野球

浅村栄斗 高校時代は高校野球史上最強一番!? 成績や活躍をPICKUP!!

 

高校時代は高校野球史上最強の一番!?

 

浅村栄斗

 

東北楽天ゴールデンイーグルスの主軸として活躍する、

 

豪快なスイングが魅力の若きスラッガー。

 

今回は浅村栄斗選手の高校時代の成績や活躍をPICKUP!!

 

浅村栄斗選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/NqefC3E4sKDvi9Xx8

名前 浅村栄斗 (あさむら ひでと)

出身 大阪府大阪市東淀川区

生年月日1990年11月12日(28歳)

身長 180kg

体重 90Kg

ポジション 内野手 (セカンド、ショート、サードなど)

浅村栄斗 高校時代は高校野球史上最強一番!? 成績や活躍をPICKUP!!

 

https://images.app.goo.gl/hfABxgzGDPsk9yHd9

 

球界屈指のクラッチヒッター

 

浅村栄斗

 

勝負強い打撃でチームに勝利を導く打撃は、

 

今や、球界最高峰。

 

昨年のオフ、

 

西武ライオンズから東北楽天ゴールデンイーグルスへFA移籍。

 

その移籍先の去就で、騒がせるほど、

 

https://images.app.goo.gl/rw9KrR8MDob39ijD6

今や、球界を代表する選手へと成長した証。

スポンサーリンク
 

昨年、2018年は見事西武ライオンズをリーグ優勝に導き、

 

自身2度目の打点王を獲得。

 

打撃三部門において、ハイレベルの成績を残し、

 

豪快にフルスイングをするが、卓越した打撃テクニックを誇り、

 

https://images.app.goo.gl/udSpCGhyw52yziq96

そしてパンチ力を兼ね備えた球界を代表する内野手。

 

浅村選手は打席でしっかり振れる打撃ができるのは最大の持ち味。

 

今シーズンから移籍したイーグルスの攻撃の核として、これからチームの顔になる存在だ。

 

選手としてこれからが全盛期。

 

これからどんな選手へと飛躍するのかも楽しみな存在だ。その期待も大きい。

 

そんな今や、球界を代表する内野手となった浅村栄斗選手であるが、

 

高校時代はどんな選手であったのでしょうか。

 

今回は浅村選手の高校時代の成績や活躍ぶりをPICKUPしていきましょう。

 

https://images.app.goo.gl/jX2sTRLstLVcLTsX7

 

浅村選手は大阪府出身。

 

高校は大阪府の名門、大阪桐蔭高校出身。

 

大阪桐蔭高校は今や、高校野球の超名門。

 

そんな選りすぐりの選手が集まる強豪校へ進学した浅村選手。

 

https://images.app.goo.gl/egYFBL2JoV8JXPwF7

 

中学時代の浅村選手は中学時代は全国的にも名を馳せた選手ではないが、

 

大阪桐蔭高校へ進学するほど、野球の実力を持った選手であったのは間違いない。

そんな浅村選手の兄も大阪桐蔭高校出身。兄の背中を追うように、そして導き狩れるように野球の名門校へ。

 

浅村選手は大阪桐蔭進学後は、無名の選手ながら、

 

1年生の秋からベンチり入りを果たすなど、存在感を発揮。

 

しかし、当時の浅村選手はあまり練習熱心な選手ではなく、起伏が激しいタイプの選手であった。

スポンサーリンク
 

浅村選手自身も入団当初は自身を真面目な選手ではなかったと語っており、

 

https://images.app.goo.gl/8CA3fHSkzwMbDijg9

 

大阪桐蔭という名門に入ったものの、厳しい練習をただこなすだけの選手であったようだ。

 

浅村選手は一年生の秋にはベンチ入りを果たしたが、

 

翌年の初の選抜に出場したチームのベンチ入りメンバーに入ることができず。

 

春の選抜のスタンドで迎えた浅村選手はその時に初めて自分自身の現在地を知る。

 

超がつくほどの名門校に入学したものの、このままで甲子園すら立てない存在のままだと感じ、

 

そして大阪桐蔭高校の西谷監督からも、大阪桐蔭に来た意味を考えろと言われとことが、

 

浅村選手の変え、野球に真摯に向き合うようになり、才能を磨き始めることに。

 

そんな浅村選手にはさらなる転機が。

 

https://images.app.goo.gl/54yAsdhbakPcLBpc7

 

2年生の春の悔しさにより、それまで以上に練習に取り組むようになり、

 

2年生の夏からチームのレギュラーとなっていた浅村選手。

 

2年生の夏は甲子園出場とはならなかったものの、チームの正二塁手のポジションを奪取。

 

大阪桐蔭の準優勝に貢献し、徐々に強豪校の中でも徐々に存在感を発揮し始めた浅村選手。

 

しかし、チームは決勝で敗戦という事実。

 

https://images.app.goo.gl/K1Y81myssM8ZiKCx7

浅村選手が2年生の時には3年生には当時超高校級スラッガーとして騒がれた中田翔選手が在籍。

しかし、そんな怪物選手を要する大阪桐蔭高校でも大阪大会を勝ち進むことができなかった。

 

大阪大会は甲子園より勝ち進むことが難しいと言われるほど強豪校がひしめく激戦区。

 

そして秋の大阪大会でもPL学園にコールド負けを屈し、

 

このままではいけないとそんな環境で厳しさを痛感。

スポンサーリンク
 

浅村選手はより一層練習に取り組み、

 

https://images.app.goo.gl/6CQrcUABihMQHtvM7

徐々に大阪桐蔭の中でも際立つ存在に成長。

 

徐々に、自覚が芽生え、練習に取り組み、監督からの言葉、

 

そしてオフにはOBである当時球界のスターになっていた西岡選手が自主練で訪れた姿を見て、プロを意識。

 

 

https://images.app.goo.gl/AHZoJsckDm94MKs58

さらにより一層練習に取り組むようになり、目の色が変わっていった。

 

2年生の夏の大会で2年生で唯一レギュラーであった浅村選手は、新チームとなり、

 

練習に成果により、徐々に頭角を現し、チームの主力へ。

 

2年の秋以降、ホームランを量産。

 

浅村選手は2年秋の時点では高校通算3本塁打であったが、3年の夏の大会までに14本塁打を放つほど、猛打を連発。

 

プロを意識し始めた浅村選手は、3年生なる頃にはプロ注目の選手へとなっていた。

 

https://images.app.goo.gl/YbUC7Ln2K4eLzavD7

悔しさを経験した男は、入学当初のような怠慢なプレーする姿はなく、目の色を変え、真摯に野球に取り組み、そして悔しさを経験したことが、

より一層選手として飛躍すりきっかけになっていた。

 

3年の夏の大阪大会を見事、優勝、念願の甲子園の切符を獲得。

 

そして甲子園の舞台で浅村選手はさらなる輝きを見せる。

 

迎えた一回戦。一番として出場した浅村選手は猛打を連発。

 

6打数5安打。

 

https://images.app.goo.gl/XKgW6DnCdDDsgy5N9

今や代名詞とも言える積極的なフルスイングで大活躍。

 

続く二回戦では2本塁打を含む3安打。

 

https://images.app.goo.gl/PKeN41rPrvRFa2vF8

甲子園という舞台でも、眩いばかりの輝きを放つ姿は、甲子園のファン、高校野球のファンを唸らせるほどの活躍ぶり。

 

一躍全国区に躍り出るほど驚異的な活躍で、

 

勢いにのったチームは決勝まで勝ち上がり、見事優勝。

 

驚異的な活躍を見せた浅村選手のバッティング。

 

https://images.app.goo.gl/DSCR1NQqm56LLKGH8

 

夏の甲子園の成績は、

 

29打数16安打 打率.552 2本塁打 4打点。1大会16安打は歴代2位タイを記録。

 

その活躍ぶりは高校野球史上最強の一番打者と称されるほど。

 

積極果敢なバッティング、そしてチームの支える華麗で積極的な守備。

 

https://images.app.goo.gl/yAionPUydiewgoun9

攻守において、積極的なプレーでチームを鼓舞する存在、名門校の中でも一際輝きを放つほどのスタープレーヤーとなっていた。

スポンサーリンク
 

浅村選手は当時の活躍ぶりを、

 

目標であったプロへの意識があったことが活躍につながったと語っている。

 

プロへの夢を描いていた浅村選手は、当然高校卒業後の進路はプロ。

 

西谷監督から、甲子園での活躍しないとプロは厳しいと言われていることが、

 

奮起するきっかけにつながっており、

 

それまでの苦しい経験により、野球への真摯な取り組み、そして大阪桐蔭という環境、

 

数多くのプロを輩出した名門校だからこそ、プロとの距離を感じ、意識する環境もあり、

 

https://images.app.goo.gl/c74WZoKQz4aJNxdBA

高校3年間で大きく飛躍し、目標であったプロの道をつかむほどの選手へと成長した。

 

浅村選手は高校3年間等しては、高校通算22本塁打。

 

https://images.app.goo.gl/y5RD3LbQ629BgJVx7

 

先輩である中田翔選手は87本塁打、西岡選手は高校時代42本塁打と、決して数字としては二人に比べて活躍はしてないが、

 

しかし2年の秋からの急成長、そして3年の夏の甲子園で見せた驚異の活躍ぶりが評価され、目標のプロの世界へ。

 

今や、球界を代表する強打者といってもいいほどの活躍ぶり。

 

先輩二人にも負けないほど、プロの世界で活躍しているといってもいい。

 

現在は楽天のクリンナップを打つ強打者ではあるが、

 

高校時代は名門、大阪桐蔭の俊足巧打の強力一番打者であった。

 

その積極的な打撃は今も、プロの世界で健在。

 

https://images.app.goo.gl/S222hN3BKbcyPiMaA

 

当時とはプレースタイルは変わったものの、

 

持ち味である積極的なバッティングは変わらない。

 

これからも豪快な打撃で輝きを放つ。

 

スポンサーリンク
 

浅村栄斗選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

球界を代表する強打者に成長した浅村栄斗選手。

 

高校2年生までは無名の存在であったが、

 

高校時代は強豪、大阪桐蔭高校の、

 

俊俊足巧打のショートとして甲子園で大暴れ。

 

優勝に導き、甲子園史上最強の一番と称されるほど際立った活躍であった。

 

見事、甲子園での大活躍により、プロの切符を掴んだ。

 

野球に対する直向きさが現在の姿。

 

本当に素晴らしい選手に成長した。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です