サッカー

谷内田哲平(京都サンガ)どんな選手?? 出身中学や小学校など

 

京都サンガ内定のMFはどんな選手??

 

谷内田哲平(やちだ てっぺい)

 

昨年の選手権で2年生ながら優秀選手賞に輝き、

 

Jクラブにも入団が内定している高校サッカー界屈指の選手。

 

今回は帝京長岡高校の司令塔の出身中学や小学校、

 

経歴やプレースタイルなど、谷内田哲平選手をPICKUP!!

 

谷内田哲平選手のWiki的プロフィール

 

名前 谷内田 鉄平(やちだ てっぺい)

出身地 新潟県長岡市

生年月日2001112(18)

身長170cm

体重 64kg

ポジション MF

谷内田哲平(京都サンガ)どんな選手?? 出身中学や小学校など

 

https://images.app.goo.gl/Ce3M6iFNndTtPVKP6

 

帝京長岡の司令塔

 

谷内田哲平

 

U-18、世代屈指の司令塔として、

 

中学時代から世代別代表にも選出されてきた逸材。

 

今季、第98回全国サッカー選手権大会で注目の存在の一人。

 

今回は選手権を盛り上げてくれる高校生屈指のタレント、谷内田哲平選手をPICKUPしていきましょう。

 

スポンサーリンク

谷内田哲平選手ってどんな選手??

 

帝京長岡の司令塔

 

https://images.app.goo.gl/2hc8crtEwUBUd6Mg8

 

 

 

谷内田選手は新潟県長岡市生まれ。

 

現時点では通っていた小学校や中学は不明。

 

中学時代は帝京長岡の下部組織に当たる長岡JYFCでプレーし、

 

U-13日本代表やU-15日本代表に選出されるなど、

 

当時からJYFC時代から逸材と称されていた。

 

中学卒業時にもJクラブから誘いがあったものの、帝京長岡高校へ進学。

 

帝京長岡高校はサッカー部の部員数が81人も在籍しており、

 

全国サッカー選手権大会には2年連続7回。高校総体5回出場など、

 

新潟県屈指のサッカーの強豪校でもある。

 

2年生の時に選手権大会に出場し、ベスト8で優秀選手賞に選出。

 

日本高校選抜メンバーに選ばれるなど、高校サッカー界屈指の選手。

 

今年の3月にJリーグ、京都サンガに入団が内定し、特別強化指定選手でもある。

 

 U-18世代の期待のJ内定の有望株である。

スポンサーリンク
 

 

谷内田哲平選手のプレースタイル・ポジション

 

https://images.app.goo.gl/2wiLSamNzTX4japx9

 

ポジションはMF(ミッドフィルダー)

 

主にインサイドハーフのポジションでサイドなどでもプレーできる。

 

谷内田選手のプレースタイルは攻撃的。

 

優れたパサーとして、両足から多彩なキックで試合をコントロールする司令塔。

 

試合状況に応じて、あらゆるパスを供給できる変幻自在なパスは最大の武器で、

 

天才的なパスセンスを誇る。

 

創造性溢れたファンタジスタ系のプレースタイルをもつ一瞬のパスで、違いを作り出すことができる選手。

 

そして視野も広く、相手の意表をつく優れた判断力も持ち主でもある。

 

攻撃能力全てにおいて、高校生としはハイレベル。

 

ゲームメイク力は高校生離れしていると言えるだろう。

 

テクニックと判断力で試合を活性化せ、チームの心臓。

 

谷内田選手の憧れの選手はアンドレス・イニエスタ選手と柴崎岳。

 

イニエスタ選手や柴崎岳選手のように、

 

一瞬のひらめきで想像せ溢れる感性豊かなMFを目指す。

 

昨年の選手権ではチームの要として存在感を発揮し、

 

持ち味の攻撃的プレースタイルでベスト8に立役者で、

 

2年生ながら大会優秀選手に輝いた逸材。

 

今年の選手権ではよりゴールを意識し、そしてチームのキャプテンとして、

 

昨年のベスト8と超えを目指し、優勝を目指す。

 

今大会注目の存在、選手権をアツくする高校生屈指のゲームメイカーだ。

スポンサーリンク
 

 

京都サンガ入りが内定。

 

https://images.app.goo.gl/wjTwvBwxPUPZdpxt9

 

谷内田選手は2020年からJリーグの京都サンガへの入団が決まっている。

 

入団経緯は2年次の選手権後に京都サンガの練習に参加した際に、京都サンガのチームスタイルである繋ぐサッカーに魅力を感じ、

そして若手を積極的に起用していること。そして京都側は早い段階でオファーをくれたことが入団の決め手なようだ。

 

谷内田選手は将来の目標は日本代表、そしてスペインのバルセロナでプレーすること、

 

その先に大きなアツき夢を描いている。

 

夢のバルサは現時点でははるか遠いが、可能性がないわけではない

 

現在バルサBでプレーしている安部裕葵選手は瀬戸内高校から鹿島入りし、その後日本代表にも選手され、

 

才能を見出され高校のサッカー部からバルサ入り。

 

そんなモデルケースがあるだけに、そのために2020年からJの舞台で早い段階で活躍し、自身の目標に向かって貪欲に邁進して欲しいところだ。

 

谷内田選手の同世代は久保建英選手や、中村敬斗選手、そして西川潤選手など、

 

早い段階で海外やJリーグの舞台で活躍している選手もいるだけに、

 

谷内田選手も早く追いつき、そして追いこすような存在になりたいことだろう。

 

将来的は世代屈指の存在となり、是非とも日本代表の中盤の要となるような選手になって欲しい。

 

まずはチャンスを掴むために、選んだ京都サンガで成長し、

 

一年目からレギュラー獲得を目指す。

 

まずは高校サッカー部での集大成となる選手権で輝きを放つ姿を期待している。

 

 

スポンサーリンク

谷内田哲平選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

第98回全国サッカー選手権大会、注目の存在である谷内田哲平選手。

 

京都サンガが入団が内定している高校生屈指の活躍に期待。

 

昨年を超える上位進出は谷内田選手がキーマンとなるだろう。

 

華麗なプレースタイルでチームを優勝に導けるか。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です