サッカー

堂安 PSVに移籍!! オランダの地で小野伸二を超える活躍ができるか

 

念願のPSV移籍!!

 

堂安律

 

サッカー日本代表屈指の才能はオランダの地で、

 

日本サッカー界が誇る天才、小野伸二を超える活躍ができるか。

 

夢のビッククラブ移籍を実現のため、

 

自身のプレーで結果で示すことができるか。

 

今回はPSV移籍を果たした日本代表期待のアタッカー、堂安律選手をPICKUP!!

 

堂安律選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/vzn6PEBht6mWhe2K6

名前 堂安律 (どうあん りつ) Ritsu Doan

出身地 兵庫県尼崎市

生年月日 1998年 6月16日(21際)

身長 172cm体重 70kg

ポジション MF (ミッドフィルダー)

所属クラブ FCフローニンゲン

堂安 PSVに移籍!! オランダの地で小野伸二を超える活躍ができるか

 

小野伸二を超える活躍を

 

https://images.app.goo.gl/h17cjoYtLRb51M327

 

日本代表のを中核を担う期待のアタッカー、

 

堂安律

 

今や日本代表の顔にまで成長を遂げた日本サッカー期待の若武者。

 

オランダの地で躍動し、世界トップを目指している。

 

今シーズン、所属のフローニンゲンから予てから噂されていた

 

オランダの強豪、PSVへの移籍が実現。

 

https://images.app.goo.gl/RxcQvw8rJzh5t6E49

日本最高の選手を目指す男は着実にステップアップを果たし、今回のPSVでさらなる成長し、そして世界トップのビッククラブ移籍を目指す。

スポンサーリンク
 

堂安選手は2017G大阪からオランダの地の渡ったガンバの才能は、

 

オランダでフローニンゲンで一年目からレギュラーを獲得。

 

シーズン二桁得点をあげ、大活躍。

 

そして2018年は日本代表、A代表への初選出を果たし、優れたフィジカルを武器に積極果敢な仕掛け、ゴールを目指す期待のアタッカー。

 

https://images.app.goo.gl/YYevg8ouPKKsVemt8

物怖じしないメンタリティーを誇る今や日本代表の攻撃の中核を担う存在。

 

そして新シーズンの幕開けとともに、日本期待の男はさらなる高みを目指す

 

熱き魂をもち、大いなる野望を持つ日本屈指の才能を持つフットボーラーだ。

 

そんなPSV移籍を話した堂安選手だが、

 

https://images.app.goo.gl/G8t93H87DGSsNawWA

 

今回の移籍は欧州移籍市場マーケット間近での移籍となった。

 

堂安選手はもともと、今年幕開けの時点ではもう一つのオランダの強豪、アヤックスへの移籍がとりだたされていたが、

 

PSVへの移籍の噂が上がったのは8月に入ってのこと。

 

もともとガンバ時代からPSVは堂安選手のことをリサーチしていたみたいではあるが、

 

堂安選手がオランダの地で一年目から活躍し、2年目は少しばかり物足りなかったものの、ここ数年の実績を評価しての獲得を目指したのだろう。

 

しかし、今回の移籍にはオランダの国内でも賛否が分かれている。

 

https://images.app.goo.gl/5NFoHxkxUnfgqY9X9

今回の獲得は商業的には興味深いが、本当に獲得すべき選手ではあったのかという声も上がっている。

 

確かに一年目は二桁得点をあげるなど、素晴らしいパフォーマンスであった堂安選手。

 

オランダ一年目のプレーには所属していたフローニンゲンでプレーしていた昨シーズン、引退を表明したオランダ屈指にアタッカー、ロッベン選手に匹敵する活躍を見せていた。

 

しかし昨シーズンの2年目は成績も落とし、パフォーマンスも低調であり、期待されたほどの活躍はできていないのは事実。

 

その影響もあり、今夏の堂安選手のPSVへの移籍はユース選手の妨げになるだけという意見もあり、

 

そしてPSVの中盤にはいい選手が多く在籍しているだけに、今回の堂安選手獲得はドブに捨てるだけにだと厳しい意見。厳しい見方が多い。

 

確かに堂安選手は若くていい選手ではあるが、飛び抜けたタレントではないのは昨シーズンのパフォーマンスからすれば、そう評価されても仕方ない。

スポンサーリンク
 

そしてオランダから世界を目指す堂安選手はPSV移籍に、

 

特に懐疑的な意見を発しているPSV監督で99年浦和レッズを指揮した経験があるア・デモシ。

 

オランダはもちろん、そして日本を知る存在と言えるだろう。

 

ア・デモス氏は堂安選手の才能を評価し、若くていいタレントが所属するPSVで揉まれ成長することを期待しているが、

 

浦和レッズからオランダの名門、フェイエノールトで活躍した小野伸二選手の方が三段階上だと放つなど、

 

今回のPSV移籍には否定的な意見が多い。

 

小野伸二選手は日本サッカー界史上最高の才能をもつ、未だ現役を続けるレジェンド。

 

現在はベテランの域に入ったが、10代から天才と呼ばれた存在。

 

https://images.app.goo.gl/wpPLAkCvDqQstXrE9

小野伸二選手は今年、久保建英選手が18歳で代表デビューを果たし、レアルへ移籍を果たしたが、小野選手も久保選手に負けないほど天才と呼ばれ、騒がれた選手。

 

そんな小野伸二選手は浦和レッズからオランダへ旅立ち、天才ぶりを発揮。

 

所属していたフェイエノールトではレギュラーとして大活躍。フェイエノールトの司令塔としてUEFAカップ(UEFAヨーロッパリーグ)優勝に貢献し、際立った存在であった。

 

オランダでも天才と呼ばれた小野伸二選手。

 

当時のフェイエノールトは当時まだ若く、のちオランダ代表を背負うスター選手、フェンペルシーなどが多く各国のスター選手が在籍しているチームであった。

 

https://images.app.goo.gl/2uWeiNE6FFrgLuHJ6

そんな選手たちが衝撃を受けるほどのテクニックで、小野はスペシャルな存在だと言われるほど、オランダの地で際立った存在だった。

スポンサーリンク
 

当時と今では時代も違うわけで、そして選手としてタイプが違うだけに比較は難しいかもしれないが、

 

現在でも日本最高の天才は小野という意見は圧倒的なだけに、それだけ小野伸二という存在は別格なのだが・・・・

 

そんな偉大な先輩と比較される堂安選手。

 

天才的な才能は負けるかもしれないが、堂安選手も素晴らしい才能を持った選手。

 

移籍するPSVでの激しいレギュラー争いに勝ち、オランダで今まで以上に活躍すれば、目標であるヨーロッパ屈指のメガクラブ移籍にまた一歩近づく。

 

https://images.app.goo.gl/3Pqw8AKsc3m2u853A

 

今回のPSV移籍は堂安選手の想定の範囲内。

 

堂安選手はフローニンゲンからオランダ国内の強豪へ移籍し、そしてビッククラブへともともと考えていたプランと言えるだけに、

 

着実にステップアップしている。

 

いきなり世界屈指のビッククラブではなく、オランダの地で成長してから移籍を目指すのは、自分自身のレベル、現在地が分かっているからこそ。

 

21歳の若武者はしっかり己を理解。

 

まだまだ目標の世界屈指の選手になるためには、たくさんの試練が待っている。

 

壁にぶち当たってこそ。乗り越えた時の成長速度はハンパないはず。

 

今回のPSVへの移籍の否定的な声を払拭するほど、

 

圧巻のパフォーマンスを見せてくれ。

 

PSVで大暴れし、小野伸二以上だと言わせればいいのだ。

 

それができるのが堂安という男だ。

 

https://images.app.goo.gl/YYevg8ouPKKsVemt8

 

見せてくれ堂安律の底力を。

 

期待している。

 

スポンサーリンク
 

堂安律選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

サッカー日本代表の堂安律選手。

 

この度は念願のステップアップを果たし、

 

オランダ強豪へPSV移籍が実現。

 

さらなる高みを目指して、結果で示してくれるはず。

 

夢のビッククラブへ移籍へ。

 

堂安律は歩みを止めない。

 

日本代表の主役になれる逸材なだけに、

 

タレント豊富な日本代表でも違いを作る存在に、

 

格上げを期待している。

 

まずはオランダで躍動だ。

 

小野伸二を超える存在へ。

 

期待している。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です