FA

福田秀平 FA移籍の可能性は?? 生涯ホークスも

 

FA移籍はあるのか??

 

福田秀平

 

勝負強いパンチ力のある打撃は魅力的。

 

そして走攻守で高いレベルにある、

 

ホークスを支える最高のスーパーサブであり、最高の選手。

 

そんな彼は人生のターニングポイント。

 

FA権の取得。

 

FA宣言をし、他球団への移籍か。

 

それとも、ホークス残留か。

 

今回はFAでの移籍が注目される、ソフトバンクホークスの福田秀平選手をPICKUP!!

 

福田秀平選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/NQVPH3XifxANggw1A

名前 福田秀平(ふくだ しゅうへい)

出身地神奈川県横浜市青葉区

生年月日1989年2月10日(30歳)

身長182cm

体重77kg

ポジション 外野・内野

福田秀平 FA移籍の可能性は?? 生涯ホークスも

 

FA権取得で注目の存在へ

 

https://images.app.goo.gl/nmcRDyVdukhFAqMQ7

 

FA宣言はあるのだろうか。

 

福田秀平

 

俊足巧打で、あらゆる役割をこなせる

 

常勝軍団をホークスを支える最高のスーパーサブでありながら、

 

最高のスピードスターでもある。

 

強いホークスがあるのは彼のような存在があるからこそ。

スポンサーリンク
 

 

 

今や、チームに欠かせないほど、存在感を発揮。

 

しかし、そんな福田秀平選手であるが、

 

2019年シーズンオフ、FA市場を賑やかす存在として、

 

その動向にも注目が集まっている。

 

ここで少しばかり、福田選手のキャリアを振り返っていきましょう。

 

福田秀平選手ってどんな選手?

 

https://images.app.goo.gl/qzRzwujS85y7QCf59

 

福田秀平選手は福岡ソフトバンクホークスを支える最高の控え選手。

 

俊足巧打、抜群の走塁技術、ここ1番の勝負強さ、パンチ力をある打撃が魅力、

 

複数のポジションをこなせる最高のユーティリティープレーヤー。

 

そんな福田選手は、神奈川県横浜市青葉区出身。

 

幼少期は水泳でジュニアオリンピックの代表候補に挙がるなど、そしてサッカー部に所属するなど活発で、

 

そして小学1年生から野球も始め、のちに野球に専念。

 

小学時代は藤が丘ボーイズでキャプテンを務め、中学から硬式野球へ。

 

世田谷ボーイズでポジションはショートでプレー。

 

高校へは多摩大学付属聖ヶ丘高等学校へ。

 

高校1年性からショートのレギュラーとして活躍。

 

高校3年性の時に、夏の西東京大会でチームのベスト4に進出に貢献し、

 

野球部の部員数が少数であったが、通算本塁打38本を放つなど、強打の両打ちのショートとして、高校時代プロ注目の存在。

 

2006年のドラフト会議でソフトバンクホークスから1位指名。

 

2006年のドラフトは田中将大投手や斎藤佑樹投手、前田健太投手など現在のプロ野球の顔ともいうべき選手がプロ入りしたドラフト。

 

八重山商工の大嶺祐太投手の外れ1位であったものの、ドラフト1位で指名されるということは、高校時代の福田選手は将来性を高く評価されていたのでしょう。

スポンサーリンク
 

 

 

プロ入り後は度重なる怪我により、二軍時代が長いものの、

 

ここ数年は競争が激しいホークスの中でも存在感を発揮。

 

https://images.app.goo.gl/v1sWf1NwTCmK5c3o7

 

福田秀平選手はヤクルトの山田哲人選手に更新されるまで、2011年から2015年まで32回盗塁連続成功記録を保持するなど、走力はの能力の高さは球界でもトップクラス。

 

俊足巧打の外野手、主に外野であるが、投手と捕手以外のポジションを守ることができるユーティリティープレーヤー。

 

2019年シーズンは怪我に続出したチームの中でチームを支える存在感。

 

これまでプロとしての実績はないが、

 

ここ数年は、エースキラーと称されるほど、ここ一番での勝負強さは光るものがあり、

 

現在は常勝軍団ホークスの貴重な戦力として欠かせない存在と言えるだろうが、

 

試合にで続けて、実力を示し、自分自身の存在価値を示したいところであろう。

 

FA移籍はある!?

 

https://images.app.goo.gl/schzaD1rjkjJorz7A

 

福田秀平選手は日本シリーズ3連覇を目指す常勝ホークスの中も、

 

大一番での存在感を発揮。

 

日本シリーズ第2戦では先発出場に応えるホームランを放つなど、思いっきりの打撃と勝負強さは目を見張るものがある。その活躍は見事。

 

チームにとって欠かせない存在あることを証明する活躍。

 

そんな福田秀平選手は2019年に国内FA権の取得条件を満たし、

 

プロ13年目でのFA取得となった。

 

そんなホークスで欠かせない男には他球団を評価し、FA宣言への注目が集まっている。

 

俊足巧打の外野手で複数のポジションも守れ、選手としての能力の高い。

 

そしてパンチ力のある打撃力はホークス以外であれば、レギュラーとして活躍できるというほど、他球団にとってはレギュラークラスの能力を持っている高い評価を受けている。

 

そして福田秀平選手が今年のFA選手の中でも注目を集めているの理由の一つが、

 

その年俸による、コストパフォーマンスの良さ。

スポンサーリンク
 

 

 

FAには補償制度があり、

 

チーム内の年俸が上位、中位はFA移籍の際に人的補償が発生する。

 

福田選手の今季年俸は約3600万円。高額年俸が多いホークス内では安い年俸であり、FA移籍での人的補償の権利が発生しない。

 

FA史上もっともコストパフォーマンスがいい選手という声もあるほど。

 

他球団からすれば、現在のホークス内での活躍ぶり、そして複数の要素も見ても、FA宣言すれば、魅力的な好条件の選手と言える。

 

やはり、一選手として試合に出たい気持ちは強いだろう。

 

https://images.app.goo.gl/SDgmG6gzxT54iaND8

 

福田選手自身も選手である以上、スターティングメンバーとして試合に出続け、現在の便利屋としての立ち位置を脱却を目指している。

 

しかしながら、現在所属のホークス球界を代表するスタープレーヤーがひしめいており、特に外野は柳田悠岐選手や中村晃選手や上林誠知選手など、

 

その賀状崩すのは至難の技。

 

福田選手はいい選手には間違いないが、ここ数年の活躍はレギュラー陣の故障もあって試合に出場できたという悔しい現実ではある。

 

FA権を取得したとなるならば、なおさら一選手として試合に出続けたいと考えるのはプレーヤーとしては普通なこと。

 

福田選手にFA権を行使するのは現実的にも高いか。決断の時。

 

仮に福田選手がFA権を行使した場合であるが、現時点でも他球団側は福田選手を調査。

 

すでに調査しているという段階で獲得の意思を示しているということであり、現在は中日やヤクルトが福田選手のFA宣言するのか、その動向注目しているとのこと。

 

中日に限っては過去には福田選手に対してトレードでの獲得を希望したほど。

 

現時点でも複数球団がFA宣言すれば獲得を目指すと予想されているが、日本シリーズが終了し、オフになれば、本格的な動きがなるが、

 

魅力的な選手なだけに、FAでの争奪戦となるのか・・・・

スポンサーリンク
 

FA宣言後もホークス残留も十分

 

https://images.app.goo.gl/nS3U9NqJxSuVrmbU9

 

今年のFA市場は昨年のような大物は少ないが、

 

魅力的な選手の一人として、オフの動向が楽しみな福田秀平選手。

 

ホークスは日本シリーズで4連勝で制覇。3年連続日本一を達成。

 

そして福田選手は日本シリーズ終了後、FA宣言をすることを明言。

 

近日中にFA権の行使を申請。

 

複数球団が獲得を目指すと予想されているが、ホークス残留も十分あると言えるだろう。

 

これまでも控えとしてチームを支えている明石選手には、年俸1億円の3年契約を提示し、FA権を行使した上での残留している経緯がある。

 

福田選手は控えとはいえ、ユーティリティープレーヤーとして、チームを支えてきた最高の控え。頼りになる選手。

 

ホークスにとって福田選手は大事な戦力。他球団移籍となれば、非常に痛手なはず。

 

13年間一筋で常勝軍団を支えてきた功労者。FA問題に対して、福田選手とホークス側は話し合いを続けてきた。

 

ホークスはFA宣言をした福田選手に対して、4年総額の約5億円とも契約を提示。

 

控えながら、これ以上のないほど高待遇と言えるだろう。

 

提示した金額の通り、福田選手への高い評価をしており、ホークスは選手引退後の待遇も手堅い。

控えといえど、サポートが充実しているホークスに残留するメリットは高いと言えるだろう。

 

今回のFA宣言で求めるはレギュラーとして試合に出たいという気持ちからだろうが、

 

ホークスは福田選手の今回のFA宣言により、予想以上の高待遇。

 

福田選手自身も、決断できないからFA宣言したと語っており、

 

他球団の評価を聞きたい反面、予想を上回るほどの待遇に福田秀平選手はかなり迷っているのだろう。

 

控えとして高待遇と、レギュラーを保証する球団。非常に難しい決断か。

 

選手として試合に出たい気持ちもあるだろうが、ホークス残留には今後の人生において、メリットは高い。

 

それに福田選手は神奈川県出身であるが、奥さんは福岡出身で福岡県は住みやすい街としても有名。

 

そして、ホークスの選手の中でも人気選手でもあり、福田選手もチームに愛着を持っている。

 

個人的には明石選手同様、FA宣言後のホークス残留も高いのではないだろうか。

 

ホークス残留は可能性は十分あるが、

 

それは控え選手としての役割を受け入れるということになる。

 

決断するのは難しい、大いに悩むのではないだろうが、

 

ホークスの一員として日本一3連覇。

 

選手として飛躍を目指し、新たなる環境をを求める可能性も十分。

 

https://images.app.goo.gl/tefNnK2V4NvjzikU9

 

福田選手にとって大きな決断。

 

移籍か、ホークス残留か、

 

野球人生のターニングポイントが訪れる。

 

 

スポンサーリンク

福田秀平選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

福岡ソフトバンクホークスの福田秀平選手。

 

ホークスでは欠かせない存在だが、

 

選手として秘薬を求めてFA宣言で他球団行きもあるが、

 

悔いのない野球選手にして欲しいところ。

 

仮に他球団にFA移籍し、実力を示し、

 

ホークスに黙らせるような活躍をすれば、面白い展開。

 

今季オフ、その動向を楽しみ注目していきましょう。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です