根尾昂 高校時代は世代最高のスター!! 甲子園での活躍,成績をPICKUP!!




高校時代は世代最高のスター。

根尾昂

昨年、甲子園を沸かせ、

鳴り物入りでプロの世界へ。

プロ野球界を背負って立つニューヒーロー。

今回は根尾昂選手の高校時代の成績、甲子園での活躍ぶりをPICKUP!!

根尾昂選手のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/Czpk9MJ4kQT8FMTR7

名前 根尾昂 (ねお あきら) Akira Neo

出身地 岐阜県飛騨市

生年月日 2000年4月19日(18歳)

身長 177cm

体重 80kg

ポジション ショート

根尾昂 高校時代は世代最高のスター!! 甲子園での活躍,成績をPICKUP!!

令和のスター候補。

https://images.app.goo.gl/pjuepzxC8TWw7c2k8

根尾昂

昨年、高校野球界を沸かせたスター選手としてのプロ入り、次世代のスター候補として活躍が期待されている。

みなさん、ご存知、根尾さんは高校時代は高校野球界の最高のスター選手。

現在は二軍でしっかりプロで戦う力をつけるべく、奮闘中だ。

今回は、根尾さんこと、今年からプロの世界へ飛び込んできた根尾昂選手をPICKUP!!

高校時代は世代最高のスター。

https://images.app.goo.gl/svLAY8LPgFhwcAp8A

根尾さんは、岐阜県出身。

高校は大阪府の強豪校、大阪桐蔭高校。

大阪桐蔭高校は、現在、高校野球界屈指の名門校。

近年では、現在日本のプロ野球界を引っ張っている、平田良介、中田翔、浅村栄斗、森友哉、藤浪晋太郎といったスター選手の母校でもある、大阪桐蔭高校。

全国から選りすぐりの野球エリートが集まる超名門校へ入学する根尾選手。

そんな根尾選手は中学時代から全国的にも取り上げられるほど、

抜群の野球センスを持った選手。

中学の時代で投げてはMAX146キロ、打っても非凡な打撃センスをみせる、類い稀なるセンスの塊。

https://images.app.goo.gl/G3KF2LtZteBe1Spv6

中学日本代表にも選出され、さらに野球だけではなく、スキー回転の全国大会で優勝し、世界大会へ出場するほどの実力、
そして医者を目指せるほどの学力を持った文武両道を誇り、生徒会長まで務めた中学時代。

スポンサーリンク

しかし、完璧とまでにあらゆる才能溢れた根尾選手は、中学二年生の時点で野球一本に選択。

スキーでもなく、勉学でもない、大好きな野球のため、

夢のプロ野球選手、そのプロ野球界のトップへなるために、一番近い環境を選択。

根尾選手は中学の時点で高校卒業後、プロの入りを目指すということを決心しており、

そのために、一番強いところで野球をするのが一番の近道と考え、全国の強豪校からの誘いの中、

現在の一番強い野球の強豪校、大阪桐蔭高校を選択。

https://images.app.goo.gl/m7RC4q8CCnAimQ9V9

当時、根尾選手の才能に惚れ込んだ西谷監督も根尾選手がいる岐阜県へ何度も足を運び、大阪桐蔭高校へ練習の見学を誘うなどしていたが、

根尾選手は自ら、大阪桐蔭を訪れた際に西谷監督に大阪桐蔭への進学を伝えた。

根尾選手自身、中学の時点で自分自身の目標のために、何が一番ベスト判断を下せるのか、しっかり自分の立ち位置を理解して、物事を決断できる芯の強さには驚くばかりだ。

そんな目標のプロ野球選手になるために、熱き魂を持って入学してきた根尾選手。

https://images.app.goo.gl/6FJFCzy1L3WFZZAQA

その野球の実力はさることながら、野球に対するストイックな姿勢には大阪桐蔭高校の西谷監督にも、
今まで見てきた高校生の中で、根尾選手は飛び抜けた意識の高さ、ここまで芯が強い選手は見たことがないと、言わしめるほど。

強い目標への覚悟を持った根尾選手。

野球エリートが集まる強豪校でも1年生から早くもベンチ入り。

2年生の春の選抜大会ではショート、センター、ピッチャーとして出場。打者として打率.211ながらも、

https://images.app.goo.gl/QNmvbLRqdCy84hDw8

豪快なスイングで長打を放ち、持ち味のパンチ力を発揮。

投げては二回戦の静岡高校戦で146キロをマーク。

https://images.app.goo.gl/CcpeVwYu37ysSfdW7

履正社高校との決勝では8回から出場し9回にマウンドで上がり、リリーフ登板。しっかり抑え、優勝投手に。

見事、大阪桐蔭を優勝に貢献。

甲子園の初出場でも根尾昂という、存在感を発揮。

その後も着実に成長し、類い稀なる野球センス、全身のバネのような身体能力、投打で実力を遺憾なく発揮。

https://images.app.goo.gl/WG25WiZn2JumKjJD8

ストイックなまでに全力で野球と向き合う根尾選手は着実に力をつけていった。

https://images.app.goo.gl/g93eT1EmavWMJbKf7

根尾選手は高校野球の舞台で躍動し、さらなる快進撃が始まる。

スポンサーリンク

2年生になり、夏の甲子園に出場。

https://images.app.goo.gl/GLxqq1srssRTtkgX9

二年生の夏はライトでチームの4番を務めるなど、打率.333をマーク。

新チームとなり、主にショートとしてプレー。

秋の大阪大会では打撃力を一段と向上させ、打率.357 5本塁打をマーク。

その後も直向きに野球に取り組むストイックな姿勢で、

強豪大阪桐蔭でも圧倒的な存在感を発揮。

https://images.app.goo.gl/iVVNeRsG4Uco1PyQ7

人並み外れた身体能力を持った、ズバ抜けた逸材は、成長は止まることを知らない。

3年生となり出場した甲子園選抜大会では、

https://images.app.goo.gl/8rYby1RdtkPcRJEn7

打者として18打数9安打 打率.500

投手として3試合に登板中2試合で先発を務め、26投球回数、防御率1.04、自己最速の147キロをマーク。

https://images.app.goo.gl/rSK33cq9pSYssXJHA

自身の2度目の甲子園優勝。

そして2018年、集大成となる高校最後の夏は圧巻のパフォーマンス。

https://images.app.goo.gl/rALV8hAQrjVmQhDWA

大阪桐蔭の顔、藤原恭大選手との二台看板として主にショートとして、走攻守で大暴れ。

21打数9安打 打率.421 3本塁打をマークし、

チームを春夏連覇の立役者、高校野球界のスターとして大活躍。

甲子園には2年の春の大会から4季連続出場し、3度優勝という快挙。

https://images.app.goo.gl/yMpVyaFo3KZn3Xv96

3回甲子園で優勝を果たすとういう驚異的な実績を誇り、高校野球史に残る新たなスタートして伝説を作った。

根尾選手は、4度出場した甲子園通算成績は、

https://images.app.goo.gl/e9fP1344TCZMHZqR9

打者として

19試合 70打数 26安打 打率.457 3本塁打 20打点

投手として、

7試合 投球回数42回 41奪三振 防御率 1.93

素晴らしい成績と人気を兼ね備えた世代最高の選手の一人だ。

スポンサーリンク

根尾選手は本当にすば抜けた野球センスを誇る最高の逸材。

柔らかなスイングで広角に打ち分けるバットコントロール。

https://images.app.goo.gl/m7RC4q8CCnAimQ9V9

打者として身体能力を生かしたプレー、バットに乗せることがうまく打者として間合いも良く、なおかつリストの強さもあり、打者としての引き出しの多さは高校生として屈指。

高校通算32本塁打を誇る長打力。

https://images.app.goo.gl/9kafRLBFUENiA8zU8

バットを鞭のように巻き込んで打つしなやかさ、力強さも兼ね備えたバッティング。

そして甲子園という大舞台でもおのおじしない、強靭なメンタル。

https://images.app.goo.gl/J1jkZuNoPCuZa5HH8

https://images.app.goo.gl/fquSDVLfcv7F36vm6

最高の舞台でも最高のパフォーマンスができる勝者のメンタリティー。

甲子園決勝という大舞台で豪快弾。

https://images.app.goo.gl/F31Y7ysEYjCyEfJB7

豪快かつ華麗な打撃は圧巻であった。これぞ、根尾昂の真骨頂。

真価を発揮した最高の場面と言えるだろう。

https://images.app.goo.gl/2KjdzFjU9vZ3T7Ae7

スター性を兼ね備えた次世代のニューヒーローだ。

そして高校二年生から主に守るショートもポテンシャルを感じさせる。

https://images.app.goo.gl/UuURud3HdeD87NRj9

類なる身体能力を生かしたプレーで荒削りさはあるものの、スケールの大きさを感じさせるダイナミックな守備。

投手しては、MAX150キロを投げるなど、野球選手としてスピード、柔軟性、最高の野球センスを持つ、

https://images.app.goo.gl/G3fcCfWqnaiQwGf4A

あらゆる可能性に満ちたダイヤモンドの原石だ。

スポンサーリンク

根尾選手は、中学時代から類い稀なる才能で当時から有名選手で逸材。

https://images.app.goo.gl/pxtsLA7BdirgJpGb8

そんな逸材は高校野球最高の環境、大阪桐蔭へ進み、

根尾選手は最高の才能を持ちながら、目標のプロ野球選手になるべく、

日々、一秒たりとも無駄にせず、真摯なまでに野球と向き合い己を高め、邁進してきた。

常に全力であり続けた。

そして最高の野球環境で共にプレーした仲間たちにも恵まれた。

共に甲子園を沸かせた藤原恭大選手は、

https://images.app.goo.gl/sAGuiy1XVo2dgYCv7

中学時代、飛び抜けた存在であった根尾選手に出会い、すごい選手が集まる環境でレギュラーになりたいと思い、大阪桐蔭へ進学してきた。

根尾選手だけではない、最高の才能を持った選手たちと切磋琢磨してきたからこそ、

高校野球で頂点を極めることができた。

その全力さは野球だけではない。

中学時代、医者を目指せるほどの学力を誇った根尾選手は、野球中心の生活にもかかわらず、勉学にも全力で学業も優秀。

何事にも全力で取り組む姿は、驕りなく自分を知り、突き進む探究心を持った選手。

素晴らしい選手ということ以外、言葉が見当たらない。

素晴らしい人間力も兼ね備えた最高の選手であり、

https://images.app.goo.gl/y1X19wZZ7MyBArYx6

根尾選手こそ、次世代のスーパースター候補。

そんな最高の逸材は、鳴り物入りでプロの世界へ。

https://images.app.goo.gl/2jQNbuFBDCZHjuuBA

しかし、今年は春季キャンプ前から右ふくらはぎの怪我により出遅れたしまったが・・

現在、一軍昇格に向けて奮闘中だ。

https://images.app.goo.gl/4o3zSonJsL2FVHEo8

まだまだプロの投手への対応、プロの壁に苦しんでいるが、しっかりと自分の課題と向き合いながら、邁進している。

からならず課題を克服し、一軍の舞台へ上がってくる。

最高の才能を持った選手。

https://images.app.goo.gl/TPT7or6Bk9TwitabA

将来、スター選手になれる逸材であることは間違いない。

スポンサーリンク

最高の才能、最高のメンタリティーを持った選手。

時間かかってもいい。

じっくり己を磨いて、野球ファンをワクワクさせるようなプレーを見せてくれることを期待しよう。

ミレニアム世代の象徴へ。

https://images.app.goo.gl/TQuJusBJp3xx6dLi7

さあ、根尾の時代は始まったばかり。

その成長を見守ろう。

根尾昂選手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

次世代のスター、根尾選手。

高校時代、素晴らしい実績を残してきた最高の逸材。

まだプロ一年目、プロの環境に慣れさえすれば、

高校時代のような華麗なプレーを期待できる。

必ず、一軍に舞台で花開く。

最高の才能が開花するまで、

その時までじっくり待ちましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする