久保建英・中井卓大

中井卓大(ピピ)の現在 トップチーム昇格なるか

中井卓大 現在の評価とは?? トップチーム昇格への道

 

夢のレアルトップチーム昇格へ。

 

https://images.app.goo.gl/H2UnmGk5LPpnXTX99

 

日本の至宝の一人、中井卓大選手。

 

現在は世界最高のクラブ、レアル・マドリードが期待を寄せる最高の才能という

 

高い評価を獲得している。

 

下部組織とはいえ、最高の才能を持った選手の一人と評価されているということは日本人として誇らしいこと。

 

中井卓大、愛称PIPI(ピピ)という天才。

 

日本サッカー界の顔になると言われるほどの天才。

 

新時代の日本サッカー界の象徴になれる逸材。

スポンサーリンク
 

 

そんなピピはサッカー後進国である日本という国に生まれ、

 

レアル・マドリードという世界最高のクラブに衝撃を与えた存在。

 

https://images.app.goo.gl/m5RsrQontqe7zKs16

 

中井卓大選手は幼き頃から天才サッカー少年として当時から注目され、

 

誰もボールを奪うことができない足に吸い付いたようなボールテクニック。

 

そして相手選手との間合いをすでにマスターしていたほど。

 

その存在はレアルの関係者の目に止まり、その存在に惚れ込んだ。

 

そんな日本の天才少年はヨーロッパビッククラブであるレアル・マドリードの下部組織、

 

通称カンテラへ入団を実現。

 

私たちが想像以上には規格外の能力をもち、ズバ抜けていた。

 

そんなズバ抜けたサッカーセンスを誇る中井卓大選手。

 

レアルの下部組織に入団しても、そのテクニックは群を抜いていた。

 

https://images.app.goo.gl/JURvtVxfkTLRm9y59

上のカテゴリーの選手と対峙させても同じ結果で、体格に勝る相手を面白いように抜いていくほど。

スポンサーリンク
 

 

名門レアルでも輝く才能

 

https://images.app.goo.gl/QiJKeZScmKvBGm9L6

 

レアル、カンテラ下部組織という最高の環境でも圧倒的な存在であることを証明し、

 

日々日々に評価をあげるピピこと中井卓大選手。

 

 

現在は順調に成長をとげ、身長も180センチを超えるまでに。

 

レアル・マドリードの下部組織、カンテラは選りすぐりの天才が集まる環境。

 

現在は中井卓大選手はそんなレアルの中の下部組織の中でも主力として君臨している。

 

事実として、レアルという最高の環境で評価されいる事実である。

 

中井卓大選手はレアル内でも、その将来性に大きな期待を寄せており、

 

レアルトップチームを狙える逸材と評価されているほど。

 

世界最高のクラブで己の才能を磨き上げ、天性の感性とテクニック。

 

https://images.app.goo.gl/pUsaYZSMT5Cge8Lm6

 レアルという環境で、さらなる輝きを増す時が近づいている。

スポンサーリンク
 

 

2019年からレアル下部組織のカデーテAからフベニールへ昇格を果たした中井卓大選手。

 

現在は17歳になり、今季は見事フベニールB(U-18)に昇格し、(最後の年齢制限があるカテゴリー。)、

 

2020年にはフミベールAの選手が出場するUEFAユースにも登録されるなど、

 

着実にステップアップしている。

 

今後、さらに上のカテゴリーへ昇格を目指すことになる。

 

名門の厚き壁を乗り越えれるか

 

https://images.app.goo.gl/J7FoQ59kvaCd2WdK7

 

フベニールはCからフベニールB、フベニールA、

 

そして今シーズンレアルへ入団した久保建英選手が所属することとなったカスティージャへの昇格も期待が高まる。(現在はマジョルカへレンタル)

 

カスティージャは、

 

レアル下部組織の最高カテゴリー。

 

カスティージャではこれまで、ラウル・ゴンサレス、グティーといったレアルが誇るレジェンド選手たち、

そして現在トップチームで活躍しているスペイン代表のカルバハルやフランス代表ナチョ、スペイン代表経験のあるルーカル・バスケスなどがカンテラからトップチームの昇格を掴み取った。

 

トップチームには各国の代表選手たちがひしめく激戦区。毎年のようにスター選手が移籍してくるレアルトップチーム。

 

カンテラ出身選手でも、ポジションを獲得するのは至難の技。

それだけレアルというクラブは想像以上に厳しい環境下にあり、狭き門のなのだ。

 

もちろんそれはトップチームだけではない。

 

レアル下部組織カンテラも選りすぐりの選手がひしめき、選手同士が争い、上のカテゴリーを目指している。

 

カンテラの各カテゴリーをすら狭き門であり、トップチームの下のカテゴリーであるカスティージャですら昇格できるのは一握りという事実。

スポンサーリンク
 

https://images.app.goo.gl/Y7qL9Q3NGqVRC7eU8

 

現在、中井卓大選手は現在はフベニールCに無事昇格し、現在はB。

 

そしてその先へ。

 

卓越したテクニックで高い評価を獲得しているとはいえ、

 

今後さらなる戦いが待っている。上のカテゴリーへ昇格できる保証はないということ。

 

それは中井卓大選手も例外ではないということだ。

 

カスティージャまでの道のりすら、まだまだ遠い状況。

 

当然、中井卓大選手の目指すのはトップチーム昇格。

 

これまで以上のレベルの成長が求められ、テクニックのレベルだけではく、体格的も成長する上のカテゴリーではもっとフィジカル的な要素が求められるようになる。

 

そんな厳しい環境でも中井卓大選手は自らの課題と向き合い、ズバ抜けたテクニックで存在感を示し、

確実にレアルという最高で厳しい環境で揉まれ、成長している。

 

まだまだこれから本格的な成長過程。

 

レアルが惚れ込んだ才能がどんな成長曲線を見せてくれるか。

 

https://images.app.goo.gl/3TCR5RJCbyywxQBY6

 

レアルカンテラの狭き門をくぐり抜け、トップチーム昇格を実現へ。

 

日本が生んだ新時代の天才は今、自らの目標の実現のために闘う日々。

 

天才の真価を見せる時。必ず実現してくれると信じている。

 

これから訪れることになる。

 

日本最高の天才が目覚める時を。

 

久保建英選手を超えるのはこの男だ。

 

スポンサーリンク
 

中井卓大選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

日本サッカー界の最高の逸材の一人、中井卓大選手(ピピ)。

 

現在の評価は素晴らしいものがある。

 

レアルが惚れ込み、最高の評価をしているほどの逸材なだけに、

 

今後の活躍が期待。

 

偉大な選手、モドリッチを超える存在へ。

 

中井卓大選手というオリジナルな選手へと覚醒して欲しいところ。

 

今後の成長を見守っていきましょう。

 

夢のレアルトップチームへ昇格を果たし、

 

サンチャゴベルナベウで活躍する姿を。

 

1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です