サッカー

武田英寿(青森山田) 由来は中田英寿?? 出身やプレースタイルは??

 

由来は中田英寿 ?? 出身やプレースタイルは??

 

武田英寿

 

名門、青森山田高校のエースで司令塔で、

 

Jリーグの強豪、浦和レッズへ入団が内定している

 

高校サッカー界の屈指の逸材。

 

そして、名前の由来にも注目が集まっている。

 

中田英寿二世??

 

今回は青森山田高校の武田英寿選手をPICKUP!!

 

武田英寿選手のWiki的プロフィール

 

https://images.app.goo.gl/ZQ32TGG1acCiqVup8

名前 武田英寿(たけだ ひでとし)

出身地 宮城県仙台市

生年月日 2001年9月15日

身長 177cm

体重 65kg

ポジション MF

武田英寿(青森山田) 由来は中田英寿?? 出身やプレースタイルは??

 

https://images.app.goo.gl/DmDAxAeRLxwHcRqD9

 

日本サッカー次世代の司令塔候補

 

武田英寿

 

高校サッカー界屈指の司令塔と呼び声高い、

 

そして将来の日本の代表する司令塔となれる逸材か。

 

そして高校生屈指のレフティーとして、

 

2年連続全国サッカー選手権大会優勝を目指す青森山田高校の10番。

 

今大会の注目の選手の一人と言えるだろう。

 

将来の日本代表候補として、非常に楽しみな逸材。

 

今回は青森山田高校の武田英寿選手をPICKUPしていきましょう。

スポンサーリンク
 

 

武田英寿選手ってどんな選手??

 

https://images.app.goo.gl/Rx7jNNKDWapRiMoP6

 

武田英寿選手は青森山田高校の10番を背負い、U-18日本代表としても活躍。

 

高校サッカー界の屈指のプレーヤー。

 

そんな武田英寿選手の出身は宮城県仙台市。

 

4歳から地元仙台のソニー仙台スルールでサッカーキャリアをスタート。

 

中野栄小学校でははなかのFCでプレー。

 

そして小学3年生から地元仙台のベガルタ仙台のジュニアに入団。

 

その後小学5年生の時に、再びなかのFCヘ。

 

そして、小学卒業後、出身である仙台を離れ、青森山田中学へ進学。

 

青森山田中学高等学校は全ての部活動が全国レベルにあるスポーツ強豪校。

 

特に青森山田サッカー部は全国屈指の強豪校と言っていいほど。

 

武田英寿選手は小学6年生の時に、プロになることを決意。日本一を目指すために、一番その目標を叶えることができる環境を選択。

 

青森山田中学時代、中学2年、3年生の時に全国大会優勝。

 

青森山田高校進学後、一年時に県選抜にも選出され、国体でベスト4

 

そして昨年、2年生がら強豪、青森山田高校のレギュラーとして、大活躍。

 

全国サッカー選手権大会優勝に貢献し、大会優秀選手に選出。

 

U-18日本代表選出、そして高校卒業後はJリーグの浦和レッズに入団が内定。

 

武田英寿選手は今年の高校サッカー選手権大会で、

 

2連覇を目指す青森山田が誇る高校生屈指のゲームメイカー。

 

非常に楽しみな逸材の登場だ。

スポンサーリンク
 

 

名前の由来は中田英寿。

 

https://images.app.goo.gl/6QT9vgmQpf4Hxyjq5

 

高校生屈指のタレントを持った逸材として、注目の存在である武田英寿選手。

 

そんな武田英寿選手の名前を見て、サッカーファンなら誰しもが思うことでしょうが、

 

武田選手の名前の由来は中田英寿氏。

 

中田英寿氏といえば、日本サッカー界を最高の司令塔。

 

中田英寿氏は山梨の名門、韮崎高校から超高校級選手としてプロ注目の存在として、Jリーグ、ベルマーレ平塚へ入団し、

 

そして21歳でイタリア・セリエAのペルージャへ。

 

イタリア1年目から大活躍し、その後、ローマ、パルマなどでプレー。

 

日本代表でも日本サッカー界の顔として君臨したカリスマ。

 

中田英寿は日本サッカー界の道を切り開いたパイオニア的な存在。

 

武田選手の名前は当時イタリアで大活躍していた中田選手のファンであった父の影響。

 

両親ともサッカー好きということもあり、中田英寿氏のように世界で活躍できるような存在になってほしいと願い込めて、つけられたとのこと。

 

プレースタイルも中田英寿氏を彷彿

 

 

https://images.app.goo.gl/wxhQnBBLtXRNQoah6

 

武田英寿選手はプレーヤーとして、ポジションはMF。

 

卓越した多彩パスの技術で、試合を組み立て、あらゆる状況にも対応する攻撃の引き出しを持った選手。

 

中盤から試合を構成するゲームメイカーであり、非凡なテクニックだけではなく、

 

タクティクスにも優れ、攻撃性において高いレベルにあるテクニック。

 

青森山田高校の攻撃の要として、試合をコントロールする司令塔として青森山田では抜群の存在感を発揮しており、

 

センスだけではなく、優れたサッカーiQも持つサッカープレーヤーとして質の高い選手。

 

名前だけではなく、プレーヤーとしても中田英寿氏を彷彿とさせるようなプレースタイルのようですね。

スポンサーリンク
 

 

そんな武田英寿選手は高校サッカー界屈指の司令塔と称されている。

 

https://images.app.goo.gl/8BzNuyv4ztSAyCEw5

 

幼少期から父と中田英寿氏のプレー集などを見て育ってきたということもあり、武田英寿選手の手本は中田氏がプレースタイルの基盤。

 

武田選手は子供の頃から中田英寿氏のプレーを見てきたということもあり、

 

武田英寿選手自身も、中田英寿氏のように世界で活躍できるような選手になりたいと語っているだけに、

 

数年後は、日本代表として活躍するような事となれば、その時にはこれまで以上に武田英寿選手の名前がフューチャーされることでしょうね。

 

名前だけではなく、プレースタイルにも影響を与えているとのことでるから、中田英寿氏の再来と称されるような選手になってほしいですね。

 

中田英寿氏のような選手になってもらいたいですが、

 

中田英寿氏は日本サッカー界のレジェンドというべき存在であり、別格で、優れたゲームメイカーでありながら、強靭なフィジカルで競合い負けない強さを持った選手でもあった。

 

武田英寿選手はまだ線が細いだけに、これからフィジカルの強さを手に入れることができれば、

 

本当に中田英寿氏に近づくような選手になれるはず。

 

そして、所属する青森山田高校といえば、スポーツ強豪校でも有名。

 

サッカーでは現在、サッカー日本代表で司令塔として活躍する柴崎岳選手も青森山田中学、高校出身。

 

まだまだこれからの選手なだけに、過度な期待は良くないですが、高校の先輩でもある柴崎岳選手の超えるような存在になってもらいたい。

 

日本サッカー界に名を残すような選手を目指してほしい。

 

武田英寿選手の年代は素晴らしい逸材の宝庫。

 

すでに世界最高のリーグでプレーし、A代表でもプレーしている久保建英選手。

 

そしてセレッソ大阪に内定している桐光学園の西川潤選手など、

 

将来の日本サッカー界の顔になれるような逸材が沢山いるだけに、

 

武田英寿選手も久保建英選手や西川潤選手に負けないように、

 

大きな存在に成長してほしいですね。

 

 

スポンサーリンク

武田英寿選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

青森山田高校のエース、武田英寿選手。

 

高校サッカー界注目の逸材は、

 

名前の由来の中田英寿氏のような選手に、

 

日本を代表する存在へ成長することを願って、

 

その活躍を見守っていきましょう。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です