松井秀喜 伝説の甲子園での連続敬遠!! 高校時代の凄さ,成績は??




高校時代は甲子園で伝説となった男!!

松井秀喜

日本が生んだ最高の強打者は、

高校時代、高校野球の歴史に刻まれるほどの存在。

今回は、松井秀喜氏の伝説の高校時代の活躍、成績をPICKUP!!

松井秀喜氏のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/E2y7bsX4HBCmtPiY6

名前 松井秀喜 (まつい ひでき) Hideki Matsui

出身地 石川県能美市

生年月日 1974年6月12日 (44歳)

身長 188cm

体重 95kg

ポジション 外野手

松井秀喜 伝説の甲子園での連続敬遠!! 高校時代の凄さ,成績は??

https://images.app.goo.gl/Xw71TyZMQNxpXD2n8

平成を象徴する名打者。

今もなお絶大なる人気を誇るスーパースター

松井秀喜氏。

日本プロ野球、メジャーリーグで数多くの栄光を手にしてきた偉大なレジェンド。

やはり我らが誇るスーパースターの存在はプロ入り前から騒がれた逸材。

松井秀喜氏を語る上で忘れてはいけないほど、

高校時代から伝説的存在と言っても過言ではないほど松井秀喜氏は際立っていた。

今回は松井秀喜氏の伝説となった甲子園、

そして高校時代の成績、活躍ぶりを振り返っていきましょう。

https://images.app.goo.gl/aszk6q2UUakjSEab9

松井秀喜氏は地元石川県の強豪、星稜高校へ進学。

地元の名門校に入学することとなった松井秀喜氏が、

野球を始めたのは小学校二年生の時。

4つ上の兄の影響で兄が所属していたチームでプレーするなど、当時から体も高く、誰よりも飛ばす存在で、

松井秀喜氏は左打ちではあるが、元々は右打ち。

しかし、あまりにも飛ばすこともあり、左で打つようになったのがきっかけ。

日本プロ野球の歴史の残す名スラッガーである松井秀喜氏。もし右打席を続けていたら、清原和博を超えるような右打者になっていたかもしれませんね。

スポンサーリンク

小学時代から並外れた体格から遠くに飛ばすことに長けた存在であった、

中学時代は全国大会に出場するなど活躍し、星稜高校へ。

プロ野球選手を輩出し、高校野球の名門で知られている星稜高校。

https://images.app.goo.gl/Z5wBcK1WTAFU6LmD9

その名門の中で、最高傑作と言ってもいい存在である松井秀喜氏。

高校時代、強烈なインパクトを残した松井秀喜氏ではあるが、

入学した当初は高校入学投手はピッチャー志望でもあったが、

高校時代からスバ抜けたパワーで、練習で柵越えを連発。

https://images.app.goo.gl/gaEBDX93tnW7ZfLNA

その打球は強烈なもので、練習グラウンド右中間の裏には監督の家があり、松井秀喜氏の放つ強烈な打球はネットを飛び越え、
毎日のように山下監督の家に直撃するなど、並外れた打球を飛ばしていた。

松井秀喜氏は中学まで軟式野球。

打撃練習で硬式ボールを初めて打ち、軽々と策越えを放つ。
自身も硬式ボールが飛ぶことに驚き、上級生の打撃練習でホームランを打つ選手はいなく、周りは軽く打っているものと思うほどであったが、

入団当初に行った初めてフリーバッティングで誰よりも遠くへ飛ばし、松井氏のスバ抜けたパワーを見た山下監督に、

「松井、ピッチャー以外どこやりたい??』

と言われるほど、入学当初から強烈なインパクトを与えた。

しかしながら、その日でピッチャー松井秀喜は終了したというエピソードがある。

星稜高校入学当初から突出した存在で、

早くも一年生の時から名門星稜4番を務めるなど、

際立ったパワーで特大ホームランを連発。

https://images.app.goo.gl/pULTqGGZkN4y4as26

その存在は高校入学当初から規格外のパワーを持った選手として大活躍。

高校二年生の夏の甲子園に初出場した松井秀喜氏は甲子園初ホームラン。

https://images.app.goo.gl/BHEaZXj9DySXTjRy8

アウトコース高めのボールを強引にライトスタンドに叩き込む!!

その存在は着実に実力をつけ、際立つ存在感で凄みを増し、

翌年3月に開催された春の甲子園選抜大会では、

https://images.app.goo.gl/csSoWKKt2kdycYLt6

松井秀喜氏の存在を確固たるものに。

選抜の開幕戦となった試合で一回戦でライトに強烈なホームラン。

https://images.app.goo.gl/MeHkEhawmm5ziDTs7

当時あったラッキーゾーンが廃止され、初ホームランを打つのは誰か注目が集まる中、そして高校生にはホームランができにくい状況の中、

松井秀喜氏はラッキーゾーン関係なく、センターバックスクリーン横、1番深いところまで軽々と運び、並外れたパワーを披露。

甲子園のファンを度肝を抜くアーチを描く。

https://images.app.goo.gl/3aH8MRuHdX1dDMyo8

その試合は開幕戦ということもあり、スタンドには当時PL学園に所属していた2年生の松井稼頭央氏がスタンドで観戦。
松井秀喜氏が放った打球は見たこともない打球でスタンドインしたと語っており、打者としての並外れた才能、そして規格外のパワーを誇っていた。高校生離れした存在。

続く打席も2打席目もホームラン。

衝撃の2ホーマーを放ち、

https://images.app.goo.gl/RbHhpZdFHNg8YhRF6

強烈なパワーで見たこともない打球を放ち、そしてスイングするだけでどよめきが起こるように、
その存在は高校生という枠を超えた規格外の選手。プロ大注目の選手となっていた。

スポンサーリンク

高校3年生となると、注目の高校生No. 1スラッガーとなっていた松井秀喜氏。

強烈な存在はなお際立ち、松井秀喜氏が放つホームランは規格外。

高校生の中にプロ入ると言われるほどの存在感を放っていた。

松井秀喜者夏の県予選での成績は打率.615をマーク。

夏の県予選では他のチームを圧倒し、優勝。

そして迎えた夏の甲子園大会。

https://images.app.goo.gl/5fZKpNGtUmhAaJ6H7

夏の大会はスラッガー松井秀喜氏は大注目の存在。

どんな活躍をするのか期待が高まっていた。

松井秀喜氏を一躍、時の人した二回戦の明徳義塾戦で前代未聞となる5打席連続敬遠。

https://images.app.goo.gl/WaQ3JxkA5zzt4Cex9

試合前から松井秀喜対策として敬遠がすることが決まっていた。

https://images.app.goo.gl/TcHPVv6gpTn8MzdV8

さらにわかりやすい敬遠ではなく、若干外し目のボールで周りには勝負しているかのように見せかけるような戦略まで熟考されていた。

打席を迎えるたびに続く敬遠に戸惑いを見せる松井秀喜氏。

https://images.app.goo.gl/uZ3vtdJM9KWorRmp9

チームの要である存在との勝負避けられた星稜高校は敗戦。

敬遠するごとに甲子園は異様な雰囲気に包まれた。

https://images.app.goo.gl/vQ2KLUjEvRudYkXYA

最後まで敬遠され続ける状況にスタンドのファンも激怒し、三塁側のスタンドからメガホンが投げ入れれ、試合が中断するなど社会現象にまで発展。

しかしながら高校野球史上に残る名場面となった。

https://images.app.goo.gl/q35qCsw8uZu9mGEv9

甲子園という舞台で一度も勝負を避けられるという戦略を考えなければならない状況を作り出すほど怪物スラッガーとして強烈な存在感だったのだろう。

高校時代の松井秀喜氏はそれだけ強烈な存在で、

https://images.app.goo.gl/kPzFBjPWrtMwogMf9

https://images.app.goo.gl/bNTqNkcvfsZkKZr26

高校野球の歴史の中で伝説的存在となった。

スポンサーリンク

この5打席連続敬遠は今も語り継がれる伝説のシーン。

2回戦で惜しくも敗戦。3年生の夏の甲子園では活躍できなかったとはいえ、

社会現象を巻き起こすほどの別格の存在であった松井秀喜氏。

https://images.app.goo.gl/q9j1J2x6fjTJwGKZ8

今後も語り継がれる場面となるだろう。

敬遠策がなければ3年の夏甲子園では大暴れしていたかもしれないが、

甲子園での活躍ぶりは見事なもの。

4度出場を果たした甲子園での通算成績は、

打率.344 4本塁打 15打点。

高校時代の成績は、

打率.450 60本塁打 公式戦での本塁打は28

ホームランは高校通算本塁打まで60本に伸ばし、

https://images.app.goo.gl/KxRjzybptLGeoQ4A6

超高校級スラッガーとして鳴り物入りでプロの世界へ。

4球団の競合の末、読売ジャイアンツへ。

https://images.app.goo.gl/Z5wBcK1WTAFU6LmD9

一年目から11本塁打を放ち、その後は日本代表する打者へ。

2002年はシーズン50本塁打達成。日本で3度ホームラン王に輝くなど、

https://images.app.goo.gl/er1nSovGNvB9yzmV6

日本最高の強打者となり、メジャーの舞台へ。

移籍したヤンキーズではワールドシリーズMVPを獲得するなど。

https://images.app.goo.gl/gby5omtf3EeiDnGT7

高校時代は強烈な存在を放った松井氏は世界を股にかけ、大活躍した。

松井秀喜氏は高校時代からスター選手として、

プロ入り後も日本最高のスター選手として今もなお、

絶大なる人気を誇るわけだが、

やはりその原点となった高校時代。

https://images.app.goo.gl/sCxUbrbDndMQjK397

2017年に高校通算本塁打記録を更新した清宮幸太郎選手も騒がれたが、

しかしながら松井秀喜氏の高校時代の方が強烈なインパクトを残している。

高校時代のホームランを量産し、騒がれる選手はたくさんいた。しかしながら、プロ入り後全く活躍できずに終わる選手、またはプロ入りすらできない選手もいる。

スポンサーリンク

松井秀喜氏のプロ入り後の活躍ぶりからすれば、

やはり別格な存在であることを再認識する。

松井秀喜氏は高校時代から伝説的存在であり、

https://images.app.goo.gl/HS1myuT4o2qZjRAUA

プロ野球史に残る最高の逸材だった。

松井秀喜氏に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

日本プロ野球最高のスーパースター、

そして高校時代、強烈な存在感であった松井秀喜氏。

これからも高校野球史に残る伝説の打者の一人として

語り継がれるだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする