。海外でのプレーは言葉の壁などで、意思の疎通が取れないことに日本人選手が海外で活躍するのに苦労する面の一つだが乾選手はしっかりカバーしている。攻撃以外のプレーも成長が見られる。

しかし課題はやはりわかりやすい。ゴールに制度だろう。ドリブルでゴール前へきりこむ事は得意としているが、シュート力に優れているとは正直言い難い。

あー外すんかいってシーンよく見ません??

ワールドカップでは素晴らしいパフォーマンスだったが、現在所属するベティスでは出場機会に恵まれていない。よく決めきれないシーンをよく見ると書いたが、うまいだけに狙いすぎてハズしてしまうのだろうか。

ゴールが全てではないが、このような理由からベティスでポジションを獲得できていない要因なのだろうか。

乾貴士選手は古巣エイバルへ復帰!?

移籍したベティスでは当初はコンスタントに車に出場していたが、

ここ数試合はベンチ入りはしているが試合出場に恵まれていない状況が続いているベティス監督は乾選手がまだ期待レベルのプレーをできていないと言及してないことから、チームの現状と乾選手のプレーに差があるということなんだろう。

レギュラー定着してない要因として現状のチームの戦術に当てはまるポジションがないということもあるだろう。

現在の状況から昨年まで所属しエイバル復帰するのではという報道されていたが、乾自身がこの報道を否定しており、誤解を招くような報道はするなとメディアに対して厳しく話していたこともあり、現時点移籍はないだろう。

乾自身ベティスで勝負するという気持ちでいる。ベティスでも出場した際に乾選手らしいプレーを魅せている。少し時間はいるだろうが彼は必ず光り輝くだろう。

それに乾選手は自分がクラブでどのような立ち位置にあるかしっかり理解している。自分の課題がわかっている選手だと思う。必ずその評価を覆して試合に出場する事を期待している。

まだチャンスはある。大丈夫いけるよ。

まだベディすに加入して、半年足らずだ。しっかり課題を改善させていけば自ずと結果もついてくるだろう。期待していいと思う。

乾貴士選手の日本代表復帰は!?

Embed from Getty Images

ワールドカップで圧巻のプレーを見せた乾選手は、W杯後日本代表に一度選出されていない。新体制になり、若手の勢いのある選手が台頭してきているのあるが、

森保監督は乾選手を戦力として考えているであろうが。乾選手は決して代表を引退したわけではない。それだけにW杯のパフォーマンスを考えれば寂しい気もする。

現在は若手の選手の底上げ時期ということもあるだろう。アジアカップも新体制後選ばれた選手主体で構成されている。もちろん香川選手などのベテランの招集の可能性もあったが今回は見送られている。

現在クラブチームでも厳しい状況にあるのは理由の一つになっているかもしれない。まずは所属するクラブチームで結果を残すことからだろう。

日本代表の二列目は激戦区ではあるが、乾選手の個人技は決して劣っていない。やはり彼のプレーを代表で見たい。

結果を残せば、チャンスはあるはず。

そして今回のアジアカップに負傷者が出たことにより急遽、乾選手が追加招集された

Embed from Getty Images
ワールドカップ後森保体制では初の招集になる。乾選手の個人技は間違いなく若手主体の日本代表の最高のスパイスになるはずだ。負傷者が出ての招集だが、しっかり結果を残してくれるだろう。期待している。

乾貴士選手は香川真司選手と同僚に!?

この二人の共演また見たいよね

共にセレッソ大阪でプレーし、ワールドカップで同じく躍動し日本を引っ張った香川真司選手が先日、スペインリーグへ挑戦を表明した。

セレッソ時代にチームメートだったこともあるし、その二人のコンビネーションは二人のプレースタイルの相性がいいところあって抜群で、見る側も最高に楽しいんですよね。
セレッソで共にプレー以降なかなか一緒にプレーすることなくて、今まで代表ではかすったくらいで一緒になることなくて、代表で一緒にスタメンになるのは今回のワールドカップが初めてじゃない?

ホントにワールドカップでの二人のコンビネーションは素晴らしいものだったよね。ほんとはここに清武選手がいたら、なお劇アツだったけどね。個人的には笑。

香川選手がスペイン移籍となると、もしかして同じチームメートになる可能性だったある。それが一番見たい笑。現時点では可能性としては低いかもしれないが

ちょっと期待してる笑。純粋に二人が同じチームで華麗なプレーを見たい。

乾貴士選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

現在クラブチームでは苦しい状況だか、そのプレーはチームに大きなスパイスになるはず。必ずチャンスはある。

そして、代表にも復帰して、その華麗なドリブルでその力を魅せて欲しい。年齢なんて関係よ。実力で選ぼうせ!森保さんよ。

乾選手の今後の活躍に期待している。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする