野球

村上宗隆 年俸高騰か!? 今後の年俸,活躍を予想!!

 

年俸高騰か!?

 

村上宗隆

 

若干19歳。プロ2年目の若武者は2019年シーズン大暴れ。

 

誰がこんな展開を予測できただろうか。

 

シーズン開幕からホームランを量産。

 

今や、一番のノリ乗っている注目株。

 

2019年の活躍により年俸は高騰か。

 

球界のトップクラスの選手へ駆け上がることができるか。

 

本当に楽しみな逸材だ。

 

今回はプロ2年目素晴らしい才能を発揮した村上宗隆選手をPICKUP!!

 

村上宗隆選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/bs9MKdQRjV2W6HkCA

名前 村上宗隆(むらかみ むねたか) Munetaka Murakami

出身地 熊本県熊本市東区

生年月日 2000年2月2日

身長 188cm

体重 97kg

ポジション 三塁手

所属 ヤクルト・スワローズ

村上宗隆 年俸高騰か!? 今後の年俸,活躍を予想!!

 

球界屈指の年俸を手にするか

 

https://images.app.goo.gl/5uhQRNCT3wDkyiVW7

 

球界最高の強打者へなれるか

 

村上宗隆

 

ヤクルトスワローズ所属の若武者は今シーズン2019年、大飛躍。

 

プロ2年目ながら球界を席巻するほどの活躍ぶりには圧巻だ。

 

突如、覚醒を遂げた、そのパワフルな打撃力でホームランを量産。

 

これまでの球界に名を残してきた偉大なスラッガーたちの記録を次々に塗り替え、

 

今シーズンは36本塁打をマーク。

 

1954年に怪童中西太氏がマークした記録に並び、新記録への期待が高まっている。

 

そして打点では2年目の高卒2年目の記録を塗り替え、現在96打点と凄まじいほどの成績を叩き出している。

スポンサーリンク
 

 

高卒2年目で二桁ホームランを放ったものは、長いプロ野球の歴史の中でも限れた存在だけ。

 

1953年 中西太 36本、

1960年 王貞治 17本、

1975年 掛布雅之 11本、

1987年 清原和博 29本、

1994年 松井秀喜 20本、

2014年 大谷翔平 10本、

2019年 村上宗隆 36本と、

 

村上選手は球界に名を残す偉大なスラッガーたちに肩を並べるとこどか、超えるほどの成績を叩き出して見せた。

 

19歳にて覚醒した新たなるスラッガーの登場。

 

令和時代の象徴となれるか。

 

https://images.app.goo.gl/paryDhPETg2bD2B6A

 

村上宗隆選手は2017年のドラフト会議でヤクルトスワローズ1位で入団。

 

熊本県の強豪、九州学院では高校一年生から4番を務めるなど、

 

高校通算52本塁打を放つなど、その名を全国に轟かせていた逸材。

 

プロ1年目、シーズン終盤に1軍デビューを果たすと、

 

初打席初ホームランを放ち、輝かしいデビュー。

 

そしてプロ2年目の2019年シーズンは高卒2年目の一躍、飛躍し、ホームランを量産。

 

19歳ながら、強烈なインパクトを残す活躍で、早くもやヤクルトの4番の座を射止めるほどの存在感を発揮。

 

今、ノリに乗っている球界期待の若手注目株だ。

 

プロ2年目での驚異的な活躍ぶり、今後の展開に目が離せない。

スポンサーリンク
 

 

2019年の活躍での今後の年俸にも注目

 

https://images.app.goo.gl/zSEphsh2M61u8YfZ9

 

2019年大ブレークを果たし、球界を席巻する19歳、村上宗隆選手。

 

19歳にして40本に迫るほど、驚異的なペースでホームランを量産。

 

スワローズはリーグ最下位と厳しいチーム事情の中、ヤクルトにとって希望の光。

今シーズンの活躍には日本プロ野球界にとって新時代の象徴となれる逸材。

 

数年後はどんな選手に成長しているのか・・・・、本当、末恐ろしいほどのポテンシャルを秘めている。

 

そんな村上宗隆選手だがやはり2019年シーズンの活躍により、注目されるのが年俸。

 

大暴れした2019年シーズン、どこまで年俸は跳ね上がるだろうか。

スポンサーリンク
 

 

プロ1年目、一軍で6試合で1本塁打だった若き青年はプロ2年目大飛躍。

 

https://images.app.goo.gl/RiwVkF7dzoT9E44S9

 

2019年シーズン成績は、

142試合 打率.232 打数508 安打118 本塁打36本 96打点 

 

と打率は低いものの、長距離砲として十分すぎるほど。。

プロ2年目の選手を考慮すれば、堂々たる成績だ。

 

2019年のオフの契約更改で年俸は大幅増は間違いない。

 

今期の年俸800万円からどこまで上がるだろうか注目・・・・・・

 

さて、注目の年俸だが、

 

来季の年俸は800万円から5倍となる年俸4000万円で契約を更改。

 

最下位というチーム事情を考慮しても、チームは最大級に評価。

 

そして、ヤクルトで大ブレークした偉大な先輩と比較をしてみよう。

 

https://images.app.goo.gl/vKY4SXzkezecabTi7

 

同チームの青木宣親選手はプロ2年目に、セ・リーグの初の200本安打を達成し、

 

首位打者を獲得した際には当時の年俸から1000万円から6800万円。

 

そしてチームの顔である山田哲人選手はプロ4年目に大ブレークし、年俸は2200万円から8000万円に倍増。

 

チームの顔とも言える偉大な二人の年俸推移と比較してみても、大活躍したからといえ、翌年には億超えとはなっていないようだが、

村上選手の今後の活躍次第では、偉大な二人に次ぐような年俸を手にすることだろう。

スポンサーリンク
 

 

そして、背番号55番の先輩である松井秀喜氏はどうだったのだろうか。

 

プロ3年目の年俸は6200万円。

 

やはり3人との年俸を考慮しても、村上選手の来季の年俸の予想は5000万円から 6000万円が予想したが、

 

村上選手の年俸は予想よりも安い4000万円。しかし高卒3年目での年俸球団史上最高額を更新し、

 

これまでの球界を見ても2019年の活躍は球史に名を残すもの。

 

だからこそ2019年チームは最下位であったが、球団も最大級に評価したといってもいい。

 

2019年球界の話題をさらった男は最後まで話題を提供してくれた。これから注目の年俸はどこまで上がるのか楽しみだ。

 

今後はゴジラクラスの活躍に期待

 

https://images.app.goo.gl/D5XKeGcpLWnGz9DM8

 

プロ2年目で一躍期待の若手注目株へと成長し、

 

来年以降の活躍にも注目が集まる村上宗隆選手だが、

 

当然、これからはよりマークが厳しくなる。

 

2020年からは厳しい試練が待っていると言ってもいいだろう。

 

2020年シーズンも2019年同等の成績を期待したいところだが、

 

ホームランは36本は見事。しかし打率230台。三振も180数を超えているだけに、

 

来シーズンは確実性の向上が来年の鍵となるだろう。

スポンサーリンク
 

 

そして、やはり左の長距離砲として55番の先輩である松井秀喜のような選手へと駆け上がることに期待だ。

 

https://images.app.goo.gl/6yYEBoUL3qDQ67Ys6

 

松井秀喜氏はプロ2年目から1994年から名門ジャアンツのレギュラーを獲得し、

 

95年は22本、96年は38本塁打、97年は37本と着実に実力を示し、存在感を発揮。

 

プロ6年目の1998シーズンで34本塁打、100打点本塁打王と打点王の二冠を獲得

 

一躍、24歳にして球界のスーパースターにまで成長。

 

1999年から2年連続42本塁打、2001年には初の首位打者、

 

日本最終年となる2002年には50本塁打、107打点の二冠と最高のシーズンを送り、

 

日本最強の選手としてメジャーリーグへ挑戦した。

 

そして背番号55番を長距離砲の代名詞にした球史に残る偉大な選手だ。

 

そんな偉大な存在と比べることは酷であるが、

 

村上選手が2019年の活躍には、将来を球界を背負う長距離砲へ成長する期待が溢れている。

 

松井秀喜氏は日本時代10年間で通算332本のホームランを放ち、1996年から2002年まで7年連続30本塁打をマーク。

 

タイトルもMVP3回、首位打者1回、本塁打王3回、打点王3回など毎年のようにタイトル争いをするほどの活躍ぶり。

 

そして年俸面もメジャーに挑戦する最終年の2002年には年俸は約6億1000万円まで高騰している。

 

それだけ球界の最高の選手の位置を獲得するほどの偉大なる選手である。

 

村上選手もこれからの活躍次第では松井秀喜氏の肩を並べる可能性、そして年俸面でも球界トップクラスの年俸を手にできるかもしれない。

 

ぜひ松井秀喜氏に匹敵する存在になってほしい。

スポンサーリンク
 

 

まだまだプロ2年。村上宗隆選手はこれからの選手であるが、

 

将来どんな成長曲線を描いてくれるだろうか。

 

来年こそ、真価が問われるシーズンとなる。

 

球界最高の強打者への道は始まったばかり。

 

私たちの想像を超えるスケールのある選手へ駆け上がることに期待。

 

まだまだゴジラの背中は遠いが・・・・。虎視眈眈とその背中を狙っている。

 

この男が新たな時代を作る。

 

https://images.app.goo.gl/iUavb13fX5gj7irY8

 

魅せてみろ。最高の成長曲線を。

 

村上宗隆 FA権取得はいつ?? メジャー挑戦の可能性は?? FA権取得はいつ?? メジャー挑戦の可能性は?? 村上宗隆 ヤクルトスワローズの若き長距離砲。 ...

スポンサーリンク

村上宗隆選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

新時代の長距離砲、村上宗隆選手。

 

プロ2年目での活躍ぶりには見事なもの。

 

今後の活躍には大注目。

 

来年は今年以上の成績を残し、球界の顔へと駆け上がってほしい。

 

そして実力、年俸面も球界トップクラスへ。

 

それだけの可能性を秘めた選手。

 

豪快なホームランを。期待している。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です