イチロー 引退に対する海外の反応をPICKUP!!




引退したスーパースターへの海外の反応は??

イチロー

3月21日に現役を引退したスーパースター。

彼が残してきた偉大な記録の数々、

その偉大なプレーは共にプレーしてきた選手たちからも、

賞賛されている。

今回はイチロー選手の引退への海外の反応をPICKUP!!

イチロー選手のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/NsAx3btqLrPzfZ4m7

名前 イチロー (本名 鈴木 一郎)Ichiro Suzuki

出身地 愛知県豊川市

生年月日 1973年10月23日 (45歳)

身長 180cm

体重 72kg

ポジション 外野手

イチロー 引退に対する海外の反応をPICKUP!!

https://images.app.goo.gl/RLy8T6rStqTvfKPYA

史上最高のスーパースター。

イチロー

数々の偉業を成し遂げてきた偉大なバットマンの引退。

3月21日のイチロー選手が魅せてくれたグランドでの姿に、

大歓声に包まれた東京ドームのファンの大歓声。

https://images.app.goo.gl/AAAtVfhfPWPiVzrC7

東京ドームでの最後の勇姿、ス私たちにくれた最高のギフト。

惜しまれながらの引退となった我らがイチロー選手。

偉大な選手の衝撃の引退に、世界中から引退を惜しまれるなど、

イチロー選手の現役時代を史上最高の選手の一人と称されるほど。

2001年にメジャーリーグに挑戦し、圧倒的なキャリアを歩み、

野球の世界最高峰の舞台でも確固たる存在として大活躍。

https://images.app.goo.gl/6p6k3o68B84bkeXx8

将来の野球殿堂入りは確実と言われている。

スポンサーリンク

イチローという存在は一人の選手を超越。

彼が放つ圧倒的なオーラ、数少ない背番号で語ることができる選手。

https://images.app.goo.gl/cTugC5DV3qBp5otB7

日本人という枠を超え、アメリカのファンを虜にしてきた。

イチローという存在は、スポーツ史に刻まれる存在。

パワー全盛の時代にベースボールの本質を体感させてくれるた本物。

今や、伝説的存在となったイチロー選手。

今回はレジェンドの引退に対する海外の反応からも賞賛の声が続々上がっていた。

イチロー選手の引退に対して、アメリカのみならず、野球が比較的に人気ではないヨーロッパでもこれでの功績を讃える声が続出した。
特にドイツ・ブンデスリーガの名門、バイエルン・ミュンヘンが公式でイチロー選手の引退に対して、コメントを発表したのは驚きであった。それだけ偉大な存在であったということ。

そして海外の反応はもちろん、

共に戦ってきたプレーヤーからのメッセージを紹介しましょう。

まずは同期。

アルバート・プーホールズ

https://images.app.goo.gl/hqysffrgruCq4AwQA

イチロー選手とは2001年メジャーデビューの同期。共に認め合い、イチロー氏は特別な間柄と語るほどの尊敬し合う仲。

一緒に新人王を受賞できたのは光栄だよ

「素晴らしいキャリアで将来殿堂入りだ。日本だけではなく、メジャーで彼が残してきたものは本当に素晴らしい。

僕も本当に嬉しいよ。同じ時期にメジャー・デビューし、一緒に新人王を受賞できたのは光栄だよ」

https://images.app.goo.gl/Gh9d8ZbCXYNng1Lx7

通算600本塁打を超え、素晴らしい実績を残してきたこちらのレジェンドスラッガー。

 CC・サバシア

https://images.app.goo.gl/rrZnJnuDWEUTC3PL6

 メジャー屈指の大型サウスポー。

試合に臨んだ姿勢は称賛するよ

「一緒にルーキーとしてスタートし、一緒に引退することになるね。試合への望む姿勢、

僕にとってもほかん多くの選にとっても素晴らしいチームメートであったことを常に称賛していたよ。イチローがした全てのことを感謝している。」

2001年クリーブランド・インディアンすでメジャーデビュー。2001年からポストシーズンでもしのぎを削り、2012年から共にヤンキースでチームメート。
そして共に2019年引退を表明している。

スポンサーリンク

イチロー選手の憧れの存在。

ケン・グリフィージュニア

https://images.app.goo.gl/m4Ag6cQjR6Bom3zH6

4度の本塁打王、10年連続ゴールドグラブ賞、10年連続オールスターなど、メジャーの90年代を代表するスーパースター。

「彼は全てを出し尽くした。早く、野球殿堂に新たな仲間として加えたいね。」

https://images.app.goo.gl/JpD1NfBtv8Xu7qQU6

イチロー選手にとってグリフィー氏は憧れの存在。日本時代は打撃フォームを真似するなど、オリックス時代から親交があった二人。

ランディー・ジョンソン

https://images.app.goo.gl/f8YY1KzsbQ1QRwan7

通算303勝を誇るメジャー屈指の左腕。マリナーズ時代に51番を背負った先輩。

「立派な尊敬に値するプレーヤーとイチロー選手を称賛。

イチロー選手がマリナーズ入りの際には、偉大さ選手に敬意をはなり、背番号をつけてもいいですかと、ジョンソン氏に手紙を送ったエピソードがある。

ジョンソン氏はもちろんと即答したが、イチロー選手はプレーでジョンソン氏を匹敵するキャリアを歩んだと言ってもいい。

ブラミディール・ゲレーロ

https://images.app.goo.gl/8eGyTvXSWpwztPxz9

「今日、レジェンド、象徴、素晴らしい選手が野球に別れを告げた。

我々が大好きな野球への尊敬と献身をありがとう、イチロー。近いうちにクーパーズタウンで会おう」

https://images.app.goo.gl/XmeekoEvHPaejR7e8

イチロー選手とともに90代後半~2000代を代表する外野手。通算2590安打、449本塁打。18年に米野球殿堂入りを果たしている強肩強打の外野手。

イバン・ロドリゲス

https://images.app.goo.gl/x4km6zuSP6mJNWP1A

捕手最多の13回のゴールドグラブ受賞の強肩強打の1990年代~2000年代メジャー最強のキャッチャー。

「彼は失敗が少なく思えたから、ピンチでは当たらないように願った。」

https://images.app.goo.gl/4Ay9KKitUmBYhh5RA

ロドリゲス氏とは96年の日米野球ではじめて対戦し、そしてメジャー挑戦一年目から、しのぎを削ってきた間柄。共にメジャー屈指のスター選手。

マイケル・ヤング

https://images.app.goo.gl/d6PhmMDnt34BC3NHA

通算2375安打を誇る6度のシーズン200安打を達成した右の安打製造機。

「200本ですら簡単に見せた。抜群の打撃術、スピード、頭脳、ユニークな才能の持ち主」

イチロー選手は2000年代に200本を争ったライバル。

スポンサーリンク

ロビンソン・カノ

https://images.app.goo.gl/LjQ5n6dVDJNBcigA8

ヤンキースでデビューし、FAでマリナーズへ。今シーズンからメッツでプレー。メジャー屈指の強打のセカンド。

アドバイスをありがとう

「野球のマスターから学べたことは素晴らしいかった。2球団で同じユニフォームを着られことは光栄だよ。

たくさんのアドバイスと笑いをありがとう」

https://images.app.goo.gl/nshaQodrtKwTyX1P6

 ヤンキース・マリナーズに球団でチームメート。ヤンキース時代から仲がよかった二人。試合前は特にふざけあうなど、特に仲がよかった。

クリスチャン・イエリッチ

https://images.app.goo.gl/AYzdoEw1fC2P3gSU7

現在メジャーリーグ屈指の選手へと成長し、昨年リーグMVPを受賞し今シーズンは開幕からホームランを量産している。

「チームメートと友人と呼べたことを光栄に思う。殿堂入りのキャリアにあめでとう」

2015年から3年間、マーリンズ時代のチームメート。イエリッチは出身がシアトル郊外。幼き頃にマリナーズ全盛期のイチロー選手を見て育った一人。

いわば子供の頃の憧れの人。

イエリッチはマーリンズ時代に、マリナーズのサイン入りユニフィームをゲットしていたエピソードもあるなど、

https://images.app.goo.gl/i91AgYQKqbhCWKLw8

そんな憧れの存在とチームメートとして過ごした日々はかけがえのない時間であった。

ジャッカルロ・スタントン

https://images.app.goo.gl/41mMBX3Xn6StNq8EA

イエリッチ同様、2015年からマーリンズでチームメート。メジャー屈指のパワーを持ち、驚愕の飛距離のホームランを放つ強打者。

特別なキャリアなんだ

「 殿堂入りへの道を開けて、なんという特別なキャリアなんだ、イチ。全てが始まった所で伝説的な終わり方。そこにいて見たかった」

https://images.app.goo.gl/yYDdRoFPT2DmaBiv8

イチロー選手とは打者としてタイプは異なり、そしてスタントンはカノのように陽気な性格ではなく、物静かなタイプではあるが、イチロー選手を慕っていた。

https://images.app.goo.gl/kaKy8re3ee1PWY957

特にマリーンズ時代のイエリッチ、スタントンやオズーナはイチロー選手を尊敬の念を抱き、レジェンドを慕っていたのがよく伝わっていた。

スポンサーリンク

そして日本人メジャーリーガーからのメッセージ。

大谷翔平

現在、二刀流にてメジャーリーグを席巻中。イチロー選手が引退会見の際に、世界一の選手を目指さなければならないと絶賛。

「朝起きて見ていたので、信じられないような感じ。今は本当に引退するのかなという感じです。目標になるような存在。

それはこれからも変わらない。(イチローさんからの言葉に)その言葉に恥じないように、練習もそうですし、しっかり結果を出していきたいです」

今シーズンは打者として勝負。イチロー選手も打者大谷を高く評価。イチロー選手の後継者のような存在になれるか期待が高まる。

ダルビッシュ有

https://images.app.goo.gl/XFaDns6vFfg4yext6

現在、怪我から完全復活を目指す日本最高峰の投手。

「2006年WBC走行試合、当時2年目でイキって自分を強烈なライト前で瞬殺したこと、メジャー初安打を打たれたこと、

09年のWBCで勝ち越しタイムリーを打った場面、見逃し三振を取れたこと、食事に連れて言ってもらったこと、

でも一番印象深くすごいなと思ったのはどんな時も質問に、優しく、丁寧に答えてくださったこと。ここ2年はメールでの質問ばかりで、色々ためになる答えをいただきました。本当に感謝しかありません」

https://images.app.goo.gl/xDfJLvzn93uUqDP8A

ダルビッシュの節目に必ずイチロー選手の存在があるなど、何かと縁がある二人、日本時代は共に無双を誇っただけに、
ダルビッシュ投手はメジャーでも無双できる力はあるだけに、復活を期待。

田中将大

https://images.app.goo.gl/x9rCaZEz49mgnroLA

「イチローさんとは2009年のWBC、そしてヤンキースでチームメートになった時、現実ではないような気がしました。

それくらい、イチローさんは僕の中で偉大であり、雲の上の存在。わずかな時間でも同じチームで一緒にプレーできたこと、

そして対戦相手として勝負することができたこと、とても光栄に思います。現役生活、本当にお疲れさまでした」

https://images.app.goo.gl/734f7Ef9rvtjo1tBA

現在、ヤンキースのエース。日本屈指のスターター。今シーズンも名門の柱とした躍動している。

前田健太

https://images.app.goo.gl/Xwkv39P7i52agJxY9

現在、ロサンゼルス・ドジャースに所属。

「イチローさんは、僕の子供の頃からのヒーロー。8歳くらいで野球を始めた時から大好きで憧れ。

目標にしてきた存在。テレビで見ていたイチローさんとメジャーの舞台ではじめてお話させていただき、対戦もさせていただいた。

 イチローさんとの対戦は夢のような時間でマウンドからみるイチローさんは信じられない景色でした。

子供から憧れられる、そして目標にされる野球選手になれるようにもっと頑張ります。現役生活お疲れ様でした。」

https://images.app.goo.gl/ys9PV8AVx2UJUNG79

前田選手も日本人最高の投手の一人。前田投手の世代的にはイチロー選手を見て育った選手は多い。

イチロー選手への賛辞のメッセージ。

それだけ素晴らしいキャリアを歩み、

日米で圧倒的な成績、存在を放ったスーパースター。

スポンサーリンク

すばらしい現役生活。

イチロー選手への賞賛する声は後を絶たない。

時が経てば、その偉大さがさらに増すことになるであろう。

史上最高の選手。

https://images.app.goo.gl/EqAiFunUsQh5eYRw9

偉大すぎる存在。

イチロー選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

日本が誇るスーパースター、イチロー選手の引退。

その功績は日本、アメリカだけではなく世界で賞賛され、

海外の反応もイチロー選手の存在を絶賛。

これは野球は世界的な人気のあるスポーツではない中、異例。

それだけのイチロー選手が残してきものは訳が違う。

これから時が経てば、さらに偉大さを増すことだろう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする