野茂英雄は伝説!! メジャーを席巻したパイオニアの凄さとは??




伝説なのだ。

日本人選手の道を切り開いたパイオニア。

伝説の男。

野茂英雄

日本とメジャーで素晴らしい功績を残してきた、

功績のすごさは計り知れない。

野茂氏がいなければ、今の日本プロ野球界の発展はありえない。

今回はメジャーリーグ挑戦の道を作った、野茂英雄氏のすごさをPICKUP

野茂英雄氏のWiki的プロフィール

https://images.app.goo.gl/FxzFeUZM6naVoR257

名前 野茂英雄(のも ひでお)

出身地 大阪府大阪市港区

生年月日 1968年8月31日(50歳)

身長 188cm

体重 99キロ

ポジション ピッチャー

野茂英雄氏は伝説!! メジャーを席巻したパイオニアの凄さとは??

日本の野球が発展する礎を作ったまさにパイオニア。

伝説の開拓者。

https://images.app.goo.gl/dGWFff9CsSKcmfaf7

メジャーの舞台でも独特な投球フォーム、トルネードで野球の最高峰に勝負を挑み、メジャーの強打者から三振の山を築き、
日本人が野球の最高峰の舞台でも通用することを証明した伝説のプレーヤー。

当時はメジャーリーグ挑戦は夢また夢の時代。

野茂氏はどのようにしてメジャーリーグへの道を切り開いたのでしょうか。

野茂英雄氏は1989年のプロ野球注目の新人。

https://images.app.goo.gl/JNcowW1g4srfT5aF9

その年のドラフト会議で最多の8球団が指名。

ドラフトでの最多の8球団というのは現在でも破られていない大記録。それだけプロ入り前から高い評価を受けていたんですね。

競合の末、近鉄バファローズに入団。

https://images.app.goo.gl/dSzWkRwByTq5XBbp9

野茂投手は入団の条件として社会人時代の時代に築き上げた独自の投球フォームに手を加えないことでそれを近鉄が了承した形での入団となった。

野茂投手の代名詞はトルネード。

https://images.app.goo.gl/qFePCUq1V5vg437h7

その大間にダイナミックなフォーム、ワインドアップから体を大きく捻り思いっきり踏み込み、一度身体を打者側に向け、大きくねじりながら投げおろす独特なフォーム。

スポンサーリンク

当時から独特な投球フォーム、トルネードはこれまでにはない異次元さで圧巻を投球。

https://images.app.goo.gl/j6UABdxtHgPQp4WF8

プロ入り後プロの打者をねじ伏せ、1年目から18勝8敗、287奪三振をあげ、沢村賞、MVP、新人王など投手タイトルを総ナメ。

その後も4年連続最多勝、最多奪三振賞を獲得するなど、日本球界を代表する投手に成長していた。

日本時代の成績は凄まじい。

改めてそのすごさを知る。

https://images.app.goo.gl/oFKD9GeVUvccVsZ99

そんな野茂氏がメジャー挑戦を表明したのが1995年。

今では日本を代表する選手たちがメジャーリーグへの移籍制度もあり、移籍自体も容易な時代で活躍できる時代。

しかし当時まだ、日本人選手がメジャーリーグのマウンドへ立つことは想像できる時代ではありませんでした。

メジャーリーグ挑戦。

しかし、野茂氏が海を渡るまで日本プロ野球とメジャーの間では高い壁が存在しており、

当時ではメジャーリーグ挑戦を考える者はほぼいなく、前例のない移籍劇であった。

野茂氏はもともとプロ入団からメジャーリーグ挑戦を見据えていた。

そして迎えたプロ4年目、4年連続最多勝、最多奪三振を達成したオフ。

野茂氏はメジャーリーグ挑戦を表明。

https://images.app.goo.gl/ieVMYYdLnWw6VG2c6

それまで日本球団は長い間一度もメジャーリーグ挑戦を認めることはなかった時代。

当時の日本プロ野球の旧態依然の体質は根強く、

野茂氏のメジャー挑戦なんて夢物語だと、メジャー挑戦を表明した野茂氏に対して日本プロ野球機構は厳しく非難し、妄信、デタラメなことを球界に流布、痛烈批判していた

スポンサーリンク

しかし野茂氏は夢の実現のため、野球人生が終わっていいという強い信念でのメジャー挑戦を表明。

野茂氏は任意引退書にサインをして近鉄との契約交渉に望んでいた。

任意引退とは、体力の衰えなどで選手自ら球団に引退を申し出ること。

野茂氏は当時、メジャーリーグの代理人からのアドバイスの中で、日本の野球協約に任意引退した選手に対しての所属していた球団に保有権の記述がないことを指摘。

日本球団が保有権を持たない選手であれば、アメリカ球団も交渉できるということ。

その点に着目した野茂氏は任意引退を選択。

海外への移籍を想定していなかった当時の野球協約。野茂氏はその盲点を事前に知った上で交渉に望んでいた。

近鉄球団は高額な年俸で野茂氏を引き止める方針であったが、

メジャーリーグ挑戦への覚悟、執念を見せた野茂氏。

交渉の席で強い熱意を感じた近鉄球団代表は野茂氏のメジャー挑戦を心打たれ、野茂氏のメジャー挑戦の背中を押すことになった。

野茂氏は日本での高額な待遇を捨て、メジャーリーグの夢を掴んだ。

しかし当時メジャー挑戦を表明した野茂氏に対して、プロ野球関係者も通用するわけがないと批判していた。

https://images.app.goo.gl/1VTQj1E4tHaqRZtf6

しかし野茂はメジャーリーグで実力を示し、その批判的な声を実力で黙らせて見せた。

そして野茂氏がメジャー挑戦した時は、

メジャーリーグはストライキ明けでもっとも危機的状態だった年。

前年、選手の年俸高騰を抑えようとしたメジャー球団側と選手会側が対立。

それにより、ストライキに発展。ワールドシリーズも中止になるなど、拝金主義が横行する目メジャーリーグは人気が低迷。

しかしその危機を救ったのが野茂氏の登場。

Embed from Getty Images

日本からきた一人の青年が、最低年俸で勝負を挑んできた。

その姿にメジャーリーグのファンが心を打たれた。

Embed from Getty Images

豪快なフォーム、トルネードから繰り出す最速150キロを超えるストレートとフォークボールを武器に、メジャーの強打者をキリキリマイ。

当時は誰しもが野茂選手が投げる姿に目を奪われ、メジャーリーグファンも魅了。

Embed from Getty Images

野茂フィーバーが巻き起こった。

メジャー1年目に13勝、236奪三振で最多奪三振、新人王を獲得。オールスターゲームでも先発を務める快挙を成し遂げた。

野茂氏の活躍によりメジャーリーグ崩壊の危機、人気回復を救い、再び人気に火をつけるブームを起こした。

それに野茂氏がメジャーリーグのグローバル化のきっかけともなった。その活躍はアメリカでは高く評価され、その功績は未だに讃えられており、その評価は計り知れない。

メジャーのマウンドで躍動する野茂氏に誰もが魅了された。

Embed from Getty Images

当時のメジャーリーグはホームラン全盛時代であり、今よりも個性豊かなパワーヒッターが数多く活躍してきた時代。

https://images.app.goo.gl/VL9WTTSMu3SBKVEY7

そんな、その中で活躍した野茂選手はメジャーリーグで2度のノーヒットノーランを達成するなどその存在はまさにパイオニア。そして伝説。

スポンサーリンク

野茂選手をきっかけにメジャーリーグのファンになった若者も当時多かったのではないでしょうか。

野茂氏は今や伝説の存在

https://images.app.goo.gl/HPoQz4QBMHPXXGB57

野茂氏の大活躍により、テレビ中継され、それがきっかけにメジャーリーグ認知度も当然上がり、野茂氏がメジャーでプレーしたことは、日本プロ野球界への貢献度って言うものは計り知れない。改めて野茂氏のすごさを痛感する。

野茂氏の成功に導かれるようにその後は日本人選手が毎年のように海を渡るようになる。

イチロー、

https://images.app.goo.gl/ErHVEa3huWA8dZUB9

松井秀喜、

https://images.app.goo.gl/yfrSPdWTm6JJz6Ut7

城島健司、

https://images.app.goo.gl/ZppRPdM4YDUgyX6G6

松坂大輔、

https://images.app.goo.gl/8eQJhvMJ3rsz9Siq8

ダルビッシュ、

https://images.app.goo.gl/YHYrzjEZM9NznGSG9

田中将大、

https://images.app.goo.gl/MAAdmxwr1wKkeHE67

そして大谷翔平、

https://images.app.goo.gl/pjSvpoBBFRB3mWiq6

野茂氏がメジャーリーグで活躍ご、これまで計57人の日本プロ野球のスター選手が次々にメジャーリーグに挑戦。

今では日本人選手がメジャーリーグで活躍をするのが当たり前になった時代。

野茂氏はその日本人選手がプレーできる礎の指針となった伝説のプレーヤー。

彼が挑んだ道、その道を開拓した、まさに伝説の男。

https://images.app.goo.gl/SncpsEieMEu41hXN9

野茂氏がその後の日本人選手のメジャーリーグ挑戦を後押ししたといってもいい。

スポンサーリンク

日本が誇る平成を代表するスーパースターでありレジェンド。

野茂氏の功績は計り知れない。

歴史を作り、伝説になった。

野茂英雄氏に関するまとめ

いかがでしたでしょうか。

野茂氏は日本を代表するピッチャー、

そしてメジャーリーグの道を切り開いた開拓者。

野茂氏が閉ざされた道を強行突破してくれたからこそ、

現在の日本プロ野球の発展があるのです。

偉大な伝説的存在。

まさにパイオニア。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする