イチローさんの全盛期はいつ?? 伝説の現役時代!!




全盛期っていつ??

ってわからないくらいすごすぎの現役時代w。

イチローさん。

日米で偉業を成し遂げ続けてきた、

最高のスーパースターは残してきた実績が違います。

今回はイチローさんの全盛期をPICKUPしていきましょう。

イチローさんのWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/7Eaahx9Rhkw4iqqd9

名前 イチロー (本名 鈴木 一郎)Ichiro Suzuki

出身地 愛知県豊川市

生年月日 1973年10月23日 (45歳)

身長 180cm

体重
72kg

ポジション 外野手

イチローさんの全盛期はいつ?? 伝説の現役時代!!

https://images.app.goo.gl/4RuRawySBaSahKzN6

2019年323日、日本のスーパースターが現役引退を表明。

イチローさん。

日本プロ野球に彗星の如く現れ、日米で偉業を成し遂げ続けた偉大なる最高のプロ野球のスーパースター。

そんな最高の選手の引退には誰しもが喪失感を覚えたのではないでしょうか。

平成の時代に輝き続けた野球のアイコン的存在だったイチローさん。

https://images.app.goo.gl/inKw1hbfVqMEaDwU9

当然!!、輝かしい功績は今後も語り継がれる伝説の数々。

スポンサーリンク

現役生活年の中で、常に日本プロ野球界のトップを走りづづけてきたこと自体、

凄まじいことで、いかに偉大な人物であったかをあたらめて、功績を振り返ってみると感じますねー。

日本プロスポーツ界の頂点の存在。野球知らない人でも知っているくらいですから!!

いわゆる、イチローさんのことを国民的スーパースターということでしょう。

そんなイチローさんですが、偉業が凄すぎて、

全盛期っていつなの??って思ったことないですか??

ありますよねW??

https://images.app.goo.gl/r8twES7oh9Qoy4i28

これは実際ですよ、結構難しい議論な感じですねw

常にトップを走りづづけてきたイチローさんですから、

現役時代に成し遂げてきた圧倒的な成績の日々がありますから、

いつ??って決めるの結構難しいと思いません^^w??

しかしですよ、今回はですね、

イチローさんの現役生活を振り返りながら、

全盛期がこのへんやろ!?ってところを個人的に考えていこうと思っております^^w

これはあくまで個人的ですからねw

https://images.app.goo.gl/WrzKWhJJ6vUUGvH27

全部、すごいんですよ!!、いうまでもないけどW,

でもイチローさんに失礼のないようにしないといけませんからw

しっかり振り返ってみましょう!!

まずは1991年のドラフト会議でオリックスブルーウェーブに入団。

高校時代、愛工大名電では高校通算5割を残すほどの高校生屈指の好打者として活躍し、

目標であったプロ入りへ。

その後、2年間の二軍生活を経て、1994年に登録名を鈴木一郎からイチロー変更。

https://images.app.goo.gl/opCb75RsZ6EjQQ32A

この年、イチロー選手がプロ野球を席巻。

当時のシーズン最多安打記録210安打を放ち、シーズン打率.385をマークし首位打者を獲得。

今までにみたことのないような打撃スタイルで華麗に広角に打ちまくり、ヒットを量産。

突如、現れた新たなるスター選手に誰もが魅了され、

https://images.app.goo.gl/iYYYgwVdzagNZbEu8

一躍スーパースターの座に。

その後も、年々凄みを増し続けるイチローさん。

気がつけば首位打者のポジションは指定席。

日本時代は1994年から2000年まで、7年連続首位打者という前人未到の記録を樹立。

日本時代は本当に一人だけ、別次元のパフォーマンスを見せていました。

スポンサーリンク

誰もが今年の首位打者はイチローでしょ、と予想。

またその予想通りに首位打者を取り続けるわけですよ、いやー、本当にすごい。

2年連続首位打者ってのも難しいはず。

当時セ・リーグで97982年連続首位打者を獲得した横浜ベイスターズの鈴木尚典選手。99年も、好成績を残すも、さすがに再び首位打者獲得にはならなかった。

そんな難しいことを簡単に達成しているかのように思わせてしまうところがすごいんですよね。

日本時代の通算打率が.353と規格外の成績だったイチローさん。

https://images.app.goo.gl/WrzKWhJJ6vUUGvH27

確かに凄すぎてこの時も全盛期って思うこともできますが、まだ20代前半からな20代半ばですから、

全盛期というより、まだ発展途上、年々凄みを増していましたけど、

イチローさん自身も日本時代は毎年のように大きくバッティングフォームを変え、試行錯誤しながたシーズンを闘っていましたから、

まだ完成していないと考えれば、日本時代は全盛期という表現は適切ではないかもしれませんが、

まだいつが全盛期??って決めるのは難しいですよw

これからメジャー時代を振り返って見ていきましょうよ^^w

そして日本最高の選手となって、満を持してのメジャーリーグ挑戦。

イチローさんのメジャー時代を振り返ってみましょう。

メジャー挑戦した2001年。

https://images.app.goo.gl/GWnVGTNtZNUgJV6d7

日本時代から目標であったメジャーリーグの舞台。

メジャー1年目から圧倒的パフォーマンスでアメリカで大暴れ。

日本時代以上にヒットを量産。

メジャー挑戦1年目でいきなりの、首位打者、新人王、メジャー新人最多安打記録を更新し、242安打を放ち、盗塁50盗塁。ゴールドグラブ賞とタイトルを総なめ。

スポンサーリンク

苦戦すると思われた周囲の評価を一気に覆す、最高のパフォーマンス。

https://images.app.goo.gl/UN2HSgSEXSrJgshU8

一躍メジャーでもスーパースターとなる。

これまでメジャーリーグ存在しなかった独自のプレースタイルでアメリカを席巻。

その後もメジャーリーグ最高の選手の一人としてメジャーの顔として大活躍。

2004年位はメジャー最多安打記録を更新し、262安打。打率.372で二度目の首位打者を獲得。

2006年は第一回WBC優勝に貢献。

2007年には打率.351でオールスターMVP

2009年にみ打率352を残し、

シーズン前に開催され第二回WBCでは決勝で優勝を引き寄せる決勝タイムリーを放つなど、

2010年には10年連続200安打という偉業。

https://images.app.goo.gl/xyEJfYeaycjywhpM7

特にメジャー挑戦した2001年から2010年までは凄まじいほどの実績。

2011年以降はさすがのイチロー選手も成績が下降、

打撃不振に陥り、徐々にパフォーマンスが低下しますが、

2013年には日米通算4000本安打達成、

2016年には日米通算安打の世界記録更新、

そしてメジャー通算3000本、そしてメジャー通算500盗塁と、

https://images.app.goo.gl/w4dUon2TGUjbGUsS9

数々の偉業を成し遂げ、2019年に現役を引退。

メジャーリーグでも素晴らしいほどの実績をあげ、野球史に刻まれる最高のスタープレーヤーとして輝きを放ち続けた現役時代。

やっぱりすごいの一言ですよね。

2001年から海を渡って、1年目からいきなりメジャーでもトップレベルの存在になる。やはりイチローさんの存在自体が規格外。

そんなイチローさんでも打撃不振や衰えを見せるようになり、パフォーマンスが低下したわけですが、

メジャー時代は衰えが早かったという意見もありまたが、

イチローさんがメジャーに挑戦したのが27歳。

https://images.app.goo.gl/Hbzeb6kAsNCanvoC8

そこからヒットを量産し、メジャーで3000本打ったわけですから異次元のパフォーマンスであったことはいうまでもありません。

スポンサーリンク

2011年にはそれまでの連続安打記録や日本時代からの打率3割を切ることになるのですが、

年齢的には38歳。

やはり年齢からくる体力の衰えというより、体のポテンシャルが落ちる年齢でしょう。

反射神経などの目に見えて気づくレベルにないほどの変化にさすがのイチローさんも、年を重ねるたびに難しくなっていった印象ですよね。

年を重なれば、ちょっとした時期でも影響を与えてしまうほど、

https://images.app.goo.gl/U2Aeafzss54YzNi79

微調整が難しかったり、感覚を戻すに時間がかかるようになる。

40代になって一気にパフォーマンスは落ちた印象ですから、マーリンズ時代からマリナーズに復帰した際の特に感じましたよね。

https://images.app.goo.gl/PujwFPSHVMvhoKDA7

特にあの時2018年はなかなか、移籍先が決まらずいきなりの実践で調整もできずにシーズンイン。

あの時のイチローさんは一気に、それまでの感覚を失ったしまったい感じでした。

そしてそんごは、2019年に日本開幕戦を目指し、

試合に出場せず、練習は続けるものの、

https://images.app.goo.gl/ymfyeVK4ScZ73V8u5

実践での必要な感覚を研ぎ澄ますことはできない状態での練習ですから、

イチローさんも覚悟を臨んでの2019年シーズンでしが、

なかなかオープン戦から結果を全くといってもいいほど、打てなくなっていましたから。

https://images.app.goo.gl/8TrAK88g6Ezu9Hvr9

ある意味、賭けだったのかもしれません。

スポンサーリンク

今年、2019年のイチローさんは打席でのオーラも消え、全く打てるオーラがなかった。

https://images.app.goo.gl/Ev51JZ5hUhcZLW6w5

それだけ感覚の天才であった人間がここまで打てなくなるのかと感じるほど。

打てる雰囲気ないと思われた方、多いのではないでしょうか。

それだけすごかったわけです。

おっっと、話が脱線しそうなので軌道修正しますw

イチローさんの全盛期はいつ??ですが、

https://images.app.goo.gl/5nF1a7iumPmm3ypX8

私個人的な考えるとなると、これは非常に難しいですが、

毎年のようにマイナーチェンジしていたメジャー時代ですが、

イチローさんが打撃の形にたどり着いたのは、日本時代の98~99年と言われています。

そこから、メジャーに渡り、最高の成績を残し続けた、

やはりメジャー時代2001年から2010年のマリナーズ時代でしょうか。

https://images.app.goo.gl/WAU7KqB7BQhdVUdw8

日本時代の成績もすば抜けてすごいですが、この期間成績の印象度も含めると最初のメジャー10年間でしょうか。

個人的には98~2010年ですが、

期間ではなく、年単位で考えるなら、年齢的に脂が乗った30歳の時のシーズン最多安打記録更新した2004年でしょうか。

https://images.app.goo.gl/nmNoWntaKgysJAQP9

しかし、2004年ってなんか勢い的な感じもあったので、違うかなって思っていますが、

うーん、これはいつって難しいですよね、やっぱり^^w,

個人的には2007~09年が打撃の完成度が高く、

https://images.app.goo.gl/WtDTTjNUFxPscrye6

凄みを増していた印象なので、この時期かと全盛期なのかな。

それまで毎年のように打撃フォームを大きく変えていたイチローさんは、

2007年の打撃フォームから2013年まであまり変化をせず、好成績を残した、2007年や2009年の打撃フォームをベースに打撃フォームを構成しており、

この7年と09年は短期間で打率.350台をハイアブレージを残している事実もある。

https://images.app.goo.gl/vrJ7ASSYenG83je2A

この時期のイチローさんは自分の打撃に確固たるものがあったのではないかと。

のちに2013年オフのインタビューでイチローさんは打撃には答えがないと語っていますが、

打撃の凄みを増していた2009年は特に本当にすごかった印象です。

スポンサーリンク

メジャーでは撃、走塁、守備、投球を総合的に評価して選手の貢献度を表す指標であるWARという数値がありますが、

その野手の指標を表すfWAR2001年から2010年の通算fWARランキングで、

当時はホームラン全盛期真っ只中の中、イチローさんは第4位に入るなど、

https://images.app.goo.gl/R33YyVKfhqy6i7GV8

その指標の一位はプホルズ、2位がA-ロッド、3位がバリーボンズとトップ3がメジャーを代表するホームラン打者の中で、
イチローさんは4位と、その存在自体が凄まじかったのがわかります。

しかし、全盛期がいつってのがわからないほど凄まじいい現役時代の成績を誇る訳で、

好成績=全盛期と考えるなら、1994年から2010年の17年間となりますね、

https://images.app.goo.gl/zzLB5FkHbWTczZK4A

この期間は日本時代を含めて、17年連続打率.3割。17年連続ゴールデングラブ賞など、17年間もトップを走りづづけてきた期間が全盛期と捉えべきでしょうか。

スポンサーリンク

日本時代もすごかったですし、メジャー時代もすごかったわけですが、

やはりfWARのような数値的に解析され、そのすごさが明確になっていることを考慮するなら、

https://images.app.goo.gl/ReRrTdfQRCfzqSF67

数値的に凄さが明確になっている2001年から2010年がやはり全盛期と捉えるべきかもしれなません。

ここまで常にトップを走り、怪我もなく、最高の成績を残して来られたのは、

やはり直向きな野球に対する真摯な取り組みがあったからこそ。

怪我しない体づくりを目指し、日々精進し、邁進し、

https://images.app.goo.gl/Hi5KqnfVM39Rcqs86

野球に人生をかけてきたからこその最高のパフォーマンスができるわけですよね。

それだけすごかった現役時代。

最高で最強の伝説のスーパースター、

イチローさん、

https://images.app.goo.gl/7Z8R4fXgcPpVsubaA

彼のプレーをリアルタイムで観れたことは幸せなこと。

されだけ偉大な選手。

イチローさんに関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

やっぱりすごいの一言。

本当に最高のスーパースターですよ。

イチローさんは^^。

全盛期がいつとは正直、そんなことより、

残してきた実績が異次元すぎる。

本当に最高の選手でしたね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする