久保建英は小野伸二を超える!? 二人の天才をPICKUP!!




小野伸二を超える存在へ!!

久保建英

日本サッカー界の期待の逸材。

先日、待望のA代表初出場。

圧巻のパフォーマンスで鮮烈デビュー。

新たなる天才の登場。

偉大な選手、小野伸二を超える存在になれるか。

期待が高まる。

今回は久保建英選手と小野伸二、日本が誇る二人の天才プレーヤーをPICKUP!!

久保建英選手のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/cC6nnCr1AxZtbSTp7

名前 久保建英 (くぼ たけふさ) Takehusa Kubo

出身地 神奈川県川崎市麻生区

生年月日 2001年6月4日(17歳)

身長 173cm

体重 67kg

ポジション FW・MF (フォワード・ミッドフィルダー)

久保建英は小野伸二を超える!? 二人の天才をPICKUP!!

日本サッカー界を背負う逸材。

https://images.app.goo.gl/fNpZ3zitdfY5edDu7

新時代、日本の至宝が輝きを放つ。

久保建英

日本最高の選手となることができるか。

先日、待望の日本代表へ招集され、

6月9日に開催されたエルサルバドル戦は初出場を果たした。

途中出場で限られた時間ながら、持ち味を発揮。

ボールを持てば、一瞬でスタジアムを虜。

史上2番目の若さ、18歳5日での日本代表デビュー。

華麗な個人技で別格のプレーを見せ、存在感を発揮。鮮烈デビューとなった。

https://images.app.goo.gl/dwRrjWEiz5HoCN7r6

日本が生んだ新たなる天才はどんな成長過程を見せてくれるのか楽しみだ。

9歳から天才サッカー少年として注目された逸材がが日本を熱くする。

初めて日本代表のピッチにたった久保選手。

高まっていた期待感によりプレッシャーを感じてしまってもおかしくないところではあるが、その期待感を超えるほど、堂々たるプレーで実力を証明して見せた。

代表初出場とは思えないほど、普段の通りのプレー。

https://images.app.goo.gl/EyQq9b8sdQZxqzCJ7

インテリジェンス溢れるプレーは、普段のJリーグでの姿と変わらない。

落ち着いて、周りの状況を把握し、一歩先を見据えた判断力は代表でも変わらず。

限られた中での十分、相手の脅威になった。やはり大物。只者ではない。

これからどんな選手になるのだ!!と期待せざるおえない状況。

https://images.app.goo.gl/Wp1Fq6LN3prvYubQ9

ボールを持つだけで何かやってくれる期待感。落ち着いたプレーでファンのみならず、選手すらも魅了させたのだはないか。

スポンサーリンク

コパ・アメリカでのパフォーマンスが一層、期待を持ってしまう。

すごいの一言。2019年になり、全ての能力が一気にアップデートされ、覚醒した。

バルサの下部組織退団後、FC東京へ入団し、素晴らしい才能を発揮してたものの、

昨年までフィジカル面やメンタル面で課題があった。

しかし、そんな状況も成長の糧とし、課題と向き合い、取り組んできた成果が2019年に見事、成果として現れている。

今や、Jリーグでもトップクラスの実力でチームを引っ張っている存在にまで成長。

今回の代表招集、そして初出場でのプレーは見れば必然の結果であった。

今回の代表でのプレーは経験は、久保選手に揺るぎない自信をもたらしたのではないか。

また成長する機会となり、さらなる飛躍が期待できる。

日本史上最高の選手へ。

センセーショナルな代表デビュー。

https://images.app.goo.gl/DdeMJYmQiNuwFXKr5

勝手ながら、ここまでの期待感は久々ではないだろうか。

ここまで日本サッカー界には天才と称されたプレーヤーはいくらでもいる。

しかしその中で別格の存在として、

誰もが日本史上最高の天才と称される存在がいる。

小野伸二。

https://images.app.goo.gl/rtd8A5N7uhowEdVp8

小野伸二選手も久保選手同様、

天才サッカー選手として代から騒がれた存在。

当時はまだ日本人選手がヨーロッパでプレーしている選手はいない時代から、天才と呼ばれた日本最高の選手の一人だ。

1998年、高校卒業後、入団した浦和レッズですぐさまレギュラーを獲得。

そしてその年、初出場となったワールドカップメンバーにも選出。

その後はワールドユースで準優勝、計3度のワールドカップを経験。

クラブでもオランダの強豪、フェイエノールトで活躍し、UEFAカップを制覇するなど活躍。

https://images.app.goo.gl/fYc1JjTiWsKGugMA9

誰もが小野選手のプレーに衝撃を受け、一瞬で虜にしてしまう。元祖、天才。

現在がJリーグのコンサドーレ札幌に所属し、

今年40歳を向かえ、ベテランの域に達したが、

天才的なボールタッチ、抜きん出たテクニックは健在。

創造性溢れるプレーで未だ、日本最高の天才と称される選手。

https://images.app.goo.gl/naLYUDVS2D8cBi6X9

その存在は誰もが認める。唯一無二の存在。

スポンサーリンク

そんな日本サッカー界屈指の天才、小野伸二選手とダブらせてしまう久保選手。

久保選手も小野選手のように日本サッカー史に残す存在へと駆け上がって欲しいところではあるが、

やはり久保選手を見て思うことは、小野選手が経験した20年前の悲劇。

https://images.app.goo.gl/6RDaPs8ZYZUzB5T39

小野選手は199818歳でプロデビュー。18歳186日で日本代表へ。

数ヶ月後には最年少でワールドカップに選出ほどの逸材。

1999年、小野選手は日本代表はワールドユースで準優勝の立役者として活躍し、さらなる飛躍が期待される中、

数ヶ月後のシドニーオリンピック予選で相手選手から悪質なタックルにより、

大怪我。左ひざ靱帯断裂。

この怪我が小野選手のサッカー人生を左右することとなった。

小野伸二選手自身もこの怪我により、

サッカー人生のターニングポイントになってしまったと語るように、

怪我をして以降、自分自身のプレーを失った。

天才的なボールテクニック、そしてサッカーでの創造性も失うきっかけになってしまったという。

小野伸二選手は、怪我から復帰後はオランダへ移籍し、ヨーロッパの舞台で活躍し、UEFAカップ優勝など、

日本代表でも2002年の日韓ワールドカップ、そしてドイツ大会で日本代表の主力として活躍し、

現在とは違う環境の中、輝かしいキャリアを歩んでいたと思われていたが、

小野伸二選手は怪我との戦いだった。

https://images.app.goo.gl/otsKprkWUqPqEA4Z8

自分自身の怪我後、思うようなプレーができない葛藤の中、戦っていたのだ。

一つのきっかけにより、天才サッカープレーヤーの人生を大きく変えてしまった。

https://images.app.goo.gl/rRDeeMLr7uode7kE6

誰しもが1999年の怪我を惜しんだ。

この怪我がなければ、日本人最高のサッカーキャリアを歩んでいたことだろうと。

そして時は流れ、偉大な天才、小野伸二の後継者のような天才サッカー選手の登場。

選手としてタイプは違うが、比較するべきではないかもしれませんが、

久保選手がボールを持った時の別格の存在感、周囲に与える影響力や期待感は、

小野伸二選手に通じるところがある。

https://images.app.goo.gl/wiHMXJVGzEpK7sz57

久保選手は小野伸二選手のような本物感、天才的なものを感じるのだ。

久保選手には小野選手を超える存在へなってもらいたいところだが。

そして今回、コパ・アメリカに参戦する日本代表ではあるが、20年前も同様に日本代表はコパ・アメリカに出場し、小野選手も参戦予定であったという偶然。

当時、小野選手は19歳。

前年に日本代表に初選出され、コパアメリカのメンバーにも選出されていたが、急遽、U-22の日本代表に変更。その後、小野伸二選手は大怪我に見舞われた形となった。

やはり怪我だけは避けたいところ。今回のコパ・アメリカのメンバーである久保選手。

順調に育って欲しいが、サッカー人生の左右してしまうほどの大怪我が待っている可能性はある。

スポンサーリンク

日本サッカー界の新時代の象徴になれるほどの逸材。

鮮烈な代表デビューを飾った久保選手。

怪我なく、最高のサッカーキャリアを送れることを願うばかりだ。

偉大なレジェンド、小野伸二を超えるのは、

久保建英か。

日本サッカー史上最高のプレーヤーへ。

https://images.app.goo.gl/E84Ppsh5BuG1cyJ79

なお、期待が高まる。

久保建英選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

待望のA代表デビューを果たした久保選手。

偉大な先輩、小野伸二を超える天才プレーヤーとして、

その存在をこれからさらなる飛躍し、

世界に轟かせてほしい。

今後の成長を見守っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする