サッカー

市船の鈴木唯人(ゆいと) 進路や出身,中学やポジションは??

 

市立船橋のエースの進路・出身・中学やポジションは??

 

鈴木唯人(ゆいと)

 

Jリーグ清水エスパルスに入団が内定している

 

U-18日本代表にも選手された次世代の期待のアタッカー。

 

今回は市立船橋高校の鈴木唯人選手をPICKUPしていきましょう。

 

鈴木唯人選手のWiki的プロフィール

 

名前 鈴木唯人(すずき ゆいと)

出身地 神奈川県三浦軍出身

生年月日 2001年10月25日(18歳)

身長 175cm

体重 65kg

ポジション MF・FW

市船の鈴木唯人(ゆいと) 進路や出身,中学やポジションは??

 

市船のエース

 

https://images.app.goo.gl/ho1nVRnfPcKpKHV76

 

高校生屈指のアタッカー。

 

鈴木唯人

 

2年生から名門市船の10番を背負う期待の選手であり、

 

名門の司令塔として、ゲームメイカー、

 

そしてフィニッシャーとしても能力を発揮する、

 

Jクラブへの内定している高校サッカー界屈指の逸材。

 

今回は市立船橋高校の鈴木唯人選手のPICKUPしていきましょう。

スポンサーリンク
 

 

鈴木唯人選手ってどんな選手??

 

https://images.app.goo.gl/TSnLwQrxFqvNx7bs7

葉山町立一色小学校→葉山町立中学校→市立船橋高校→清水エスパルス

 

鈴木唯人選手の出身地は神奈川県三浦郡

 

小学時代からサッカーキャリアをスタートし、

 

葉山町立一色小学校時代に横浜Fマリノスプライマリー追浜に所属。

 

横浜Fマリノスプライマリー追浜は横浜Fマリノスの小学年代のチーム。

小学時代からJのジュニアクラブのみならず、海外クラブのジュニアチーム試合をできるような環境。

桐光学園の西川潤選手も在籍しており、小学3年生からチームメートであった。

 

中学卒業後、千葉県のサッカー名門である市立船橋高校へ進学。

 

中学時代に地域選抜に選出されるような選手になったいた鈴木選手は、Jの下部組織と試合を経験したことにより、

 

より高いレベルでプレーを求め、強豪でのプレーを望んだことにより、千葉県の名門への進学を決意。

 

進学した市立船橋高校では2年生から名門で10番を背負うなど、

 

類稀なるサッカーセンスを発揮。

 

2018年の高校総体では優秀選手賞を受賞、

 

日本高校選抜、2019年にはU-18日本代表に選出されるなど、

 

名門市立船橋高校の登場した久々の逸材。

 

そして、高校3年生の集大成となる全国サッカー選手権大会。

 

市立船橋は2年連続出場を逃しているだけに、名門復活には鈴木選手の活躍が鍵を握っている。

 

選手権に出るために市船を選び、名門で10番を背負う男は、

 

自らの手で全国への切符を掴む。

 

選手権に出場を果たし、その名を全国区に轟かせることができるか。

スポンサーリンク
 

 

鈴木唯人選手のポジションやプレースタイルは??

 

https://images.app.goo.gl/mvouQUon2XGG2dNi6

 

鈴木唯人選手は攻撃的なプレースタイルで前線で持ち味を発揮する、

 

市船で10番を背負う高校生屈指のアタッカー。

 

ポジションはインサイドハーフやシャドーのポジション。

 

普段はFW登録であるが、主に市船ではトップ下をを務めており、それ以外のボランチなどもプレーすることができる。

 

身長175センチと大型選手ではないが、

 

テクニックと創造性、試合状況を見る判断力を持ち、視野の広さを生かし、

 

パスで攻撃の起点のなれるゲームメイク力を兼ね備えているプレースタイル。

 

そして自らボールを持ち、ドリブルで仕掛ける得点につなげる効果的なプレーを発揮。

 

キッカーとしても質の高いボールを蹴ることもでき、

 

非常に攻撃能力全てにおいて、一定以上の能力を持った万能型のアタッカー。

 

鈴木選手自身も、アシストも得点も取れるような選手を目指しており、

 

攻撃能力全てにおいて、高いレベルを目指し、

 

ボールを持てば、違いを作り出すことができる選手に。

 

テクニックやスキルを持った高校生屈指のフットボーラーと言えるだろう。

スポンサーリンク
 

 

進路はエスパルス

 

https://images.app.goo.gl/TTn7Zt2hgCwBR1qGA

 

市船の鈴木唯人選手にはJの複数クラブからオファーを受けている中で、

 

高校卒業の進路は清水エスパルスへの入団を決断。

 

鈴木選手には当初、清水以外にもJ2の3クラブが獲得を目指しており、

 

進路を決める際に、高卒新人が試合出場を得ることはなかなか容易ではないこともあり、

 

周囲からJ2からステージからキャリアをスタートすることも勧められたが、

 

鈴木選手が清水入りを決断したのは、清水の練習に参加したことで、オファーの中で一番レベルの高い環境でみを置くことで、

 

自らの成長になると確信したことにより、清水入団となった。

 

より高いレベルでプレーしたいという気持ちは鈴木選手が中学卒業から高校サッカー界で超名門である市立船橋に進学を選んだ理由と変わらない気持ち。

 

貪欲にレベルの高い環境でプレーを選んだことにより、市立船橋で揉まれ、2年生でレギュラーを獲得し、プロ入りを掴んだ。

 

鈴木選手の同年代は久保建英選手や横浜Fマリノスプライマリーでチームメートであったセレッソ内定の西川潤選手など、

 

早くもプロの世界で活躍している人材もいるだけに、負けていられないという気持ちも持っているはず。

 

非常に気持ち面で強さを持った選手である。

 

その変わらない貪欲な姿勢で、

 

清水エスパルスへ入団しても一年目から突き進んで欲しい。

 

 

 

 

スポンサーリンク

鈴木唯人選手に関するまとめ

 

いかがでしたでしょうか。

 

市船のエース、鈴木唯人選手。

 

是非とも12月から始まる選手権に出場し、

 

全国の舞台で大活躍姿を期待している。

 

そして清水でも早期にレギュラーを獲得し、

 

のちに日本代表へ選出されるような選手に成長することを楽しみにしている。

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です