松本隆之介 (横浜高校) 2020年のドラフト目玉!!及川を超える逸材か!? 球速や球種、特徴は?? 身長や中学は??




今年のドラフトの目玉選手の横浜高校の及川投手。

その横浜高校にはさらなる逸材が。

松本隆之介

昨年1年生ながらいきなり最速145キロを投げた期待の投手。

大型サウスポーとして及川を超える存在になり得る逸材だ。

今回は横浜高校の期待の2年生、プロ注目の松本隆之介投手をPICKUP

松本隆之介投手のWiki的プロフィール

名前 松本隆之介 (まつもと りゅうのすけ)

出身地 神奈川県横浜市生まれ

生年月日 2002731日(16歳)

身長 187cm

体重 72kg

ポジション 投手

松本隆之介投手の経歴

横浜高校に大型左腕

https://goo.gl/images/6UPMpn

横浜市立名瀬中学校(戸塚シニア)→横浜高校

小学校から外野手として野球を始め、中学進学後横浜市立名瀬中学校に進学。

名瀬中学進学後はシニアの強豪、戸塚シニアでプレー。

https://goo.gl/images/abkCpt

中学から投手を始める。中学3年生の時に全国大会に出場を経験。

松本投手は当時から実了を評価れており、中3の時点ではチームのエース。左投手ながら早くも130キロ中盤のストレートを投げる投手として注目の存在。

当時から逸材として注目だった松本投手は、幾多の強豪校からの誘いの中から、地元神奈川県の強豪校を選択。

スポンサーリンク

中学卒業後は神奈川県の強豪校、横浜高校に進学。

横浜高校入学は早くも1年の春から背番号21をつけて、ベンチ入り。

1年生の春から公式戦デビュー。春の大会の4回戦の横浜創学館高校戦で登板し、

最速145キロを投げ込み、 衝撃デビュー。

https://goo.gl/images/4KLV37

一年の夏の県予選では3回戦に登板。チームは県大会優勝を果たし、本人は夏の本大会のメンバー入りは果たせなかったものの、チームは甲子園に出場。

秋の大会からは先発を任せられるなど、徐々に登板機会を与えられ、

着実に成長を見せるこれから期待の投手。

素材的にはどうチームのエースで今年のドラフトの目玉である及川将貴投手を超える逸材といっても過言ではない。

間違いなく逸材だ。

数々のプロ野球のスター選手を輩出している横浜高校からまたしても怪物の登場か。

話は早いが、順調に成長してくれれば2020年のドラフトの目玉選手としても期待。

素晴らしい才能を持った高いポテンシャルを誇る大型左腕だ。

松本隆之介投手の特徴・能力

期待の大型サウスポー

https://goo.gl/images/dscujN

身長187センチと恵まれた体格でゆったりとした投球フォームでしなやかな腕の振りから、

力強い伸びのあるストレートが魅力。

https://goo.gl/images/G9pMz4

投球フォームは無駄のない欠点のない、非常にいいと言えるだろう。力感のなく、肩周り、肩甲骨の使い方が柔らかい。

腕の使い方も良く、しっかり腕が振れるダイナミックでしなやかな投球フォームだ。

しなやかな投球フォームは利き手は違うが、ヤクルトで活躍した伊藤智仁氏を彷彿とされる投球フォーム。

https://goo.gl/images/4GMqab

伊藤智仁氏は短命であったものの、強烈な印象を残した最高の投手の一人。

抜群のしなやかさで豪快で伸びあるストレートと高速スライダーは今も脳裏に焼き付いてる。
松本投手とはタイプが違うかもしれないが、投球モーション、身体を使い方は似ている。それだけしなやかさをもった才能の持ち主かもしれない。

スポンサーリンク

早くもストレート最速は147キロを誇る。

https://goo.gl/images/ebWgG4

ストレートの回転もよく、伸びがありキレのあるボールを投げ込んでくる。

今年の1年生ながら公式戦デビューした試合で最速145キロを投げたスーパー1年生として話題を呼んだ。

変化球はカーブスライダーチェンジアップなど、現時点で確認しているのはそれけである。

制球力にはまだまだばらつきがあり、安定感はないが、

やはりストレートが魅力の投手。長身から伸びのあるストレートは現時点で申し分ない。

https://goo.gl/images/nqqMk1

まだまだ身体は出来上がっておらず、身長187センチながら70キロ台と線が細い。

これから下半身のメイントレーニングを積み、身体的にも出来上がってくるだろうが、線が細いからこそ、魅力ののしなやかが引き立つわけだ。

その最大の魅力のしなやかな、柔らかさが失われないように育ててもらいたい。

素材的には今年の同チームのエースの及川将貴投手にも引けを取らない。

https://goo.gl/images/t5TqXH

https://goo.gl/images/x7XrJE

個人的には及川よりよりいい素材とみている。

エースの及川ももちろん素晴らしい選手だ。及川投手フォームは若干横振りの印象。松本投手は投げ方も及川投手に似ているが松本投手の方いい印象だ。

及川を超える素材と言っても過言ではない。

スポンサーリンク

今年は新2年生ながら、素晴らしい才能を持った高校生屈指の大型サウスポー。

https://goo.gl/images/1X5ikW

まだまだこれからの投手。

まだ全国的には知名度はまだであるが、これから間違いなく注目の存在に。

楽しみだ逸材がまたしても登場だ。

松本隆之介投手は2020年のドラフトの目玉か!?

及川を超える逸材か

https://goo.gl/images/Yq8jQT

1年生から最速147キロを記録し、スーパー1年生として注目された松本投手。

素晴らしい才能を持った投手。前述したが同チームの今年のドラフトの目だの一人の及川を超える逸材といってもいい。

時点でも高い才能発揮しているだけに、どこまで成長もみせるか楽しみで仕方ない存在だ。

気は早いが、2020年にはドラフトの目玉選手と注目されるはず。

https://goo.gl/images/MTDjpx

プロのスカウトも間違いなく、またまだ二年生になったばかりで登板機会も少ないが、成長を見守っているはずだ。プロのスカウトたちは楽しみな存在と言えるだろう。

スポンサーリンク

今年の3月のセンバツにも出場する横浜高校。

エースの及川将貴投手や主砲の内海貴斗選手もプロ注目の選手で活躍が楽しみであるが、ぜひ松本投手にも期待してもらいたい。

必ず登板機会はあるはずなだけに、昨年からどこまで成長をできるいるか楽しみ。

登板し、活躍すれば全国的にも注目される。

早くもスーパー2年生なんて称されるかもしれない。本当に個人的にも楽しみな存在なだけに、これから怪我なく順調に成長してほしい。

同じ注目株で今年の同じく新2年生の明石商業高校の中森俊介投手にも注目。

https://goo.gl/images/8THSAm

中森投手は昨年の甲子園のマウンドで最速145キロをなげ、スーパー1年生として注目された右の本格派。松本投手と同じように逸材と言えるだろう。

中森投手在籍の明石商業も3月のセンバツに出場するだけに注目。

松本投手と同じく中森投手も注目だ。中森投手も来年の2020年のドラフトの目玉選手と言える存在だ。

しかし最近の高校生は体も大きく、素材豊かな選手がどんどん出てくる。それと完成度が高い選手が多いですよね。

ドラフトは先過ぎるのでまずは3月での甲子園センバツでマウンドに立つ事に注目。

素晴らしい才能を持った選手だけに、ぜひこれから成長を楽しみしていきましょう。

松本隆之介投手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

早くの高いポテンシャルを魅せ、プロ注目の存在と言ってもいい横浜高校の松本投手。

https://goo.gl/images/UUsLnP

順調に成長し、来年が楽しみな存在になることを期待している。

間違いなく来年のドラフトの目玉となる選手。

松本投手の成長を見守っていきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする