久保建英・中井卓大

久保建英 覚醒したJリーグ時代をPICKUP!!

 

評価を上げ、覚醒したJリーグでの日々!!

 

そしてレアルマドリードへ!!

 

今シーズン、見事に覚醒した日本の至宝、

 

久保建英

 

レアルに移籍した逸材は今、

 

眩いばかりの輝きを放っている。

 

今シーズン、Jリーグの舞台で一気にアップデートされ、

 

活躍の舞台をヨーロッパへ移し、

 

さらなる覚醒に期待。

 

今回は日本代表の久保建英選手のマリノスやJリーグでの活躍ぶりをPICKUP!!

 

久保建英選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/PVJzrvNH7r4ixgFr8

名前 久保建英 (くぼ たけふさ) Takehusa Kubo

出身地 神奈川県川崎市麻生区

生年月日 2001年6月4日(18歳)

身長 173cm

体重 67kg

ポジション FW・MF (フォワード・ミッドフィルダー)

久保建英 覚醒したJリーグ時代をPICKUP!!

 

https://images.app.goo.gl/SDQPdtP88Mk3Qo8D8

 

先週の69日、待望の日本代表デビューを果たした、

 

久保建英選手。

 

日本と至宝とまで称された存在は、

 

2019年に見事なまでのパフォーマンスを発揮。

 

その覚醒ぶりには想像以上。

 

期待以上のパフォーマンスを発揮してくれている今シーズン。

 

https://images.app.goo.gl/2BjMDA6jwU4znx3q6

代表初出場でも圧巻の存在感を発揮し、日本代表でも既に顔になりつつある。

 

そんな日本の至宝はレアル・マドリードへ移籍を実現させ、

 

18歳にしてヨーロッパ世界一といっても過言ではないクラブへ移籍を果たした。

 

久保建英選手は、今シーズン、首位と好調のFC東京の攻撃のキーマンとして、

 

変えが効かない存在だっただけに、FC東京としてはかなりの痛手ではあるが、

 

Jリーグで無双状態になるのではと感じさせるほどの成長を見せていた。

 

日本サッカー史上最高の選手になれる逸材が、世界トップクラブで実力を発揮する姿をサッカーファンとして、いち早く現実になるところを見たいものだ。

 

久保建英選手自身もFC東京が首位と好調の状況から、

 

チームを離れることは難しい決断であったと語っていた。

 

https://images.app.goo.gl/E7woBfLJafgUpz1G9

 

もともとFC東京とは18歳になるまでという契約内容であったわけだが、

 

今シーズンはFC東京に残って、1シーズンプレーすることも考えたことだろう。

 

しかし現在の活躍ぶり、契約の終了、そしてレアル・マドリードという最高のクラブからのオファー、これだけの条件が揃えば、いいタイミングでの挑戦と言えるだろう。

スポンサーリンク
 

しかしながら2019年に入り、

 

なぜここまで評価を上げ、才能を開花させたのだろうか??

 

Jリーグの舞台で覚醒した久保建英選手。

 

今シーズンの開幕からFC東京の右サイドのレギュラーを獲得し、

 

https://images.app.goo.gl/ESYrSTucPet3JHdW6

ピッチ上で違いを作る圧巻のパフォーマンスは圧巻であった。

 

日に日にアップデートされる実力は、

 

この数カ月の間に既にJリーグで収まらないほどの存在感を発揮。

 

今シーズンの覚醒ぶりにはFC東京でのプレーはもちろんのこと、昨シーズンのマリノスでの経験があったからだろう。

 

昨シーズンまでの久保建英選手は逸材と騒がれながら、

 

https://images.app.goo.gl/3MEB2rk835nXXKZw5

Jリーグで結果を残すことでできずにいた。

 

バルサから帰国後も入団したFC東京では、

 

https://images.app.goo.gl/WG7vf1u6SSzEruEEA

当時から高いテクニックには誰もが認めるほど。

 

久保建英選手がFC東京を選んだ理由はFC東京の下部組織は強く、

 

早期にトップチームでプレーする獲得できる環境だったからこそ。

 

所属するFC東京では最年少でJ3でデビューし最年少ゴールを決め、

 

そして16歳でルヴァンカップで初ゴールを奪うなど、

 

https://images.app.goo.gl/DxUrpnYSo3bQmq3B6


順調すぎるほどの階段を登っていき、さらなる成長を期待されていたが、

 

しかし活躍の舞台はJ3

 

J3でも圧巻のパフォーマンスを見せていたが激しいマークもあり、

 

https://images.app.goo.gl/tnZccZd74LV98a219

 

当初フィジカルに劣る久保建英選手はJ3の舞台でも苦しんでいた。

 

J1の出場か機会を獲得しても、なかなか活躍できず、FC東京ではベンチを温める日々。

 

徐々に出場か機会を失っていくほどの状況であった。

 

まだまだ身体が出来上がっていない久保選手は当然ながら競合いで負け、

 

昨シーズン就任した長谷川健太監督のスタイルは、堅守速攻スタイルの戦術で、攻撃だけではなく、守備面での貢献度も要求される。

 

FC東京のフォーメーション、4-4-2で、久保建英選手の主なポジションは右サイド。

 

https://images.app.goo.gl/91Zkj1miaUMA39AL7

FC東京の守備ありきの右サイドで、体力、そしてフィジカル的に劣る久保建英選手は当然ながらポジションを獲得できずにいた。

 

そんな状況が続く中、出場機会を求めてマリノスへの移籍を決断した久保選手。

 

FC東京では序列が低いこともあり、試合に出ることができないことに危機感を覚え、

 

試合に出ることで己を磨き、成長する機会を模索。

 

そん中、FC東京から横浜・F・マリノスへのレンタル移籍が実現。

 

https://images.app.goo.gl/xXjevvvRBPudDvrp7

久保建英選手はJリーグとはいえ、トップチームでの出場機会を求めていた。

 

横浜・F・マリノスのアンジェ・ポステコグルー監督は久保選手を高く評価し、

 

レンタル先のマリノスは、FC東京とは対照的なスタイル。

 

マリノスはポゼッションスタイルで攻撃に重点を置いた戦術でボールを保持しながら、攻撃を組み立てるスタイル。

 

久保建英選手はボールテクニックに優れ、卓越した攻撃力が魅力で創造性あるれるスタイル。

 

自らのストロングポイントが活かせ、評価をくれていたマリノスへ移籍を決断。

スポンサーリンク
 

久保建英選手は、移籍したマリノスでは早々にレギュラーを獲得。

 

持ち前の卓越したテクニックでマリノスのタクトを振い、

 

https://images.app.goo.gl/ExTDtR3nkWgHVnHT7

待機の片鱗を感じさせるパフォーマンスを発揮。

 

ヴィッセル神戸戦では豪快ボレーでネットを揺らすなど、

 

Jリーグ初ゴールをマーク。

 

https://images.app.goo.gl/QZiEzBfyUSffoVXLA

 

短期間でマリノスでは攻撃で存在感を発揮し、マリノスのスタイルが久保建英選手のスタイルを活かしていた。

 

久保選手はマリノスでの自身の長所を活かし、着実に経験値を積んでいた。

 

アンダー世代の代表での試合もあったこともあり、試合出場は5試合1得点と出場機会は多くはなかったが、

 

マリノスでの経験は必要なものであった。

 

https://images.app.goo.gl/TnCdzxfSm387rejq8

 

久保建英選手はマリノスでの経験は3ヶ月ながら、1年分の経験であったと語るように自らのスタイルを伸ばす上で必要な経験となっていた。

 

マリノスでの経験はかけがえのないものとなったと、感謝の気持ちを述べている。

 

それに課題だったフィジカル面は、今後を見据えてフィジカルトレーニングを継続した。

 

そして今シーズン、その成果が身を結ぶことに。

スポンサーリンク
 

久保建英選手は課題と指摘されていた守備やフィジカル面を当初から大事になると理解し、

 

当時から今後を見据えて、準備をしていた。

 

フィジカルトレーニングの成果はすぐに出るものではない中、しかしながら着々と続けていたトレーニングの成果もあり、

 

復帰したFC東京の堅守速攻スタイルの対応できる体力を獲得。

 

昨年までの課題、そしてマリノスでの経験もあり、

 

久保建英選手は持ち前の卓越したスキルに磨きがかかり、

 

開幕からFC東京のレギュラーを獲得。

 

今シーズンが13試合で4得点をマークするなど、

 

FC東京の攻撃のキーマンとして別格の存在感を放ち、見事な成長ぶりをJリーグで発揮していた。

 

https://images.app.goo.gl/bx3CWFftbd2PAjaS7

今シーズンのJリーグで大きな飛躍し、覚醒し選手としての才能を再評価された。

 

当時から指摘されていたとはいえ、久保選手は自分自身の課題をしっかり理解し、課題克服に勤めていたわけだ。

 

自分自身の客観的な立ち位置を理解し、成長につなげていた。

 

その飽くなき探究心、真摯なまでにサッカー、己と向き合うことが現在の姿は見事。

 

客観的な判断、状況判断力は久保選手の長所の一つ。

 

テクニックだけでなはく試合では見事なまで、その長所を発揮し、サッカーIQの高さを示している。

 

昨年まで苦しんだ経験、己の長所を活かした環境、

 

マリノスへの出場機会を求め、課題克服に勤め、

 

今シーズンの開幕からの最高のパフォーマンスへのきっかけに繋げている。

 

一時期は才能自体を疑う声も上がっていたが、

 

見事、見事才能を開花させ、

 

そして先日の鮮烈代表デビューを果たすまでに。

 

https://images.app.goo.gl/7A2C7fiFczQsN3qE8

課題を見事、成長に繋げ、己を才能を開花させ、素晴らしい選手であることを再評価されるパフォーマンスを見せている。

スポンサーリンク
 

久保建英選手は昨年までのFC東京での課題、Fマリノス移籍の経験を、

 

覚醒するきっかけに繋げている。

 

保建英選手は自分自身の進むべき道をしっかり見据え、

 

壁にぶち当たっても、己に必要な判断を下せるクレバーさを持った選手。

 


だからこそ、昨年マリノスへの出場機会を求めて移籍を決断したのだろう。

 

バルサ下部組織を退団し、FC東京へ入団。そして、マリノスへ移籍し、

 

今シーズン覚醒し、Jリーグで大きな飛躍を遂げた。

 

そして、レアル・マドリードへ移籍。

 

全ての出来事を成長する力に変え、今シーズン素晴らしい存在へと覚醒した。

 

久保建英選手は今や、世界が注目する18歳。

 

コパアメリカでも南米の強豪国相手にも期待通りに活躍ぶり。

 

https://images.app.goo.gl/gCaSEAk6eGkzUfci6

これからどんな成長曲線を描いてくれるのだろうか。

 

移籍するレアル・マドリードでは各国のスタープレーヤーたちとのマッチアップが待っている。

 

世界最高のクラブでも壁にぶち当たることもあるだろうが、

 

しかし久保選手は自分自身の立ち位置を理解し、自分に必要な判断をし、成長につなげるはず。

 

久保選手は非常にクレバーでスペシャルな存在。

 

https://images.app.goo.gl/6aR2eQhJZCts9L4R8

 

レアル・マドリードいうメガクラブでもそのスペシャルな才能を発揮し、

 

選手としての評価を勝ち取るはず。

 

過度な期待はよくないが、過度な期待をしてしまうほどの存在であることは間違いない。

 

これから日本最高、いや世界トップを目指して。

 

久保建英という存在をサッカー界にその名を刻んで欲しいところだ。

 

新時代の日本サッカー界の顔になると評価される逸材は

 

成長は歩みを止めない。

 

日本最高の選手へ。

 

これからが本格的な成長だ。

 

スポンサーリンク
 

久保建英選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

今シーズン、目覚ましい活躍で、

 

一気に覚醒し、才能を再評価された久保建英選手。

 

Jリーグという環境で成長し、世界へ羽ばたく。

 

Jでの経験をしっかり糧にしている。

 

さらなる成長を期待。

 

日本代表、そしてレアルで、

 

唯一無二の存在担って欲しい。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です