スーパースター

イチロー 現役時代の安打数をPICKUP!! 日米の安打数を比較!!

 

スーパースターの現役時代の安打数は??

 

イチロー

 

日本が誇る史上最高の野球選手。

 

日本、そしてメジャーでファンを魅了してきた

 

現役生活で積み重ねてきた驚異の安打数。

 

今回はイチロー氏の日本、メジャーでの現役時代の安打数をPICKUP!!

 

イチロー選手のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/bJUBnDs1uURtKQE3A

名前 イチロー (本名 鈴木 一郎)Ichiro Suzuki

出身地 愛知県豊川市

生年月日 1973年10月23日 (45歳)

身長 180cm

体重 72kg

ポジション 外野手

イチロー 現役時代の安打数をPICKUP!! 日米の安打数を比較!!

 

https://images.app.goo.gl/ajQ6QonpBsPvoREQ7

 

今年3月に現役を引退した球界最高のスーパースター、

 

イチロー

 

現役生活28年という長きに渡り、

 

球界を席巻し、ファン、そして選手をも虜にしてきたカリスマ。

 

平成という時代の主演は、

 

平成という時代の終焉とともにユニフォームを脱いだ。

 

現役生活の華麗すぎるプレーは、

 

これからも語りづがれる伝説の日々。

スポンサーリンク
 

日本、メジャーリーグで金字塔を打ち立てきた、

 

史上最高のスーパースターを語り始めてたからキリがないほど、

 

記録や逸話にあふれている。

 

それだけ凄まじいほどの現役時代という事だが、

https://images.app.goo.gl/r5R34SBX8AkJk8o86

 

そんなレジェンドイチロー氏を語る上で語りつくせないが、

 

やはりヒット、安打数であろう。

 

史上最高のヒットメーカーは現役生活に積み重ねて異次元の安打数を記録。

 

今回はイチロー氏の現役生活、日米の安打数を少しばかり振り返っていきましょう。

 

まずは日本時代。

 

https://images.app.goo.gl/sks5ijjiJevWZutG7

 

イチロー氏は1992年の愛工大名電からオリックスへ入団。

 

プロ一年目2軍で首位打者を獲得し、

 

3年目に一軍で大ブレーク。シーズン初の200本安打を放ち、

 

球界のスーパースターへ。

 

その後、1994年から2000年まで7年連続首位打者を獲得。

 

日本プロスポーツ界最高のスター選手となり、メジャーリーグへ旅立つのだが、

 

イチロー氏はオリックス時代、9年間で日本通算1278本の安打数を放っている。

 

しかし、一軍で活躍し始めたのがプロ3年目なだけに、実働は7年で1278本の安打数を積み重ねたことになる。

https://images.app.goo.gl/gRZn29fgQ7rxMVyt9

これはもしではあるがイチロー氏が日本のみで現役生活を続けていたら、

 

安打数はどこまで積み重ねていたのだろうか。

 

日本時代の安打数は1994年は210本、1995年は179本、1996年は193本、1997年は185本、

 

1998年は181本、1999年は141本、2000年は153本の安打数を放っている。

 

1999年と2000年は怪我によりシーズン終盤に離脱していることもあり2シーズンは他のシーズンより少ないが、ふたシーズンとも怪我がなければ190本くらいは放っていただろうか。

 

イチロー選手の当時のプロ野球は1996年まで130試合制。1997年以降は135試合制と現在の144試合制とは試合数が少ない。

 

もし仮にイチロー選手が日本でプレーを続けていたら、その後のシーズンは何度もシーズン200本安打を達成していたのかな。

 

そしてメジャー移籍後2004年シーズンで30歳で日米通算2000本安打を達成しているが、

 

日本でプレーしていても30歳、31歳で2000本を達成していたのだろうか。

スポンサーリンク
 

https://images.app.goo.gl/PtUx3u5yw3ed3QAH6

 

現在、ジャイアンツの坂本選手が来年2020年に史上最年少で2000本安打達成に期待が高まっているが、

 

坂本選手も素晴らしいほど安打数を積み重ねているが、

 

イチロー選手が坂本選手のように話題となり、日本史上最年少2000本安打を達成していたかもしれませんね。

 

そして30代半くらいには3000本安打を達成し、

 

45歳まで現役を続けているだけに、

 

日本で4500本近くの安打数を積み重ねていたかもしれません。これはあくまで可能性ではありますが・・・・^^

 

イチロー選手がプレーしていた日本時代と現在とは試合数も違うだけに、単純に比較は難しいが、

 

イチロー氏は想像を超えるような数字を残し、

 

打率も安打数もとてつもない成績を残しきた現役生活。

 

きっと日本の安打数歴代1位のハリーも黙ってしまうほどの数字をきっと残していたことだろう。

 

そしてメジャー時代。

 

https://images.app.goo.gl/apopwYJCQMd2UQJW7

 

イチロー氏はメジャー時代は最高の安打製造機として大活躍。

 

日本時代はどちらかといえば、ヒットより打率の方が印象深いが、

 

メジャー時代は特に日本時代よりも安打数を積み重ねてきた。

 

もちろん試合数が162試合と多いメジャーリーグ。メジャーデビューから242本を放ち、2004年には262本というシーズン最多安打記録を更新し、

メジャー史上初のデビューから10年連続200本安打という金字塔を打ち立てるほど、メジャー移籍10年間で2244本の安打数を積み重ねている。

スポンサーリンク
 

これは驚異的な数字だ。

 

メジャーの安打の記録のほとんどが1930年代など、古い記録が多く、

 

毎年のようにレベルが上がった中での200本を安打数を放っていることはやはり別格のパフォーマンスであった。

 

特にメジャーで多く安打数を放った2001年の242本、2004年の262本、2007年の238本と驚異的な安打数ではあるが、

 

2007年以降は230本を超えるヒットを放ったものは2019年シーズンまで、未だ誰もその領域までの安打数を放ったものはいない。

 

それだけメジャーでは驚異的なまでに安打数を積み重ねてきた。

 

https://images.app.goo.gl/iQVqXiLkApNr3tji9

 

そして27歳でのメジャーデビューのイチロー氏。

 

メジャーでは2016年にメジャー単独での通算3000本安打を達成。

 

45歳まで現役生活を続け、メジャー通算3086本、そして28年間で日米通算4367本という前人未到の大記録を達成するわけだが、

 

27歳からのメジャーで3000本安打を積み重ねることは、いかに異次元のペースで安打数を積み重ねていたのか。

 

2001年から2010年まで10年連続200本安打、

 

2011年以降は成績は下降。

 

その後の9年間は845本と安打数と全盛期の10年間と比べてしまうと寂しいが、

 

後の9年間で安打数を積み重ねることができていれば、

 

もう少し早い段階でのメジャ−3000本安打、そして日米通算安打数も4500本安打近くまで積み重ねることができたのかもしれないが、

 

偉大な選手も衰えには勝てないということか。

https://images.app.goo.gl/LVsrtrbkJCnb2ihM7

 

とにかくヒット、安打数を積み重ねたメジャー時代。

 

先ほども前述したが、これは個人的な意見ではあるが、

 

日本時代は高打率の印象であったが、メジャーでは安打数を印象だ

 

イチロー氏は打率は変動するだけに打率に目標を置くことは大変であるが、しかし安打数であれば、積み重なることでおのづと成績を残る。

 

だからこそ、目標を安打数にフォーカスした結果。

 

だからこそ、メジャー時代、ここまで驚異的なペースでヒットを量産し、安打数を積み重ねることができた。

スポンサーリンク
 

21歳で日本でブレークしたイチロー氏。

 

仮に同じ年齢で45歳まで日本のみ、メジャーのみだけでプレーしていたら、

 

どちらも4000本は放っていたのだろか・・・・・・。

 

歴史の残る偉大な選手なだけに、こういう議論は多くなってしまうが、それだけスペシャルな存在であったということ。

 

今年三月に現役を引退したレジェンド。

 

イチロー氏自身も最低50歳まで現役と語っていただけに、

 

少しばかり、引退という決断は寂しいものだが、

 

また仮にだが笑、50歳まで現役を続けていたら・・・・・・・。

 

5000本くらい打ったのかな^^wまあ、これは現実的ではないですよね

 

しかし、これまで積み重ねてきた安打数を含めて、

 

残してきた記録や偉業は偉大すぎるほど。

 

史上最高の選手、イチロー。

 

今後、彼のような選手は現れるのだろうか。

 

唯一無二、

 

やはり、イチローという存在は、

 

偉大でありスペジャル。

 

https://images.app.goo.gl/meRnwpHHTyUhcsdLA

 

それはこれからも変わらない。

 

普遍的な事実だ。

 

史上最高のスーパースターだ。

 

スポンサーリンク
 

イチロー選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

我らがスーパースター、イチロー。

 

現役時代に魅せた華麗なプレー、

 

そして驚異的なペースで安打数を積み重ね、

 

日本、そしてメジャーでも、

 

異次元の通算安打数を積み重ねてきた。

 

本当に史上最高の選手だ。

 

イチロー氏が積み重ねてきた安打数である日米通算4367本は、

 

今後破られることのない偉大な記録。

 

これからさらにその偉大さを感じることだろう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です