南野拓実 現在は?? 移籍できない!? 飛躍を目指して




所属のザルツブルグから移籍ができない!?

南野拓実

日本代表として活躍している彼は、

現在の立ち位置からのステップアップを目指し、

選手としてさらなる高みを目指している。

そろそろ移籍やで!!

今回はサッカー日本代表の南野拓実選手の移籍や現在の状況をPICKUP!!

南野拓実選手のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/TJYVmsYLAC6iEd8E8

名前 南野拓実 (みなみの たくみ) Takumi Minamino

出身地 大阪府泉佐野市

生年月日 1995年1月16日 (23歳)

身長 175cm

体重 67kg

ポジション MF・FW (ミッドフィルダー・フォワード)

所属クラブ レッドブル・ザルツブルク (オーストリア)

南野拓実 現在は?? 移籍できない!? 飛躍を目指して

https://images.app.goo.gl/nT2g5eodCkYkJAws9

今や、日本代表に主力として欠かせない存在となった

南野拓実

森保体制後、ゴールを量産し、存在感を発揮。

攻撃では諦めずに貪欲な姿勢と戦う強さを持ち、

華麗なプレーではなく、泥臭いプレーでチームに貢献する

アツキ魂を持った選手。

https://images.app.goo.gl/sTLRBNq3H9NKnpQH6

ルックスとは裏腹に岡崎選手のようなプレーができる点はイケメンなプレーではなく、ダンディーさを持った男前なプレーヤー。

スポンサーリンク

非常に見た目とプレーのギャップがたまらない選手ではある。

https://images.app.goo.gl/TWtrP1vVaHYw1Yxw7

昨年の活躍ぶりは新生日本代表のエース候補として名乗りをあげるほどの活躍ぶりで、

一気に代表で絶対的な存在となるのか期待が高まったが・・・。

しかし今シーズン2019年に入り、

代表でのパフォーマンスは寂しいものとなっている。

南野選手はわかりやすい結果としてゴールを求めたい訳だが、

なかなか昨年のようなプレーができたいないのが現状。

https://images.app.goo.gl/A8JYuXJWNWQv1H2fA

前線からのプレスやボールを運べる縦への推進力で持ち味を出し、貢献度はあるものの、昨年の活躍ぶりは鳴りを潜めている。

今年の1月に開催された期待されたアジアカップでは1点。

南野選手は常にゴールを意識しており、チャンスを狙っているとのことだが、決めきれない場面が多くなっていた。

そろそろ結果が欲しいところではあるが・・・・・

日本代表には18歳の久保建英選手が代表デビューを果たし、抜群の存在感を発揮しただけに、

これから少しづつ代表での序列が変わってくることが予想される。

https://images.app.goo.gl/hDiofnuQmJM6udKt8

それだけ、日本代表の2列目でのポジション争いが激化する。

南野選手が代表、そしてクラブチームで絶対的な存在となるには

もう一つ、二つレベルアップして欲しいところだ。

 クラブチームの現在地 移籍できない現状。

さらなる上を目指して。

https://images.app.goo.gl/DiS6wdF6WukxJKck6

日本代表のレギュラーとして存在感を示している南野選手であるが、

クラブでの現在の状況はどのような立ち位置なのだろうか??

南野選手は現在、オーストリアリーグで所属のザルツブルグでは、

5期連続二桁得点を決めるなど結果を残しているものの、

いまいち突きつけた存在になり得ていないのが現在の状況。

ザルツブルグでもスタメンではないこともあり、チーム内での扱いに疑問が残るが・・・

ザルツグルグは、若い選手を育て、

選手の価値を上げて高く他のクラブへ、という経営体制でもあるクラブ。

https://images.app.goo.gl/mSMRrcVPysrRqGCo7

若い選手を積極的に使う傾向にある。

スポンサーリンク

南野選手は在籍が5年目となり、サッカー選手としては決して若いという年齢ではないが・

しかし、ザルツブルグ内ではしっかり結果を残してきただけにスタメンを確保できるだけの実績があるのだが・・・

https://images.app.goo.gl/zMXnENLMyErtmQ4f9

チーム内の方針の影響を受けているような状況でもあるように思う。

ザルツブルグ内での、南野選手の現在の立ち位置は非常に中途半端な状況。

やはり、もう移籍をする時だ。

過去には移籍のオファーの噂も多々あったのだが・・・・・

一時はドイツ、ブンデスリーガのレバークーゼンやバイエルン、

そしてザルツブルグとスポンサーが同じであるライプチヒへの移籍の話もあったが、

具体的な話はなく、実現しておらず、現在でも移籍の話はない。

南野選手がレベル上げ、選手としてスケールを上げるためには、

やはりレベルの高い環境でプレーをすること。

https://images.app.goo.gl/JE8DQy6QMDVdKBjd8

これが一番わかりやすく必要なこと。
そう。4大リーグへのステップアップ。

現在は4大リーグより劣るオーストリアリーグでのプレーという現状を打破して欲しい。

ザルツブルグでも結果を残しており、評価はできるが、

やはり代表でもクラブでも突き抜けた存在になるには、環境の変化が必要不可欠。

しかしながら、移籍を実現するためには選手として飛躍を常にしていかなければならない。

選手として課題もあるだけに、

現在の所属クラブ、ザルツブルグからステップアップを目指すならば、必要な要素。

南野選手は攻守においてのポジショニングが甘いところがある。

南野選手はアグレッシブさがあり、前線戦からの守備し、

前線からの貢献度は高いが、

https://images.app.goo.gl/9tBbViQXcBvKDJxP6

相手選手のポジショニングを把握しながらのパスコースを切りながらのプレスをかけるのがあまりうまくない。

その判断を間違うと相手にボールを運ばれてしまい、

スペースを空けることにつながり、相手のチャンスを増やしてしまうだけに、

しかしこれは改善の余地はあるだけに

的確に判断したコースを切りながらプレスをかけるかということがうまくなれば、

前からボールを奪って、高い位置から攻撃を繋げることができる選手なだけに、

それができれば南野選手はもっと存在感を見せるはず。

https://images.app.goo.gl/v6yJKH3bnb8jayg99

もうクラブでも、そして代表でもうかうかしてられない状況。

スポンサーリンク

南野選手の課題であるコースカットプレスとおい動きであるが、

先日、代表デビューを果たした久保建英選手は、

https://images.app.goo.gl/8s9rsL6KNgPbc9uY7

このコースカットプレスの動きが非常に上手い選手。

今シーズン2019年、一躍飛躍を遂げ、前半戦の首位と好調の攻撃陣の要として、

そして代表デビューにつなげた久保選手。

卓越したテクニックばかり目が一がちだが、的確なポジショニングを取ることができ、

攻守においての的確な判断力を持った選手。

代表でも台頭してきただけに、

南野選手の立ち位置も今後の影響を与える存在だ。

だからこそ、クラブでの結果を重要になるが、

南野は素晴らしいポテンシャルを持った選手。

日本代表でも核としてさらなる活躍を期待しているだけに、

https://images.app.goo.gl/caPTWxspfMCgnwh68

現在の姿より、よりパワーアップした存在になってもらいたい。

前回、ワールドカップに出場できなかった悔しさを乗り越え、

代表の主力として存在感を発揮してきた南野選手。

移籍を実現させ、自身の存在価値を高めてることができれば、

自ずと代表でも存在価値を上げることにつながるはず。

スポンサーリンク

まだまだ選手と手の伸び代は十分ある。

さらなる高みを目指して。

https://images.app.goo.gl/KXDEZZFztMHiThXZ7

貪欲に邁進して欲しいところだ。

南野拓実選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

日本代表の南野拓実選手。

代表の主力として欠かせない存在ではあるが、

昨年、新体制後に見せたようなパフォーマンスはなりを潜めている。

選手として飛躍を期待。

所属のザルツブルグから移籍を実現させ、もう一皮向けて欲しい。

ポテンシャルは十分はる。

移籍を果たし、クラブでも代表でも確固たる存在へ。

それができる選手だ。

今後のさらなる活躍を期待いきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする