サッカー

堂安律 覚醒!? イラン戦のキーマンか!? 優勝に導きMVPへ!!【アジアカップ】

 

物足りねぇな

 

アジアカップ優勝を目指して、準決勝まで勝ち進んできたサッカー日本代表。

 

大会前から怪我人が続出し、試合でも厳しい状況の中

 

総合力でなんとか勝ってきてはいるが、期待の攻撃陣は低空飛行のまま

 

期待の3人の一人は大会前に離脱。

 

残り2人の大暴れを期待していたけど、なかなか本領発揮できず・・・

 

堂安律

 

日本最高の選手を目指すと語っていた男が2得点では物足りないですよね

 

そろそろ本領発揮じゃないですかね?

 

イラン戦では大暴れしてくださいよ。

 

今回はアジアカップ準決勝に臨む、覚醒が待たれる期待のアタッカー堂安律選手をPICKUP

堂安律選手のWiki的プロフィール

Embed from Getty Images

 

名前 堂安律 (どうあん りつ) Ritsu Doan

出身地 兵庫県尼崎市

生年月日 1998年6月16日

身長 172cm 体重 70kg

ポジション MF (ミッドフィルダー)

所属クラブ FCフローニンゲン

堂安律選手のプレースタイル

 

ビッククラブ注目のアタッカー

 

Embed from Getty Images

 

持ち味は積極的に得意のドリブルから相手選手を翻弄し、積極的にゴール前へ切り込み、自らシュートを放つ。

 

個人技で勝負することができる攻撃選手として高いスキルを誇り、相手選手を粉砕する日本期待のアタッカーである。

 

馬力のあるドリブルは相手選手には脅威。

 

Embed from Getty Images

 

まだまだ荒削りではあるが、プレーに自信を持っておりメンタル面では物怖じしない性格でプレーにムラがない。

メンタル面の強さがヨーロッパで活躍できる要因の1つでもあろう。

 

当たりにも負けない強靭なフィジカルを身に付け、競合いの強さを誇り、抜群のボールキープ力を誇る。

 

特にヨーロッパに活躍の場を移してから、フィジカル面での成長が見られており、若干20歳の期待のアタッカーはさらなる成長が期待できる。

 

数年後にはヨーロッパのトップの舞台にステージを移しているだろう。

 

そのプレーは魅力溢れる。

 

ヨーロッパのビッククラブも注目の期待のアタッカーだ。

 

Embed from Getty Images

 

これからの日本サッカーの顔として君臨する存在。

 

アジアカップでの堂安律選手はプレーは

 

アジアカップMVP候補だが・・

 

Embed from Getty Images

 

堂安律選手は今大会ではアジアカップMVP候補として注目されており、本人も自信を持って臨んできた大会だった。

 

しかし初戦のトルクメニスタンでは初戦ということもあり、

 

チーム全体的に低調に終わる。攻守にチームとしても良くなく、攻撃面でも精彩を欠いた。

 

しかし後半は積極性が見られ、持ち味である攻撃力を随所に発揮。ゴール前では反転からのシュートを決め、日本代表アジアカップ史上最年少ゴールを決めるまずまずのスタート。

 

2戦目のオマーン戦は前半からギアを上げて積極的に攻撃を仕掛け、攻撃では良い形を見せてくれたがゴールは奪えず。

 

後半は試合が拮抗し、持ち前の個人技を発揮することができなかった。

 

第3戦目のウズベキスタン戦は決勝トーナメントに向けて休養で出場していないが、

 

決勝トーナメント初戦のサウジアラビア戦では相変わらずの攻撃陣の連携が噛み合わず、またしも無得点。

 

前半からサウジアラビアの猛攻を受け、チーム全体が堅守重視であったために前線の南野、堂安、原口といった攻撃陣も3人も守備に徹し、献身的にサウジアラビアの完封に貢献し、見事ベスト8進出に貢献。

 

持ち前のの攻撃力を発揮できなかったものの、チームが連動して守備的に乗り越えた試合であるだけに献身性は評価できる。

 

ただ得点が求められる役割として、得点を決めることができなかった事は本人も悔しかったであろう。まだ期待通りの活躍はみせていない。

Embed from Getty Images

 

準決勝ベトナム戦ではコンディションを整えて出場だけに前半からゴールへ積極的に向かい、これまで攻撃陣の連携が噛み合っていなかったがベトナム戦では南野選手とのコンビネーションの良さも見え、持ち味を出していた。

 

ワンタッチ、ダイレクトプレーでのゴールへ迫る良い流れがあった。攻撃の流れから倒され、PKを獲得。

 

自ら冷静にゴールネットを揺らし、今大会に2得点目を決める。

 

しかし堂安選手のポテンシャルからすれば、現在の2得点と言うものは寂しい状況だ。

 

 

イラン戦ではキーマンか??

 

覚醒の予感

 

Embed from Getty Images

 

アジアカップでは2得点を奪っている堂安選手ではあるが、やはり大会前はMVP候補で期待値が高かっただけにパフォーマンス的にも物足りない。

 

厳しい試合が続いている中、随所に持ち味を見せているが、結果としてもう少しゴールが欲しいのも本音だ。

今大会のMVPを狙う堂安選手。こんな状況では面白くないだろう。

本人が目指す世界トップのサッカー選手なるためにはアジアで無双にならなければ話にならない。

 

準決勝の相手はアジアの強豪イラン。

 

厳しい試合になるだろう。

 

事実上の決勝戦。イラン戦は拮抗した試合になることが予想されるが、

 

その中で堂安選手がどのようなパフォーマンスを見せるかが注目。

 

Embed from Getty Images

 

イランはアジアの強豪ではあるが、日本代表の選手たちが持ち味をしっかり出してくれれば勝てる。

 

厳しい試合の中で真価を発揮するのが、堂安律という男だ。

 

俺の実力はこんなもんじゃね・・・・と本人も納得いくパフォーマンスではない。

 

堂安選手自身も、アジアの中でイランに勝ってからこそ、本当のアジアチャンピオン。

恐れることなく積極的に仕掛けていくと語っているだけに、試合開始からトップギアで仕掛けていくだろう。

 

 

そして、俺が優勝されてやるという、強い気持ちのはずだ。

 

トップギアに入った堂安を見ることになる。非常に楽しみだ。

 

高い期待値があるだけに圧倒的パフォーマンスを期待したい。

 

堂安律選手のアジアカップでのまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

次のイラン戦は日本代表が優勝へ大きく前進するための最高の試練だ。

 

ここ乗り越えれば優勝に一歩近く。

 

ここまで攻撃陣はなかなか持ち前の攻撃力をみせていないだけに

 

堂安選手にもそろそろ本領発揮してもらいたい。

 

こんなもんじゃないでしょ??

 

Embed from Getty Images

 

さあ堂安よ、覚醒に時だ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です