黒川史陽(智弁和歌山) 2019年ドラフトへ!? 評価は!?出身中学、特徴は!?父、兄とは!?読み方は!?




3月に開催される春の甲子園センバツ大会。

アツき高校球児たちのプレーは魂を感じて、

やっぱり高校野球って見てしまうんですよね〜笑。

そんなセンバツ大会は楽しみですが、

もちろんプロ注目の選手もいるだけにそこも注目でしょ。

黒川史陽

名門、智弁和歌山で一年生からレギュラーを獲得した逸材。

もちろん今年のドラフト候補選手。

三月の甲子園センバツにも出場するだけに、

みなさん!!、注目すべき選手ですよー!!

今回は智弁和歌山の主砲、キャプテンとして

センバツでの優勝を狙うプロ注目の選手、黒川史陽選手をPICKUP

黒川史陽選手のWiki的プロフィール

https://goo.gl/images/HXjEB8

名前 黒川 史陽 (くろかわふみや)

出身地 奈良県河合町生まれ

生年月日 2001 4 17 17才)

身長 181cm

体重 78 kg

ポジション 内野手(セカンド・サード・ショート)・外野

右投げ左打ち

黒川史陽選手の経歴

https://goo.gl/images/qa4FKx

河合小学校 →河合第一中学校(泉州阪堺ボーイズ)→ 智辯和歌山

黒川選手は小学校一年から野球を始め、中学では河合第一中学校で泉州阪界ボーイズに所属。内野手外野としてプレーし、

中学3年の時には全国大会を経験し、そして中学3年生の夏にNOMOジャパンにも選出され、主将としてアメリカ遠征も経験。

当時のNOMOジャパンでは東邦の石川昂弥選手、創志学園の西純矢選手とチームメートとしてプレー。この二人は黒川選手ともに今年の秋のドラフト注目の選手でもある。

スポンサーリンク

黒川選手は中学時代から逸材、強打者として関西地区では有名な存在。

黒川選手は中学卒業後、和歌山の強豪校、智辯和歌山へ進学。

https://goo.gl/images/kWQNBb

入学当初から黒川選手は智辯和歌山の監督曰く、入学から別格の存在であり、天性素質を持った選手であったと語っており、当時から抜群の潜在能力を魅せていた。

智辯和歌山の名門でも一年の春からベンチ入り。

春の県大会をで全試合スタメンとして出場機会を獲得するなど、早くもレギュラーを獲得。

一年の夏の甲子園にも出場し、ヒットを放つなど、

大器の片鱗を感じさせる期待の活躍。

https://goo.gl/images/iTc49m

2年の春の甲子園センバツ大会で春のホームラン、7打点をあげる活躍。

選抜準優勝に大きく貢献。

続く2年の夏の甲子園に出場。初戦で敗退するも、

3季連続の甲子園出場の原動力、チームの顔として存在感を発揮し、

https://goo.gl/images/QNoNj4

2年生の秋の新チームから、キャプテンに就任するなど持ち前の闘志あふれるプレーで現在の智弁和歌山の顔としてチーム中心人物として期待を集める。

今年の春のセンバツに出場する高校生屈指強打者として、今年の秋のドラフトの候補選手として注目選手。

黒川史陽選手の特徴

世代屈指の好打者

https://goo.gl/images/KyPdkR

恵まれた体格を生かした黒川選手は、抜群の打撃センスを誇る期待のスラッガー。

ポジションはサード、セカンド、(今年はショートとしてプレー予定)外野も守ることができる。

スポンサーリンク

バットを高く構え懐の大きい構えからボールを呼び込み、足を上げてタイミングをとり、

バットコントールを兼ね備えた、長打が魅力の左の高校生屈指の好打者。

https://goo.gl/images/mfyCmG

チャンスにも強く、抜群の打撃センス、勝負強さは高校生としては一級品。

黒川選手は打席でも雰囲気、風格がある。それは自身の現れということだろうか。

高校通算16本塁打放っている長打力も魅力。

https://goo.gl/images/MwkoVX

しかしコースに逆らわずに広角に打ち明けることができるバットコントロールも備え、

逆方向にも長打を打つことができる器用さもある。

特に低めの対応には定評があり、芸術的。

コースに逆らわない打撃は柔らかさのある打撃をできる。

https://goo.gl/images/3xAb9v

黒川選手自身も低めへの対応に自信があるからこそできるもの。低めに対して感覚的に打てるという意識があるはず。打撃感覚の優れてた天才なタイプかもしれない。

それに加え、際どいコースを見極める目きりの良さ、選球眼の良さも兼ね備えている。

これまで出場した甲子園でら7試合で7四球と選球眼の良さもある。それに加え大舞台のような環境でも自身のプレーごできるところは大物と言えるだろう。

そして走力と肩もある。

50m6秒2、遠投100mを投げるだけに、選手としてのポテンシャルの高さがあり、選手としての総合力は高い。

走攻守揃った選手として抜群のポテンシャルをもつ期待の選手だ。

https://goo.gl/images/DovftL

実力的にもまだまだこれから選手。伸び代があるだけにもっとスケールの大きい強打者へと成長を遂げる可能性があるだけに楽しみな存在。

実力的には今年の秋の注目株となるだろう。

黒川史陽選手は今年のドラフトの目玉!?スカウトの評価は

https://goo.gl/images/hbe6gK

黒川選手は名門、智弁和歌山には関西中学No. 1スラッガーとして一年からレギュラーとして活躍し、

現在はチームの象徴する存在へと成長。

その抜群の打撃センスは今年のドラフトでも注目選手として期待されるのではないだろうか。

プロのスカウトからの具体的な内容やコメントはないですが、間違いなく今年のドラフトでも候補選手。

それに3月に開催されるセンバツでは間違いなく大会屈指の選手として注目が集まるだけに、センバツでどこまでアピールできるかも彼にとっての大事な大会であろう。

スポンサーリンク

智弁和歌山は多くのプロ野球選手を輩出する強豪校。

昨年もチームの主軸であった林選手が昨年の秋のドラフトでは指名されているだけに、黒川選手は林選手に負けない素材なだけに、

今年のドラフトの目玉選手として、注目される存在へ成長することを期待している。

https://goo.gl/images/YvNPLn

黒川選手へのプロからの評価は現時点では定かではないが、現時点ではドラフト目玉選手としては認識されていない。

がしかし。素材的にもポテンシャルが高いだけにドラフト中位、下位での指名される可能性が高いのではないか。

磨けば光る原石としてこれからの素材ということだ。

それに黒川選手は進学して大学野球で成長して、再びプロを道を目指す選択肢もある。智弁和歌山で活躍した選手は卒業後、強豪大学への進学して活躍するケースもある。

選手として可能性はたくさんあるだけに、どの選択肢になっても楽しみな存在だが、個人的には高校卒業後、プロの道へ進んで欲しい素材だ。

今後の黒川選手の動向に注目していきましょう。

黒川史陽選手の家族は甲子園一家!?

https://goo.gl/images/YvNPLn

世代屈指の好打者として期待される黒川選手ですが、

家族も抜群の野球歴を持っているとの事。

父の洋行氏は大阪の名門、上宮高校で主将としてセンバツ優勝。

そして兄の大雅選手は宮崎県の日章学園で春夏、甲子園出場経験を持っている。

家族も甲子園に出場経験がある野球エリート一家と言ってもいいでしょう。

そんな中、黒川選手はプロ注目する存在となり、今年の高校3年生。

黒川選手は、絶対父には負けたくないと語っており、今年は強い気持ちを持って野球に取り組む事でしょう。

スポンサーリンク

父に負けたくないとならば、目指すは春のセンバツ、夏の甲子園での優勝でしょうか。

黒川史陽選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

今年のドラフト注目選手である黒川選手。

3月に開催されるセンバツではチームのキーマンとして臨む。

チームの大黒柱が智弁和歌山の94年以来の優勝に導くことができるでしょうか。

そして大暴れして、ドラフトの目玉選手として躍り出ることを期待しています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする