北川こうや 日本代表での評価は!?特徴・プレースタイルは!?




準々決勝はベトナム。

どんなチームか詳しくはないけど、決勝トーナメントに勝ち進み、

準々決勝に駒を進めてきわけだかは勢いはあるだろうね。

たぶん日本戦には粘り強く前半から攻めてくるでしょうね。

どんな試合になるのか楽しみ

ベトナム戦から大迫選手が復帰するということで、エースの復活は日本代表には好材料

しかし、スタメンはないでしょ??そして、武藤選手も出場停止だし、

前線は駒不足で厳しいけどね。

これは北川選手に覚醒してもらうしかないっしょ!!

本人もここまで悔しい思いをしているだけに、

結果をだして、覚醒して欲しい。

今回はベトナム戦でスタメンとして活躍が期待される北川航也選手をPICKUP

北川航也選手のWiki的プロフィール

Embed from Getty Images

名前 北川 航也 (きたがわ こうや) Koya Kitagawa

出身 静岡県静岡市

生年月日 1996年7月26日 (22歳)

身長 180cm

体重 74kg

ポジション FW (フォワード)

北川航也選手のプレースタイル

昨年、頭角を表した期待のストライカー

Embed from Getty Images

北川選手は昨シーズンはJリーグ・エスパルスで13得点を記録。

エスパルスではフォワードとして動き出し、ポジショニングに優れ、味方を使ったダイレクトプレーやスルーで活きるタイプのフォワード。

動き出し、スピードを活かしながらの攻撃の連動の中で崩し、得点を狙うストライカー。

フォワードとして両足でシュートを打てる足元の技術もあり、積極的にゴールを狙う期待のゴールハンター。

J1で得点を量産しブレイク。ゴールへの嗅覚は兼ね備えている。

Embed from Getty Images

これからが成長段階で今シーズンはさらなる飛躍が期待されるが

しかしアジアカップでは厳しい日々を送ってしまった・・

北川航也選手の【日本代表】アジアカップでのパフォーマンス

苦悩する日々

Embed from Getty Images

北川選手はアジアカップでは4試合に出場しているが、納得させるようなパフォーマンスができていない。そして本人も悔しい思いをし、苦悩する日々。

初戦のトルクメニスタン戦は途中出場。

初出場と言うこともあり、緊張から硬さも見られ、周囲とのコンビネーションも取れず

そして失点につながるミスをしてしまい何もできなかった。

Embed from Getty Images

どういう相手であれ真剣勝負の国際舞台では小さなミスが失点に直結することを
身にしみて感じたのではないか。

2試合目のオマーン戦は大迫選手の怪我によりスタメンのチャンスを獲得し先発する。しかし初戦同様、攻撃陣との連携の部分ででうまく噛み合うことができず。

Embed from Getty Images

北川選手の目指すプレーと他の前線の選手たちとの温度差が大きくあった。

北川選手はダイレクトプレーやコンビネーションプレイを狙っている印象ではあったが、そのプレーに周囲の選手たちが感じ取ることができず、

よく言えば裏を狙った動き、相手選手を惹きつける動き出しなど、フリーランニングっていうところで評価すべきかもしれないが、1戦目同様得点に絡むことができず、本人も悔しそうな表情をしていた。


しかしいい経験をしていると思う。こういう経験は間違いなく今後に活きてくるはず。

3戦目のウズベキスタン戦もスタメン出場。

Embed from Getty Images

前の2試合より相手選手の裏を取るプレーや選手のプレーに影響与えるフリーランニング、

そして同時に先発した武藤選手とのコンビネーションはまずまずだった。

Embed from Getty Images

そして反転し素早くシュート放ち、放ち惜しくもキーパーに阻まれるが、前の2試合はシュートすら打つことができなかっただけに徐々に良くなってる印象。

3戦目も得点は奪えなかったが前進していた。

しかし得点を奪うというフォワードとして結果を出すことができず、本人も3戦目は結果を求めて臨んだはずなだけに当然悔しさもあっただろう。

しかし下を向く必要ないと思う。

北川選手はもっと我を出して欲しい。

正直、プレーに遠慮が見える。もっとガツガツしてもいい

まだ経験も浅く周りに合わせるのが精一杯で自分を出すことをが困難かもしれないが、自分を出して欲しい。

自分がしたいプレーもっと要求して、自分を出してほしい。Jリーグという慣れた環境ではしっかり持ち味を出せてるわけだから、

国際試合に慣れてくれば、彼の持ち味を出せないことはないはず

結果は出てないだけに厳しい声が上がっているが、そんなこと気にする必要はない。

本人も納得ができないプレーに悔しさを滲ませているだけに、その表情から伝わるだけに頑張ってもらいたい。応援している!!

まだまだ経験が浅い北川選手。こういうタイプの選手はちょっとしたきっかけで大成する。

使い続ければ必ず結果出るはずだ。

次こそ、覚醒する時だ。

北川航也選手、ベトナム戦はスタメンか!?

悔しさを晴らすチャンスになるか

Embed from Getty Images

決勝トーナメント一回戦のサウジアラビア戦は出場機会に恵まれなかったが、

エースの大迫選手は怪我の状態が改善に向かっており、連取でゲーム感覚のミニゲームに参加するほど回復。

状態も上がってはきているが、いきなりスタメンで使えるかは微妙な状況だろう。

そして次のベトナム戦は武藤選手も累積で次のベトナム戦に出場することはできない。

そのような状況から北川選手のスタメン適用される可能性は高い。

次のベトナム戦はイエローカードの累積問題、そしてサウジアラビア戦の疲労を考慮してターンオーバー性を取る可能性が高いだけに、

北川選手には大いにチャンスがある。

Embed from Getty Images

グループリーグで経験してきたことをしっかり生かすチャンスを生かす時だ。

ベトナム戦では攻撃に絡み、そして得点を決めることができればその次につながる。

しっかり結果を残せば現在厳しい評価はガラリと変わるはず。

得点を決めることができれば、ヒーローになる。

チャンスはまだまだあるし、先ほども記載したが、自分らしさもっと出してほしい。

トップレベルのストライカーに飛躍するにはもっと要求して、

この試合は俺が決める!!くらいの気持ちを見せて欲しい。

北川選手には強い気持ちが必要。まだ若い。がむしゃらさ貪欲さをもっと出してほしい。

正直なところ、ベトナムはアジアカップで決勝トーナメントに進出し勢いはあり、

油断はできないだろうが格下であることは間違いない。

そういう相手に対してしっかり自分の結果を残すことができれば、

精神的に余裕を与えることができるだろう。

何回も言いますが笑。

俺にボールをよこせ!!くらいの気持ちで臨んで欲しい。

グループリーグ第3戦のウズベキスタン戦は決して悪くなかった。

その時のいいイメージを持ってさらに改善して、

試合で諦めずどんどんトライしよう。

継続は力なりだ!!

北川航也選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

北川選手には日本代表に選ばれている訳だから、能力は申し分ないはず。

もっと自信を持ってプレーして欲しい。

また、何回も言います笑。もっと蛾を出して欲しい!!

北川選手よ見せてくれ!!

ストライカーとしての誇りを!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする