サッカー

日本代表 オマーン戦1-0で辛勝 決勝トーナメント進出!! 課題も【試合内容】

 

 

勝てば決勝トーナメントが決まる日本代表。

 

前回2得点のエースストライカーの大迫選手が怪我の為スタメンを外れ、

 

代わりに北川航也選手がスタメンに。そして欠場していた遠藤選手がボランチに、

 

富安選手が本職のセンターバックへ復帰。

 

当然日本代表は研究されている中、

 

日本代表の攻撃人、注目の堂安選手、南野選手、そして原口選手の期待の前線3人がどう攻撃を絡めてくるのか。

 

一方オマーンは日本の攻撃を警戒して当然引いてカウンターを狙っている。

 

高さの特徴がないオマーンではあるが、隙を見ての様々な攻撃パターン、

 

カウンターで日本を攻めてくると予想、守備陣ではその中でどうリスク管理をするのか、

 

攻守の切り替えが重要になる試合と予想。

 

どのような試合展開を見せるかが見所。

 

日本代表・オマーン戦スタメン

Embed from Getty Images

GK 権田 修一
DF 酒井宏樹 富安健洋 吉田麻也 長友佑都
MF 遠藤航 柴崎岳 南野拓実
FW 堂安律 原口元気 北川航也

 

日本代表・オマーン戦の試合内容

 

PKで惜勝。

Embed from Getty Images

結果1−0でPKでの一点を守りきり勝利。勝ち点3を獲得し、決勝トーナメント進出を決めた。しかし、試合に内容的は厳しいものだったかもしれない。

前半は序盤から攻撃陣がいい形をみせ、ダイレクトプレーでチャンスを演出し、何度もゴール前へのシーンを見られ、積極的なプレーでPKを獲得するなどしていたが、

決めるべきポイントでの得点を奪えなかったのは課題であろう。しかし相手キーパーの好セーブあり、そこに関してオマーンのキーパーを褒めよう。

一点後半は非常に硬い内容であった。厳しい試合展開ではあったが、勝ち点を取れたことに関しては評価できる。試合総合的に見ると課題の残る試合でもあったように思う。

しかし今後のことを考えるとこういう試合は必要だったかもしれない。もっと制度をあげる為に気づき感じられる試合ということで、しっかり次に繋げて改善して欲しい。

後半はなかなかオマーンも含めてシュートを打つ場面も少なく試合が拮抗。日本代表も得点が欲しい場面であったが、試合状況は変わらない状況が続き、後半はシュートを打つ場面を作ることがなかなかできなかった。1点リードしている状況で、もう一点ほしい中で追加点が奪うことができない展開も課題だろう。それに負傷者も属している日本代表の中で投入する選手がというの選手等の薄さを露呈した試合にも感じだが。

それに交代も遅いもう少し早く動いても良かったのでは。森保監督もなかなか変えづらさもあったのか。後半の特に守備面でのばらつき、ポジショニングを含めてヒヤヒヤする場面もあった為、課題を次節にしっかりに生かしてもらいたい。この試合は審判のジャッジに勝たせてもらったといってもいいかもしれない。

若手主体で若手の底上げも含めたメンバー選考である為、分仕方ない。ある程度は我慢して使ってチームの成長するための必要な試合ではあるだろう。

アジアとはいえ厳しい試合が続くだろうが、戦いながら成長してくれるといいだろう。

 

日本代表、オマーン戦の注目選手をPICKUP

 

南野拓実

Embed from Getty Images

前半は抜け出しからのいいシュートを打っていたが、オマーンGKの好セーブにあうなど惜しい場面が続いた。前への推進力、競合いにも負けないフィジカルの強さを魅せており、高いキープ力を誇っていた。前回よりいい動きをしていた。課題はゴールを決めきれるところだろうし、決めてこそ本物エースになれる。徐々に良くなっていることから、しっかり改善してきてくれるだろう。決勝トーナメントでの爆発に期待

 

堂安律

Embed from Getty Images

前半は積極的に仕掛けゴールを演出しており、攻撃での良い形を魅せてくれたが。後半は持ち味を出せずに。ボールを持ちすぎてチームのバランス面で気になったが。俺が決めたいという気持ちの現れか・・

 

原口元気

Embed from Getty Images

PKを獲得する積極的な飛び出しや随所に持ち味を発揮していた。抜群の運動量と献身的プレーはさすがといった印象。。闘志あふれる選手。試合終了後の表情がいい。勝ちはしたが納得がいっていない。課題を感じていることはわかっている。日本代表には欠かせない存在

 

遠藤航

Embed from Getty Images

遠藤選手は前回の欠場から先発に復帰。攻守の要として相手のボールを攻撃の根を積むなど、守備面での貢献度の高さが光った。ボランチ遠藤選手がこの試合において大きな役割を担っており、彼の存在が効いていたと言っても良いだろう。彼の危機的察知能力に長けていた。今の日本代表の試合で欠かせない存在であることを証明したといってもいいだろう。

 

富安健洋

Embed from Getty Images

富安選手は前回ボランチでの出場であったが、今回は本職のセンターバック。センターながら攻撃のスイッチを入れる役割として、いいアクセントとなっていた。、ロングフィードでのチャンスを演出するなど、やはりディフェンダーながら攻撃のスイッチ入れる役割としてやはり攻撃のセンスもいい。ディフェンスでもいい動きをしており、危なげなくこなしていた。吉田麻也選手とのコンビも良かった。まだまだ良くなる。この大会でさらなる成長を見せるだろう。

 

北川航也

Embed from Getty Images

大迫選手の怪我よりスタメンを抜擢された北川選手だったが、前回同様目立った瞬間もなく完全空気状態だった。コンビネーションプレーを狙っての動きもハマらず、他の選手が感じ取ることができず、連携でもうまく噛み合っていなかった。正直、次節は武藤選手がスタメンの方が良いのではないかと率直に思ってしまった。北川選手もせっかくチャンスだっただけに何もできなかったため、悔しさだけが残ってしまった。しかし気持ちだけは負けて欲しくない。

 

長友佑都

Embed from Getty Images

前半終了間際にペナルティエリアでのシュートを打たれた際に、体を投げ出し防いだが手に当たってしまったがPKにならず。VARがPKだっただろう。審判に助けられた形に。

 

柴崎岳

Embed from Getty Images

前回のトルクメニスタン戦同様、あまり効果的なプレーがなかった印象。森保新体制になり、なかなか光るプレーができていない。ワールドカップの活躍はまぐれか・・・

 

吉田麻也

Embed from Getty Images

ヒヤヒヤする場面が多々あった吉田選手。クリア、バックパスでミスをする場面や抜かれる場面も気になるところだ。それに守備の連携での課題も。前回からというか、代表ではらしくないプレーが続いている。

 

伊東純也

Embed from Getty Images

後半ん終盤から出場であったが、彼らしいプレーを見せ存在感を示した。伊東選手の持ち前のスピードとドリブルをみせつけていた。伊東選手のようなスピードのある選手は、試合が拮抗した場面に大きな役割を発揮できるだろう。さらなる飛躍を。

 

武藤嘉紀

Embed from Getty Images

オマーン戦はスタメンと思っていたがベンチスタート。後半の序盤から途中出場。持ち味を発揮できず。しかし持っているポテンシャルは高いだけに、次節はスタメンで見てみたい。

オマーン戦に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

厳しい試合の中で勝つことができたことは大きいが、試合内容は良くなかったし、その状況が2試合続いているのは今後の不安要素だし、課題。

 

だが、アジアとはえ、オマーン戦のような戦い方では、

 

日本代表がアジアカップで優勝するのはきびしい。

 

選手たちがそれを認識していることが大事だろう。

 

しっかり調整して、次節のウズベキスタン線に活かして欲しい。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です