メジャーリーグ

ダルビッシュ 高校の成績や活躍ぶり,高校時代をPICKUP !!

 

 

高校から天才だった。

 

ダルビッシュ有

 

今やメジャーリーグという野球の最高峰の舞台で闘う男は

 

日本史上最高の投手の一人であるが、

 

やはり高校時代から別次元だった。

 

今回はダルビッシュ有投手の高校時代の活躍、高校の成績をPICKUP!!

 

ダルビッシュ有投手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/WRAVZyvK5cfSHciY8

名前 ダルビッシュ有 (だるびっしゅ ゆう) Yu Darvish

出身地 大阪府羽曳野市

生年月日 1986年 8月16日 (33歳)

身長 196cm

体重 約100kg

ポジション 投手 (スターター)

ダルビッシュ 高校の成績や活躍ぶり,高校時代をPICKUP !!

 

https://images.app.goo.gl/7c853udbbziJ6Ags7

 

彼が魅せてくれた最高のパフォーマンスはどこへ。

 

怪我の影響もあるだろうが、今の彼はスロットマシーンのようだが・・・

 

完全復活はできるのだろうか。

 

世界最高の投手を目指してアメリカのメジャーリーグで挑んだはずなのに、ここ数年のパフォーマンスの悪さといったら、まるで別人のようだ。

 

ダルビッシュ有

 

https://images.app.goo.gl/tsiGsRctDSK4Hrjx9

 

日本時代は完璧という言葉が一番似合う存在だった。

 

圧倒的なパフォーマンスを誇った快刀乱麻のピッチングをもう一度。

スポンサーリンク
 

今や葛藤の日々だろう。

 

思うような投球できていないここ数年。

 

純粋に野球を楽しでいた頃の気持ちを思い出してみることも必要なのではないか・・・・

 

もちろんダルビッシュ投手にも思いや考えあるだろうから、決めつけることはよくないが、

 

幼き頃からエリート街道を歩んできた最高の才能の持ち主であるダルビッシュ投手。

 

もちろん、高校時代からそのすごさを誰もが知っているのだ。

 

今回は、ダルビッシュ投手の高校の成績や活躍ぶり、

 

天才の高校時代を振り返っていこうじゃないか。

 

https://images.app.goo.gl/koorNJZAQDBafVeN7

 

ダルビッシュ有投手は、宮城県の東北高校出身。

 

東北高校は野球の東方地方、有数の強豪校。

 

ここ数年は仙台育英高校のイメージだが、ダルビッシュ投手が在籍した頃はプロ入りする選手も多く、強かったですよね。

 

そんな野球の強豪校に進学するダルビッシュ投手は、中学時代から天才として有名。

 

中学時代からずば抜けた才能は有名で当時から中学3年生の時点で144キロをマーク。

 

変化球も 7~8個すでに投げれるようになっており、当時はまだマイナーであったツーシームすらすでに完璧にマスターしていたという。

 

そんなダルビッシュ投手は高校に入って、技術的な練習は一切していないという天才ぶり。

 

中学時代からずば抜けた才能を持ち、また自ら描いたことを思うように実現できる器用さ、ずば抜けた具現化力を誇っており、

 

中学時代には投手としてはすでに完成されていたわけだ。

 

https://images.app.goo.gl/BtfELRbKxyPtxYs3A

末恐ろしいw。やはり物が違った。ダルビッシュ投手は本物の天才なのかもしれない。

 

そんなダルビッシュ投手には、数多くの強豪校からの誘いから東北高校を選択。

 

入団した東北高校では1年生の秋からエース。

 

2004年の秋の明治宮大会で全国デビューした際は、いきなり12奪三振を奪い、最速147キロをマーク。

 

https://images.app.goo.gl/LwCkwGTW46XhoBxa6

1年生とは思えないほどのパフォーマンスでその存在を轟かせ、最高の才能を持ったダルビッシュは早くも才能を遺憾なく発揮していた。

 

ダルビッシュという才能は野球史上トップクラス。

 

その当時から存在自体突出しており、才能、考え方、全てにおいて規格外、

 

高校野球という枠に収まらない異次元の存在であったという。

スポンサーリンク
 

当時のチームメートも、その野球選手としての才能はもちろん、

 

ダルビッシュ投手の1番の才能は、能力ではなく、考え方。

 

https://images.app.goo.gl/UqL8Fk6FQYtdf5UJ8

自分を貫ける強さ、信念であると語っている。

 

「高校野球はこうであるべきだ」という独特の縛りや風潮がある中、

 

ダルビッシュ投手は、

 

高校野球の常識、いわゆる空気感から逸脱、暗黙のルールを気にしない自由さがあった。

 

自分の考えを持っており、自分にとって必要のない練習は休みなど、当時、成長痛に苦しんで独自の調整を監督から許されていたこともあるが、

 

やらないことも選択の一つだと考えることができる、

 

信念を貫ける強さがあり、

 

セオリーから普通に外れることを気にしないダルビッシュ投手。

 

https://images.app.goo.gl/DAx2xmxjmDoi9tHd8

そして、ずば抜けた才能を持った天才は監督から、

 

独自の調整法を許可されていた監督のとの特殊な関係もあり、

 

集団行動が基本とされている中、我が道を行くダルビッシュ投手は周囲と摩擦が生まれてしまう異端児として、距離を置かれることもあったほど。

 

高校野球という枠から外れた、全てにおいて、別次元でずば抜けた存在であった。

 

しかしダルビッシュ投手自身は、独自の調整法を許されていたこともあり、

 

その状況下でいかに成長できるかを自分が考えることをフォーカスしていた。

 

自分で考えて練習を決め、いろんな可能性から、自分に合う練習を選択できる考える力があった。

 

高校時代はポール間の以上の距離を走ったことがないという。2週間キャッチボールしないなどの逸話がある。

 

しないという決断が取れるの才能、考え方も高校生離れ、

 

そのスタンスが高校野球という空気感、いうの中で浮いた存在になってしまうきっかけになっているが・・・

 

しかし、それだけ周りが理解できないような才能を持っていたわけだ。

 

そして、成長痛で苦しんだ高校時代。

 

成長痛もあり、特に練習も何もしていないと語っているだけに、中学には投手として基盤ができており、ダルビッシュは本物の天才だった。

スポンサーリンク
 

そして、天才は徐々にその才能を世に見せつけ始め、全国を席巻する。

 

1 2

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です