小野伸二は天才!! 怪我がなかったら!? 日本が誇る天才の引退が近い!? 海外での評価は!?




天才

この言葉は彼のためにあると言っても良いでしょ。

日本サッカーの史上、天才とは誰か??と質問すれば、

みな、口を揃えて答える。

小野伸二。

天才であると認めざるを生えない華麗なプレーは、誰もが魅了される。

上質で繊細で柔らかなボールタッチで彼を超えるものはいない。

誰もがその華麗なプレーに酔いしれてしまう。

そんな天才にも引退の日が近づいている。

今回は日本サッカー史上最高の天才フットボーラー、小野伸二選手をPICKUP

小野伸二選手のWiki的プロフィール

Embed from Getty Images

名前 小野伸二 (おのしんじ) Shinji Ono

出身地 静岡県沼津市

生年月日 1979年9月27日(39歳)

身長 175cm

体重 76kg

ポジション MF(ミッドフィルダー)

小野伸二選手の経歴・エピソード

日本サッカー史上最高の天才

Embed from Getty Images

小野伸二選手は幼き頃から天才と称され、数々の伝説的エピソードがある。

6人兄弟で母子家庭で育った小野選手は家庭が貧しく、サッカー部などにも所属せず、一人で練習しているところをみたスポーツ少年団の監督が(お金はいらないからぜひ入ってくれ)と勧誘れるなど、

進学した中学校にはサッカー部がなかったようで、しかし小野選手の存在だけでサッカー部ができてしまうほど。もうこれは伝説ですよね笑。

スポンサーリンク

13歳でU-16日本代表に選出されるだど、当時から別格の存在であった。

https://goo.gl/images/EscGmS

今でいう久保建英選手のような選手でしょうか。

タイプは違いますけど、ボールを扱う技術はやはり小野伸二選手の方が柔らかいように感じます。

高校時代静岡県の名門、清水商業高校。

高校時代にはすでに天才として、全国にその名前が知れ渡るほど存在であったが、意外にも全国高校サッカー選手権大会には一度も出場経験がない。

清水商業時代にはJリーグの13クラブがスカウトに訪れるなど

何回も言いますが、天才とは彼のことを言うのです。

そんな天才は高校卒業後、浦和レッズに入団。

18歳ながらフランスワールドカップ日本代表メンバーに召集するなど、

https://goo.gl/images/jc5i3M

当時から将来の日本サッカー界の星として、日本を背負ってたつ存在として誰もが期待していた。

今の日本代表では10代でワールドカップのメンバーに選ばれるなんて、なかなかないだけにそれほど際立った存在であり、突出した選手であったことがわかる。

18歳でワールドカップで出場した小野選手は日本代表でのワールドカップ最年少出場記録である。

黄金世代

小野伸二選手の世代79年組には日本サッカーの歴史の中で、名プレーヤーばかりを輩出している世代としても有名です。

小野伸二を筆頭に、稲本潤一、高原直弘、小笠原満男、本山雅志、遠藤保仁など、

U-20のワールドユースで準優勝するなど、黄金世代と称され、

https://goo.gl/images/q3Etmo

日本最高の世代でして、この世代は長きにわたって日本代表として中核を担う選手を輩出している。

スポンサーリンク

高校卒業後、浦和レッズでプレー後、ヨーロッパのオランダの名門、フェイエノールトへ移籍。

https://goo.gl/images/JsNdSt

移籍したオランダでも天才ぶりを遺憾無くに発揮。

https://goo.gl/images/wWDNRk

ヨーロッパのトップに君臨していた選手すらもしたを巻く天才ぶりを発揮し、日本のみならずフットボールの本場ですら卓越したサッカースキルを誇っていた。

当時オランダリーグはドイツ・ブンデスリーガよりもレベルが高いとされていた時代でフェイエノールトは各国の代表選手がひしめくクラブ。

移籍当初からレギュラーとして君臨。フェイエノールト時代はチャンピオンズリーグ出場やそしてUEFAカップ優勝などヨーロッパでも輝いて魅せた。

その後はJリーグに復帰や海外クラブでプレーし、現在はコンサドーレ札幌でプレー。

日本サッカー史上最高の天才であり、日本代表として3度のワールドカップ出場など

今尚、現役を続けるレジェンドてある。

小野伸二選手のプレースタイル・評価は

天才

Embed from Getty Images

言わずと知れた天才。何回も言いますけどねこれも天才なんですよ、もう笑

だれが見てもうまいって思うレベル。天才。

その卓越したボールさばきは絶品

ボールを扱う柔らかさは群を抜いており、ボールを自由自在に操る。

ボールタッチは繊細で美しい。

Embed from Getty Images

創造性溢れるプレーは誰もが魅了された。ワンタッチやダイレクトプレーで一瞬で相手選手を翻弄し、巧みなテクニックで試合をコントロールする。

何と言っても魅力はその巧みなボールさばきは天才の一言。

小野伸二はヨーロッパのフットボールファンも魅了し、虜にしてしまう。

https://goo.gl/images/T1nAWi

現地のファンだけではなく、共にプレーした選手達からの評価は高い。小野伸二選手の技術に驚愕していた。

https://goo.gl/images/jnxHdK

同代表のエースストライカーとして活躍したフェンペルシー選手たちはオランダ代表に招集された時にオランダ代表には小野以上うまい選手はいなかったと語るなど、

元オランダ代表で活躍したカイト選手はセードルフを見た時より、小野伸二選手を観た時の方が衝撃を受けたと語っており、

オランダ代表の10番を背負ったスナイデル選手は一番うまいと思った選手はだれか?という質問に対して、小野伸二と即答するほど。

日本代表でも共にプレーした中村俊輔選手も、史上もっともうまい選手と語るなど、

スポンサーリンク

共にプレーした選手たちが口を揃えて天才と呼ぶ。

日本史上最高のサッカー選手で天才は、

Embed from Getty Images

小野伸二ただ一人である。

他にも天才と呼ばれた選手は多々いたが、小野選手には及ばない。

彼こそが本物の天才。

怪我がなければ、バケモノレベルに?

日本最高の天才

Embed from Getty Images

小野選手は大きな怪我にきっかけにより、サッカー人生が変わってしまった。

シドニーオリンピックの予選の際に対戦相手のフィリピン選手からの悪質なタックルを受け、右膝靭帯を損傷。

当時小野選手は20歳これからという時の大怪我。その怪我の影響で天才に影響を及ぼすことになってしまった。

小野選手自身もあのタックルの前と後では別のもになってしまい、タックル、怪我する前のイメージが怪我の後にはできなくなったと、その溝を埋めることはできなかったと小野選手自身も語っている。

小野選手は自身のサッカー選手としてのピークはプロ2年目とも語っていることから、2年目以降は思い通りのプレーができていなかったことになる。

それなのに日本最高の選手として君臨していた。

しかし怪我がなければどんな怪物選手になっていたことだろうか。

怪我後も。もちろん天才的なプレーで素晴らしい活躍を見せていたが、怪我する前はもっとすごかったと言われていた。

日本代表でも活躍したラモス瑠偉氏は小野選手のことを、日本で天才がいるとするなら、一人だけ。

それは小野伸二。もし怪我をしていなかったら。バケモノみたいな選手になっていた。

輝いている時間が短かった。

とラモス氏は語っている。この言葉だけでも、いかにすごい選手であったかがわかる。

怪我したことにより度重なる怪我を繰り返すようになってしまい、サッカー選手としてのキャリアにも影響与えたといってもいいだろう。

https://goo.gl/images/ffShpR

当時オランダフェイエノールトでの活躍はヨーロッパでも評価され、スペインの名門バルセロナから獲得の興味を示されたほどの逸材であった。

しかしやはり怪我の影響もあり、現実にならなかったが、その天才的なプレーが体に負担を与えていたのかもしれない。

スポンサーリンク

怪我なければバルサ小野伸二誕生していたかもしれない。

天才には怪我つきものだが、小野伸二選手ほど才能溢れた選手はいない。

日本史上最高の選手と称されていただけに、

誰もが口にしてしまう。

怪我がなければと・・・・

小野伸二選手は引退が近い!?

Embed from Getty Images

天才小野選手もサッカー選手としての晩年を迎えており、近年は黄金世代の引退も相次いでいることから、

小野選手も引退の2文字が迫っているのではないか。

しかし小野選手はまだ現役続行の意思を表明している。

日本サッカー界の歴史に刻まれる天才はプレイヤーはいつまで華麗なプレーを披露してくれるのだろうか。

黄金世代と称された選手もまだ現役を続けている選手もいる。特に親友でもある高原選手や稲本選手はまだ現役を続けており、彼の存在が刺激になってるのは間違いない。

今シーズンも所属するコンサドーレ札幌では契約を更新し、今シーズンは現役としてプレーするが、

Embed from Getty Images

今後の動向が注目される。

小野選手の華麗なプレーを、色褪せない上質なボールタッチ、

ピッチで輝く姿をまだ見続けていたい。

小野伸二選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

日本サッカー史上、最高の選手であり、天才。

日本代表には彼を超えるテクニックを持った選手は未だにいない。

そんな日本最高の選手を見る時間は少なくなっている。

Embed from Getty Images

しかし上質なプレーは錆付いていないだけに、

まだまだ現役でいてほしい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする