乾貴士 評価や凄さ,プレースタイルをPICKUP!!




日本屈指のアタッカーのプレースタイルは??

乾貴士

スペイン、 ラ・リーガで活躍する唯一の日本人と言ってもいい存在。

その華麗なプレーはスペインでも高評価を獲得し、

2018年W杯ロシア大会のベスト16の立役者!!

日本屈指のテクニシャンである。

今回は乾貴士選手の評価や凄さ、プレースタイルをPICKUP!!

乾貴士選手のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/94eBE8q9Cg9fhT198

名前 乾貴士 (いぬい たかし) Takashi Inui

出身地 滋賀県近江八幡市

生年月日 198862 (31)

身長 169cm

体重 63kg

ポジション MFミッドフィルダー

乾貴士 評価や凄さ,プレースタイルをPICKUP!!

https://images.app.goo.gl/PQKxdXechaLZ7BnW8

日本を代表するドリブラー

乾貴士

現在、世界最高峰のリーグ、ラ・リーガでプレーしている日本を代表するフットボーラー。

日本人にとって鬼門とされるリーグで輝きを放っている。

卓越したボールテクニックとドリブルは一級品。最高のテクニシャンだ。

昨年のワールドカップロシア大会で日本代表のベスと16の立役者であり、

今後もさらなる活躍が期待されてる乾選手。

スポンサーリンク

今回は乾貴士選手の凄さ、プレースタイルや評価をPICKUPしていきましょう。

日本が誇るテクニシャンは何が凄いのか??

https://images.app.goo.gl/2UkFMeb1LaNGFoYb7

乾貴士選手は日本屈指のアタッカー。

ポジションは主にサイドハーフやウイング、インサイドとハーフやトップ下もこなすことができる。

得意のドリブルで積極的に仕掛けるプレースタイル。

Embed from Getty Images

ドリブルは彼最大のストロングポイントであり、乾選手の凄さの一つ。

得意のドリブルは細かいステップで相手選手を惑わし、緩急自在。

ドリブルでの推進力で相手陣内へ切り込み、乾選手独特の細かいステップであるドリブルは彼の大きな武器。

Embed from Getty Images

その得意とするドリブルは1対1の時にさらに強さを発揮し、

独特なリズムの積極的なドリブルは絶品。

https://images.app.goo.gl/MA39fw1DgnVHM2xF9

彼の持ち味はドリブルで積極果敢に攻め込み、1対1にも強く、細かなステップで相手選手を切り裂く。

乾貴士は日本屈指のドリブラー、そして最高のアタッカー。

乾選手は主に左サイドでプレーし、攻撃でのポジショニング、飛び出しも優れており、

ワンタッチでプレーの流れを変えることができる一瞬のヒラメキで、

試合では違いを作ることができる。

攻撃におけるセンスは別格。こちらも凄さの一つだろう。

https://images.app.goo.gl/qnjAx9ByzpkRaLXb7

プレー自体の幅はないが、得意のドリブルで特化した選手。

ドリブルで積極的に仕掛け、縦横無尽に駆け上りゴールを狙う。

得意のドリブルは独特のリズムは相手選手にとって脅威だ。

ワンタッチやダイレクトプレーのひらめきは天下一品。

https://images.app.goo.gl/EapQ3yGm3QMbdTZh7

一瞬で流れを変えることができる違いを出せる選手である。スペインリーグで揉まれた実力は折り紙つき。

スポンサーリンク

そして、乾選手は試合できっちりチーム内の規律を守り、

得意のドリブルで引き付けて、味周りの選手に合わせることもでき、

味方選手を使う事もうまく、連携面でも高いクオリティーのプレーができ、そして乾選手はチャンスメイクもうまい。

得意のドリブルで味方選手の良いポジショニングも作り出すことができる面も持ち合わせており、

連動性ある攻撃でもその創造性溢れるプレーには色気漂う。

シュート力に難があるところがある課題であり、

決定的な場面で外したり、一対一で抜けきれない時があるが、

Embed from Getty Images

思いっきり良さもあり、積極性の高いプレーは相手にとっては驚異。

乾選手を語る上で忘れてはいけないのは

ワールドカップでの活躍でのハイパフォーマンス。

乾選手がもっとも輝きを放った大会であり、プレーには凄さを感じた。

第2戦セネガル戦での1ゴール1アシスト。

https://images.app.goo.gl/1mjWsiwbLDaBJsFw5

https://images.app.goo.gl/oPHgEJCZjsfMJ59q9

日本のベスト16への貢献をした乾選手の2ゴールの活躍ぶりは記憶に新しい。

特にベスト8をかけたベルギー戦での伝説的なプレー。

優勝候補とされていたベルギー相手に決めた豪快ミドルは圧巻。

https://images.app.goo.gl/54CqmpTfDeixSziQ7

https://images.app.goo.gl/4QZVfyJpfVF7i81z7

彼のプレーには世界が驚いた。何と言ってもベルギー戦でのミドルシュートには日本中が絶叫した。

Embed from Getty Images

https://images.app.goo.gl/LZzcuqb6GPpdKbqt8

ミドルレンジからの地を這うようなシュートは、世界最高のGKのクルトアでさえも止めることができなかった。圧巻というしかない。ベルギー戦でのゴールには世界が絶賛。

スポンサーリンク

ここぞの場面で存在感を発揮する日本屈指のタレントを持った選手。

彼の魅せるプレーは年と共に円熟を増し、上質なプレーを披露してくれる。

その抜群の個人技と経験は日本代表に必要な存在。

日本が世界に誇る緩急自在のドリブラーだ。

そんな素晴らしい個人技を誇る乾選手であるが、攻撃だけが秀でているわけではない。

乾選手を語る上で重要なのが守備での貢献度の高さ。

Embed from Getty Images

乾選手は守備でもチームに高い貢献度の誇り、

ボールを持っていない時のポジショニングの良さで相手の攻撃のスペースをブロック。

彼の魅力はボールを持っていない時、マークされていない時の動きも定評がある。

そのポジショニングの良さは攻撃でも守備でもチームに貢献できる乾選手。

持ち前のドリブルだけではなく、運動量もあり、献身さも兼ね備えているだけに、

乾選手は攻撃的な選手ではあるが、守備への意識も評価に値する。

選択肢を減らすことができるポジショニングの良さは、

その守備力は日本代表の攻撃的なポジションの選手の中でもトップクラス。

守備での貢献度はスペインに移籍し、成長をみせた。

Embed from Getty Images

日本人が活躍することが難しいスペインの地で活躍できた理由の一つであり、

乾選手は間違いなくスペインでの経験が生きており、

エイバルへ移籍が飛躍したきっかけ。

エイバルに移籍してから、システムやポジショニングなどの噛み合わせもあるだろうが、乾選手は味方選手のプレッシング状況により、

どこでマークすべきか、判断するまでに成長している。

https://images.app.goo.gl/kbXZUt1uMRKedPUH7

乾選手は攻撃力、華麗なドリブルは目が行きがちではあるが、

ポジショニングや守備機会でのボールを持っていない時の動き、攻撃の以外のプレーでの貢献度は高い。

ポジショニングによりパスコースを防ぎ、相手の選択肢を削るような高度な守備力を身につけ、

これにより2017/2018年シーズンまで所属したエイバルで飛躍でき、スペインで活躍できている理由だ。

間違いなくスペインリーグに移籍し選手としてレベルから上がったと言えるだろう。

それは長年海外でプレーを続けていることから身につけたもの。

そして言葉の壁のある、海外でのコミニュケーション能力の高さもあるだけに、

海外でのプレーは言葉の壁などで、意思の疎通が取れないことに日本人選手が海外で活躍するのに苦労する面の一つだが乾選手はしっかりカバーしている。

https://images.app.goo.gl/xQbpTLVtL8KFuvfG8

スペインの地で選手としてのプレーの質の高さを習得したと言ってもいい。

しかし今シーズンエイバルからベティスへ移籍してから、

連携の面で周囲との連動がうまく行かず、ベティスのチーム戦術により、うまくベティスで存在感を発揮できていなかったが、

まだまだ能力は錆付いていない。

スポンサーリンク

卓越したテクニックや判断力、守備面での貢献度の高さ、

プレーの質は日本代表でもトップクラス。

乾選手のスペインでの経験は現状の日本代表での大きな戦力になるはず。

https://images.app.goo.gl/WBJxPjYqB33A1jsU9

攻撃だけではなく守備の面で日本代表に期待の若手たちに、高い経験値で大きく貢献してくれることだろう。

初めて日本人がスペインリーグで通用することを証明してくれた

https://images.app.goo.gl/2DchVooeKp9NViFJ6

スペインリーグは日本人選手が活躍するのが難しいとされてきた。

これまで数々の日本のトップの選手が挑戦して来たが活躍することが

あの中村俊輔選手ですら、スペインでは全くっていってもいいほど活躍ができなかった。

そんな中、乾選手はドイツからスペインへ移籍して来てから活躍を続けている。

日本人としてスペインリーグ最多出場、最多得点を更新し続けている

https://images.app.goo.gl/7bavxSrcMymCBNzx5

彼の活躍は日本人がスペインの地でも活躍できることを示してくれた開拓者だろう。

日本屈指のドリブラーとして、スペインのレアル・ベティスに所属する乾貴士選手。

乾選手は滋賀県の野州高校出身。高校時代から逸材として注目され、

野州高校のコンセプトであるセクシーフットボールの申し子として、

https://images.app.goo.gl/bkZVFZ9YKgC8SdCw8

2年生の時に全国サッカー選手権で優勝に貢献し、プロの世界へ。

横浜・F・マリノス、セレッソ大阪、その後ドイツでプレーし、

現在はスペインで活躍の場を移し、移籍したエイバルで飛躍。

バルサ相手に2ゴールをあげるなど、

https://images.app.goo.gl/dSikgeqgeDi95K1w7

エイバルでの活躍は本当に見事なものであった。

スポンサーリンク
ワールドカップでは素晴らしいパフォーマンスだったが、

昨シーズンに移籍したベティスでは出場機会に恵まれておらず、

ベティスのチーム内の戦術もあり、乾選手が活躍できるようなシステムではなかった。

そしてシーズン途中にアラベスへ移籍し、再び持ち味を発揮し、

主力級の活躍をみせ、アラベスの監督からも高評価を獲得していた。

アラベスへはレンタル移籍であったが、

2019/2020年シーズンもアラベスは再度獲得に動くという報道もあり、

今後の去就も注目だ。

日本人が活躍するのが難しいスペインというレベルの高い環境で普通にプレーし、

評価を獲得している乾選手だけにその能力は素晴らしものがある。

https://images.app.goo.gl/H8iWtkbztEfwTM3W6

スペインで普通にプレーできていること、またスペイン国内でも高い評価を獲得していること自体がすごいこと。

年齢は30代に突入したが、プレーは円熟を増してきており、

今後は上質なプレーで違いを作れるでまた存在感を発揮してほしい。

やはり、また日本代表で活躍する姿を見たい。

https://images.app.goo.gl/eDAAxRHB2vp83P3U9

実力は間違いない。まだいけるはずだ!!

期待している。

乾貴士選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

日本を代表するアタッカー、乾貴士。

昨シーズンは移籍したベティスでは出場機会に恵まれず、

移籍したアラベスで再び輝きを見えたが、

シーズン通してみれば、苦しい日々であった。

しかし、素晴らしいテクニックを持った、日本屈指のテクニシャン。

まだまだ年齢的にも輝けるだけに、

持ち味の積極的なドリブルで仕掛けるプレースタイルで、

再びワールドカップのような活躍を期待している。

スペインでもまた日本代表でも華麗なプレーを。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする