野球

松坂大輔 伝説の高校時代と全盛期の凄さ!! 引退へ!!

松坂大輔 高校時代はすごかった!! 

 

平成の怪物の高校時代とは

 

https://images.app.goo.gl/Bbf878nKw9utYmw47

 

松坂大輔投手を語る上で欠かせないのが

 

高校時代。

 

松坂投手を思い浮かべるとまず思うのがプロではく、横浜高校時代。

 

横浜高校時代の活躍は

 

伝説

 

といってもいい。

 

https://images.app.goo.gl/238bhyE3p4JR317z6

当時の活躍ぶりは野球を知らない人すらも松坂大輔という名前を知っているほど。

現在レベルでいうと2019年甲子園を沸かせた金足農業の吉田投手や大阪桐蔭の根尾選手や藤原選手など、

 

そして2006年の甲子園決勝で再試合の投げ抜いた斎藤佑樹投手といった、歴代の高校野球のスター選手がその後も活躍したが、

 

松坂投手のインパクトはそれ以上のものであった。

スポンサーリンク
 

中学時代のメンバーの影響で横浜高校へ

 

 

https://images.app.goo.gl/jxVVpN6aay2zreJ49

 

松坂投手は小学三年生から野球をはじめ、中学時代は地元の江戸川区の強豪、江戸川南リトルシニアでプレー。

 

中学時代から数々の大会で優勝するなど、中学日本代表に選ばれるなど、松坂投手は中学時代から才能豊かな選手であった。

 

中学卒業後、神奈川県の強豪校、横浜高校へ進学。

 

松坂投手は進路を選ぶ際に東海大相模高校や帝京高校に行きたかったとのこと。

 

実際に松坂投手は当初は帝京高校からの誘いもあったため、中学3年生の時点で帝京高校への進学を考えていたが、

 

中学日本代表の実力あるチームメートが横浜高校へ進学することが決まっていたことに、松坂投手自身もそのメンバーと一緒にやりたいと思い、進学先を横浜高校へ変更。

 

そんな松坂投手は横浜高校進学後は、横浜高校のきつい練習を送る日々。

 

2年生になり主力へ、チームのエースに成長。

 

https://images.app.goo.gl/oDHgYbBWU1B44uqb7

 

松坂投手がエースとして夏の神奈川県大会を順調に勝ち進み、準決勝に進出。

 

準決勝の相手は横浜商業高校。試合は9回まで2対2の同点で拮抗。

 

9回のマウンドにも上がっていた松坂投手はランナー1、3塁とピンチの場面。しかし松坂投手はまさかの大暴騰。

 

体力は限界だった、エースとして9回まで踏ん張るも疲労の影響で右腕がコントロールできなくなっていた。

 

チームはサヨナラ負け。

 

3年生を甲子園の出場の夢を、松坂投手自身で断ってしまったことに申し訳ない気持ちだったと当時の松坂選手は語っている。

 

しかしこの敗戦が松坂投手のターニングポイントとなる。

 

松坂投手は負けてしまった3年生の分も頑張らないといけないと奮起。

スポンサーリンク
 

 

2年夏の悔しさが怪物となるきっかけ

 

https://images.app.goo.gl/xEVCxTtBUtKPAmbi7

 

新チームになり、猛練習に明け暮れる日々。

 

松坂投手自身も本当に新チームからの一ヶ月ほど走った日はないという。練習がきつすぎて、試合が休みと感じるほどだった。

 

過酷な練習に耐え、松坂投手は一段と成長。

 

https://images.app.goo.gl/tK4o98d3RMPh9ieP7

強靭な体力と精神力を手に入れた松坂投手はそこから高校や球界を席巻することとなる。

 

新チームとなり、エース松坂投手要する横浜高校は秋の神奈川県大会、関東大会、そして神宮大会も制し優勝。

 

春の甲子園選抜大会へ進出。

 

松坂投手は2年生の夏大会で敗戦により猛練習、そして県大会から明治神宮大会を制覇し、自信をつけ、甲子園優勝がより明確になり、

 

https://images.app.goo.gl/W1ZXBkRj1mnrxcr1A

松坂投手はあれだけ練習したんだから、負けるわけがないと、過酷により確かな実力をつけ、一皮も二皮も成長していた。

スポンサーリンク
 

ストレートも150キロ台と球速アップに成功し、松坂投手は甲子園のマウンドで躍動。

 

神宮大会を制した横浜高校は甲子園センバツ大会も制覇。

 

https://images.app.goo.gl/BbPYtpTc8P5vipyeA

甲子園のマウンドで群を抜いた実力を発揮した松坂投手は、一躍注目選手へ成長。

 

最速152キロの力のあるストレート、切れ味鋭いスライダー、

 

そしてマウンド上でも物怖じしない強靭な精神力、

 

https://images.app.goo.gl/oDD1zBjnDvB2JJSo9

高校生離れした実力を手に入れ、平成の怪物と称されるほど変貌を遂げていた。

スポンサーリンク
 

高3の夏、衝撃を終えた松坂劇場

 

 

https://images.app.goo.gl/Un1D1LSFP2QS3K9b9

 

松坂投手がすごいのはここから。

 

怪物伝説の始まり。

 

ここからが本当の伝説。

スポンサーリンク
 

そして松坂投手のハイライトである、高校3年生の夏の甲子園。

 

横浜高校のエースとして春の選抜で制し、夏の県大会も貫禄をみせ優勝。

 

迎えた夏の甲子園大会。

 

松坂劇場という歴史的名作。

 

https://images.app.goo.gl/qQDVHS9axk7ENnqm9

 

打倒松坂に燃える全国の強豪校たち。そんな強豪たちをねじ伏せる王者横浜高校。

 

98年夏の甲子園大会は高校野球史上に残る死闘を演じたアツき闘い、そして1998年の主演。

 

大会最高の投手として、怪物へと化した松坂投手は再び甲子園のマウンドに帰ってきた。

 

打倒松坂に燃える猛者たちを圧倒。

 

https://images.app.goo.gl/o5wGScp7YkKXPJAa8

 

躍動感あるフォーム、しなやかな腕の振りから投げ込まれるストレートで圧巻の投球。

 

怪物は春の選抜からさらに成長を遂げていた。

 

そして迎えた準々決勝の大一番。ここからが松坂劇場の大一番。

スポンサーリンク
 

 

PL学園との延長17回の

 

アツき死闘。

 

https://images.app.goo.gl/TFMwRakeCCVb6rxg9

 

延長17回、250球を一人投げ抜いた魂の投球。

 

歴史的超大作。

 

https://images.app.goo.gl/Gq9EbkMUHAj2Pg5N8

 

この時は誰しもがテレビに釘付けになった。

 

甲子園史上に残る最高の死闘。

 

球数が250球と異次元の投球を見せた松坂投手。怪物は凄みを増していた。

 

スポンサーリンク
 

そしてまだ終わらない。

 

続く準決勝の相手、明徳義塾。

 

中1日の試合。さすがの松坂投手もPL学園との死闘、250球の疲れは否めない。準決勝はレフトで先発した松坂投手。

 

試合は2年生投手が明徳に捕まり、2者連続ホームランを許すなど、完全に明徳ペース。しかし横浜高校が8回に4点を返し、2点差の中、

 

9回のマウンドに怪物、松坂投手がマウンドへ。

 

https://images.app.goo.gl/UKP2oqCDo4qMXHU28

PLとの死闘からの再び怪物はマウンドへ

 

エースの意地。

 

https://images.app.goo.gl/CbeaynRD7p5nUtT39

自らマウンドへ、チームを鼓舞。疲労困憊の中、15球だった魂の投球で三者凡退。

 

そして死闘の末、明徳義塾を追い詰め、逆転サヨナラ勝ち。

 

https://images.app.goo.gl/N51qWTzhMPjm3iRp6

松坂投手、そして横浜高校ナインのが魅せた執念。最高の逆転劇。

スポンサーリンク
 

 

横浜高校の底力を見せつけ、決勝に進出。

 

https://images.app.goo.gl/hGxYMNHMmGXfCB4M9

そして決勝の舞台で松坂大輔という男、怪物の真価を知ることとなる。

 

決勝戦でノーヒットノーラン!!。

 

最高のエンディングを演出する千両役者。

 

横浜高校は史上5校目の春夏連覇を達成。

 

https://images.app.goo.gl/BbU7iFD1mNoMvcUo6

松坂投手が甲子園で見せた怪物ぶりは、高校野球史上最高選手。

 

甲子園通算成績は、

11試合 防御率0.75 10完投 6完封 11勝0敗 97奪三振

 

高校通算成績は、

59登板 防御率1.12 34完投 13完封 40勝 1敗 379回 423奪三振 

 

そして横浜高校は秋の国体も制し、

 

公式戦、驚異の44連勝。

 

この記録は未だに破られていない大記録。2年生の夏の県予選での大暴騰でサヨナラ負けした日から一度も負けないという驚異的な成績を残して魅せた。

スポンサーリンク
 

 

その主役を務めた松坂大輔という男が挫折を経験し怪物へと覚醒。

 

https://images.app.goo.gl/gkoFy57eGe1VUd7V9

 

松坂投手が甲子園で見せた最高の雄姿は

 

今もなお、語られる名作であり、伝説

 

https://images.app.goo.gl/i1CcTbH5sXSVZWa96

平成の怪物という呼び名で、当時世間を話題を独占し、社会現象にも。

 

怪物が甲子園で魅せた底力。

 

https://images.app.goo.gl/XXrtDnZ1jMMPB6Ua7

 

さあ、鳴り物入りでプロの世界へ。

 

松坂大輔がプロ野球界を席巻することになる。

 

 

そして怪物伝説はまだ終わらない・・

 

スポンサーリンク
 

1 2 3

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です