菅野智之 メジャー挑戦はいつ?? これまでの通算成績をPICKUP!!




メジャー挑戦はいつ??

今や、球界を代表するエースの一人へと成長し、

素晴らしい通算成績を残し続ける、

ジャイアンツのエース。

菅野智之

将来的なメジャー挑戦はあるのだろうか。

注目のところ。

今回は菅野智之投手のこれまでの活躍、通算成績やメジャー挑戦をPICKUP!!

菅野智之投手のwiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/W6MFVBUaJkkaELABA

名前 菅野 智之 (すがの ともゆき) Tomoyuki Sugano

出身 神奈川県相模原市南区

生年月日 1989年10月11日(29歳)

身長 186cm

体重 92kg

ポジション 投手(スターター)

菅野智之 メジャー挑戦はいつ?? これまでの通算成績をPICKUP!!

今や、日本プロ野球のナンバーワンの投手といいてもいいほどの存在。

https://images.app.goo.gl/iTCUQQPazx65sLp98

菅野智之

読売ジャイアンツのエース、そして日本代表のエース。

ダルビッッシュ有投手、田中将大投手、前田健太投手といった日本屈指のスターターがメジャーリーグへ挑戦後、日本プロ野球を支えてる存在だ。

ここ数年の投球の完成度の高さは見事なまでだ。

2012年のドラフト会議で、憧れのジャイアンツに入団してから、 

1年目から13勝を挙げるなど、実力を遺憾無く発揮。

2013年は12勝でリーグMVPを受賞をするなど、

https://images.app.goo.gl/m22wgZR8i2Hbbzy26

早くもプロ2年目にして球界の代表する存在へと成長をとげ、

その後も2014年は10勝と3年連続二桁勝利、

2015年は9勝に終わるものの、2016年は一躍飛躍を遂げ、17勝5敗、防御率1.59と素晴らしいとしか言えないほど圧巻の投球を見せるなど、

そして昨年の2018年は、158敗防御率2.14そして200奪三振と、2017年から2018年、2年連続沢村賞、2年連続最多勝、最多奪三振を2回、

そして2016年から3年連続最多防御率のタイトルを獲得するなど、

https://images.app.goo.gl/fmsk5fsiLtago1h69

プロ6年ながら、素晴らしい実績を上げているジャイアンツのエースだ。

スポンサーリンク

菅野投手は、ここまでの通算成績は今年でプロ7年目ながら、

2018年終了時点で、

154試合 76勝 41敗 防御率2.17 投球回数1086.1 奪三振968

着実に実力、実績を共に挙げ、日本をプロ野球の歴史に名を残る名投手へと歩んでいる。

そんな菅野投手はやはり投手として素晴らしい完成度を誇るわけだが、

菅野投手の最大の武器はやはり、抜群のコントロールは球界屈指。

https://images.app.goo.gl/zCkV8514vyqhxHDB8

あらゆるボールを変幻自在に操るボールの出し入れするコントロール、そして投球術は素晴らしいものがあり、繊細ながらここぞという場面での力強さは圧巻だ。

ゆったりとした力感のないフォームからの各コースへ的確に投げ分けることができる。

各ボールの出し入れの素晴らしさ、球種全てにおいて、一級品。

https://images.app.goo.gl/sFKj1dk5LwGYdVQi7

すば抜けて速いストレートを持っているわけではないが、回転数の高いキレのある、上質なストレートを投げることができる。

菅野投手は、変化球が多彩に操る投手。

スライダー、カーブ、ツーシーム、ワンシーム、フォーク、チェンジアップといったほとんどのボールをコーナーに安定したコントロールで投げ分けることができる。

やはりその変化球は菅野投手が投げる上質なストレートがあって初めて活きるわけだ。

先ほど前述したが、現在の菅野投手はすば抜けたストレートを投げてはいないが、
大学時代最速157キロをマークしたことがあり、現在は試合を通しての力配分により、10割の力で投げることはないが、

もともとすばらしいストレートを誇る投手だ。

プロ入り後、現在のような総合力の高さは光る投手へと成長している。

https://images.app.goo.gl/nYmQQBAeuHHhyFE37

菅野投手としての総合力の高さは球界屈指。

スポンサーリンク

1試合を計算された配分での投球術ができるクレバーな投手。

ここまでの完成度の高さは、日本時代のダルビッシュ投手の彷彿ほど。

お互いタイプは違う投手ではあるが、特に過去2年間の菅野投手の活躍はダルビッシュを思わせるほどの完璧な投球を魅せてくれている。

日本時代のダルビッシュは豪、

https://images.app.goo.gl/iUEqE8vkDviKVtfF8

一方の菅野投手は柔、

https://images.app.goo.gl/6oFTdqC8YCrmx1sM6

といった感じだ。

平成最強エースと称されたダルビッシュ投手と比較してもいいほど、菅野投手は素晴らしい存在へと成長を遂げた。その実力はメジャーも認めるほど。

そんな菅野投手は、現在は、日本プロ野球を代表する投手だ。

これからどんな存在へと成長を遂げるか、

やはり動向、メジャーへの挑戦はあるのか注目される。

菅野智之投手はのメジャー挑戦はいつ??

今や、球界の代表する投手へと成長した菅野投手。

やはり注目されるのがメジャー挑戦だ。

https://images.app.goo.gl/YohNnyCqmC3eMfXs7

満を持して野球の最高の舞台ことになるのか、それとも・・・・

今後のメジャー挑戦への展開を予想してみよう。

岩隈久志、ダルビッシュ、田中将大、前田健太といった、

日本最高の投手が次々にメジャーリーグへ挑戦。

https://images.app.goo.gl/LarizygG69QZWxCw6

自分の実力を試したいという素直な気持ち、やはり最高のレベルで自分の実力を試してみたいと思おうことは普通なことだろう。

プロ入りの経緯は入団拒否というで所属していた東海大学を浪人してからの希望球団のジャイアンツに入団という経緯もあったが、

今や、日本を代表する投手へと成長した菅野投手のメジャーへ挑戦という気持ちを持っているはず。

菅野投手も当然メジャーへの憧れを抱いており、

https://images.app.goo.gl/ZS7QRMuKvqsrzwPt8

圧倒的な成績を残せる存在になってメジャー挑戦すると発言していたはず。

やはりメジャーリーグは野球の最高の舞台。

これまで日本で無双レベルになった日本屈指の選手、日本では圧巻の投球を連発していた彼らでさえ、

メジャーの舞台では打ち込まれることを多く、やはりメジャーリーグのレベルの高さを痛感することがある。

https://images.app.goo.gl/VnBWun7Peoh7Ydqs7

しかしながら、自分のさらなる成長を目指すのならば、レベルの高い相手と真っ向勝負したいという気持ちになるのは普通。メジャーリーグへの想いを抱くのは疑問を持たない。

20172018年の活躍により、素晴らしい日本屈指の投手として歩みを進めている菅野投手であるが、

現在29歳と最も乗りに乗っているときにこそ、メジャーの舞台でみたいところだが・・・

スポンサーリンク

菅野投手は今年でプロ7年目。

最短でメジャー挑戦になるには3年後の2021年のオフ。32歳という年齢だ。

https://images.app.goo.gl/Do3yp4sJJi3cG63E6

悪い年齢ではないが、やはり徐々に投手としての勤労が見え始めることだろう。

菅野投手はメジャーでも高い評価を受けている日本人選手の一人だ。

https://images.app.goo.gl/WPxmtftwK2s9byeV7

やはり2017年のWBC準決勝でのアメリカ戦での圧巻の投球でメジャーリーガーを手玉に取った素晴らしい投球を素晴らしいものであった、
メジャー関係者からも高評価であっただけに早期のメジャー挑戦への期待が膨らむが、

所属のジャイアンツはポステイングでのメジャー挑戦は認めていない。

https://images.app.goo.gl/ikeucKxnM2ApwwUz5

現に今年現役を引退した上原浩治投手は、海外FAを所得した33歳でのメジャー挑戦。

やはり上原浩治投手も当時は日本屈指の好投手。

上原投手は34歳となるとしでのメジャー挑戦。そんな状況下でも素晴らしい実績をメジャーでも残したレジェンドであるが、

やはり若い段階でのメジャーリーグでの投球を見たかった。

菅野投手も同様だが、こればっかりは制度も問題もあるだけに簡単にはいかないだろうが、さらに菅野投手はプロ入りの入団拒否例もあるだけに、

わがままは言えない状況でもある。

現在の菅野投手がどこまでメジャーで挑戦するのか見て見たいところではあるが

正直、今後は現在のような活躍を続けているか予測が難しい。

2019年は開幕から不振が続いている。

https://images.app.goo.gl/coB8NeN6rqzPUvH4A

今シーズンは珍しく打ち込まれる場面が目立ち、15日の阪神戦では自己ワーストの10失点と大量失点でのノックアウトでの降板するなど、

腰痛の違和感での離脱ということになってはいるが、

ここ数年の疲労が出てきているのか、2年連続の沢村賞を獲得した日本屈指のエースの姿は鳴りを潜めている状況には心配ではあるが・・

ここ数年の勤続疲労であるかは定かではないが、

2019年は5勝3敗とまずまずながら、防御率4.36はコントロールが持ち味の菅野投手らしくない成績だ。

https://images.app.goo.gl/i2ysZsZQBeEoT8Ys6

今後に影響がないことを祈ろう。

スポンサーリンク

現在の状況が続くようであれば、メジャーのスカウト、関係者からの評価は変わってくる。

早ければ2021年オフと予想される菅野投手のメジャー挑戦。

それまでどんなパフォーマンスを見せるか。

日本時代のダルビッシュ投手のような存在へ。

いや、超えてみろ!!

菅野投手も完全無双になれるか。

https://images.app.goo.gl/QXduW66tVHtWAZ2S8

菅野投手もさらなる飛躍を見守っていきましょう。

菅野智之投手に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

今や、日本を代表する投手、菅野智之。

実働6年素晴らしい通算通算成績を残している。

現在、年齢的にも一番いいとき。

圧巻の投球を。

そして憧れのメジャーの舞台へ。

今後の動向が注目の存在だ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする