メジャーリーグ

前田健太 日本とメジャーの成績と活躍ぶり,通算成績をPICKUP!!

 

日本、メジャーでの通算成績は??

 

日本を代表する好投手。

 

前田健太。

 

抜群のコントロール武器にメジャーの舞台で奮闘。

 

日本、そしてメジャーリーグの舞台でも

 

素晴らしい実績を積み重ねている。

 

メジャー最高の投手を目指して。

 

今回は前田健太投手の日本、そしてメジャー成績、活躍ぶり、通算成績をPICKUP!!

 

前田健太投手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/JFvhHdtm9FTnexFB7

名前 前田健太 (まえだ けんた)

出身地 大阪府泉北郡忠岡町

生年月日 1988年4月11日

身長182cm

体重83kg

ポジション 投手

前田健太 日本とメジャーの成績と活躍ぶり,通算成績をPICKUP!!

 

日本屈指の好投手。

 

https://images.app.goo.gl/nTyZqXzouBQoQgf89

 

現在、メジャーリーグ、ロサンゼルス・ドジャーズに所属する前田健太。

 

日本とメジャーリーグで素晴らしい通算成績を積み重ねている。

 

2016年からメジャーリーグに挑戦し、今年でメジャー4年目を迎える。

 

https://images.app.goo.gl/gT5sXpS1CoTAXF6M6

 

今や、ドジャースの先発ローテーション一角として、今シーズンも開幕から安定した素晴らしい投球を続けており、

 

今や、ダルビッシュ有投手、田中将大投手共に、メジャーの舞台でも奮闘する日本を代表するスターターだ。

スポンサーリンク
 

日本、メジャーの舞台で第一線で素晴らしい活躍をしてきた前田投手。

 

今回は前田投手の日本、そして、メジャーでの活躍ぶり、これまでの通算成績を振り返っていきましょう。

 

https://images.app.goo.gl/uxaAzPLtV5Bkvxsz5

 

前田投手は野球の名門、PL学園高校出身。

 

中学時代から注目される逸材であった前田投手は、

 

高校野球界の強豪校という環境でも抜群の野球センスを発揮し、一年生からベンチ入り。

 

早くも1年生の夏の甲子園でも登板するなど、

 

https://images.app.goo.gl/jjAHjkPNUk7VkMSV7

あどけなさが残る中、当時からしなやかさが際立ち、素晴らしい才能の持ち主。

 

高校3年生の春の甲子園大会に2度目の出場し、初戦で16奪三振をあげるなど、

 

https://images.app.goo.gl/h5GaWPxVSbUxwayg9

 

3年生の夏の甲子園には出場ならなかったものの、投打で活躍するその姿から、同じ高校の偉大な先輩である桑田二世と称されるほど、

 

高校野球界の中で全国区の存在。

スポンサーリンク
 

 

前田投手は肩、肘の使い方、その柔らかさは天性の才能を感じさせるほど、

 

しなやかなでトレートのキレ、そして抜群のコントロール、キレのある変化球を武器に活躍。

 

https://images.app.goo.gl/mScLgWUp5p3CNyva7

2006年ドラフト注目の期待の選手として、プロの世界へ。

 

そんな前田投手は、2006年のドラフト会議で広島東洋カープから一位指名を受け、入団。

 

https://images.app.goo.gl/4rES6T9cS8a7UGpo9

 

プロ1年目は二軍からスタートであったが、入団当初から期待は高く、その持ち味であるしなやな投球フォームからの投球は高く評価され、

 

早くも2年目には佐々岡誠氏がつけていたエースナンバー18を与えられるなど、

 

将来のカープのエースとしての期待を背負い、前田投手も着実に成長。

 

2年目2008年に9勝、2009年は8勝、着実に経験値をあげる投球をみせ、

 

持ち味のしなやかな投球フォームから伸びのあるストレート、キレ味鋭いスライダーに磨きがかかり、

 

特にストレートの切れ味が増し、最速153キロまでアップ。

 

https://images.app.goo.gl/jRK7tf32WggPe8MeA

プロ入り後トレーニングの成果もあり、ストレートに力強さを手に入れていた。

スポンサーリンク
 

 

そして確実に力をつけた前田投手は、

 

プロ4年目2010年に15勝、防御率2.21 奪三振174をマーク。

 

沢村賞、最優秀投手賞、最多勝、最優秀防御率、最多奪三振賞を受賞、

 

https://images.app.goo.gl/6Nx6Lru7mq9j73Wj7

投手タイトルを総ナメ。一躍、球界を代表する存在へ。

 

持ち味の変幻自在の投球術に磨きはさらに、2012年にはノーヒットノーランを達成。

 

https://images.app.goo.gl/LEUrf5FQhECmuvoU8

着実に球界を代表する投手へと駆け上がっていた。

 

前田投手は広島カープのエースとしての確固たる地位を気づきほどの大活躍。

 

https://images.app.goo.gl/AWx8Kdv8VbbXD9u29

日本通算成績は、

 

218試合 97勝67敗 投球回 1509.2回 奪三振1233 防御率2.39 

 

広島時代は6年連続二桁勝利、6年連続防御率2点台、

 

そして沢村賞2回、最多勝二回、最優秀防御率3回、最多奪三振2回、ベストナイン3回、ゴールドグラブ賞5回、

 

前田投手は日本時代の成績はもちろんだが素晴らしいが、安定した投球ができるは最大の強みだろう。

スポンサーリンク
 

さらにプロ2年目から故障により長期離脱は一度もなく、

 

プロ3年目から投球回数が180回以上と抜群のスタミナ、やはり日本8年間での通算防御率が2.39は凄まじい安定感。

 

広島時代は抜群の投球術でエースとしての存在感を見せてくれた。

 

そんな前田投手は球界の代表するスターターとなり、

 

https://images.app.goo.gl/QrdoHpi4T1x3dnGh9

憧れのメジャーリーグへの挑戦を決断。

 

前田投手は2013年のWBCの日本代表として参戦。

 

https://images.app.goo.gl/tUpAc5BeJz8W44mY8

 

その際に各国の強打者と対戦し、海外にはすごい打者たちがいることを肌に感じ、

 

メジャーリーグという舞台がでのプレーをしたいみたいと思い、決断。

 

前田健太選手は海を渡る。

 

スポンサーリンク
 

 

1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です