レジェンドプレーヤー(プロ野球)

上原浩治 フォームの凄さ!! マウンド上の魔術師!!

 

華麗な投球フォームからの極上の投球術!!

 

右腕から放たれる回転数の多い切れ味抜群のストレートは、

 

圧巻の一言だった・

 

上原浩治

 

日米、素晴らしい功績を残した偉大な投手が、

 

現役引退を表明。

 

本当に華麗なフォームの素晴らしいピッチャーでした。

 

今回は引退を表明した上原浩治投手の華麗なフォームをPICKUP

 

上原浩治投手のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/sxkqk1Qs5xWPurhW8

名前 上原浩治 (うえはら こうじ)

出身 大阪府寝屋川市

生年月日 1974年4月3日(43歳)

身長 187cm

体重 87kg

ポジション 投手

上原浩治投手の経歴

 

https://images.app.goo.gl/3CQud1cxW5bu1uHU9

520日、現役引退を表明した上原浩治投手。

 

素晴らしい実績を残してきた平成を代表する投手。

 

また一人、個性豊かな投手の引退に寂しさを覚えてしまいますが、

 

そんな上原浩治投手は、高校時代は無名の存在。

 

高校卒業後の進路の際に大学受験に失敗。

 

1年間の浪人生活の中、トレーニングをストイックに続けたことが転機に。

 

大学入学後、大学1年生からエースとして大活躍。

 

https://images.app.goo.gl/5eQNuLWZCzhkLjJx9

大阪体育大学時代のプロ注目の存在へ躍り出し、アマチュア日本代表でも大活躍。

 

スポンサーリンク
 

 

1998年のドラフト会議で、読売ジャイアンツを逆指名で入団。

 

プロ一年目、1999年のシーズンから抜群の投球内容を魅せつけ、

 

シーズン20勝を挙げるなど、

 

https://images.app.goo.gl/PuKbnSDYZU6fje8v7

新人王や沢村賞、最多勝などタイトルを総なめ。

 

雑草魂という強い魂を持った熱き投手としてジャイアンツの大活躍。

 

https://images.app.goo.gl/zzA5eVMmMC8xwG9j7

その後はFA宣言でメジャーリーグへ挑戦。

 

特に際立った活躍をしたのが、移籍した3チーム目のボストン・レッドソックス。

 

連続無失点は27試合を記録するなど圧巻の投球を披露!!

 

https://images.app.goo.gl/gtyicf3EoRUaxzk6A

レッドソックスでは抑えとして大活躍。

 

レッドソックスをワールドチャンピオンに導き、

 

https://images.app.goo.gl/1CubuMRv4LVJ9yxeA

メジャーの舞台でも最高の輝きを放ち、挑戦したメジャーリーグでの数々の栄光を獲得。

 

昨シーズン2018年、古巣読売ジャイアンツに復帰。

 

https://images.app.goo.gl/Ej8xHqqqJzooQ7ot6

晩年を迎えた上原浩治投手は怪我もあり、思うような投球ができず。
そして、今シーズン背番号19に復帰するも、怪我により思うようなパフォーマンスが上がらず。

 

スポンサーリンク
 

 

520日、シーズン途中に現役引退を表明。

 

https://images.app.goo.gl/7zbUdHZLVfGJehFm6

日本、そしてメジャーリーグで栄光の日々。

 

素晴らしい実績を積み重ねてきたレジェンド投手だ。

 

そんな数々の栄光を掴んできた、上原浩治投手の投球をPICKUPしていきましょう。

 

上原浩治投手 フォームの凄さ!! 驚異の回転のストレート!!

 

雑草魂。

 

https://images.app.goo.gl/vjrBeLcinTT8utJF8

熱き魂で気迫溢れるフォームが魅力の上原浩治投手。

 

https://images.app.goo.gl/zc88u4iNPLtKMdMA7

その素晴らしい実績を残してきた秘訣はなんなのでしょうか。

 

それは切れ味抜群のストレートを生み出す独特な投球フォーム。

 

https://images.app.goo.gl/pSz1EkoLLwXR6g1m6

一見、わかりやすい独特な投球フォームではないが、

 

非常にリズミカルでテイクバックが小さいコンパクトな投球フォームから、繰り出されるストレートはキレが抜群。

 

ボールの回転数が並の投手より多いのが特徴だ。

 

https://images.app.goo.gl/2gp4vVLEYNmAsaQB6

特にメジャーリーグ、レッドソックス時代はそのストレートに磨きがかかり、
ストレートMLB平均は2200回転と言われる中、当時の上原浩治投手は2400回転を優に超える回転数を誇っていたのだ。

 

しかも、上原投手のストレートの平均速度は140キロと決して速くない。

 

https://images.app.goo.gl/omBfoDxS8ZoQ7gx66

いや、メジャーでは遅い部類だ。

 

上原浩治投手のストレートは138〜140キロ前半が大半の中、コンパクトなフォームから投げられるボールで、メジャーの強打者たちが空振りを奪う。

 

スポンサーリンク
 

 

遅いボールなのに空振りしてしまうという摩訶不思議。

 

打席に立てば、上原浩治の世界へと導かれてしまう魔法の投球術。

 

上原投手はマウンド上の最高の魔術師だ。

 

https://images.app.goo.gl/kzy5CDss7iC8wQvB6

上原浩治投手のボールは打席では150キロ台に感じるほどキレがいいと言われており、
実際に球速より10キロ以上に感じさせる投球術を可能しているのが、上原浩治投手のフォームということだ。

 

上原投手のフォームは他の投手に比べ、

 

テイクバックが小さく、打者が見辛い投球フォームになっている。

 

ボールの出所がわかりづらい独特のフォームから、キレのあるボールに投げる。

 

https://images.app.goo.gl/CprGkQ1RLDmaLggW9

そして、ストレートだけではない、上原投手のもう一つの武器であるフォークボール。

 

そのストレートとフォームボールを投げ分けることができる同じフォーム、軌道で投げ分けることができるため、

 

打者を翻弄する最高の投球術を誇り、それに投球テンポを良く、

 

一球一球投げるまでの間が短いため、打者に考える時間が少なくしているのも特徴だろう。

 

そしてフォームは、先ほど前述したが、コンパクトでリズミカルに投げ込まれる。

 

https://images.app.goo.gl/DvmNWpPmP5JQxjFP7

上原投手は踏み込みが浅いが、身体全体で投げている。

 

投球フォームからのリリース後は、前へ押し出すような投げ方だ。

 

若い時には見られなかったうごきで、メジャーに挑戦後、

 

https://images.app.goo.gl/9Pzz3S41GMRC2F8t7

上原投手が試行錯誤の上、辿り着いたフォームだ。

 

メジャーの屈強な打者たちと闘うために、いかに効率よくキレのいいボールを投げることを追求した結果だ。

 

リリースの位置が高く、たち投げようなに見えがちだが、上原投手は末端ではなく、しっかり体のコア、中心をを使いながら、コンパクトに
そして最後はダイナニックにフォームを使うことで、キレのあるボールを維持してきたきたのだろう。

 

以前上原投手は、

 

「前足で踏ん張ると怪我や負担が大きいため、、意図的に前に飛び出している。前に飛び出すようにすると楽に力が伝わる」と話しており

 

年齢とともにくる衰えをカバーするためのフォームだったのだろう。

 

投球フォームを変化させ、状況に応じて、対応したかこそ、、日本とメジャー結果をの残し続けてきたというわけだ。

スポンサーリンク
 

数々の栄光。

 

https://images.app.goo.gl/kqF1pPKKZ4hp4F9a9

そしてファンを魅了してきたフォームからの華麗な投球術。

 

本当にクレバーな投手であった。

 

彼の魅せてくれたものは決して忘れない最高の投手だった。

 

お疲れさま。ありがとうございました。

 

上原浩治投手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

平成最高の投手の一人、上原浩治投手。

 

華麗なフォームからの圧巻の投球術

 

本当に素晴らしいもの現役生活でした。

 

感動をありがとうございました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です