イチロー

イチローさんはホームラン打者!? 打てるのに打たない理由とは!?

 

ホームランなんて余裕ですよね、イチさんとって^^。

 

日米で野球史に残る功績を打ち立て続けた、

 

偉大なスーパースター、

 

イチローさん。

 

そんな偉大なレジェンドには実はホームラン打てる説が、

 

あるの皆さんもご存知ですよね

 

今回はイチローさんのホームランについてPICKUPです!!

 

イチローさんのWIki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/m5F39FnU2DWQui7F8

名前 イチロー (本名 鈴木 一郎)Ichiro Suzuki

出身地 愛知県春日井郡豊山町

生年月日 1973年10月23日 (45歳)

身長 180cm

体重
72kg

ポジション 外野手

 

イチローさんはホームラン打者!? なぜ打たないのか!?

 

 

https://images.app.goo.gl/NfnnDwyugcEKvbHV6

日本プロ野球史上、最高の選手の一人、

 

イチローさん。

 

今年、現役引退。

 

3月の東京で開催されたメジャーリーグ、日本開幕戦戦は、日本のスーパースターの衝撃の引退劇で幕を閉じた。

 

野球界に喪失感が生まれてしまったが、それは仕方ないこと。

 

それだけ偉大な選手、これまでの残してきたのもが違いすぎる。

 

日米でとてつもない実績を残してきたスーパースター。

 

https://images.app.goo.gl/Rc9RBx1hLCcpCdrs5

日米通算4367本のヒットを積み重ねてきた偉大なバットマンは、

 

現役生活28年という平成という時代の象徴、平成の終焉ととも静かにバットを置いた。

スポンサーリンク
 

そんなレジェンドが引退してまだ少しの時間しか過ぎていないが、

 

華麗なプレーは私たちの脳裏に焼き付いている。

 

https://images.app.goo.gl/igYJKzfeooxCMgeU9

そのほど美しく、華麗なプレーの数々。

 

見るもの全てを魅了してきた偉大すぎるバットの功績はこれからも語り継がれるわけだが、

 

これからもっとその偉大さを知ることになるであろう。

 

そんなスーパースター、イチローさんには長年、言われ続けてきたことがある。

 

それは実はホームランバッター打者だったのでは??

 

https://images.app.goo.gl/Jhcpgu3QCRUymMV96

という、今や誰もが知っていることですが、

 

なぜそのようなことが言われるようになったかは、

 

イチローさんのバッティング練習にある。

 

試合でヒットを打つことに専念しているとはいえ、打撃練習で見せるその技術の高さには目を見張るものがあるのだ。

 

練習では全てのボールをスタンドに打ち込む。

 

https://images.app.goo.gl/ejSb3vwhCFfNgfKD9

それも全て。そしてその打球は特大ホームランばかりなのだ。

スポンサーリンク
 

その練習での姿はお馴染みとなり、

 

柵越えを連発するイチローさんには、気がつけば、メジャーのオールスターゲーム前日に開催されるホームランダービーへの参加が届くようになっていた。

 

これは毎年のように、参加の依頼があるものの、

 

イチローさんは自分はホームラン打者ではなく、ホームラ打者への敬意のあり、断っているが、

 

普段の試合とは違う姿がまたイチローさんへのミステリアスさが増すのだ。

 

実はイチローはホームランを打てるのではないか??

 

https://images.app.goo.gl/phVjQoncwNzvsA948

なんというプランニングだ。

 

そう思わせるだけで試合にも影響する影響力が生まれてしまう。

 

それだけ、イチローさんの存在はメジャー異質であった。

 

ヒット量産する打者なのにメジャーリーグ移籍後の敬遠される数はメジャー屈指であった。

 

特に全盛期はシーズン最多敬遠を記録するほど。

 

https://images.app.goo.gl/SXdEc68mxH7Mehse7

もちろん勝負強さ、卓越したバットコントロールもある上でだが、対戦相手としては、練習で簡単にホームランを軽々と連発するのを見てしまえば、脳裏に焼きつく。

 

イチローには一発があると気持ちのどこかで考えさせる心理戦にも影響を及ぼしてしまう。

 

それだけ練習での柵越え連発はいろんなことを考えさせるわけだ。

 

https://images.app.goo.gl/NHctgykCGwBHTTeQ7

イチローさん自身も、ホームランへの質問に対して、

 

打率.220でいいなら、40本くらい打てるというに、過去語ったことがある。

スポンサーリンク
 

やはり練習でのホームラン連発は周囲も興味津々。

 

https://images.app.goo.gl/soE2JSH2v5yseWAC7

イチローさんの打撃練習は誰もが魅了されていた。

 

イチローさんの打撃練習を行うのを待って、相手チームのコーチがワザワザ、その時間に合わせて見にいくほど。

 

またその練習での打撃は美しい。

 

https://images.app.goo.gl/uUYhn663QDMBC5y48

全て綺麗な放物線を描くホームラン。

 

綺麗なスイングで、ボールの下にバットに乗せ、綺麗に舞い上がった打球はそのままスタンド上段へ消えていく。

 

イチローさん自身も、練習では意図的にホームランにしていると語っており、

 

その技術の高さはあたらめて凄まじいことを理解する。

 

イチローさんは練習でなぜホームランを打つのか、??

 

https://images.app.goo.gl/bdkFc58HcgY1aGUR6

イチローさんは練習では強くバットを振ることを意識しているとうこと。

 

練習でできないことは試合ではできないという考えもあり、しっかり振る意識を持つため、練習ではわかりやすいホームランを意識している。

 

しかしイチローさんは過去のインタビューで、

 

自分はホームランバッターではないと語っており、
さらにホームランは狙って打つものだと語っている。

 

その真意は、イチローさんはホームランは狙ってでしか打てないのこと。

 

https://images.app.goo.gl/d7UpvAZNUK5i9uM59

自分の力では打ち損じがホームランになったりすることはなく、正確には狙って打つものというより、狙わなければ打てないということ。

 

ホームランバッターは自然と打球が上がり、狙わなくてもホームランの打球が出てしまう天性な部分がある。

 

https://images.app.goo.gl/VrL8mgQwbaHFtFZB9

イチローさんには意図的に狙って、ボールを捕まえることでしかホームランは打てないと過去に語ったことがあるのだ。

スポンサーリンク
 

やはりイチローさんはところどころ、ホームランを狙って打っている。

 

その時のイチローさんの打つポイントがホームランを意識したスイングになっており、

 

狙わないと打てないということだが、

 

実際はホームランは打てるのに、あえて打たないのが正しいかもしれない。

 

https://images.app.goo.gl/mAqASMupjyY5fWat5

イチローさんは自分自身がホームランバッターにはなりえないことを理解しているということでしょう。

 

ホームラン狙いの打撃ではなかったのか。なぜ打たなかったでしょうか。

 

それは過去にイチローさん自身もホームランを狙った時があるからではないでしょうか。

 

これまで、日米通算で238本のホームランを放っているイチローさん。

 

その中で一番シーズンで打った本数は1995年の25本が最多。

 

95年のイチローさんは前年1994年大ブレイクしての2年目。

 

イチローさんは当時から練習ではホームランを連発しており、

 

https://images.app.goo.gl/AnYEDQnAiUwvtvbU7

その飛距離に周囲は驚愕していたほど。

 

本拠地のグリースタジアム神戸では場外に消える特大のホームランを連発していた。

 

この年のイチローさんが一番、打球が凄まじかったという声も多い。

 

https://images.app.goo.gl/997FwsDsKYGyu4jP6

独特な打撃フォームでバットを鞭のようにしなるようにバットを使い、体全体で巻き込むようにボールを捉えていた。

 

その捉えた打球は軽々とセンターバックスクリーンに運ぶ強烈なホームランを連発。

 

それを見た野球関係者はこの選手は本物のホームランバッターなのかもしれないと思うほどで、

 

この年、1995年イチローさんはホームランを意識していたのではないだろうか。

 

https://images.app.goo.gl/U3FB9Bd4YYVN5WjR6

しかし、結果25本しか打てなかったことが、自分の立ち位置を理解し、方向性を決めてしまったのではないだろうか。

 

その後は持ち味であるバットコントロールを意識した打撃に専念するきっかけの年になったのでは。

スポンサーリンク
 

もしも、もっとホームランが打っていたら、

 

ホームラン打者イチローさんは誕生していたかもしれないが、通算4000本以上の選手になっていなく、素晴らしい存在価値のある選手になっていなかったかもしれない。

 

前述したが、打率.220なら、40本打てるというのは冗談混じりでリップサービスに近い。

 

イチローさんも40本打つことは誰もそんなこと望んでいないでしょw,と笑いながら語っており、

 

イチローさんはホームランは打てるが、打たないスタンス。

 

確かにイチローさんの価値はやはりホームランではない。

 

https://images.app.goo.gl/RpmvGdjkV4TdC3zJ9

打って、走って、守って、走攻守全て完璧なまでのプレーヤーだからこそ、価値があるのだ。

 

確かにシーズンで本当に狙ったら、

 

何本打つのだろうかという期待感を抱かさせてくれる。

 

それもまた、スター選手の証しだろう。

 

https://images.app.goo.gl/ZiqUGVdDsoFRNRBJ7

実は40本打てるんじゃないかと、

 

ファンに考えさせる醍醐味を与えてくれるイチローさんは最高のエンターテイナーだ。

 

引退した今尚、そのすごさを語り継がれるレジェンド。

 

https://images.app.goo.gl/mNujkSXkMxzNZ7YC9

しかし、ホームランを打てたんじゃないかという期待感は、

 

イチローさんの高度な打撃があったからこそ。

 

ホームランは野球の醍醐味ではあるが、

 

野球は走攻守といういろんな要素が合わさった緻密なスポーツ。

 

イチローさんがホームランを意識しなかったのは野球の本来の語りに、こだわった形かもしれません。

 

ホームランは野球の醍醐味ではあるが、

 

現在の野球界はホームラン、フライを打つことがトレンドとなり、大味な試合展開、緻密な部分が省かれてるなど、野球の本来の姿から遠ざかってしまうと、

 

本来の野球の姿を失ってしまうとイチローさん自身が警鐘を鳴らしていましたよね。

 

イチローさんは野球本来のあり方、姿を守りたいのではないでしょうか。

 

野球の本来の緻密さや奥深さを具現化した形がイチローさん。

 

https://images.app.goo.gl/uyVN6F9EY497S137A

イチローさんの姿こそが、野球というスポーツの本来の姿ということでしょうか。

 

少し話が脱線してしまいましたが、

 

イチローさんがホームランは打てるのではと考えるだけでロマンがあることでしょう。

 

それだけで十分です、今のままで最高の偉大な選手なのですから。

スポンサーリンク
 

しかし、練習でさえファンにロマンを与え、

 

試合ではなく練習でお金が取れるのは最上級の一流の証しでしょう。

 

https://images.app.goo.gl/9TdvwsBUtvfQehw9A

本当に偉大な選手でした。

 

スポンサーリンク
 

イチローさんに関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

イチローさんは最高の打撃術の持ち主。

 

華麗なヒットだけではなく、

 

華麗にホームランも打てる。

 

やはり彼が見せる一挙手一投足で

 

全てを魅了するスーパースター。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です