吉田輝星(日本ハム) 現在、評価は?? 一軍昇格の可能性は??




甲子園のスターとして鳴り物入りでプロ入りした、

次世代のスター候補、

吉田輝星。

現在はじっくり二軍で調整しているが、

着々と前進。早期の1軍昇格の可能性も。

甲子園での躍動した投球を一早く1軍で見たいところだ。

今回は北海道日本ハムファイターズの吉田輝星投手をPICKUP

吉田輝星投手のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/CjRyguRm1RHaMLEY7

吉田輝星 (よしだ こうせい) Kosei Yoshida

出身地 秋田県秋田市

生年月日 2001年1月12日 (18歳)

身長 175cm

体重 84kg

ポジション ピッチャー

吉田輝星投手の経歴

黄金ルーキー

https://images.app.goo.gl/9ZYDjzcJtbfV4e6T7

昨年の高校野球を沸かせた甲子園のスターとして、2019年プロ入りし吉田輝星投手。

吉田投手は秋田県の県立金足農業高校出身。

夏の秋田県大会からエースとして一人で投げ続け、チームも日を追うごとに成長し、秋田県大会優勝、そして勢いのまま甲子園でもチームは躍動。

甲子園では全国屈指の強豪校を倒し、秋田県勢として103年ぶりに決勝に進出。

https://images.app.goo.gl/NhqhZeDbjj9N84rk7

決勝の相手は現在の高校野球最強チームである大阪桐蔭高校。

決勝では吉田投手が大会中に痛めた怪我の影響もあり、大阪桐蔭高校に敗戦。

しかし吉田投手が見せた気迫、負けたといはいえ、キレのあるストレートで打者へ挑むその姿は魂のピッチングはまさにエースのプライド。

スポンサーリンク

素晴らしい才能をもった次世代の期待選手。

昨年のドラフト会議で北海道日本ハムファイターズから指名を受け、入団。

https://images.app.goo.gl/Bse34oiGPt2F5vS36

今年プロ1年目。これからのプロ野球を背負う期待のルーキー。

令和時代を担うスター候補だ。

吉田輝星投手の特徴

最速152キロのストレートを誇る右の本格派。

https://images.app.goo.gl/2iRsW1JeVothZYWB9

身長は175センチと大きくないものの、鍛え抜かれたどっしりとした下半身は見事。ノーワインドアップから下半身主導の無駄のない理想的なフォーム。

吉田投手の鍛えられてた下半身が投球を支えるエンジン。

https://images.app.goo.gl/FJHdBbZvgFkq6DM8A

そのエンジンは爆発的な力を生み出すことができ、しなやかさな腕振りと連動し、素晴らしいキレのあるストレートを投げることができる。

身体をうまく使い、中心軸、コアをしっかり支えている素晴らしい投球フォームだ。

https://images.app.goo.gl/K45YmLLGRyzmz7vb7

吉田投手の特徴で最大の武器であるストレートは、キレと球の力強さは目を見張るものがある。

身体全体を使い、ボールを地面に叩きつけるようなイメージで投げているそうだ。

スポンサーリンク

だからこそ、キレのあるスピンの効いたストレートを投げることができる。

https://images.app.goo.gl/8a6ggbpPpBAaHpxq8

そして甲子園決勝まで投げ続けた強靭なスタミナ、そのタフさは目を見張るものがある。

一人で投げる抜き、体力もさることながら、吉田投手は精神的なスタミナが優れていると言えるだろう。

されは、まさにエースの資質だ。

https://images.app.goo.gl/sJx3bKbTwkhWZ9K27

吉田輝星投手は、数年後間違いなくファイターズのエースとなっているはず。

まだまだ荒削り。しかしそれだけのポテンシャルがあるということ。

じっくりプロ環境、体力、プロのレベルに順応できれば、一気にブレイクできる。

まだ高校卒業して間もないが、これからを担う次世代のスターピッチャー。

本当に楽しみな逸材の登場だ。

吉田輝星投手の1軍昇格は!? 早期の可能性も

プロ入り後、吉田輝星投手は二軍でキャンプを迎えた。

https://images.app.goo.gl/B9WoqQncyGM32mrS8

キャンプでは半ばには実践ケースの練習試合に登板し、キャンプ終盤に右肩にハリを覚えて、シート打撃を回避する場面もあったが、

じっくりプロの環境へ適応する準備ができている。

https://images.app.goo.gl/wUx7oseCfwnF3A9r6

首脳陣の評価もまずまず。キャンプ中は投球フォームが安定せず、ばらつきがある場面もあったが、

キャンプ終了後は教育リーグで登板。徐々に登板回数、イニングを増やしており、吉田投手の調子は上向きになってきている。

スポンサーリンク

そして現在の順調にきている。43日のジャイアンツ戦で初先発し、3回4安打1失点と、

最速147キロを投げ、上々のデビュー。

https://images.app.goo.gl/pswxjTvpW5FdYcL8A

そして、その後の登板412日のロッテ戦では34四球と制球力に課題を見せていたが、421日のイースタンリーグ戦では先発では3回5安打1失点とまずまずの投球を見せ、一歩一歩前進している。

じっくり順調にきている。期待の逸材なだけに球団もじっくり育てていく方針だ

https://images.app.goo.gl/Zu4EguNk9cPd6PGq9

現在も投球回数は3回。これからイニングを増やして経験を積んで、実践を重ねてからの1軍への道だ。

そんな吉田投手の当初は5~6月の一軍への昇格がメドと検討されていたが、早期の一軍昇格の可能性も出てきた。

今年から一軍登録人数が25人から26人と一枠増えることになっている。投手陣の負担を軽減するためにオープナーとしての早期の一軍昇格の可能性があるという。

吉田輝星投手は当初は二軍でじっくり育てる方針。

ファイターズの首脳陣も思ったよりプロの環境に適応していると高く評価。二軍の試合でしっかり結果を残すことができれば、当初の予定より前倒しする可能性が高い。

現在5月~6月となっているが、5月上旬くらいになるかもしれない。

https://images.app.goo.gl/iLg3arb5iL1Lbzd68

ファイターズの二軍監督の荒木氏は、一軍が欲しい言ったら上げられる状態にしておくと語っており、吉田投手の今後の登板の出来次第ということ。

ファイターズのOBであるダルビッシュ有投手もプロ1年目の1軍初登板は5月。

順調にステップを踏んでいる吉田輝星投手には、ダルビッシュ投手、大谷翔平投手のような成長曲線を歩んで欲しいところだ。

スポンサーリンク

偉大な先輩に追いつけるように、それだけのポテンシャルはある。

早期の一軍での登板には期待するのは時期早々ではあるが、

じっくり成長して欲しいところだ。

吉田輝星投手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

甲子園スターとして鳴り物入りでプロ入りした吉田輝星投手。

まずはプロの環境になれ、じっくり経験を積んで欲しい。

素晴らしい才能の持ち主。

焦らず、ゆっくり成長して邁進してもらいたいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする