香川真司 凄さとは?? 特徴や評価,プレースタイルをPICKUP!!




日本サッカーを背負ってきたエースの凄さとは??

香川真司

長きに渡り、独自のプレースタイルで、

ヨーロッパの第一線で活躍したきた名手。

ここ近年は所属クラブでポジションを失っていたが、

今年になり、復調を見せている。

まだまだ輝ける。

今回は日本代表に復帰した、香川真司選手をPICKUP

香川真司選手のWIki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/i5JhCfz2YYbkU8QQ8

名前 香川真司 (かがわ しんじ)Shinji Kagawa

出身地 兵庫県垂水区

生年月日 1989年3月10日 (30歳)

身長 175cm

体重 68kg

ポジション MF ミッドフィルダー

香川真司選手の経歴

日本サッカー界の顔。

https://images.app.goo.gl/CLug1MPHPBtzpjCY9

長きに渡り、日本代表のエースとして君臨してきた香川真司選手。

日本の10番、サッカー日本代表の象徴的存在。

数々の実績、栄光が物語っている。

現役日本人サッカー選手として、別格のキャリアを編んできたのだ。

香川真司選手はセレッソ大阪で高校二年生からにプロキャリアをスタート。

徐々に頭角を現し、当時J2だったセレッソで圧巻のパフォーマンス。

19歳で日本代表に選出されるほどの逸材。

https://images.app.goo.gl/ycjvJXfEwKxqx52W6

Jの舞台で得点を量産し、セレッソをJ1に昇格する原動力として抜群の才能を発揮。

スポンサーリンク

その後、ヨーロッパ、ドイツ・ブンデスリーガの名門、ドルトムントへ移籍。

https://images.app.goo.gl/3kWwnqCv7woV3Q6fA

ヨーロッパ挑戦1年目から、前半戦からゴールを量産。快進撃を見せるパフォーマンス。

17試合で8得点を挙げるなど大活躍。

後半は怪我で離脱するも、

この年9シーズンぶりのドルトムントリーグ制覇の立役者に。

https://images.app.goo.gl/j1CqSCr4QJGw233q6

そして翌年もリーグ制覇。

バイエルン一強のブンデスリーガで、ドルトムントのリーグ二連覇に貢献。

その後、プレミアリーグへ挑戦。

ヨーロッパの最高のクラブの一つ、マンチェスターユナイテッドへ移籍。

https://images.app.goo.gl/BkXQ8SMDzZm3joQ39

一年目からリーグ優勝に貢献するも、

新監督との戦術面で相性も悪く、試合出場の機会を失い、2年半で退団。

そのは古巣ドルトムントへ復帰し、今年冬の移籍マーケットでトルコリーグへ。

https://images.app.goo.gl/br7taFFVEphnuNj76

円熟期に入ったが、まだまだ上質なプレーは現在。

素晴らしい実績を誇る、日本人最高のフットボーラーだ。

香川真司選手の凄さとは?? プレースタイルや特徴は??

今年、日本代表に復帰した香川真司選手。

https://images.app.goo.gl/rXzN7AqDRwSBvANr7

今年の冬の移籍期間でトルコへ移籍し、復調を見せるパフォーマンスを見せているが、

長きに渡り、日本代表を引っ張ってきたエース。

一体どんな選手なのだろうか。

凄さとは??

香川真司選手のポジションはミッドフィルダー。

主に二列目、トップ下で力を発揮するプレーヤー。

卓越してボールテクニックを誇り、

https://images.app.goo.gl/xn6R7Y5pbX3mMwZT7

非常にテクニカルな選手で、特にボールを収めるトラップの技術はトップクラス。

攻撃のすべての要素で高いテクニックを持つ、

攻撃のオールラウンダーだ。

https://images.app.goo.gl/HoFgQsPeX5LfNChr7

細かな動きに定評があり、くさびのプレーもうまく、

また攻撃の組み立てる上での判断力、状況把握力で的確なパスや展開力、

スポンサーリンク

試合を作る司令塔、

ゲームメーカーとして、パスを供給する出し手として優れた能力を発揮する。

さらに相手デフェンスラインでの動き、狭いスペースが香川選手の真骨頂。

https://images.app.goo.gl/mMChBwjUF9Y7LTzs8

あらゆる攻撃の選択肢をもつ、非常に引き出しも多く、

判断とテクニックに優れた日本屈指ゲームメーク力を誇る。

特に相手の狭いラインの隙間でボールを受け、テクニックを発揮する選手。

https://images.app.goo.gl/fcy4CkZY5aJobua76

試合状況時でのポジションニングの良さで、試合の中で的確な判断をできる非常にクレバーさも兼ね備えている。

若い時は個人で積極的に仕掛けるアタッカーの印象であったが、

円熟期に入った香川選手は、味方選手を活かす、ゲームメーカーの要素が強い選手になってきており、昔の持ち味であった積極性がない。

ドルトムントへ移籍した直後というのは、ドリブルで相手選手を翻弄したアタッカー。

https://images.app.goo.gl/XVWYY67T92n6nUDv8

得点も量産し、どことなく若い時に香川選手はメッシを思わせるようなプレースタイルであった。

現在は当時とプレースタイルが異なっている。

年を重ねることにプレースタイルは変わっていくだろうが、現在のプレースタイルは物足りなと感じてしまうのは仕方ないのかもしれない。

この現在のスタイルでの得点力の無さが、

https://images.app.goo.gl/pxP8veo4WWfGLL7t9

香川真司選手の移籍の際に影響を与えていると言ってもいいだろう。

攻撃的なポジションである、トップ下の選手として得点という目に見えた数字が低い選手対する評価というのはわかりやすい。

数字を求められるポジションなだけに、いまいち評価されていないのは仕方ないのか。

昨年のワールドカップではキレキレだった香川選手。

https://images.app.goo.gl/Z7dnF22EKk1zuoJ46

日本のベスト16の立役者であったのは間違いない。

スポンサーリンク

試合では的確にポジショニングを変え、攻撃を組み立てる力で

https://images.app.goo.gl/PgTLEfyRCbnkHj5F6

さすが香川と思わせる瞬間は何度もあったが

確かにわかりにくい選手だ。

そのわかりにくさが香川選手が移籍志願した後の交渉難航した理由の一つであろう。

それと高額な年俸もあるのかもしれないが。交渉相手に実力と年俸の差をあると捉えられている時点で、香川真司という選手を立ち位置がわかる。

スポンサーリンク

素晴らしい選手なのだが、

https://images.app.goo.gl/rmsUmKdR3aNG5nNy8

プレーがマニア向けになり、わかりにくいのはあるかもしれない。

しかしドルトムントやマンチェスターユナイテッド、

ヨーロッパのビッククラブでプレーしてきた選手。

素晴らしい実績で試合で違いを作れる選手なのは間違いない。

香川真司という日本屈指のフットボーラのプレーは、

https://images.app.goo.gl/duQXtRxj1C5eweUG9

味方との連携で攻撃へのスイッチを入れ、違いを作ることができる選手ではあるが、

現在は全盛期のような活躍はできていないのが現状。

年齢による体力的な衰えもあるだろうが、

しかし、まだまだこれからだ。

https://images.app.goo.gl/FXaQHUzgtD8de6rg7

復調して、また華麗なプレーを。

香川真司選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

日本サッカー界の顔、香川真司。

円熟期に入ったが、まだまだ健在。

華麗なプレーで復調することを期待している。

再び本代表で輝く姿を。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする