サッカー

堂安律 PSVへ移籍を希望!? 移籍が実現するか!?

 

 

PSVへの移籍が実現!?

 

堂安律

 

日本代表、期待のアタッカーは、

 

さらなる成長を目指し、ステップアップを目指している。

 

目標のビッククラブ移籍を目指し、

 

オランダ屈指の強豪へ、移籍を実現させるか。

 

今回はサッカー日本代表の堂安選手の移籍報道をPICKUP!!

 

堂安律選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/pB54zUvmEnA58Hjm6

名前 堂安律 (どうあん りつ) Ritsu Doan

出身地 兵庫県尼崎市

生年月日 1998年 6月16日(21際)

身長 172cm体重 70kg

ポジション MF (ミッドフィルダー)

所属クラブ FCフローニンゲン

堂安律 PSVへ移籍を希望!? 移籍が実現するか!?

 

https://images.app.goo.gl/zKScHvb65pLFQy4G7

 

さあ、ステップアップの時。

 

サッカー日本代表でフローニンゲンに所属する

 

日本期待の攻撃の要と成長を遂げた、

 

堂安律

 

今や日本サッカー界の顔にまで成長した期待の若武者は、

 

オランダリーグから飛躍を目指している。

スポンサーリンク
 

G大阪からオランダへ移籍して3年目。

 

今シーズンは念願のステップアップを果たし、

 

夢のビッククラブでプレーするため、そして己の格を上げるために、移籍を目指す。

 

ガンバ史上最高傑作の一人としてヨーロッパに活躍の場に移し、

 

オランダ移籍一年目からレギュラーとして活躍。

 

素晴らしいパフォーマンスで実力を示し、

 

https://images.app.goo.gl/arT9umLuM2nWumCt9

2018年ワールドカップ後の新体制から日本代表でもレギュラーをつかんだ。

今や、日本代表でも乗り乗っている若手の一人であり、

日本代表の顔にまで格を上げたと言ってもいい。

 

しかし、移籍2年目は研究されたこともあり、

 

リーグ、そして日本代表でも、丁重なパフォーマンスが続いており、

 

特に2019年になり、期待の答えるような活躍はできていない。

 

確かに2018年のような勢いのあるパフォーマンスは確かにできておらず、

 

堂安選手のプレーに対する否定的な声は多くなってきている。

 

https://images.app.goo.gl/f5XSVgNjwkfqAbhk7

それだけ否定的な声があるということは、期待の表れ、もっとできるという意見でもあるのは事実であるが。

 

当初、堂安選手にはオランダ一年目の活躍により、

 

ヨーロッパのビッククラブからの獲得の興味を持たれており、

 

イングランドのマンチェスター・シティーや、イタリアのユベントスなど、

 

強豪クラブからの移籍が実現するのではという報道もあったほど。

 

やはり2年目でのリーグのパフォーマンスなどもあり、実現するに至らなかった。

 

堂安選手自身もビッククラブへの移籍を目指しているだけに、

 

早々での移籍、早くステップアップを踏みたい気持ちであろう。

 

そして迎えた2019/2020シーズン、リーグ開幕し、

 

第2節に豪快ミドルで初ゴールを決めるなど、

 

https://images.app.goo.gl/TW5fJ4MCJrN3Anrh6

昨年以上の活躍が期待できるパフォーマンスを見せた。

スポンサーリンク
 

そして、ここにきた堂安選手にはオランダの強豪、

 

PSVヘの移籍が獲得を目指しているという報道。

 

堂安選手もPSVヘの移籍を希望していると自身も語るなど、オランダ屈指の強豪への移籍が実現するのか期待が高まる。

 

PSVはアヤックスとともにチャンピオンズリーグ常連でもあり、現在オランダの2強と言ってもいいほど、オランダ屈指の強豪。

 

昨シーズン中にはアヤックスへの移籍報道もあったが、

 

PSV所属のイタリアのナポリ移籍が決定的となっているメキシコ代表のイルビング・ロサノ選手の後釜として獲得を目指しているとされ、

現在、堂安選手を獲得を目指しているPSVはガンバ時代から興味を示しており、ここにきて、堂安選手をリストアップし、移籍交渉をしているとされている。

 

堂安選手、PSV側ともに相思相愛の状況とされているが、

 

所属するフローニンゲン側が希望する移籍金との折り合いがつかず、難色を示しており、

 

またPSV側が堂安選手の獲得を目指していることを現時点では否定している意見もあり、

 

PSVが求めているレベルの選手ではないという報道もあるのも事実。

 

https://images.app.goo.gl/zCkGxTvx6H6XCRKc9

現時点では獲得を目指しているという段階ではなく、興味段階なのかもしれないが・・・・

 

同じアジア、韓国代表としてか活躍したパクチソンのように、

 

Jリーグで活躍しPSVへ移籍し、オランダで活躍したヨーロッパ屈指のビッククラブ、マンチェスターUへ移籍を実現させたように、

 

仮に堂安選手のPSVヘ移籍が実現すれば、さらなる成長が期待でき、

 

目標であるヨーロッパ屈指のビッククラブへの移籍へまたひとつ、近づくチャンス。

 

もう少し、移籍マーケット終了まで時間があるだけに、

 

フローニンゲンとPSV側の交渉は継続することだろう。

 

双方の交渉次第により、PSVヘ移籍が実現するのか期待が高まる。

 

堂安選手は選手としてのステップアップ、目標であるビッククラブでプレーを実現し、

そして日本最高の選手になるべく、さらなる選手としてスケールをあげるチャンス。

 

さあ堂安よ、

 

昨年の溜まった鬱憤を晴らし、

 

大化けし、覚醒の時。

 

https://images.app.goo.gl/tV1uwdTyC8f69rPb7

 

ここで一皮向け、オランダ、そして、

 

ヨーロッパを席巻する存在へ。

 

スポンサーリンク
 

堂安律選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

日本サッカー界の期待の存在、堂安律。

 

今や日本サッカー界の顔になれるほどの存在となり、

 

期待の若武者はさらなるステップアップを目指ざす。

 

まずは報道にあるオランダの強豪、PSVへの移籍を実現し、

 

目標のビッククラブへの道へ。

 

今後の去就に注目していきましょう。

 

 

スポンサーリンク
 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です