野球

吉田輝星(日本ハム) 現在、評価は?? 際立ったストレートの威力!!

 

甲子園のスターとして鳴り物入りでプロ入りした、

 

次世代のスター候補、

 

吉田輝星。

 

初登板初勝利を飾り、見事な投球を見せた。

 

際立ったのストレートの威力はプロ世界でも高評価。

 

今回は北海道日本ハムファイターズの吉田輝星投手をPICKUP

 

吉田輝星投手のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/CjRyguRm1RHaMLEY7

吉田輝星 (よしだ こうせい) Kosei Yoshida

出身地 秋田県秋田市

生年月日 2001年1月12日(18歳)

身長 175cm

体重 84kg

ポジション ピッチャー

吉田輝星(日本ハム) 現在、評価は?? 際立ったストレートの威力!!

 

黄金ルーキー

 

https://images.app.goo.gl/9ZYDjzcJtbfV4e6T7

 

昨年の高校野球を沸かせた甲子園のスターとして、2019年プロ入りし吉田輝星投手。

 

球界を背負う新たなるスターの登場だ。

 

吉田投手は秋田県の県立金足農業高校出身。

 

夏の秋田県大会からエースとして一人で投げ続け、チームも日を追うごとに成長し、秋田県大会優勝、そして勢いのまま甲子園でもチームは躍動。

 

甲子園では全国屈指の強豪校を倒し、秋田県勢として103年ぶりに決勝に進出。

 

https://images.app.goo.gl/NhqhZeDbjj9N84rk7

 

決勝の相手は現在の高校野球最強チームとも言える大阪桐蔭高校。

 

決勝では吉田投手が大会中に痛めた怪我の影響もあり、大阪桐蔭高校に敗戦。

 

しかし吉田投手が見せた気迫、負けたといはいえ、キレのあるストレートで打者へ挑むその姿は魂のピッチングはまさにエースのプライド。

 

スポンサーリンク
 

素晴らしい才能をもった次世代の期待選手。

 

昨年のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズから指名を受け、入団。

 

https://images.app.goo.gl/Bse34oiGPt2F5vS36

 

今年プロ1年目。これからのプロ野球を背負う期待のルーキー。

 

令和時代を担うスター候補だ。

 

吉田輝星投手の特徴

 

最速152キロのストレートを誇る右の本格派。

 

https://images.app.goo.gl/2iRsW1JeVothZYWB9

 

身長は175センチと大きくないものの、鍛え抜かれたどっしりとした下半身は見事。

 

ノーワインドアップから下半身主導の無駄のない理想的なフォーム。

 

吉田投手の鍛えられてた下半身が投球を支えるエンジン。

 

https://images.app.goo.gl/FJHdBbZvgFkq6DM8A

そのエンジンは爆発的な力を生み出すことができ、しなやかさな腕振りと連動し、素晴らしいキレのあるストレートを投げることができる。

 

 

身体をうまく使い、中心軸、コアをしっかり支えている素晴らしい投球フォームだ。

 

https://images.app.goo.gl/K45YmLLGRyzmz7vb7

 

吉田投手の特徴で最大の武器であるストレートはキレと球の力強さは目を見張るものがある。

 

身体全体を使い、ボールを地面に叩きつけるようなイメージで投げているとの事。

スポンサーリンク
 

だからこそ、キレのあるスピンの効いたストレートを投げることができる。

 

https://images.app.goo.gl/8a6ggbpPpBAaHpxq8

 

そして甲子園決勝まで投げ続けた強靭なスタミナ、そのタフさは目を見張るものがある。

 

一人で投げる抜き、体力もさることながら、吉田投手は精神的なスタミナが優れていると言えるだろう。

 

されは、まさにエースの資質だ。

 

https://images.app.goo.gl/sJx3bKbTwkhWZ9K27

 

吉田輝星投手は、数年後間違いなくファイターズのエースとなっているはず。

 

まだまだ荒削り。しかしそれだけのポテンシャルがあるということ。

 

じっくりプロ環境、体力、プロのレベルに順応できれば、一気にブレイクできる。

 

まだ高校卒業して間もないが、これからを担う次世代のスターピッチャー。

 

本当に楽しみな逸材の登場だ。

 

 

スポンサーリンク

吉田輝星投手の1軍昇格は!? 早期の可能性も

 

プロ入り後、吉田輝星投手は二軍でキャンプを迎えた。

 

https://images.app.goo.gl/B9WoqQncyGM32mrS8

キャンプでは半ばには実践ケースの練習試合に登板し、キャンプ終盤に右肩にハリを覚えて、シート打撃を回避する場面もあったが、

 

 

じっくりプロの環境へ適応する準備ができている。

 

https://images.app.goo.gl/wUx7oseCfwnF3A9r6

 

首脳陣の評価もまずまず。キャンプ中は投球フォームが安定せず、ばらつきがある場面もあったが、

 

キャンプ終了後は教育リーグで登板。徐々に登板回数、イニングを増やしており、吉田投手の調子は上向きになってきていた。

スポンサーリンク
 

そして現在は順調に結果を残し、43日のジャイアンツ戦で初先発し、3回4安打1失点と、

 

最速147キロを投げ、上々のデビュー。

 

https://images.app.goo.gl/pswxjTvpW5FdYcL8A

そして、その後の登板412日のロッテ戦では34四球と制球力に課題を見せていたが、

421日のイースタンリーグ戦では先発では3回5安打1失点とまずまずの投球を見せ、一歩一歩前進している。

 

じっくり順調にきている。期待の逸材なだけに球団もじっくり育てていく方針だ

 

https://images.app.goo.gl/Zu4EguNk9cPd6PGq9

 

これからイニングを増やして経験を積んで、実戦を重ねてからの1軍定着を目指す。

 

そんな吉田投手の当初は5~6月の一軍への昇格がメドと検討されていたが、早期の一軍昇格の可能性も出てくるほど。

 

今年から一軍登録人数が25人から26人と一枠増えることになっている。投手陣の負担を軽減するためにオープナーとしての早期の一軍昇格の可能性があるという。

 

吉田輝星投手は当初は二軍でじっくり育てる方針。

 

ファイターズの首脳陣も思ったよりプロの環境に適応していると高く評価。二軍の試合でしっかり結果を残すことができれば、当初の予定より前倒しする可能性が高い。

 

現在5月~6月となっているが、5月上旬くらいになるかもしれない。

 

https://images.app.goo.gl/iLg3arb5iL1Lbzd68

ファイターズの二軍監督の荒木氏は、一軍が欲しい言ったら上げられる状態にしておくと語っており、吉田投手の今後の登板の出来次第ということ。

 

ファイターズのOBであるダルビッシュ有投手もプロ1年目の1軍初登板は5月。

 

順調にステップを踏んでいる吉田輝星投手には、ダルビッシュ投手、大谷翔平投手のような成長曲線を歩んで欲しいところだ。

 

スポンサーリンク
 

偉大な先輩に追いつけるように、それだけのポテンシャルはある。

 

早期の一軍での登板には期待するのは時期早々ではあるが、

 

じっくり成長して欲しいところだ。

 

待望の初登板、初勝利!! 際立ったストレートの威力!!

 

 

そして迎えた一軍での初登板。

 

予想より1ヶ月遅れ、6月での待望のとき。

 

昨年の甲子園を沸かせたスター選手の登板には注目が集まった。

 

待望のプロ登板。

 

5回1失点と圧巻の投球内容で見事、初登板初勝利を挙げた。

 

https://images.app.goo.gl/LYhVcz6yEyXgcZid6

 

初登板初勝利は高卒新人の初登板初勝利は楽天の安楽投手以来。

 

そしてファイターズに所属したダルビッシュ投手も初登板初勝利を挙げており、素晴らしいスタートを切り、その実力には対戦相手の広島からも高評価。

 

スポンサーリンク
 

持ち味のストレートが唸りを上げ、対戦相手の広島打線を封じ込めて見せた。

 

吉田投手の投球内容の8割はストレート。

 

初回は硬さが見えたものの、徐々にギアを上げ、好投を見せた。

 

特に際立ったストレートの威力。

 

https://images.app.goo.gl/VYxrBmBjSNnRXBnE6

 

広島の選手は吉田投手から放たれるストレートの威力に、振り遅れたり、空振りで苦戦。

 

あまり見たことのない球質と言わせるほど。ストレートに 驚きを隠せなかった。

 

持ち味をストレートで真っ向勝負できるメンタルの強さも見せた初登板。

 

持ち味にストレートの力強さで真っ向勝負。

 

https://images.app.goo.gl/s21vsKnVot66NyuZ7

吉田投手、本人も持ち味はストレートのキレと語るように、どんな対戦相手でもストレートの力強さは際立っており、特にストレートの評価には絶賛。

 

吉田投手の際立ったストレートはなにがすごいのか??

 

https://images.app.goo.gl/DyqpdnrFQWow18JG7

 

吉田投手のストレートは回転数が多いのと同時に、回転軸が地面と平行なため、

 

よりバックスピンのかかるストレートを投げることができる。

 

https://images.app.goo.gl/QFfwE6uUZ8aSgXg39

ボールの回転数が増すことで、ボールに対して上下の気圧というものが生まれると、上向きな力が働く。

 

バックスピンの強さが他の投手より吉田投手。

 

その強さはメジャー投手たちよりも多いとされている。

 

だからこと初登板でのストレートの威力に広島の打者が戸惑いを見せていた訳だ。

 

https://images.app.goo.gl/WVZA9pcRDubiAbqm6

プロ入りした投手のボールにプロの選手が揃う広島打線が苦戦したという事実。

スポンサーリンク
 

それだけ、球速より速く感じさせる特殊で唯一無二のストレート。

 

ストレートだけで勝負できるだけのボールを持つ吉田投手。

 

https://images.app.goo.gl/9ViPNiNzk4rq1pG86

一軍初登板でみせた投球術、またマウンドの落ち着きような昨年まで高校生とは思えないほど素晴らしいものであった。

 

しかし、まだプロ一年目。当然プロの打者の凄さを体感するはず。

 

思うような投球ができず、打たれることもあるだろう。それは今後に繋がるはず。大事な原石なだけに、じっくり適応してくれればいいだろう。

 

これからどんな投球を見せてくれるのか楽しみだ。

 

今後の活躍次第では一軍でのどこまで成績を残すのか期待が高まる。

 

ファイターズに所属していたダルビッシュ投手はプロ2年目に大ブレークを果たしている。偉大な先輩に並び、超えるような存在へ。

 

また楽しみな選手の出現。

 

https://images.app.goo.gl/a4f6NoSHt4F3gsmz5

 

新たなるスターがプロ野球をアツくする。

 

スポンサーリンク

吉田輝星投手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

甲子園スターとして鳴り物入りでプロ入りし、

 

初登板初勝利を飾った吉田輝星投手。

 

まずはプロの環境になれ、じっくり経験を積んで欲しい。

 

素晴らしい才能の持ち主。

 

持ち味のストレートで実力を伸ばしてほしい。

 

焦らず、ゆっくり成長して邁進してもらいたいですね。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です