堂安律の凄さとは?? ポジション・プレースタイル,評価は??




日本サッカー界の星。

堂安律

現在オランダで己を磨いている若武者は、

持ち味の積極的なプレースタイルで、

今や、欠かせない存在として、

日本代表の右サイドのポジションを不動のものに。

若くして日本代表のレギュラーを獲得したその凄さとは何なのか??

今回はサッカー日本代表の堂安律選手をPICKUP

堂安律選手のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/43Ng7SUMBr7GYzUk8

名前 堂安律 (どうあん りつ) Ritsu Doan

出身地 兵庫県尼崎市

生年月日 1998年6月16日

身長 172cm 体重 70kg

ポジション MF (ミッドフィルダー)

所属クラブ FCフローニンゲン

堂安律選手の経歴

現在、日本代表の1番の期待値を持つ男。

https://images.app.goo.gl/e1Gdbd4GinmegmERA

堂安律。

ヨーロッパビッククラブも注目される若武者は、

今や日本代表の右サイドのポジションを不動のものにした。

堂安選手は、ガンバ大阪の下部組織出身。

数多くの日本代表を育成してきたJリーグの名門の中でもトップクラス。

https://images.app.goo.gl/xPfrrPNofSJPqdhf6

ガンバ大阪史上最高傑作との呼び声高い才能の持ち主であった。

スポンサーリンク

17歳でトップチームに昇格。

ユース世代の日本代表でも活躍し、2017年からヨーロッパの舞台へ。

移籍したオランダリーグ、フローニンゲンでは、

1年目から10得点を挙げるなど、若くして海外での活躍。

https://images.app.goo.gl/JyezuRFxyWiq638L9

厳しい環境でポジションを掴み取ったハングリー精神、極上のメンタリティーを持った精神的強さを持った選手。

大器の片鱗を見せる活躍ぶりで、

早くも日本代表でも欠かせない存在感を発揮している。

サッカー日本代表の次世代のスター候補。

https://images.app.goo.gl/QKCPUPzMDo1x5BPR9

今一番期待されている日本が誇る期待の星といっても過言ではない。

さらなる成長は間違いない。

堂安律選手の凄さは?? プレースタイル・ポジション、評価は??

これからの日本代表の顔。

https://images.app.goo.gl/cQULXk3HRokHCZGU9

2018年の森保新体制から今や、日本代表のレギュラーとして活躍の常堂安選手。

選手としての凄さやプレースタイルはどういう選手像なのだろうか。

堂安選手は、積極果敢に攻撃を仕掛ける積極性が持ち味。

https://images.app.goo.gl/Gyzgvfn84XK2mbse7

攻撃への高い意識を持ち、縦への突破力、推進力は日本屈指。

主に右サイドでプレーし、持ち味でもあルドリブルで仕掛け、

相手選手の隙をつく、判断力を持ったクレバーさで、

https://images.app.goo.gl/mwa9tCFkwYA5H9CV7

一気にゴール前へ切り込む日本屈指のアタッカーだ。

スポンサーリンク

今、日本の選手でも1、2を争うポテンシャルで勢いのある選手で

和製シャキリと言われており、

非常にボディーコンタクトに優れた選手。

https://images.app.goo.gl/gPuWG3v2KKbGuAW59

堂安選手にとってボディーコンタクトの強さが最大の持ち味で、凄さでもある。

そして攻撃での判断力。

堂安選手はプレースタイルの印象として、ドリブルなどの個人技の印象があるが、

攻撃をしかける際の、試合状況、相手選手の布陣や守備体系への、状況判断力が優れ、

状況に応じた、攻撃パターンを繰り出せる力も兼ね備え、

流れのあるプレーで持ち味を発揮。

https://images.app.goo.gl/PTHc7NGTfHheVXmo8

味方選手との連動の中で得点を奪える引き出しの多い選手だ。

そして前述したがフィジカルの十分強く、

競り合いに負けない重心の強さ、安定感を若くして身につけている。

スポンサーリンク

日本屈指のアタッカーという認識であるが、

元々はトップ下の選手。

https://images.app.goo.gl/9Xotoob2QZ4zrAiM9

ドリブルの印象のせいか、ドリブルでガンガン仕掛ける個が強いタイプなのかと最初は思っていたが、

しかし、実際は代表選でのパフォーマンスを見ている限り、強烈な個人技で突破力がある選手ではない。

周りとの連携で崩し、得点を狙うタイプで中央で力を発揮する選手だ。

確かにドリブルや得点への嗅覚を持った選手。

右サイドでのプレーで成長することを目指しているが、

慣れないポジションでのプレーは周りの選手により、プレーを質が変わってしまう。

実際に日本代表で、特にアジアカップでは、

個人技でのプレーは単調なカットインの印象を持たれた方も多いのではないでしょうか。

堂安選手は周りの選手によって持ち味を発揮できる選手。

https://images.app.goo.gl/pFMCqtGeY7T6cqww8

正直、現在の堂安選手のレベルは中島翔哉選手の方がこの打開力は高い。
アジアカップでは中島翔哉選手は怪我で離脱を余儀なくされたこともあり、
それにアジアカップでの日本代表にはアタッカー陣ばかりで、二列目の選手にボールを供給する出し手の選手が入れば、また違った内容になっていたかもしれない。

特に中島翔哉選手との連携は親善試合ではいい形であり、結果も出ていた。

アジアカップではそれまでの中島翔哉選手との攻撃の連動なかったこともあり、堂安選手は個人技で光プレーはなく、持ち味を発揮していなかった。

堂安選手は印象はテクニカルな選手であるが、

実際はテクニック以外の判断力だったり、フィジカル面の強さも持った選手。

慣れない右サイドでの経験はこれから間違いなく活きてくる。

https://images.app.goo.gl/cofRtVXF5wfoQ86bA

またレベルの高い選手たちとプレーしていけば、経験値も上がり、もっと選手としてのプレーの質の向上するはずだ。

ビッククラブへの移籍が噂されているが、

堂安選手はビッククラブへの移籍は目標であろうが、

まずはオランダの上位クラブへ移籍し、そこからビッククラブへの移籍。

堂安選手自身も、次のステップアップにはオランダ国内の強豪への移籍を示唆しているだけに、

自分自身の状況をしっかり把握しており、しっかり今後の見据えた判断を下せる賢い選手だ。

そして、もっと攻撃での持ち味である、右サイドから中切り込みながら中央への動き回り、

周りとの連動の中でときゴールを決めるような、

攻撃を任せられるクラブ、堂安の持ち味を生かせるクラブ移籍してほしい。

そして堂安選手は攻撃だけではなく、守備での貢献度もできる選手だ。

https://images.app.goo.gl/aA2yjY5AuLfRgeAs5

高い守備意識を持ち、相手選手へのパスコースを消すポジションニングやカバーリング力も優れており、

持ち味の判断力は攻撃だけではく、守備でも活きている。

献身性もある。

華のある選手なだけに、個人技ばかり目がいってしまうが、

https://images.app.goo.gl/gWYp9Gzi61ofkste8

個人技以外のプレー、判断力やメンタリティーもあり、非常にクレバーさが優れており、この点が堂安律選手の一番の凄さ、ストロングポイントだろう。

スポンサーリンク

だからこそ、若くしてヨーロッパでもレギュラーとして活躍している要素であり、

ヨーロッパのビッククラブからの高い評価を受けているのは納得だし、

凄いの一言。

現在の判断力に、これからプレーの経験値が伸びてくれば、より一層スケールの大きい選手に飛躍するはず。

まだまだこれからの選手。

素晴らしい向上心を持った青年だ。

https://images.app.goo.gl/Fqn8zmY6TkmfTAcv7

貪欲に成長するために探究心を持地、常に変化を求める野心家だ。

日本代表で長きに渡り、活躍した本田圭佑選手に通づるものがある。

そのひたむきでさらに上を目指し、

成長していくことだろうし、これからもっと評価を上げていく。

日本代表を次のステージへ導く存在になれるか。

堂安よ、君は新メンタルお化けだ!!

https://images.app.goo.gl/MGDFq8LhYzkuFf6FA

さらなる飛躍の時だ。

堂安律選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

日本サッカー界のエース候補、堂安律選手。

積極的なプレースタイルで日本を次なるステージへ。

まだまだこれから飛躍する。

実力で示してくれ!!

堂安律がこんなもんじゃないところを。

期待している。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする