高校野球

小林珠維 東海大札幌のドラフト候補!!

 

今年のドラフト候補!?

 

小林珠維

 

U-18日本代表にも選出された北海道屈指の右の本格派。

 

東海大札幌のエースとして、今年の夏の甲子園に出場し、

 

一躍目標のプロ入りを実現するか。

 

今回は東海大札幌のドラフト候補、小林珠維投手をPICKUP!!

 

小林珠維 東海大札幌のドラフト候補!!

 

https://images.app.goo.gl/ubtfDNTQDmGKzwsq5

名前 小林 珠維(こばやし じゅい)

出身地 北海道帯広

生年月日 200157(18)

身長 183cm

体重 86kg

ポジション 投手

小林珠維 東海大札幌のドラフト候補!!

 

今年のドラフト候補として期待大。

 

https://images.app.goo.gl/iaa53KyejUPhuEff7

 

最速150キロのストレートを誇る、

 

東海大札幌の小林珠維投手。

 

今年のドラフト候補選手として名乗りをあげた期待の右の本格派だ。

 

登別青葉パワーズで小学1年生から野球を始め、

 

札幌八軒中学時代では所属の札幌新琴似シニアで中学3年生の時に全国大会出場。

 

中学時代から持ち味のストレートの球速は139キロを計測するなど、

 

https://images.app.goo.gl/ZV5DLz1eMw4jJzmu6

地元ではバケモノとして期待されており、類い稀なる野球センスは別格のものを持った選手である。

 

スポンサーリンク
 

小林投手は中学卒業後、東海大札幌に入学。

 

一年生からベンチ入りを果たすなど、

 

素晴らしい才能を持った北海道屈指の右の本格派だ。

 

https://images.app.goo.gl/Eq5xWS2XKvKUyCYz7

 

東海大札幌の小林珠維投手は、投手としての才能は高校生屈指。

 

最速150キロの伸びのあるストレートが魅力で、

 

ノーワインドアップのゆったりとしたバランスにいいフォームで無駄がない。

 

テイクバックの際の右腕や左腕の使い方もよく、

 

力感も欠点のなく、躍動感のフォームからのストレートを武器とする右の本格派。

 

その持ち味のストレートは年々球速をアップさせており、

 

https://images.app.goo.gl/awXaNTFvRr1DPVRQ8

2年生の冬場の体力トレーニングでもあり、現在では150キロのストレートを手に入れている。

スポンサーリンク
 

身長183センチ、86キロと恵まれた体格で馬力のあるタイプ。

 

しかし現在は高校生屈指のストレートを誇る小林投手であるが、

 

入学当初は持ち味のストレートに意識し、

 

スピードを伸ばしたい気持ちのあまり、空回り。

 

投手として制球力に苦しみ、持ち味のストレートすら活かせない状態で自滅することが多く、2年生の夏の大会はベンチ外となるなど、苦しい日々を経験。

 

しかし自らの投球スタイルを見直したことにより、

 

まず制球力の向上するため、投球フォーム安定を目指した。

 

フォームを固めるため、下半身中心のトレーニングにより安定感のあるどっしりとした下半身を手に入れ、

 

投球フォーム自体にも安定したことにより、制球力を向上。

 

その影響もあり、下半身主導のフォームを身につけたことにより、持ち味のストレートにも効果が現れ、伸びのあるストレートを手に入れることができた。

 

https://images.app.goo.gl/JUmgPmsCA9gqK1xN8

 

現在の球速は150キロ。

 

目標は夏までに153キロを投げること。

 

なおかつ、キレのあるストレートを手に入れたいと語っているだけに、

 

自身がストレートのスピードにこだわりすぎて、苦戦した経験が活きている。

 

現在は勝てる投手として投手としてさらなる飛躍を目指している。

 

どこまで成長を遂げているか楽しみな投手だ。

 

高校選抜メンバーにも選出されるほどの存在になっているだけに、

 

高校3年生にして、遅咲きではあるが一気に注目株として期待大。

 

投手としても素晴らしいが、打者としても高校通算30本塁打を放つなど、打者としても非凡な才能の持ち主。

北の大地で才能を爆発し、一躍ドラフト候補として名乗りをあげるか。

 

非常にポテンシャルに溢れた素材と言えるだろう。

 

スポンサーリンク

小林珠維投手はドラフト候補か!?

 

ドラフト指名はあるのか!?

 

https://images.app.goo.gl/te5rw1GF5FTfceLx9

 

最速150キロのストレートを持つ東海大札幌の小林投手。

 

投手としてのポテンシャルは素晴らしいものがある。

 

才能だけではみれば、原石として光るものがある。

 

今年、2019年のドラフト会議は高校生投手が豊作と言われおり、

 

大船渡高校の佐々木郎希投手、星稜高校の奥川投手、横浜高校の及川投手、そして創志学園の西投手といった、

 

今年のドラフトではプロ大注目の高校生投手が一段と揃った年と言えるだろう。

 

そんなプロ注目存在と負けないポテンシャルをもった東海大札幌の小林投手。

 

持っている才能だけで見れば、プロの注目の存在と言えるだろう。

 

https://images.app.goo.gl/wyi3BSUXdR4EDWtt7

 

具体的にはどこまで各球団が調査しているかは定かではないが、

 

プロのスカウトからは、ポテンシャルを評価されているとのことであり

複数球団のリストアップしており、

果たしてどのタイミングでのドラフト指名となるか。

スポンサーリンク
 

2年生は伸び悩んでいたこともあり、実戦での経験が少ないが、

 

才能だけでもドラフト上位指名の可能性もある素材。

 

今年四月のU-18日本代表候補合宿にも選出され、今年のドラフトの目玉、大船渡の佐々木郎希投手、星稜高校の奥川投手らとの練習は刺激になり、一層プロへの気持ちを高めたことだろう。

 

夏の県大会で自身の投球でチームを甲子園に導くことで、

 

さらなる可能性が高まるだけに、

 

目標であるプロ入り、ドラフト指名を果たすことができるか注目。

 

https://images.app.goo.gl/9N96zbt8RYfngX5k9

才能だけ見れば、高校生の中でもトップクラス。

 

東海大札幌の小林投手は現時点でもドラフト指名にかかる素材なだけに、

 

スケール感のあり、高いポテンシャルを持った投手なだけに、今後の成長ぶりを期待できる。

 

目標でもあるプロ野球選手に夢を掴んで欲しい。

 

そして注目された2019年のドラフト会議で、

 

小林珠維選手はソフトバンクから4位指名。

 

そして注目なのが、内野手として指名とのことでこの展開は意外であった。

 

ソフトバンクの内野は実力のある選手が多いが、年齢的にもベテランが多いということもあり、

 

一位指名に石川選手を指名したように、結果は競合で交渉権獲得とはならなったが、将来性のある素材型の選手を求めていたということ。

 

小林選手に内野手としての指名も同様だろう。

 

打つ方も注目されていたが、投手としての評価ソフトバンクは野手としての高い評価をしているということ。

 

二刀流への期待感もあるということだが、まずはじっくりプロ環境に慣れ、

 

将来はソフトバンクの中軸を担うような選手への成長することを期待。

 

今後はどんな選手へと成長するのか見守っていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

小林珠維投手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

北海道屈指の右の本格派、東海大札幌の小林珠維投手。

 

持っているポテンシャルは素晴らしいものがある。

 

思うような結果を残すことができず、苦しい経験をしているが、

 

その経験は間違いなく現在に活きている。

 

目標のプロの世界へ。

 

2019年のドラフトでは注目していきましょう。

 

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です