安部裕葵 バルサ移籍へ!! トップ昇格への険しい道のり!!




バルサ移籍へ!!

しかし、昇格への険しい道のりが待っている。

安部裕葵

今年、A代表デビューを果たした20歳の若者は、

世界最高の方のクラブ、バルサへ。

新時代の期待のアタッカーはバルサトップへ昇格できるのか。

今回は日本代表、安部裕葵選手のバルサ昇格への険しい道のりをPICKUP!!

安部裕葵選手のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/hYZojn8ST6W7T1zQ7

名前 安部裕葵 (あべ ひろき) Hiroki Abe

出身 東京都

生年月日 1999年1月28日 (20歳)

身長 171cm

体重 65kg

ポジション FW・フォワード

安部裕葵 バルサ移籍へ!! トップ昇格への険しい道のり!!

https://images.app.goo.gl/4qZh9yQQdSjhANdk7

サッカー日本代表の期待の新星。

安部裕葵

今シーズン、鹿島の10番を背負う存在にまで成長した男は、

この度、世界へ羽ばたく。

移籍先は世界最高峰のクラブの一つ、スペインの名門、FCバルセロナ。

安部選手は選手としてさらなる高みを目指し、特別な存在になるために移籍を決断。

しかし、バルセロナへ移籍する安部選手が実際プレーする環境はバルサB。

当然、安部選手はバルサBからトップ昇格を目指すはずだが・・・・・・。

今回の移籍だが、安部選手は自ら険しい道を選択し、挑むことになる。

バルサBチームはバルセロナの下部組織(カンテラ)の頂点。

この下部組織の所属する選りすぐりの才能を持った選手たちとしのぎを削り、貪欲に勝負を挑んでいかなければならない。

バルサトップへの昇格の可能性はないわけではないが、

非常に狭き門をくぐり抜ける、実力そしてメンタルの強さも重要になってくる。

そう、トップへの昇格は今の安部選手には高すぎる壁。

バルサトップへの昇格への道は険しいが・・・・

https://images.app.goo.gl/Hk6zV66RM7tdRB4KA

バルサBチームはラ・リーガ3部だということ。3部という環境はJリーグでプレーする方がいいという意見もある。
今回のバルサBチームへの移籍は、自ら成長するための明確なビジョンを持って挑むことがより胎児になってくるはずだ。

今回の決断は、

安部選手は中学から卒業後の進路を自分自身の決断で、

広島県の瀬戸内高校を選択したように、
今回のバルサBチームへの挑戦は己が成長できる環境にあると判断したからこその移籍。

これまでの自分自身を貫き、信じて来たこらこそ、現在の立ち位置をつかんだ。

安部選手がバルサへ移籍も、数年後には飛躍するための必要な決断であったと、実力で示してくれることだろう。

そして安部選手が今回バルサBへ移籍をするわけではあるが、

安部選手が海外からの評価を獲得したのは2018年のFIFAワールドカップでの活躍ぶり。

https://images.app.goo.gl/JaetUsF3P9JQKtYF8

その活躍ぶりに海外メディアは、眩ばかりの輝きを放つ原石と称するほど。

そして各世代の日本代表でも輝きを放ち初めていた安部選手は、

U-19日本代表として出場したトゥーロン国際でも積極的な攻撃参加、ゴールへの執念で存在感を発揮しており、

今後の偉大な選手へとなる可能性をひめた選手と高い評価を獲得していた。

それだけ、ここ数年でものすごい成長曲線を描き、アンダー世代日本代表や鹿島でのパフォーマンスが海外クラブからの興味を持たれ始めていたのも事実だ

https://images.app.goo.gl/PByduFCF5Rg7Sy8h9

そして、コパでのプレーが移籍への後押しとなったのだろう。

もともと安部選手は海外移籍を夢見ていた。

夢のプロへの切符を掴み、鹿島で躍動し、遠い夢だった海外挑戦が目標に変わり、

https://images.app.goo.gl/Dn5CegsHwiTPeYx57

近年の成長ぶりでより海外挑戦が明確になりつつあったはず。

そして、FIFAクラブワールドカップでレアル・マドリードと対戦し、

その実力をまじまじと体験し、己の立ち位置を見せつけられた。

安部選手は日本では経験できないものを味わい、

もっと自分はやれると語っているように、

さらなる成長する機会を望んでいた。

https://images.app.goo.gl/Sy48E8tVbyfjeC5w7

だからこそ、今回のバルセロナ移籍が実現したのだろう。

スポンサーリンク

安部選手はスペインの地で輝けるか。

可能性はあるはず。

2018年に日本でセヴィージャとプレシーズンを戦った際には、安部選手は十分通用していただけに、そしてMOMに輝き、相手を翻弄していた。

https://images.app.goo.gl/yxs49T9xraDVGYiw9

スペインのスタイルは安部選手にはフィットするかもしれない。

偉大なクラブ、バルセロナ。

今回の移籍はバルサBでプレーするが、バルサの下部組織の育成方針は、

ポゼッションを重視し、ボールを保持しながら、試合進めるスタイル。

それはすべてのカテゴリーで同じであるバルサの育成方針。

そのバルサのミッションに順応し、フィットする選手であると判断されたからこそ、

バルサからオファーがあったわけだ。

ポゼッションスタイルである環境はテクニカルな要素が強い安部選手が、

持ち味を伸ばす上で非常にマッチしているはず。

https://images.app.goo.gl/Rt7fH85YUJLzBF4u7

安部選手が成長するために最高の環境であるはずだ。

十分選手として成長できる環境。

しかし、今回のバルサ移籍には否定的な声もあるのも事実。

当初バルサ復帰が暫定路線と見られたいた久保建英選手が、ライバルクラブ、レアルへ移籍。

久保選手を獲得できなかったバルサが今後のマーケットへの戦略のために日本人選手を獲得に動きたという意見もあるが、

そんな周囲の声や評価は関係ない。

安部選手本人が己を成長するために必要な経験であると判断し、

自身の目指す、特別な選手になるために。

https://images.app.goo.gl/sTPyTg9xJyQFSs5x7

未知の世界へ挑戦するという決断が大切なこと。

己を信じ突き進む、直向きなサッカー青年の夢を応援していきたいところだ。

安部裕葵の評価は?? ポジションやプレースタイルをPICKUP!! 

安部裕葵選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

期待の新星、安部裕葵選手。

高校時代は無名の存在ながら、

Jリーグで躍動し、

バルサ移籍を実現させた。

日本サッカー界のニューヒーローとなれるか。

移籍はバルサBではあるが、しっかり経験をつみ、

次に繋がる日々にするはず。

それができる男だ。

周囲の声に惑わされず、己の道を邁進してほしい。

応援している。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする