津田学園 前佑囲斗(ゆいと)は2019年ドラフト候補!? 身長、出身中学、成績、特徴は!? スカウトの評価は!? 読み方、兄は




もうすぐ3月ですねー、ていうかあと二、三日笑。

この記事見る人によってはいつになっているか、まあいっか^^笑。

プロ野球もオープン戦が始まり、本当の意味で球春到来ですよー

そして、もちろん甲子園もですね。

今年のセンバツもまた盛り上がるんでしょうね〜

どんなチーム、選手が登場するかも楽しみ。ちょっと紹介しちゃいますかね笑。

最近、高校球児ネタしか書いてないじゃねぇかって??

そりゃー、そんな時期ですから、まあまあお付き合いくださいな笑。

前佑囲斗

三重県の代表の津田学園の絶対的エース

昨年の後半に飛躍した彼は一躍プロ注目の選手へ

3月の選抜大会も出場する右腕はどんなピッティングを披露してくれるでしょうか。

今回は津田学園のエースでプロ注目の前佑囲斗投手をPICKUP

前佑囲斗選手のWiki的プロフィール

https://goo.gl/images/p1UBFP

名前 前佑囲斗(まえゆいと)

出身地 三重県亀山市

生年月日 2001年8月13日(17歳)

身長 183cm

体重 87kg

ポジション ピッチャー 

前佑囲斗選手の経歴

https://goo.gl/images/qph16M

関パワーキッズ → 津ボーイズ(亀山市立亀山中学校)→ 津田学園(三重県)

前選手は小学校1年から野球(関パワーキッズ)で始め、亀山中学時代は津ボーイズに所属。

野球は2歳年上の兄、恵弥さんに憧れ野球を始め、中学卒業後は県外の強豪校から甲子園を目指すことを考えていたが、
兄貴がいた津田学園が県大会決勝で敗れるのを見て、兄の分まで甲子園で戦いたいとアツい思いを抱き、2歳年上の兄、恵弥さんが在籍していた津田学園や行きを決める。

亀山中学卒業後、三重県の私立、津田学園高校に進学。(兄も津田学園)

進学した津田学園では入学当初から恵まれた素質から期待されており、1年の秋からベンチ入りを果たす。

二年生の夏にもベンチ入りメンバーを果たし、県大会初戦の三番手として当番するも延長戦の末、サヨナラ負けをする悔しい結果となる。

スポンサーリンク

前選手はこの試合をきっかけに選手として飛躍することなる。

この悔しさをバネに、体力、技術ともに成長を目指し、日々トレーニングに励む。ウエイトトレーニングに重点をおき、食事面でも徹底的に見直し、体重が9キロ増量に成功。
トレーニング成果により、、球速も5キロアップに成功。

肉体改造に成功した前投手は、秋の三重大会では一段とたくましくなり、夏の悔しさをバネに一段と選手として成長をとげ、秋の大会で躍動。

https://goo.gl/images/pmu2jk

三重大会3位で東海大会準優勝に貢献。投手として全てバージョンアップし、

津田学園のエースへ。東海大会では1回戦から3試合連続完封。

東海大会では決勝進出。決勝で東海地区屈指のスラッガー石川昂弥、要する東邦高校に敗れたものの、チームの準優勝に大きく貢献し、春のセンバツ出場の立役者に。

連投にも耐えられる強靭なスタミナを手に入れ、投手としてスケールアップした姿を今年の3月に開催される今年の春の甲子園センバツ大会でも

津田学園の絶対的な柱として、さらなる成長した姿を見せてくれそうだ。

チームメイトで津田学園の主軸の前川夏輝選手と共に、センバツ大会ではチームの躍進を目指す。

今年の秋のドラフト候補選手としても注目の選手だ。

前佑囲斗選手の特徴、成績は!?

津田学園の絶対的柱

https://goo.gl/images/ZhPPYu

183センチの長身でガッチリと体格から最速148のストレートを投げる本格派右腕。

ワインドアップから繰り出すフォームはシンプルでクセのないフォーム、しなやかな腕の振りから繰り出されるストレートは伸びがあり、キレも十分。

変化球はツーシーム、スライダーとカーブを投げ、変化球は球種は多くないものの、主にストレートとスライダを基本に投球をするスタイル。

スポンサーリンク

ストレートの速さだけではなく、制球力も兼ね備え、どの球種でもストライクが取れる、

安定感のある投球ができるバランスのとれた投手。

積んでいるエンジンの出力が大きく、投手として馬力がある。

https://goo.gl/images/nKoWFH

ここまで公式戦の成績では13試合に登板73回2/3を投げ、奪三振82を記録しており、
津田学園の絶対的なエースとしてチームメイトからの信頼も厚い。

前選手は2年夏の県大会初戦での敗戦の悔しさによりトレーニングに励み、投手としてレベルアップに成功した。

秋で県大会、東海大会で躍動し、センバツ大会にも出場の切符を掴む立役者。センバツに向けて冬のトレーニングも課題を持って取り組んできたことだろう。

前投手自身、さらなる成長を目指し、球のキレを重点的に伸ばす為に、下半身と体幹強化に励むと語っていただけに、

3月に甲子園センバツ大会では一段とスケールアップした姿を見せてくれるだけに、

選手としての飛躍した姿が楽しみだ。

前佑囲斗選手は2019年ドラフト候補 スカウトの評価は

https://goo.gl/images/tUaK3y

津田学園のエースとして3月のセンバツ大会でも活躍が期待される前投手。

最速148キロを右の本格派右腕にはプロのスカウトも注目しているようだ。

昨年の秋の県大会、東海大会での躍動した姿をみせ、一躍成長の右腕には注目度が増し、年明け早々から、地元の中日ドラゴンズを含むプロ7球団が視察に訪れている。

スポンサーリンク

ポテンシャルの高さを証明し、何しろ投手としての総合力の高さを示しただけに3月のセンバツ大会での投球に注目が集まることだろう。

まだまだ全国的には無名な存在であり、実績もない為に全国的な注目度は高くないものの、センバツ大会がきっかけで注目の存在に成長する可能性もあるだけに楽しみだ。

前投手自身、夢もあるプロ野球選手を目指す為にアピールするには甲子園は最高の舞台。

活躍する姿をプロのスカウトにみせつければ、一段と評価も上がることだろう。

まだ秋のドラフトまで時間はある。春のセンバツ、そして夏の甲子園だって出場する可能性もあるだけにそれまでにドラフトの目玉選手として注目の存在になるかもしれない。

最高の舞台での躍動する姿に期待しましょう。

前佑囲斗選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

津田学園の絶対的エースとして甲子園でも活躍が期待される前投手。

兄の思いも背負い、甲子園のマウンドでも躍動してくれるはず。

圧巻の投球を披露し、プロのスカウトへアピールだ。

一躍注目選手としてに躍り出る活躍を楽しみにしていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする